BG~身辺警護人~(シーズン2) あらすじ

BG~身辺警護人~(シーズン2)あらすじ

 木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の新シーズン。。2018年1月期に放送されたドラマのシーズン2。木村さん主演の連ドラで続編が放送されるのは「HERO」(フジテレビ系)以来2度目。丸腰で護(まも)り抜く島崎章(木村さん)が“利益優先”の組織から飛び出し、「弱き者の盾になる」使命を貫くため、私設ボディーガードとして活躍する姿を描く。

 「日ノ出警備保障」時代からの仲間だった高梨雅也役の斎藤工さん、菅沼まゆ役の菜々緒さん、沢口正太郎役の間宮祥太朗さんも引き続き出演。カフェ「ジャンクション」でアルバイトをしている大学生・中島小次郎役で道枝駿佑さん、身辺警護課長・小俣健三役で勝村政信さん、身辺警護課の契約担当医・笠松多佳子役で市川実日子さん、さらに、「日ノ出警備保障」を買収する大会社の社長・劉光明(りゅう・こうめい)役で仲村トオルさんが出演する。

<ドラマ紹介>「BG~身辺警護人~」木村拓哉の丸腰ボディーガード再び 新シーズンでは組織を飛び出す 第1話あらすじm

連続ドラマ「BG~身辺警護人~」の場面写真=テレビ朝日提供
連続ドラマ「BG~身辺警護人~」の場面写真=テレビ朝日提供

 木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の新シーズンが、6月18日にスタートする。2018年1月期に放送されたドラマのシーズン2。木村さん主演の連ドラで続編が放送されるのは「HERO」(フジテレビ系)以来2度目。丸腰で護(まも)り抜く島崎章(木村さん)が“利益優先”の組織から飛び出し、「弱き者の盾になる」使命を貫くため、私設ボディーガードとして活躍する姿を描く。

 「日ノ出警備保障」時代からの仲間だった高梨雅也役の斎藤工さん、菅沼まゆ役の菜々緒さん、沢口正太郎役の間宮祥太朗さんも引き続き出演。カフェ「ジャンクション」でアルバイトをしている大学生・中島小次郎役で道枝駿佑さん、身辺警護課長・小俣健三役で勝村政信さん、身辺警護課の契約担当医・笠松多佳子役で市川実日子さん、さらに、「日ノ出警備保障」を買収する大会社の社長・劉光明(りゅう・こうめい)役で仲村トオルさんが出演する。

 第1話は、劉の率いるIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、「日ノ出警備保障」改め「KICKSガード」身辺警護課の所属となった章たち。彼らは劉の方針に従い、クライアントを政財界のVIPに限定した警護活動に従事していた。

 与党議員の後援会パーティーの警護で章は負傷するアクシデントに見舞われるも、会場に紛れ込んだ不審者を撃退する。

 その矢先、刑務所で服役している「関東工科大学」の元講師・松野信介(青木崇高さん)から章に手紙が届く。松野は3年前に研究員・伊丹綾子(竹島由夏さん)を窒息死させた容疑がかかり、最終的に業務上過失致死罪で禁錮刑に処せられた男だ。手紙には、出所後のボディーガードを章に頼みたいと書かれていた……。

第2話のあらすじ 川栄李奈が目の不自由な天才ピアニスト役 前代未聞、敵はクライアント自身

連続ドラマ「BG~身辺警護人~」第2話の場面写真=テレビ朝日提供
連続ドラマ「BG~身辺警護人~」第2話の場面写真=テレビ朝日提供

 木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第2話が、10分拡大スペシャルで6月25日に放送される。女優の川栄李奈さんが“目の不自由な天才ピアニスト”としてゲスト出演。私設ボディーガードとなった島崎章(木村さん)が、“クライアント自身が敵”という前代未聞の警護を引き受ける。

 高梨雅也(斎藤工さん)が「KICKSガード」を辞め、章の個人事務所「島崎警備」に入ることになった。その矢先、「KICKSガード」に所属する沢口正太郎(間宮祥太朗さん)が章のもとに、“目の不自由な天才ピアニスト”として脚光を浴びる守尾恵麻(川栄さん)の身辺警護の仕事を持ち込む。当初、恵麻の警備は「KICKSガード」の沢口と菅沼まゆ(菜々緒さん)が担当していたが、これを辞退。国際コンクールへの出場権をつかんだ恵麻が、ことあるごとに自殺行為に走るようになってしまったことが原因だった。

