love distance ニュース

<インタビュー>馬場ふみか ステイホーム中は自宅でもメーク&脱部屋着 板垣瑞生&中尾暢樹は… Paraviオリジナルドラマ「love distance」

ドラマ「love distance」のワンシーン(C)Paravi
ドラマ「love distance」のワンシーン(C)Paravi

 新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う“ステイホーム”期間の隣人たちの交流を描いたドラマ「love distance」(全10話)が、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で独占配信されている。本作に出演した馬場ふみかさん、板垣瑞生さん、中尾暢樹さんの3人が、リモートインタビューで本作やステイホーム期間中の心情、生活について明かしてくれた。

 ◇

 3人が今回演じたのは、ネット配信サービス“NewTube”で活躍する人気3人組NewTuber。元恋人同士のアンナ(馬場さん)とミナト(板垣さん)にショウ(中尾さん)が加わり、「アンミナチャンネル」を日々展開している。

 馬場さんは本作について「新しい日常、今までと違う生活が始まった中で描ける愛と距離の話。自分自身考えていきたいと思うテーマ」とコメント。約2カ月にわたってお芝居の仕事がストップしたと明かして「『いつお仕事ができるんだろう』『いつ人に会えるんだろう』という不安があった。心がささくれていくのを感じた。ちょっとした言葉や気遣いが、大きな心の栄養になる。今回の脚本を読んで、それを感じました」と話した。

 今作は、6月上旬に10日間という短期間、最少人数のスタッフで撮影を決行。コロナの感染拡大防止を第一にしたという。中尾さんは「リモートでインタビューって緊張するな……」と漏らしつつ、「(本作は)一人一人の悩みや、それを打ち明ける覚悟などいろいろ抱えている。それぞれの愛の形がある中、こういう距離感が入ってくることで、すごくまどろっこしい感じがする。台本を読んでいて、距離感が自分の愛の距離にもつながるような感触を受けました。どういう距離感で撮影するのか楽しみでした」と述べた。

 マンションの同じ階の隣人は、仲良し夫婦の滝口美和(水川あさみさん)と滝口彰(清原翔さん)、フォトグラファーの青年・浅野千秋(渡邊圭祐さん)。NewTuberの3人は、彼らとからんで“攻めた動画企画”を展開していく。板垣さんは、作中の動画企画に関して「ああいうのやってみたい。ただ僕は、一番ハイテンションの役柄で、画面とにらめっこでテンションを上げるのが大変だった」と笑った。

 自身が演じたアンナについて、馬場さんは「何でもズバッと言っちゃうところは、自分と似ている(笑い)。NewTuberという立場が、カメラに対する意識が不慣れで難しかったです」と振り返った。また、元カレのアンナと一緒に生活しているミナトを演じた板垣さんは「めちゃくちゃ汗かいてました。若干ドキドキもあり、不思議な気持ちで演じていました」とはにかんだ。

 中尾さん演じるショウも、作品が進むにつれて、ひそかな思いが明らかになる。中尾さんは「ショウ自身の思いがちゃんと固まっていればお芝居が成立すると思っていました。意外な役どころなので、役柄を見たときはちょっとビックリしました」とコメント。板垣さんは、そんな中尾さんの役柄を「すてきだったけど、後半のあるシーンでは狂気も感じました……」と評して笑い、仲の良さを感じさせた。

 ◇馬場ふみかはデジタルツールを活用 板垣瑞生は「感情が…」 中尾暢樹は「米を炊いてました」

 ステイホーム期間中、馬場さんはデジタルツールを積極活用していたという。「仲のいい友達と、ビデオ通話アプリを使って、向かい合ってご飯を食べたりお茶したりしました。なんか、人に見られないと顔がどんどんゆるくなっていく感覚があったんですよ」

 さらに「誰にも会わないのにメークしていました。毎日(鏡に)スッピンで映る自分が嫌だったんです(笑い)。ずっと部屋着だと、自分に対するモチベーションが下がるし、『どんどんブスになる』と感じてそれも嫌でした。家の中ですけど、かわいい洋服を着たりしていました」と明かした。

 板垣さんは「この期間で感情が失われそうになりました。最低限の買い物で街に出かけたときは、イヤホンとかしないで、周囲の人のマスクごしの声をめちゃくちゃ聞いたりしていました」と述懐。

 中尾さんもそれに同調し、「(仕事が)いつ再開するか分からなくて不安に潰されそうで、いろんな人と電話していました。みんなで『(コロナ禍で仕事が減少して)これ、ヤバイよね』と話し合っていました」と告白。とはいえ、それまではあまり休みがなかった身。「(ステイホーム中は)米を炊いてました。炊きたての米、うまいですよね。自粛期間中、めっちゃ太りました」と笑った。

