リモートで殺される あらすじ

リモートで殺されるあらすじ

 ドラマ「リモートで殺される」は、秋元康さんが企画と原案を手がけ、中田秀夫さんが監督を務めるスペシャルドラマ。7月26日午後10時半から日本テレビ系で放送される。本田翼さん、新田真剣佑さん、柄本時生さん、早乙女太一さん、前野朋哉さん、齋藤飛鳥さん、前田敦子さんが出演するミステリーで、日曜の午後10時半は秋元さんが企画、原案を務め、“あな番”の愛称で親しまれた「あなたの番です」が放送された時間帯ということから、単発作品ながら話題を呼びそうだ。

 ドラマは、リモートでの会話を中心に繰り広げられるリアルタイムミステリー作品。緊急事態宣言による自粛期間の最中に、リモートで集まる高校時代の同級生6人として、本田さんが野島絵里、新田さんが野村優作、柄本さんが藤原太、早乙女さんが井上透、前野さんが北川淳二、前田さんが松園佳代子を演じる。齋藤さんは高校時代に屋上から転落死した田村由美子役を務める。

 リモートで集まった高校時代の同級生6人。藤原太の元に、高校時代の友人・古郡一馬という人物のことを聞きに、刑事2人が尋ねてきたという。元恋人の野島絵里は「最近、時々会っていた」そうで、高校時代に田村由美子が自殺した時、「僕たち以外に誰か屋上にいた」と話したという。6人が秘密にしている「あのこと」を思い出していると、ニュースで「火事が起き、古郡一馬の部屋から出火し、焼死体が出た」と流れる。そしてその中の1人の玄関のチャイムが鳴る……というストーリー。

 放送終了直後に、新たな撮影シーンを加え、リモート画面の向こう側で起きた事件の詳細を描く“殺人の裏側編”を、動画配信サイト「Hulu」で配信する。

ドラマ「リモートで殺される」のあらすじ