未解決の女 警視庁文書捜査官(シーズン2) 視聴率

シーズン2初回の視聴率は13.1% 波瑠&鈴木京香バディーの人気ドラマ

「未解決の女 警視庁文書捜査官」で主演を務める波瑠さん
「未解決の女 警視庁文書捜査官」で主演を務める波瑠さん

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)シーズン2の第1話が8月6日午後8時から2時間スペシャルで放送され、平均視聴率(世帯)は13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第1話では、不倫疑惑が報じられた弁護士・有田賢太郎(大鶴義丹さん)の撲殺体が発見される。遺体の周辺には「もーいちど ころす しょーしたい」と書かれた破られた紙片が散乱しており、警察は愛人だった女優・遠山夏希(黒川智花さん)への聴取を開始するが、容疑者を特定できずにいた。5年後、日雇い労働者・幸坂達治(宮川一朗太さん)の焼死体が発見され、彼の部屋には同じ文面が書かれた紙が落ちていた。

 5年前の事件との関連性を疑う朋と理沙らは捜査を開始するが、捜査は難航する。そんな中、幸坂の従兄だという岸川登(石丸幹二さん)が、遺体を引き取るため警視庁へやって来る。彼の話から、二つの事件をつなぐ“驚がくの事実”が明らかになった。

第6話のあらすじ 最終章突入 波瑠が慕うエリート刑事役で市原隼人、恋人役で北乃きいがゲスト出演

連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2第6話のワンシーン=テレビ朝日提供
連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2第6話のワンシーン=テレビ朝日提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2(テレビ朝日系、木曜午後9時)第6話が9月10日に放送される。同話には、捜査一課「捜査情報係」の刑事・富野康彦役で市原隼人さん、富野の恋人・杉山貴子役で北乃きいさんが出演する。前後編の前編で、拡大スペシャルとして放送。予告動画では、「最終章」「衝撃の結末へ」というテロップとともに、朋(波瑠さん)が「なんだか嫌な予感がします」と話す様子や、富野が拳銃を構える姿などが映し出される。

 人気イタリアンレストランのオーナー・入沢博人(武田航平さん)が手足を縛られた状態で、新店舗の冷凍施設に閉じ込められ、凍死した未解決事件から5年。成功のノウハウをまとめた自著「億りびと」を上梓(じょうし)したばかりのネット長者・西松文也(渡辺邦斗さん)が、入沢と同じように手足を縛られ、ホテルのバスタブで溺死しているのが見つかった。その遺体を見た「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠さん)は、くるぶしに彫られた奇妙な入れ墨に目を留める。文書捜査のエキスパート・鳴海理沙(鈴木京香さん)によると、その入れ墨は「梵字(ぼんじ)」。しかも、5年前の被害者・入沢の腕にも「梵字」の入れ墨が彫られていたという。

 二つの事件にはつながりがあると直感し、捜査に乗り出そうとする朋。その矢先、「特命捜査対策室」の室長・古賀清成(沢村一樹さん)を介し、警視庁刑事部のナンバー2である参事官・小野塚吾郎(筧利夫さん)から呼び出しがかかる。小野塚の肝いりで新設された「捜査情報係」に所属する刑事が、3日前から行方不明になっているため、朋に捜してほしいというのだ。その刑事とは、朋が新人時代に世話になった富野康彦(市原さん)。新人たちから「ミスターパーフェクト」と呼ばれていたエリート刑事で、朋も慕っていた人物だった……。

シーズン2最終回視聴率12.6% 波瑠&鈴木京香バディーの人気ドラマ

「未解決の女 警視庁文書捜査官」で主演を務める波瑠さん
「未解決の女 警視庁文書捜査官」で主演を務める波瑠さん

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2(テレビ朝日系、木曜午後9時)の最終回が9月17日に放送され、平均視聴率(世帯)は12.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 最終回には、捜査一課「捜査情報係」の刑事・富野康彦役で市原隼人さん、富野の恋人・杉山貴子役で北乃きいさんがゲスト出演。殺人事件の被害者2人をかつて弁護した男は、行方をくらましたエリート刑事・富野の捜索を朋に極秘依頼した警視庁幹部・小野塚(筧利夫さん)と、裏でつながっていた。しかも、古賀(沢村一樹さん)を撃って逃走した富野が、ある重要書類を朋に託そうとしていたことが判明。そこから、10年にわたって隠蔽されていた“冤罪事件”が浮かび上がり……という展開だった。

未解決の女 警視庁文書捜査官(シーズン2)テレビ朝日系
2020年8月6日スタート 毎週木曜午後9時