極主夫道 ニュース

志尊淳「極主夫道」で玉木宏の弟分に 「気分が高揚しています」

連続ドラマ「極主夫道」で雅を演じる志尊淳さん(左)と原作のビジュアル(C)おおのこうすけ/新潮社
連続ドラマ「極主夫道」で雅を演じる志尊淳さん(左)と原作のビジュアル(C)おおのこうすけ/新潮社

 俳優の志尊淳さんが、玉木宏さん主演で10月スタートの連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)に出演することが8月6日、分かった。玉木さん扮(ふん)する、極道から足を洗った専業主夫・龍の弟分・雅を演じる。志尊さんが同枠のドラマに出演するのは、2018年に放送された「トドメの接吻(キス)」以来2年ぶりとなる。

 ドラマは、新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。“最凶”の極道「不死身の龍」と言われ、極道から足を洗った後に、美久(川口春奈さん)と結婚して専業主夫となった龍が、家族やさまざまな事件が起こる町の平和を守る姿を描く“ヒューマンコメディー”。

 志尊さんはドラマ出演について「この落ち着かない状況下で、皆さんが毎週、何も考えずに楽しんでいただける1時間をお届けしたいという気持ちでいっぱいです。以前ご一緒した瑠東(東一郎)監督には全信頼を置いているので、また共に作品を作れることがとてもうれしいです」とコメント。

 また、自身が演じる雅について「原作はもちろんのこと、原作に書かれていない描写を想像すると、人としていろいろな側面を持ち合わせているなと感じました」といい、「今は『こんなふうに』という枠組みは決めずに、いろいろなアプローチで想像をしている段階なので、どうなるかはまだ自分でもわかりません。ただ、想像をしていくほど気分が高揚しています」と語っている。

(C)おおのこうすけ/新潮社
(C)おおのこうすけ/新潮社
(C)おおのこうすけ/新潮社
(C)おおのこうすけ/新潮社
(C)おおのこうすけ/新潮社
(C)おおのこうすけ/新潮社

川口春奈「極主夫道」で玉木宏の妻に 「お出掛けしたり、お家シーン楽しみ」

10月期の連続ドラマ「極主夫道」に出演する川口春奈さん(C)中村和孝=読売テレビ提供
10月期の連続ドラマ「極主夫道」に出演する川口春奈さん(C)中村和孝=読売テレビ提供

 女優の川口春奈さんが、俳優の玉木宏さん主演で10月スタートの連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)に出演することが7月30日、分かった。玉木さん扮(ふん)する、極道から足を洗った専業主夫・龍の妻の美久を演じる。

 ドラマは、新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。“最凶”の極道「不死身の龍」と言われ、極道から足を洗った後に、美久と結婚して専業主夫となった龍が、家族やさまざまな事件が起こる町の平和を守る姿を描く“ヒューマンコメディー”。

 美久は、デザイナーとして働くバリバリのキャリアウーマンだが、少し天然でルーズなところがあり、片付けが苦手な上、料理はヘタ……というキャラクターだ。

 川口さんは、ドラマの出演に「原作を読んで、何も考えずにすらすら読めてフッと笑ってしまう場面やほっこりする場面が多くて、こんなときにこそ、こういうドラマを作れること、携われることをうれしく思います」と喜び、演じる美久については「バリバリのキャリアウーマンだけど、アニメ好きな一面もあったりと、いろんな顔を持っているのかなと思います。旦那さんとのシュールなシーンは個人的に楽しみなので、突っ込みを入れたりあきれたりしながら、楽しくやっていけたらと思います」と意気込んでいる。

 夫婦役を演じる玉木さんとの共演には「今から、玉木さんの龍がとても楽しみでワクワクしてます。2人でお出掛けしたり、お家(うち)でのシーンも楽しみ」と語っている。ドラマについては「これからの撮影がとても楽しみです。ご家族でどうかたくさん笑って楽しく見てもらえるドラマになれば幸いです」と、コメントを寄せている。

 ◇中山喬詞プロデューサーのコメント

 伝説の元極道で今は専業主夫という風変わりな夫の妻でありながら龍にも負けないくらい個性的でパワフルな美久。そんなある意味“最強の妻”を今最も勢いのある女優さんの一人である川口さんに演じていただくことができ、期待感しかありません。エネルギッシュで仕事も有能なのに、家事はからっきしダメでちゃめっ気たっぷりな女性。でも物事の本質をきちんと見極め、芯がブレないりんとした真っすぐな奥さん。似た者同士なところもありながら、真逆なところもある年の差夫婦のコミカルなやりとりに今からワクワクしています。