 役柄にちなんで、「もし自分が動画配信するなら、何をしたいか」と問われて、馬場さんは「自分の好きなことを発信したいです。美容やメークとか。最近はカラーマスカラにハマっていて、普段ピンクや赤のものをつけたりします」と回答。

 同じ質問に対して板垣さんは「(自身の顔に)カメラを向けるのではなく、ネットラジオみたいなものをやりたいです。本当にフリーに好きなことを言ってみたいです」とニッコリ。中尾さんは「現場の裏側を流したい。ドラマのメーキングとか」とイメージを膨らませていた。

 Paraviオリジナルドラマ「love distance」は、2020年初夏のとあるマンションを舞台に、コロナ禍でステイホームを余儀なくされた隣人同士の交流を描く。動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で1話8分×全10話を順次独占配信中。(取材・文/桜井恒二)

(C)Paravi
(C)Paravi
(C)Paravi
(C)Paravi
(C)Paravi
(C)Paravi
(C)Paravi
(C)Paravi

<インタビュー>渡邊圭祐「神木君になりたい」 同じ年の“大先輩”を目標に役者業邁進

「love distance」に出演した渡邊圭祐さん(C)Paravi
「love distance」に出演した渡邊圭祐さん(C)Paravi

 新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う“ステイホーム”期間の隣人たちの交流を描いたドラマ「love distance」(全10話)が、6月27日より動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で独占配信される。今回は、本作でフォトグラファーの青年・浅野千秋を演じた渡邊圭祐さんが、リモートインタビューで本作の魅力や“役者人生”について語った。

◇人妻に好意抱くフォトグラファーを「精いっぱいの積極性」で演じる

 ステイホーム期間中の人間関係を描く本作。渡邊さんは「今だからこそできる、今だからこそダイレクトに伝わる作品」と評価し、「隣の人とベランダで会話するなんてことは、今どきあるようでない。夢物語みたいです。『千秋はこういう感じで写真を撮ってるだろうな』といろんな想像をして現場に入っていました」と話す。

 渡邊さん演じる千秋は、仲良し夫婦の滝口彰(清原翔さん)と滝口美和(水川あさみさん)の隣人だ。「千秋はポジティブ。このコロナ禍で仕事ができなくなっている中でも、ふさぎ込まず、屋上やベランダで写真を撮るとか、自分にできることを見つける。そういうポジティブなマインドは自分に似ていると感じました」と役どころを語る。

 一方で千秋は、夫がいる美和に対して、ひそやかに恋心を抱く。「あれが精いっぱいの積極性かなと思う。自分の思いを伝えたい気持ちと、物理的にも倫理的にも距離をとらないといけない面があります。千秋はそこでうまい駆け引きをしています」と言い、相手の水川さんについては「本当に明るい方。スタッフ・キャストみんなを巻き込んで、自分のペースで歩んでいくのがとてもお上手だなと。花みたいで、すごくすてきな方でした」と話した。

 千秋が撮る写真は、空や、ベランダの花に水をやる美和の姿だ。「水川さんって、思わず撮りたくなるんですよ(笑い)。それくらい花との親和性が高い。家庭が想像できて、(花やその空気感に)お似合いだった。作中では、僕視点の美和がけっこうあると思います。そのシーンだけ抜いた話を作ってもいいと思うくらいすてきな絵です。何回でも見て、僕と同じ気持ちを視聴者のみなさんにも味わってほしいです」と本作をアピールした。

 美和の夫・彰役の清原さんとは「前回共演したのに引き続き、一緒にしゃべるシーンがないんです」とこぼす一幕も。「僕が出てきて清原さんが出ていくとか、どちらかがいない。『次、しっかり絡みのある共演がしたいね』という話はしました」と明かす。

 本作は、コロナウイルスの感染拡大防止を考慮し、夜間の撮影は行わず、6月上旬に10日間という短い期間で、かつ最少人数のスタッフで撮影を行った。ソーシャルディスタンスを保ちながらも共演者らと語り合ううちに「距離を保ちながらでも、人と面と向かって話すのは大切だとあらためて気づきました。でも逆に、(人間関係などで)一歩距離を引いたことで、今まで距離感が近かったから見えていなかった部分が見えた気がします」と新たな発見があったようだ。

 ◇「神木君になりたい」 同じ年の“大先輩”とフラットに話せる関係に

 この自粛期間に、渡邊さんは昔買ったビンデテージカメラでの写真撮影を再開したという。「1950年ごろに発売されたトプコンのフィルムカメラです。『散歩に行くついでに何かできないかな』と思って撮り始めました。そんなタイミングで、千秋役のオファーをいただきました。何か運命的な流れを感じつつ、散歩中に『撮りたいな』と思った細い路地や草を撮るようになりました」

