35歳の少女

  • スタッフ:
    脚本:遊川和彦
  • キャスト:
    柴咲コウ
    坂口健太郎
  • 公開日:
    日本テレビ系
    2020年10月期 土曜午後10時放送

35歳の少女あらすじ

 ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)は、女優の柴咲コウさんが主演を務める。遊川和彦さんが脚本を担当。柴咲さんが民放の連続ドラマで主演を務めるのは、2015年1月期に同局で放送された「〇〇妻」以来、約5年ぶり。「〇〇妻」の脚本を担当した遊川さんと、再タッグを組む。

 「35歳の少女」は遊川さんによるオリジナル作品で、「家政婦のミタ」「同期のサクラ」の制作チームの最新作。物語の舞台は1995年と2020年で、柴咲さんは“35歳の少女”今村望美を演じる。

 ドラマは、1995年、事故で長い眠りについた10歳の少女・望美。家族はバラバラになり、初恋の少年は夢を諦め、それぞれ孤独な今を生きていた。2020年、25年ぶりに少女が目覚めた。心は10歳、体は35歳になった望美が、すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる成長物語となる

スタッフ

脚本:遊川和彦

35歳の少女キャスト

柴咲コウ
坂口健太郎

公開日

日本テレビ系
2020年10月期 土曜午後10時放送

ニュース

35歳の少女

<SNS反響>“愛美”橋本愛の“荒ぶり”に視聴者注目「一周回って気持ちいい」 「毎回見どころ」の声も

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第7話が11月21日に放送された。劇中には、これまでに橋本愛さん演じる愛美がキレるシーンや、酔っ払った勢いで暴言を吐くシーンなどが度々登場。その荒ぶる姿に、視聴者から「マナちゃん今週もぶっ飛んでて最高」「今日も安定の崩壊」「毎週期待を裏切らない」「まなちゃんの酔っ払いタイム好き」「一周回って気持ちいい」と注目が集まっている。

続きを読む
35歳の少女

<SNS反響>“望美”柴咲コウが心の友“デデ”までも置いて、悲しみの“独り立ち”… 「覚悟が分かる」と反響 「母とリンクしてきた」の声も

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第7話が11月21日に放送された。望美(柴咲さん)がこれまで大切にしてきたカメのぬいぐるみ「デデ」までも置いて、結人と暮らすアパートを出て行く姿に、視聴者からは「いつでも一緒だったデデを置いて出て行っちゃうなんて」「大事にしてたデデも置いて出て行ったのがもう……」「身も心も家出」「一人で生きていく覚悟が分かる」「望美がどんどん大人になってく」と反響が寄せられた。

続きを読む
35歳の少女

“望美”柴咲コウ&“結人”坂口健太郎らが“25年前の自分”と対面 “ちょっと不思議な時間”描くHuluオリジナルストーリー配信決定

 女優の柴咲コウさんが主演を務める連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)のオリジナルストーリー「25年前のあなたへ」が、動画配信サービス「Hulu(フールー)」で独占配信されることが11月21日、分かった。柴咲さんや坂口健太郎さん演じる主要キャラクターたちが、“25年前の自分”と対面する“ちょっと不思議な時間”を描く。全4話で、21日から毎週土曜日のドラマ放送終了後に配信される。

続きを読む
35歳の少女

“遊川イズム”継ぐ伊藤彰記監督「女優・柴咲コウのすごさを実感」 「○○妻」からの変化語る

 女優の柴咲コウさんが主演を務める連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)。11月21日に放送される第7話では、柴咲さんが約5年前に主演した「○○妻」で助監督を務めていた伊藤彰記さんが監督を担当。「助監督の時よりも女優・柴咲コウのすごさを痛感しました」と柴咲さんの変化について語った。

続きを読む
35歳の少女

<SNS反響>“望美”柴咲コウが“結人”坂口健太郎とファーストキス 「幻想的」「神々しい」の声 光の演出に反響も

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第6話が11月14日に放送された。望美(柴咲さん)が結人(坂口健太郎さん)とファーストキスを交わすシーンに、視聴者から「幻想的」「美しすぎる」「きれいなキスシーンだった……」「神々しい」「尊いキス」などの反響が寄せられた。

続きを読む
35歳の少女

<SNS反響>“望美”柴咲コウの“急成長”に「驚きが止まらない」 “心の声”の変化にも反響

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第5話が、11月7日に放送された。急成長を遂げていく望美(柴咲さん)の様子に、視聴者からは「成長しすぎてて驚きが止まらない」「成長が著しい」「回を重ねるごとにどんどん成長してる」「子供っぽさがなくなってきてる」「大人になった」と驚きの声が上がった。

