極主夫道 あらすじ

極主夫道あらすじ

 ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)は、新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。俳優の玉木宏さんが主演を務め、極道から足を洗った専業主夫に扮(ふん)する。玉木さんが日本テレビ系の連続ドラマで主演を務めるのは初めて。

 コミックスは累計発行部数200万部を突破。「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」の第2位も受賞している。玉木さん演じる専業主夫の龍は、裏社会で数々の伝説を残した“最凶”の極道で「不死身の龍」という異名を持っている。ドラマは、極道から足を洗った後、結婚して専業主夫となった龍が、家族やさまざまな事件が起こる町の平和を守る姿を描く“ヒューマンコメディー”。

ドラマ「極主夫道」のあらすじ

極主夫道読売テレビ・日本テレビ系
2020年10月期 日曜午後10時半