 ステイホーム中、今まで全くやってこなかったという料理にもチャレンジ。「事務所に料理がうまい人が何人かいるので『何買って、何を作ればいいか』と聞いたら、『鶏の胸肉を買ってきて、煮込むといいよ』と言われました。僕には、肉を煮込む発想がなくて、いざ水を入れてやってみたら吹きこぼしました(笑い)」と明かし、ここ数カ月でさぞ料理の腕が上達しているかと思いきや……「もうやってないです」と照れ笑いを浮かべた。

 ふさぎ込みそうなときは「エンタメに救われた」という渡邊さん。「いろいろ見ましたけど、特にバナナマンさんのYouTubeチャンネルで声を出して笑いました。昔から見ていたんですけど、見返してやっぱり面白いなと思いました。仲の良さが伝わるコンビが好きです。笑うことって大切ですよね」

 「仮面ライダージオウ」や「恋はつづくよどこまでも」など話題作への出演が続く渡邊さん。「(長期間撮影された)『仮面ライダー』に関しては、次第に相手の役者がどういう人かも分かっていて、この役の間の取り方が手に取るように分かってきました。台本を読んだとき、相手がこんな感じで来るなとイメージができる。こちらのことも向こうがつかんでくれる。3カ月間とか、今回みたいに5日間とかいう短い期間の撮影では、相手に対して勝手なイメージを持たず、あくまでもリアルに、相手のことを一回よくのみ込まないといけないという思いをより強く持つようになりました」と語る。

 「僕は(芸歴が)すごく浅く若くない人。僕と同じ年の神木(隆之介)君なんか、芸歴25年。『元からテレビで見てたけど……』みたいな意識を抜きにしてしゃべれるくらい経験を積みたいです。いろんな役に挑戦して……神木君になりたいです(笑い)。いつかお芝居で共演したいですね」と話していた。

 ◇

 Paraviオリジナルドラマ「love distance」は、2020年初夏のとあるマンションを舞台に、コロナ禍でステイホームを余儀なくされた隣人たちの交流を描く。動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で6月27日午前10時1分から1話8分×全10話を順次配信。

(C)Paravi
(C)Paravi

<インタビュー>水川あさみ「自分と向き合う時間」で起きた心情の変化とは Paraviオリジナルドラマ「love distance」

「love distance」に出演した水川あさみさん(C)Paravi
「love distance」に出演した水川あさみさん(C)Paravi

 新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う“ステイホーム”期間の隣人たちの交流を描いたドラマ「love distance」(全10話)が、6月27日から動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で独占配信される。自身もこの期間中に考えることがあったと明かすのは、本作に出演する水川あさみさん。リモートインタビューで、本作の撮影や心境の変化などについて語ってくれた。

 ◇コロナ禍で「エンターテインメントに関われなくなる危機感」

 本作の制作が始まったきっかけは、コロナの感染拡大防止に伴うステイホーム期間中、本作のプロデューサーたちと行っていたという“オンライン飲み会”。「『これからどうしようか』と話したり、自分がエンターテインメントに関われなくなるんじゃないかという危機感を感じました。そんな不安がふつふつと湧いていたときに、『これからを見据えた面白い作品ができたらいいね』という考えから始まったドラマです」とコメント。「私たちは、日常でどうやってコロナと付き合っていくのか。日常が変わりつつある中で、ちょっと見失いそうになっていた周りの人に対する気持ち、大切にしないといけないことをあらためて考えながら生きていく。そうした思いが伝わればうれしいです」と語る。

 全10話の本作は、1話あたり約8分のミニドラマ。撮影時間を朝から午後6時までに区切り、6月上旬に10日間かけて実施。スタッフも最少人数で、コロナ感染拡大の予防が徹底された。「スタッフさんの配慮は素晴らしかったですし、マスクとフェースガードを着用して、ソーシャルディスタンスを保ちながらの撮影でした。演出部は助監督一人で全部やらなきゃいけなかったりとか、それぞれ大変でしたけど、クリエーティブなことが生まれているのはいい時間でした。心の距離感が近づいていくという本作のテーマのように、みんながお互いを思いやりながら撮影している。そういう一日一日が愛(いと)おしくなりました」

 水川さんが演じたのは、映像制作プロデューサー・滝口彰(清原翔さん)の妻にして雑誌編集者の滝口美和。「とてもすてきな人で、他人のポジティブなところを見つけるのが上手な女性。ただ、美和はすごくモテるから『どうしよう……』と思いました。内面から魅力があふれるすてきな人っているじゃないですか。そういうふうに、すてきに(映像に)映るように撮ってもらえるようにがんばりました(笑い)」と語った。