続きを読む
35歳の少女

<SNS反響>“望美”柴咲コウを体を張って守る“多恵”鈴木保奈美に「母は強し」と反響 演技力に絶賛の声も

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第4話が、10月31日に放送された。トラブルに巻き込まれそうになった望美(柴咲さん)を体を張って助け出した多恵(鈴木保奈美さん)の姿に、視聴者からは「母の愛が深い……」「母は強し」「母って偉大」「望美のことを思う母がすごすぎて今回も泣けた」「母の覚悟と重みを感じて揺さぶられた」と反響が寄せられた。

続きを読む
35歳の少女

<インタビュー>柴咲コウ「35歳の少女」で制服姿披露も「遊川さんを一生恨もうかなと」 坂口健太郎と撮影振り返る

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第4話が、10月31日に放送される。本作で、10歳のときに自転車で事故に遭い、25年後に心は10歳のまま35歳の体で目覚めた時岡望美を演じる柴咲さん、望美の小学校のクラスメートで初恋の相手で、目覚めた望美に寄り添う広瀬結人を演じる坂口健太郎さんが、4話の放送を前に、これまでの撮影の舞台裏や、ドラマの反響を語った。

続きを読む
35歳の少女

現役中学生インフルエンサーHinataが出演 柴咲コウと意気投合

 動画アプリ「TikTok(ティックトック)」で、280万人以上のフォロワーを抱える現役中学生インフルエンサーのHinataさんが、女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第4話(10月31日)に出演する。

続きを読む
35歳の少女

<SNS反響>“結人”坂口健太郎の“クリームソーダよけ”に「優しい」「紳士」 “見守る目”にも反響

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第3話が、10月24日に放送された。カフェで手紙を書く望美(柴咲さん)のために、そばにあったクリームソーダをそっと動かす結人(坂口健太郎さん)の振る舞いに、視聴者から「ちゃんとクリームソーダどかしてあげる結人……」「さりげなくクリームソーダを下げたのいいね」「よけてあげるの優しい……」「気遣いできる」「紳士」といった反響が寄せられた。

続きを読む
35歳の少女

<ドラマ紹介>「35歳の少女」柴咲コウが25年ぶりに目覚める… 5年ぶり民放連ドラ主演で遊川和彦と再タッグ

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)が10月10日に始まる。脚本は遊川和彦さんが担当。柴咲さんは、2015年1月期放送の同局「〇〇妻」以来、約5年ぶりの地上波民放連ドラ主演。「〇〇妻」の脚本を担当した遊川さんと再タッグを組む。

続きを読む
35歳の少女

柴咲コウ、主演ドラマ「35歳の少女」クランクイン 鈴木保奈美、橋本愛、田中哲司も

 女優の柴咲コウさん主演で10月10日から放送される連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)の撮影がこのほど、スタートした。ドラマは、柴咲さんが主演したドラマ「○○妻」(同局系、2015年放送)と同じプロデューサーや監督という座組だったことから、柴咲さんは、リラックスした表情で撮影を開始したという。

続きを読む
35歳の少女

田中哲司、「35歳の少女」で柴咲コウの父親役 遊川和彦作品初出演

 俳優の田中哲司さんが、10月期に放送される柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演することが8月27日、分かった。主人公・今村望美(柴咲さん)の父・今村進次を演じる。本作は遊川和彦さんが脚本を担当しており、田中さんは遊川さんの作品初出演となる。

続きを読む
35歳の少女

坂口健太郎、柴咲コウと初共演 「35歳の少女」で主人公の初恋の相手役

 俳優の坂口健太郎さんが、10月期に放送される柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演することが8月10日、分かった。柴咲さん扮(ふん)する主人公の今村望美の初恋の相手、広瀬結人を演じる。坂口さんは柴咲さんと初共演。地上波の民放連続ドラマへの出演は、2019年1月期のドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(同局系)以来、約1年半ぶりとなる。

続きを読む
35歳の少女

柴咲コウ、5年ぶり民放連ドラ主演 10月期「35歳の少女」で遊川和彦と再タッグ

 女優の柴咲コウさんが、10月期に放送される連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)で主演を務めることが7月11日、明らかになった。ドラマは遊川和彦さんが脚本を担当する。柴咲さんが民放の連続ドラマで主演を務めるのは、2015年1月期に同局で放送された「〇〇妻」以来、約5年ぶり。「〇〇妻」の脚本を担当した遊川さんと、再タッグを組む。

続きを読む

あらすじ

35歳の少女

第7話のあらすじ “望美”柴咲コウが“結人”坂口健太郎の実家へ “多恵”鈴木保奈美が不吉発言

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第7話が11月21日に放送される。予告映像には、結人(坂口健太郎さん)が父親に望美(柴咲さん)を紹介する場面などが映し出されている。