 “クライアント自身が敵”という案件だが、章は「敵から守ることには変わりない」と考え、警護を引き受ける。肝心の恵麻が章たちに心を開こうとしない中、恵麻が何者かに命を狙われる事件が発生。しかも、章が恵麻を“誘拐”する事態に……。

第3話のあらすじ 木村拓哉が“悪党”豊原功補を警護 市川実日子は襲撃に遭う…

連続ドラマ「BG~身辺警護人~」第3話の場面写真=テレビ朝日提供
連続ドラマ「BG~身辺警護人~」第3話の場面写真=テレビ朝日提供

 木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第3話が7月2日に放送される。豊原功補さんが実業家の道岡三郎役でゲスト出演する。かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子さん)の依頼で、島崎章(木村さん)と高梨雅也(斎藤工さん)は、投資詐欺で無数の恨みを買う“悪党”道岡を警護する。

 道岡は数々の投資詐欺でもうけた金を政治家にバラまいた疑惑まである。逮捕されるも不起訴で釈放された直後、恨みを持つ男に襲われて、多佳子の勤務する病院に極秘入院していた。

 入院中に再び襲われでもしたら病院のイメージが傷付くと、上層部は尻込み。執刀医の多佳子が手術放棄を拒み、「退院までしっかりと警護を付けること」を交換条件に渋々承諾した。

 道岡は、章と高梨に「(自分は)いつ殺されてもおかしくない」と言う。高梨は、彼を警護することに疑問を感じるが、章は「クライアントを選びたくない」と断言。

 そんな中、病院に「道岡を助ける医者は処刑する」との脅迫状が届く。予告通りに手術直前、病院内で多佳子が何者かに襲撃されてしまう……。

第4話のあらすじ 木村拓哉が“ニート”岡田義徳を警護 母校までの2キロ! 平泉成もゲスト出演

連続ドラマ「BG~身辺警護人~」第4話の場面写真=テレビ朝日提供
連続ドラマ「BG~身辺警護人~」第4話の場面写真=テレビ朝日提供

 木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第4話が7月9日に放送される。20年間ニート生活を続けるアラフォーの生田大輔(岡田義徳さん)から、母校までの2キロの道のりの警護を依頼される。父親との関係にも問題がある大輔を、島崎章(木村さん)は放っておけない。

 大輔から「至急! 警護乞う!」とのメールが届き、章と高梨雅也(斎藤工さん)が大輔に電話すると「監禁され、今も見張られている」と聞かされ、大輔と両親の暮らす家に急行。すると、監禁というのはすぐ来てもらうためのうそだった。

 大輔は、小学校のクラス会で“将来の夢”を書いた色紙が入ったタイムカプセルを開ける行事があり、自分の色紙だけ先に回収してもらうよう、教師に頼みに行こうと決意。しかし「自分は誰かに狙われている」と信じて疑わないため、警護を依頼したという。

 大輔の父・生田洋次(平泉成さん/ゲスト出演)は「バカバカしい」と一蹴するが、章は依頼を受ける。小学校へ向かう道中、大輔はある場所まで来ると、なぜか遠回りになる道を選択。偶然出くわした同級生の優しい言葉にも完全に背を向ける。そんな中、怪しい人影が後をつけてきて、大輔は小学校へ行くのを断念。洋次は大輔にあきれ、見限ろうとする。息子を持つ章は、すれ違う大輔と洋次を放っておけず……。

第5話のあらすじ 木村拓哉が仲村トオルと直接対決、急展開で最終局面へ 成海璃子が間宮祥太朗の恋人役で出演

連続ドラマ「BG~身辺警護人~」第5話の場面写真=テレビ朝日提供
連続ドラマ「BG~身辺警護人~」第5話の場面写真=テレビ朝日提供

 木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第5話が7月16日に放送される。女優の成海璃子さんが、ストーカー被害者で沢口正太郎(間宮祥太朗さん)の恋人、角田凪子役で出演。ストーカー事件の背後に、劉光明(仲村トオルさん)率いる「KICKS CORP.」の“致命的な秘密”が隠されていた。島崎章(木村さん)と劉がついに直接対決し、物語は急展開で最終局面へ突入する。