 夫役の清原さんに関しては「現場では健やかで、若いのにすごく落ち着いていて、しっかりしている。年下とは思えない感じでした。撮影した映像も、全部絵になる。画面越しに『へぇ~、かわいい~!』とか言ったら、本人は嫌がっていました(笑い)」と話した。

 現場は、フォトグラファーの青年・浅野千秋役の渡邊圭祐さんや、動画配信チャンネルで人気の3人組を演じた面々(馬場ふみかさん、板垣瑞生さん、中尾暢樹さん)を含め、フレッシュなメンバーが集結。「自分より年下の役者さんたちとこうやってガッツリお芝居することがあまりなかったので新鮮でした。みんなのエネルギッシュなパワーを吸い取っていました」と笑顔を見せた。

 ◇家事にダンスに読書……ステイホーム期間はアクティブに行動

 水川さん自身、「自分と向き合う時間が嫌というほどあった」というこの期間中、心情の変化があったという。「エンタメ業界だけではないですけど、全部のことがストップして、味わったことのない不安な気持ちにみんな陥っていると思います。嫌な情報、怖い情報ばかり耳に入ってくる。そこで自ら奮い立たせるべく、限られた日常で、いかに豊かに楽しく過ごしていくか考えました」

 そう意識したこの期間は、アクティブに行動。「心理学や若杉ばあちゃんの本を読んだり、なかなか見られなかった映画を見たりしました。あとは掃除や洗濯、料理をちゃんとやりました。ハンドクラップダンス(動画サイトで話題のエクササイズダイエット)とか運動もしていました。私は『心と体は直結していて、体を動かして柔軟性を持っていないと心が動かない』という持論を持っていて、ジーッとしないでとにかく動いていました」と話す。

 普段から味噌や醤油こうじ、さんしょうなど調味料を作るのが好きだという水川さん。「普段買っていた西京焼きを一から手作りしたり、だしをパックじゃなくてちゃんととったり、ちょっと面倒でやっていなかったことをやりました」とも明かしていた。

 ◇

 Paraviオリジナルドラマ「love distance」は、2020年初夏のとあるマンションを舞台に、コロナ禍でステイホームを余儀なくされた隣人同士の交流を描く。動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で6月27日午前10時1分から1話8分×全10話を順次配信。(取材・文:桜井恒二)

Paraviオリジナルドラマ「love distance」 水川あさみ、清原翔、渡邊圭祐ら出演 27日から独占配信

動画配信サービス「Paravi」のオリジナルドラマ「love distance」の出演者(上段左から)清原翔さん、水川あさみさん、渡邊圭祐さん(下段左から)板垣瑞生さん、馬場ふみかさん、中尾暢樹さん (C)Paravi
動画配信サービス「Paravi」のオリジナルドラマ「love distance」の出演者(上段左から)清原翔さん、水川あさみさん、渡邊圭祐さん(下段左から)板垣瑞生さん、馬場ふみかさん、中尾暢樹さん (C)Paravi

 動画配信サービス「Paravi(パラビ)」のオリジナルドラマ「love distance」が6月27日から同サービスで独占配信されることが22日、明らかになった。メインキャストは水川あさみさん、清原翔さん、渡邊圭祐さん、馬場ふみかさん、板垣瑞生さん、中尾暢樹さんの6人。2020年の初夏、人と人との繋がりが制限され、自宅で過ごすことも多くなった「今」を舞台に、結婚3年目の仲良し夫婦、フォトグラファーの青年、動画配信チャンネル「NewTube」で人気の3人組という同じマンションに暮らす男女6人の交流を描いている。

 水川さんと清原さんがマンションの603号室に暮らす滝口美和と夫の彰、渡邊さんが602号室に暮らすフォトグラファーの浅野千秋、馬場さん、板垣さん、中尾さんが601号室で一緒に暮らす「NewTuber」のアンナ、ミナト、ショウをそれぞれ演じている。

 撮影は10日間、かつ夜の稼働はなしで、新型コロナウイルスの感染予防を徹底して行われた。安全に配慮する中、キャストと最小人数のスタッフが試行錯誤しながら作り上げた全10話の物語で、“愛”と“キョリ”を表現したドラマのビジュアルも公開された。

 6月27日午前10時1分から第1、2話が配信され、第3話以降は6月28日~7月5日午前0時1分に1話ずつ配信される。

(C)Paravi
(C)Paravi
(C)Paravi
(C)Paravi
(C)Paravi
(C)Paravi
(C)Paravi
(C)Paravi
(C)Paravi
(C)Paravi

love distance動画配信サービス「Paravi(パラビ)」
6月27日午前10時1分から第1、2話が配信され、第3話以降は6月28日~7月5日午前0時1分に1話ずつ配信