続きを読む
35歳の少女

第6話のあらすじ “望美”柴咲コウが親離れ “結人”坂口健太郎と同棲生活スタート

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第6話が11月14日に放送される。予告映像には、望美(柴咲さん)が結人(坂口健太郎さん)に「末永くよろしくお願いします」と頭を下げる場面や、2人で買い物に出かける様子などが映し出されている。

続きを読む
35歳の少女

第5話のあらすじ “望美”柴咲コウが“結人”坂口健太郎にアピール 恋人代行の様子を見に行くと…

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第5話が11月7日に放送される。予告映像には、望美(柴咲さん)が家庭教師の結人(坂口健太郎さん)に「キスしよっか」と言う場面や、愛美(橋本愛さん)が結人に抱きつくところを目撃する様子などが映し出されている。

続きを読む
35歳の少女

第4話のあらすじ “望美”柴咲コウに新しい友達? セーラー服姿の中学生に

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第4話が10月31日に放送される。予告映像には、望美(柴咲さん)の「新しい友達ができたんだ」のせりふと共に、セーラー服を着て“中学生”になった姿が映し出されている。    愛美(橋本愛さん)は相沢(細田善彦さん)宅前での泥酔熱唱動画が会社内で出回り、進めていたプロジェクトから降ろされる。藤子(大友花恋さん)の仕業と確信する愛美だが、更なるトラブルに発展。進次(田中哲司さん)は会社で早期退職を勧められるも加奈(富田靖子さん)に打ち明けられず、引きこもる達也(竜星涼さん)の問題も解決の糸口をつかめずにいた。

続きを読む
35歳の少女

第3話のあらすじ “望美”柴咲コウが大人になるため奮闘 “結人”坂口健太郎の代行業を手伝い…

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第3話が10月24日に放送される。予告映像では、望美(柴咲さん)が勉強に励む姿や、結人(坂口健太郎さん)と共にパーティーに参加する場面などが映し出されている。

続きを読む
35歳の少女

第2話のあらすじ バラバラになった家族… “望美”柴咲コウが25年の変化に葛藤

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第2話が10月17日に放送される。予告映像では、25年の眠りから覚めた望美(柴咲さん)が、大人になった自分やすっかり変わってしまった周囲の状況と葛藤する様子が展開。ラストには「事故に遭ってごめんなさい。25年も皆につらい思いをさせてごめんなさい」というせりふと共に、望美が25年前に事故に遭った坂道を自転車で疾走する姿が映し出されている。

続きを読む
35歳の少女

<ドラマ紹介>「35歳の少女」柴咲コウが25年ぶりに目覚める… 5年ぶり民放連ドラ主演で遊川和彦と再タッグ

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)が10月10日に始まる。脚本は遊川和彦さんが担当。柴咲さんは、2015年1月期放送の同局「〇〇妻」以来、約5年ぶりの地上波民放連ドラ主演。「〇〇妻」の脚本を担当した遊川さんと再タッグを組む。

続きを読む

ドラマ「35歳の少女」のあらすじ

続きを読む

キャスト

35歳の少女

現役中学生インフルエンサーHinataが出演 柴咲コウと意気投合

 動画アプリ「TikTok(ティックトック)」で、280万人以上のフォロワーを抱える現役中学生インフルエンサーのHinataさんが、女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第4話(10月31日)に出演する。

続きを読む
35歳の少女

田中哲司、「35歳の少女」で柴咲コウの父親役 遊川和彦作品初出演

 俳優の田中哲司さんが、10月期に放送される柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演することが8月27日、分かった。主人公・今村望美(柴咲さん)の父・今村進次を演じる。本作は遊川和彦さんが脚本を担当しており、田中さんは遊川さんの作品初出演となる。

続きを読む
35歳の少女

坂口健太郎、柴咲コウと初共演 「35歳の少女」で主人公の初恋の相手役

 俳優の坂口健太郎さんが、10月期に放送される柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演することが8月10日、分かった。柴咲さん扮(ふん)する主人公の今村望美の初恋の相手、広瀬結人を演じる。坂口さんは柴咲さんと初共演。地上波の民放連続ドラマへの出演は、2019年1月期のドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(同局系)以来、約1年半ぶりとなる。

続きを読む
35歳の少女

柴咲コウ、5年ぶり民放連ドラ主演

 女優の柴咲コウさんが、10月期に放送される連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)で主演を務める。柴咲さんが民放の連続ドラマで主演を務めるのは、2015年1月期に同局で放送された「〇〇妻」以来、約5年ぶり。

続きを読む