未解決の女 警視庁文書捜査官(シーズン2) あらすじ

未解決の女 警視庁文書捜査官(シーズン2)あらすじ

 ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)は、女優の波瑠さん主演で、2018年4月期に放送された連続ドラマのシーズン2。2020年8月6日からスタート。警視庁捜査1課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)を舞台に、波瑠さん演じる肉体派熱血刑事・矢代朋と、女優の鈴木京香さん演じる文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙のバディーが、“文字”を糸口に未解決事件を捜査していく……という物語で、毎週木曜午後9時から放送。

 ドラマは、麻見和史さんの「警視庁文書捜査官」(角川文庫)が原作で、昨年4月にはスペシャルドラマも放送された。これまでのシリーズに引き続き、大森美香さんが脚本を担当。シーズン2では、朋と理沙が“一筋縄ではいかない令和の未解決事件”に挑む姿が描かれるという。

 また、沢村一樹さん、遠藤憲一さん、高田純次さん、工藤阿須加さん、山内圭哉さんの続投も決定。第6係に嫌みの集中砲火を浴びせる「特命捜査対策室」の室長・古賀清成を沢村さん、第6係のメンバー・草加慎司を遠藤さん、財津喜延を高田さん、花形部署「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事・岡部守を工藤さん、桑部一郎を山内さんが演じる。

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2のあらすじ

<試写室>「未解決の女」シーズン2 波瑠&鈴木京香のバディー感が強まる 会話劇、「コナンくん形式」も見応え十分

連続ドラマ「「未解決の女 警視庁文書捜査官」の場面写真=テレビ朝日提供
連続ドラマ「「未解決の女 警視庁文書捜査官」の場面写真=テレビ朝日提供

 ドラマからドキュメンタリー、バラエティー、アニメまで、さまざまなジャンルのテレビ番組を放送前に確認した記者がレビューをつづる「テレビ試写室」。今回は、8月5日午後8時にスタートする女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)シーズン2の第1話だ。

 本作は2018年4月期に放送された連続ドラマのシーズン2で、麻見和史さんの「警視庁文書捜査官」(角川文庫)が原作。波瑠さん演じる肉体派熱血刑事・矢代朋と、鈴木京香さん演じる文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙のバディーが、“文字”を糸口に未解決事件を捜査していく……という物語。これまでのシリーズに引き続き、大森美香さんが脚本を担当。シーズン2では、朋と理沙が“一筋縄ではいかない令和の未解決事件”に挑む姿が描かれる。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

 第1話では、不倫疑惑が報じられた弁護士・有田賢太郎(大鶴義丹さん)の撲殺体が発見される。遺体の周辺には「もーいちど ころす しょーしたい」と書かれた破られた紙片が散乱しており、警察は愛人だった女優・遠山夏希(黒川智花さん)への聴取を開始するが、容疑者を特定できずにいた。5年後、日雇い労働者・幸坂達治(宮川一朗太さん)の焼死体が発見され、彼の部屋には同じ文面が書かれた紙が落ちていた。

 5年前の事件との関連性を疑う朋と理沙らは捜査を開始。5年前の事件と共通する一文を見直した理沙は「しょーしたい」という表記が引っかかっていたが、2人の接点は見られず捜査は難航する。そんな中、幸坂の従兄だという岸川登(石丸幹二さん)が、遺体を引き取るため警視庁へやって来る。彼の話から、二つの事件をつなぐ“驚がくの事実”が明らかになり……という展開。
 
 約1年ぶりに放送される本作。肉体派の朋と頭脳派の理沙の“凸凹バディー”で話題となった作品だが、劇中では描かれなかった時間で朋が成長したのか、現場での立ち姿が以前よりも風格を増している印象。理沙もそんな朋を頼るような描写も見られ、バディー感がさらに強まっているように感じた。6係の会話劇や、理沙がイヤホンで朋に指示して聞き込みを行う通称「コナンくん形式」など、おなじみのシーンももちろん見応え十分。同局の人気刑事ドラマ「相棒」のように、長期のシーズン化も期待できそうだ。

 連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」は毎週木曜午後9時から放送。初回は8月6日午後8時から2時間スペシャルで放送される。