 劉のサブ秘書、凪子が、夜道でひったくりに遭い負傷。連絡を受けた沢口は章の口利きで、整形外科医・笠松多佳子(市川実日子さん)に緊急処置を頼む。診察中、凪子が防犯ブザーを複数所持していることが分かり、ストーカー被害に遭っていたことが判明する。

 沢口の依頼で、凪子の身辺警護を担当することとなった章と高梨雅也(斎藤工さん)は、警護中に凪子が無意識に取る行動に釈然としないものを感じる。

 2人はストーカーを取り押さえることに成功するが、その正体はどうにも信じがたい人物で、背後には「KICKS CORP.」の影がちらつく。これは、単純なストーカー事件ではない。真相に近付こうとする2人に、“とんでもない盾”を構えた劉が泰然と立ちはだかる。

第6話のあらすじ 最終回目前、狙われたカレーの味を守れ 木村拓哉&仲村トオルの戦いは予期せぬ局面へ

連続ドラマ「BG~身辺警護人~」第6話の場面写真=テレビ朝日提供
連続ドラマ「BG~身辺警護人~」第6話の場面写真=テレビ朝日提供

 木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第6話が7月23日に放送される。島崎章(木村さん)と高梨雅也(斎藤工さん)は、立ち退き要求にあらがうカレー食堂の店主・華絵(名取裕子さん)を警護。最終回を目前に、章と劉光明(仲村トオルさん)の戦いは予期せぬ局面へ突入する。

 章と高梨の元へ、商店街でカレー食堂を営む華絵から警護の依頼が舞い込んだ。華絵は亡き夫と40年間店を切り盛りしていたが、大家が亡くなった途端、相続した息子から立ち退きを要求された。交渉の場に立ち会い、店とカレーを守ってほしいと2人に訴える。

 立ち退き断行日、店に籠城(ろうじょう)する華絵に付き合う章と高梨。店内を見渡した章は、華絵の意図に違和感を覚える。

 時を同じくして、章のかかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子さん)の脳裏には、章を付け回す謎の男(中村織央さん)と以前会った時の記憶がよみがえる。

 総裁特別補佐に就任した桑田宗司(小木茂光さん)の記者懇親会を警護していた菅沼まゆ(菜々緒さん)と沢口正太郎(間宮祥太朗さん)は、会場に紛れ込んでいる謎の男を発見する。謎が深まる中、やがて桑田や謎の男と裏でつながる「KICKS CORP.」の社長・劉を“窮地”に追い込む事態が発生して……。

最終回のあらすじ 木村拓哉が守るのは“逃亡者”仲村トオル 命を懸けた“最後の任務”が始まる

連続ドラマ「BG~身辺警護人~」最終回の場面写真=テレビ朝日提供
連続ドラマ「BG~身辺警護人~」最終回の場面写真=テレビ朝日提供

 木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)最終回が7月30日、20分拡大版で放送される。警察に追われる身となり、海外逃亡を企てた警備会社「KICKSガード」を擁する「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオルさん)が、敵対していた島崎章(木村さん)に警護を依頼。猛反対する高梨雅也(斎藤工さん)と決裂した章は、たった1人で劉を守ることを決意する。

 章を付け回していた謎の男の正体は元警護課の警察官・加藤一馬(中村織央さん)だった。加藤は総裁特別補佐・桑田宗司(小木茂光さん)を再び襲い、劉の指示でやったと主張する。

 劉は章に「守ってほしい」と依頼。これに猛反対する高梨と章は決裂する。「KICKSガード」の菅沼まゆ(菜々緒さん)や沢口正太郎(間宮祥太朗さん)は、劉を捜す警察に協力することに。

 章はその頃、海外逃亡を図る劉を指定された空港まで送り届けるべく、行動を開始する。ところが、行く手に高梨が出現し、章は立ちはだかる高梨を崖から突き落とす。やがて章自身にも命の危機が到来する。命を懸けた“最後の任務”が、ついに始まる……。

 歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが本人役でゲスト出演する。