35歳の少女 キャスト

35歳の少女キャスト

柴咲コウ
坂口健太郎

柴咲コウ、5年ぶり民放連ドラ主演

柴咲コウさん=日本テレビ提供
柴咲コウさん=日本テレビ提供

 女優の柴咲コウさんが、10月期に放送される連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)で主演を務める。柴咲さんが民放の連続ドラマで主演を務めるのは、2015年1月期に同局で放送された「〇〇妻」以来、約5年ぶり。

 ◇柴咲コウさんのコメント

 この度、主人公の「今村望美」を演じさせていただきます。等身大の自分とは違う人物を演じられるのが楽しみです。1話の台本を読み、自然と感情が揺れ動きました。望美が、望美の周りの人たちがどうなっていくのか、毎回次の台本が届くのをワクワクしながら待っています。脚本の遊川さん、プロデューサーの大平(太)さんとは「〇〇妻」の時にご一緒しておりますが、この作品では皆で忌憚なく意見を言い合ってよりいい作品を作り上げていきたいです。たくさんの方に見ていただき、皆様の心に残る作品になればうれしく存じます。

坂口健太郎、柴咲コウと初共演 「35歳の少女」で主人公の初恋の相手役

坂口健太郎さん=日本テレビ提供
坂口健太郎さん=日本テレビ提供

 俳優の坂口健太郎さんが、10月期に放送される柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演することが8月10日、分かった。柴咲さん扮(ふん)する主人公の今村望美の初恋の相手、広瀬結人を演じる。坂口さんは柴咲さんと初共演。地上波の民放連続ドラマへの出演は、2019年1月期のドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(同局系)以来、約1年半ぶりとなる。

 「35歳の少女」は遊川和彦さんによるオリジナル作品で、「家政婦のミタ」「同期のサクラ」の制作チームの最新作。物語の舞台は1995年と2020年で、柴咲さんは“35歳の少女”を演じる。

 ドラマの内容についても同日、明かされた。1995年、事故で長い眠りについた10歳の少女・望美。家族はバラバラになり、初恋の少年は夢を諦め、それぞれ孤独な今を生きていた。2020年、25年ぶりに少女が目覚めた。心は10歳、体は35歳になった望美が、すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる成長物語となる。

 坂口さん演じる結人は、望美の小学校のクライメートで初恋の相手。一度小学校の教師となったが、ある事件をきっかけに退職。自信のなさを隠すために、他人の批判と上から目線でなんとか自分を守っていたが、望美と再会して自分を見直していく……というキャラクター。

 ドラマ出演について、坂口さんは「初の遊川作品、そして初めて柴咲コウさんとご一緒させていただけることが、今からとても楽しみです」とコメント。「最初に台本を読ませていただいた時の高揚感を大切にしながら、望美の周りで起こるさまざまな出来事を、結人として見守り、時には望美に気づかされ、一緒に成長していけたらうれしいです」と意気込んでいる。

田中哲司、「35歳の少女」で柴咲コウの父親役 遊川和彦作品初出演

連続ドラマ「35歳の少女」に出演する田中哲司さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「35歳の少女」に出演する田中哲司さん=日本テレビ提供

 俳優の田中哲司さんが、10月期に放送される柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演することが8月27日、分かった。主人公・今村望美(柴咲さん)の父・今村進次を演じる。本作は遊川和彦さんが脚本を担当しており、田中さんは遊川さんの作品初出演となる。

 田中さん演じる進次は、娘の事故後、徐々に狂っていく夫婦の歯車、壊れていく家族を前に優しいがゆえに何もできずに背を向けてしまった父親。田中さんは本作について「コメディータッチの中に、ピリッと、そしてさりげなく『皆さんならどうしますか?』と言う問いかけがたくさん詰まった、とてもすてきな物語です」とコメントしている。

現役中学生インフルエンサーHinataが出演 柴咲コウと意気投合

連続ドラマ「35歳の少女」第4話の一場面=日本テレビ提供
連続ドラマ「35歳の少女」第4話の一場面=日本テレビ提供

 動画アプリ「TikTok(ティックトック)」で、280万人以上のフォロワーを抱える現役中学生インフルエンサーのHinataさんが、女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第4話(10月31日)に出演する。

 第4話で、望美(柴咲さん)は、多恵(鈴木保奈美さん)のことをなぜかうっとうしく感じ始めていた。そんな中、結人(坂口健太郎さん)が家庭教師に来ることに心躍る望美は勉強がはかどり、中学の学習内容に進む。通うはずだった中学校を見に行くと、下校途中の生徒と意気投合する。一方で、“反抗期”のイライラを感じていた望美に、新たなトラブルが待っていた……という展開。

 Hinataさんは、望美が通うはずだった中学校に通う生徒役で出演。2016年「東宝シンデレラ」オーディションで芸能界デビューした柿澤ゆりあさんと、映画やCMで活躍中の中尾百合音さんとともに登場。下校途中の3人と望美が、意気投合するシーンが描かれる。