<ドラマ紹介>「未解決の女」 シーズン2がスタート 波瑠×鈴木京香が令和の未解決事件に挑む 第1話あらすじも

連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2のワンシーン=テレビ朝日提供
連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2のワンシーン=テレビ朝日提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2(テレビ朝日系、木曜午後9時)が8月6日にスタートする。2018年4月期放送の「未解決の女 警視庁文書捜査官」の続編で、前作同様、波瑠さん演じる肉体派熱血刑事の矢代朋と、鈴木京香さん扮(ふん)する“文字フェチ”の頭脳派刑事・鳴海理沙が、“文字”を糸口に難事件に挑む。沢村一樹さん、工藤阿須加さん、高田純次さん、遠藤憲一さんら前作のキャストに加え、2019年4月に放送されたスペシャルドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 ~緋色のシグナル~」に出演した谷原章介さんも登場する。初回は2時間スペシャルで8時から放送。

 ドラマは麻見和史さんの小説「警視庁文書捜査官」シリーズが原作。脚本は前作同様、波瑠さんが主演したNHKの連続テレビ小説「あさが来た」の大森美香さんが担当する。前作では、「倉庫番」と揶揄(やゆ)されている警視庁捜査1課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)を舞台に、強行犯係から異動した朋(波瑠さん)が、対人関係が苦手ながら文章から書き手の性格や思考を当てる特殊能力を持つ“文書解読のエキスパート”理沙(鈴木さん)と組み、難事件を鮮やかに解決していく姿が描かれた。今作では“最強凸凹バディー”に成長した朋と理沙が、一筋縄ではいかない令和の未解決事件に挑む。

 前作に続き、第6係に嫌みの集中砲火を浴びせる警視庁捜査1課「特命捜査対策室」室長・古賀清成を沢村さん、警視庁捜査1課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事で、朋と同期の岡部守を工藤さん、同じく第5係の桑部一郎を山内圭哉さんが演じる。高田さんは朋と理沙にバディーを組ませた第6係の係長・財津喜延役、遠藤さんは理沙にひそかに思いを寄せる第6係の警部補・草加慎司役でそれぞれ続投する。このほか、スペシャルドラマで京都府警捜査1課の刑事・国木田哲夫役を演じた谷原さんが同役で出演。今作には第6係の新係長として登場する。また古賀をサポートする室長補佐・宗像利夫役で皆川猿時さんも出演する。

 第1話では、テレビにも出演するほどの売れっ子弁護士・有田賢太郎(大鶴義丹さん)が、自身の不倫騒動で好奇と非難の目にさらされる中、撲殺体となって発見される。遺体の周辺には破られた紙片が散乱しており、貼り合わせると「もーいちど ころす しょーしたい」という不穏な一文が浮かび上がる。警察は有田の家族や勤務先の法律事務所、愛人だった女優・遠山夏希(黒川智花さん)への聴取を開始。しかし容疑者は特定できず、時間は過ぎていった。

 この事件の発生から5年。岡部(工藤さん)が、未解決事件の文書捜査を担当する「文書解読係」こと「特命捜査対策室」第6係を訪問し、ある新事件の文書の解読を依頼する。被害者は建築現場の日雇い労働者・幸坂達治(宮川一朗太さん)。現場から逃亡した男に火をつけられたと思われる幸坂は、指紋も取れないほど無残な焼死体で見つかった上、彼の部屋には「もーいちど ころす しょーしたい」と書かれた紙が落ちていた。

 話を聞いて、5年前の事件との関連性を疑う朋と理沙らは捜査を開始。朋は幸坂殺害事件の発生時に「サイレントなんとか」という“謎の叫び声”が聞こえたとの情報を入手する。一方、5年前の事件と共通する一文を見直した理沙は「しょーしたい」という表記が引っかかっていた。だが、有田と幸坂の接点は一向に見つからず、捜査は難航。そんな中、幸坂の本棚を洗い直した朋は、意外な人物とのつながりを発見する。やがて、幸坂の従兄だという岸川登(石丸幹二さん)が、静岡から遺体を引き取るため警視庁へやって来る。彼の話から、二つの事件をつなぐ“驚愕の事実”が明らかになり……という展開。

第2話のあらすじ 鈴木京香、恋をしたように興奮? 波留と古書をめぐる未解決事件に挑む

連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2のワンシーン=テレビ朝日提供
連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2のワンシーン=テレビ朝日提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第2話が8月13日、放送される。同話には、国文学の教授・真田誠役で松下由樹さん、真の夫・真田学役で野間口徹さんらがゲスト出演する。