 そして、どうやって2人は出会い……。結婚までたどり着いたのかなどドラマオリジナルの2人のなれ初めにも注目してもらいたいと思います。ちょっぴりいびつで変わっているけれど、「こんな家族って良いな」と家族でご覧いただきながら感じ取ってもらえるはずです。龍と美久ならではの愛の形をほっこり、ニヤニヤしながら楽しんでもらえればと思います。

(C)おおのこうすけ/新潮社
(C)おおのこうすけ/新潮社
(C)おおのこうすけ/新潮社
(C)おおのこうすけ/新潮社

玉木宏、“夏”の裏社会に生きる男から、“秋”は元極道の専業主夫へ 10月期「極主夫道」主演

10月期の連続ドラマ「極主夫道」で主演を務める玉木宏さん(C)YUSUKE OKA=読売テレビ提供
10月期の連続ドラマ「極主夫道」で主演を務める玉木宏さん(C)YUSUKE OKA=読売テレビ提供

 俳優の玉木宏さんが、10月期の連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)に主演することが7月8日、分かった。玉木さんが日本テレビ系の連続ドラマで主演を務めるのは初めて。玉木さんは、同28日から放送される連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐(ふくしゅう)者」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)で裏社会に生きる主人公を演じるが、「極主夫道」では極道から足を洗った専業主夫に扮(ふん)する。

 ドラマは、新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。コミックスは累計発行部数200万部を突破。「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」の第2位も受賞している。玉木さん演じる専業主夫の龍は、裏社会で数々の伝説を残した“最凶”の極道で「不死身の龍」という異名を持っている。ドラマは、極道から足を洗った後、結婚して専業主夫となった龍が、家族やさまざまな事件が起こる町の平和を守る姿を描く“ヒューマンコメディー”。

 ◇原作・おおのこうすけさんのコメント

 --「極主夫道」ドラマ化が決まったときのお気持ちなどを教えてください。

 「極主夫道」は自分の初連載の作品で、描き始めたころは、まさかテレビドラマ化するなんて考えてもみなかったので、とてもうれしく思うと同時にこんな機会に恵まれたことに感謝しています!

 --主演が玉木宏さんですが、今後の発表になるキャストも含めまして、楽しみにしている点などがありましたら、教えてください。

 まず、主演の玉木さんをはじめ出演される方々の豪華さに驚いてます。作中にはクセのあるキャラクターが多いので、どういうふうに演じられるのか、一視聴者として楽しみです!

 --ファンの皆さんにメッセージをお願いします。

 マンガはマンガ表現の中で楽しく読める工夫をしてきましたが、ドラマではドラマだからこそできる表現があると思います。ドラマならではの「極主夫道」をたくさんの方に見て楽しんでもらえるとうれしいです!

 ◇中山喬詞プロデューサーのコメント

 「日曜の夜に家族みんなで突っ込みながら笑っていただきたい」そんなドラマです。登場人物たちが真っすぐ生きている姿を全力でコミカルに、全力で愛らしく、ちょっぴり無骨に描くコメディーを楽しんでもらえればと思っています。おおの先生の原作を読ませていただいたときに第一印象で「これは面白い!」と思いました。そして、今こういう世の中になっている状況で改めて読み返し、「龍のような仁義と愛にあふれているスーパー主夫を皆さんが求めているのでは」と強く感じました。閉塞(へいそく)感が漂う中、粋で魅力的な主人公の生き様や言動にスカッとした気分になってもらえればと思います。漢(おとこ)の色気と大人のカッコよさ、さらにチャーミングな一面を兼ね備えた玉木さんに龍を演じていただくことができ、“極道”と“主夫”のギャップをどんなふうに演じていただけるのか今から楽しみで仕方がありません。玉木さん演じる龍とともに個性あふれる面々が、カチコミよろしく大暴れしますのでぜひご覧ください!

(C)おおのこうすけ/新潮社
(C)おおのこうすけ/新潮社

極主夫道読売テレビ・日本テレビ系
2020年10月期 日曜午後10時半