 クセのある書風で「藤原」と刺繍されているスーツを着た男性が、他殺体で見つかる。刺繍の文字が気になった「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠さん)が、文字のエキスパートである先輩・鳴海理沙(鈴木京香さん)に見せると、理沙はハッと目を見張る。その書風は、理沙も大好きな鎌倉初期の歌人・藤原定家の筆跡を模した「定家様(ていかよう)」だったからだ。被害者は“ただの藤原さん”ではないとにらむ理沙。と同時に、理沙の脳裏に“ある未解決事件”の記憶がよみがえる。

 それは今から10年前、国文学の権威である啓星大学の教授・板橋京介(佐渡稔さん)が、研究室内で何者かに殺された事件。研究室からは、古書店「大蔵堂」の店主・倉木達也(合田雅吏さん)が「鑑定のため板橋に預けていた」と主張する古書が消えていたのだが、その古書こそ藤原定家の直筆による写本=「定家本」の可能性がある代物だった。

 消えた古書がもし本物の「定家本」ならば、国宝級の大発見。まるで恋でもしたかのように興奮した理沙は、いつもなら嫌がる外回りの捜査を率先して開始するが……。

第3話のあらすじ 波瑠がバスケ部コーチ殺害事件に挑む 伊藤健太郎、高梨臨らゲスト出演

連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2第3話のワンシーン=テレビ朝日提供
連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2第3話のワンシーン=テレビ朝日提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第3話が8月20日に放送される。同話には、高校の教育実習生・唐木田玲一役で伊藤健太郎さん、国語教師・藤沢さおり役で高梨臨さんらがゲスト出演する。

 熱心な指導で私立稜泉学園のバスケットボール部を全国大会初出場へと導いた名物コーチ・片山彰(谷田歩さん)が、大会の開幕前日、何者かに殺される。だが、犯人の特定は思いのほか難航。事件は未解決のまま、月日は流れていた。事件から3年たったある日、参議院議員の公設秘書・上原望(沢井美優さん)が自宅のリビングで殺されているのが見つかる。リビングのDVDデッキに入っていたディスクには、非常に整った筆跡で「稜泉学園バスケ部 木曜日」と記されていた。

 収録されていたのは、例の未解決事件から3年がたち、再び全国大会出場の切符を手にした同校バスケ部の特集番組。だが奇妙なことに、録画されていたのは番組の途中からで、ディスクに残された指紋も被害者のものではなかった。二つの事件には何らかのつながりがある。そうにらんだ矢代朋(波瑠さん)ら「特命捜査対策室」第6係のメンバーは、早速録画された番組の元映像を手配し、最初から見直すことに。すると、そこに収められていた3年前の片山の指導映像に、なぜか望の姿が映り込んでいることが判明する……。

第4話のあらすじ 波瑠に久保田紗友が再捜査を依頼 「居飛車のプリンス」殺害事件に挑む

連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2第4話のワンシーン=テレビ朝日提供
連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2第4話のワンシーン=テレビ朝日提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第4話が8月27日に放送される。同話には、未解決事件で殺害された棋士の娘・佐田彩子役で久保田紗友さん、一流駒師・桜木正村役で小野武彦さん、その弟子の桜木歩役で永井大さんがゲスト出演する。

 5年前の未解決事件で何者かに殺された棋士、「居飛車のプリンス」こと佐田貴雄(足立理さん)の娘・彩子(久保田さん)が、亡き父の後援会長だった外食チェーンの経営者・山井英俊(長谷川初範さん)と共に、警視庁の相談窓口にやってくる。今になって突然、佐田が殺された際に盗まれた将棋駒がネットオークションに出品され、1週間もたたぬうちに出品が取り消されるという、不可解な出来事があったというのだ。話を聞いた矢代朋(波瑠さん)ら「特命捜査対策室」第6係のメンバーは、すぐさま事件を再捜査することに。まずは出品された駒が本物かどうかを確かめるため、朋ははるばる山形へと足を運ぶ。

 朋が向かった先は、一番弟子・桜木歩(永井さん)に伝統を継承しながら、将棋駒作りに専念する職人・桜木正村(小野さん)の工房。実は出品された駒は17年前、「毎朝杯」決勝戦でライバル棋士・「千駄ヶ谷の虎」こと西川悟(木瀬哲弥さん)に勝った佐田に贈られたもので、正村の作品だった……。

第5話のあらすじ 佐久間由衣が遠藤憲一の娘役でゲスト出演 立てこもり事件の人質に…

連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2第5話のワンシーン=テレビ朝日提供
連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2第5話のワンシーン=テレビ朝日提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第5話が9月3日に放送される。同話には、遠藤憲一さん演じる「特命捜査対策室」第6係の刑事・草加慎司の娘役で、佐久間由衣さんがゲスト出演する。

 閉店間際の銀行に3人組の男が押し入り、立てこもった。人質の中には、第6係の草加慎司(遠藤さん)の娘で、3年前に妻と共に家を出ていった草加美里(佐久間さん)がいた上に、なぜか犯人は「草加という刑事に電話させろ」と警察に要求してきた。そんな中、草加は防犯カメラ映像で、漢数字の「三」が書かれた紙を持たされる美里と、犯人の一人の顔を確認して息をのむ。その男はある未解決事件の捜査で出会った河本直也(矢野聖人さん)だったからだ。

 草加が担当した未解決事件とは12年前、専門学校生・麦野奈津(水谷果穂さん)が帰宅途中に刺殺され、地面にダイイングメッセージともとれる漢数字「三」の文字が書き残されていた事件。しかし、奈津に当時つきまとい、漢数字「三」が名前に入っていることから真っ先に容疑がかかった大学生・三田良平(佐藤祐基さん)のアリバイは完璧。奈津の父が経営する児童養護施設で育った直也から、必ず犯人を捕まえてほしいと懇願された草加は逮捕を誓ったが、必死の捜査もむなしく三田のアリバイは崩せず、他に犯人も特定できず仕舞いだった。

 草加は立てこもり犯の指示に従い、すぐさま電話。すると、直也は人質の命を盾に取り、約18時間後の翌朝10時までに奈津を殺した犯人を捕まえるよう要求する。自分のせいで起こった事件だと、自責の念に駆られる草加。だが、人質の家族は捜査に直接関われないため、自らの手で決着をつけることはできず……。

最終話のあらすじ 衝撃すぎる真犯人が明らかに 捜査を進める波瑠にも“黒い采配”が…

連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2最終話のワンシーン=テレビ朝日提供
連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2最終話のワンシーン=テレビ朝日提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」シーズン2(テレビ朝日系、木曜午後9時)最終話「影の斜塔・後編」が9月17日に拡大スペシャルとして放送される。前週第6話に続き、捜査一課「捜査情報係」の刑事・富野康彦役で市原隼人さん、富野の恋人・杉山貴子役で北乃きいさんがゲスト出演。予告動画では、「明かされる あまりにも衝撃すぎる真犯人!」「さよなら文書捜査班」というテロップや、朋(波瑠さん)が「信頼を失った警察に不正を暴くことなんてできない」と語る様子などが映し出される。

 5年前の未解決事件で殺された人気イタリアンレストランのオーナー・入沢博人(武田航平さん)と、つい先日殺されたネット長者・西松文也(渡辺邦斗さん)。共に「梵字(ぼんじ)」の入れ墨を入れた被害者2人は、かつて同じ詐欺事件で逮捕されていた。しかも、彼らを不起訴処分へ導いた弁護士・若林守(矢柴俊博さん)は、行方をくらましたエリート刑事・富野康彦(市原隼人さん)の捜索を「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋に極秘依頼した警視庁幹部・小野塚吾郎(筧利夫さん)と、裏でつながっていたのだ。

 徐々に明るみになる“警察組織が絡んだ闇”。そんな中、富野が、警視庁から持ち出した拳銃で「特命捜査対策室」の室長・古賀清成(沢村一樹さん)を撃ち、またも姿を消してしまう。「ミスターパーフェクト」と呼ばれる正義漢の富野がなぜ? 富野の行動に納得がいかない朋。

 そんな中、富野が“ある重要書類”を朋に手渡してもらうため、古賀と落ち合ったことが判明する。その重要書類とは、小野塚が10年前、製薬会社の経理担当・釘本洋介(桜井聖さん)を無罪と知りながら、殺人罪で送検した事件に関する、門外不出の証言記録だった。しかし、富野はその記録を託す前に、古賀を銃撃していた。富野はなぜ、大切な橋渡し役となる古賀を撃ったのか。謎が謎を呼ぶ中、朋は富野の部屋に残っていた“謎の波線”を手がかりに、捜査を大きく進める“ある仮説”を立てる。だがその矢先、小野塚の黒い采配によって、朋は富野の捜索担当から外されてしまう……。

未解決の女 警視庁文書捜査官(シーズン2)テレビ朝日系
2020年8月6日スタート 毎週木曜午後9時