35歳の少女 ニュース

坂口健太郎、柴咲コウと初共演 「35歳の少女」で主人公の初恋の相手役

坂口健太郎さん=日本テレビ提供
坂口健太郎さん=日本テレビ提供

 俳優の坂口健太郎さんが、10月期に放送される柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演することが8月10日、分かった。柴咲さん扮(ふん)する主人公の今村望美の初恋の相手、広瀬結人を演じる。坂口さんは柴咲さんと初共演。地上波の民放連続ドラマへの出演は、2019年1月期のドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(同局系)以来、約1年半ぶりとなる。

 「35歳の少女」は遊川和彦さんによるオリジナル作品で、「家政婦のミタ」「同期のサクラ」の制作チームの最新作。物語の舞台は1995年と2020年で、柴咲さんは“35歳の少女”を演じる。

 ドラマの内容についても同日、明かされた。1995年、事故で長い眠りについた10歳の少女・望美。家族はバラバラになり、初恋の少年は夢を諦め、それぞれ孤独な今を生きていた。2020年、25年ぶりに少女が目覚めた。心は10歳、体は35歳になった望美が、すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる成長物語となる。

 坂口さん演じる結人は、望美の小学校のクライメートで初恋の相手。一度小学校の教師となったが、ある事件をきっかけに退職。自信のなさを隠すために、他人の批判と上から目線でなんとか自分を守っていたが、望美と再会して自分を見直していく……というキャラクター。

 ドラマ出演について、坂口さんは「初の遊川作品、そして初めて柴咲コウさんとご一緒させていただけることが、今からとても楽しみです」とコメント。「最初に台本を読ませていただいた時の高揚感を大切にしながら、望美の周りで起こるさまざまな出来事を、結人として見守り、時には望美に気づかされ、一緒に成長していけたらうれしいです」と意気込んでいる。

柴咲コウ、5年ぶり民放連ドラ主演 10月期「35歳の少女」で遊川和彦と再タッグ

柴咲コウさん=日本テレビ提供
柴咲コウさん=日本テレビ提供

 女優の柴咲コウさんが、10月期に放送される連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)で主演を務めることが7月11日、明らかになった。ドラマは遊川和彦さんが脚本を担当する。柴咲さんが民放の連続ドラマで主演を務めるのは、2015年1月期に同局で放送された「〇〇妻」以来、約5年ぶり。「〇〇妻」の脚本を担当した遊川さんと、再タッグを組む。

 「35歳の少女」は遊川さんによるオリジナル作品で、「家政婦のミタ」「同期のサクラ」の制作チームの最新作。物語の舞台は1995年と2020年で、柴咲さんは“35歳の少女”今村望美を演じる。

 ◇遊川和彦さんのコメント

 35歳の少女という難役にチャレンジするコウさんの勇気と覚悟に応えられるよう、魂込めて物語を書き上げたいと思います。

 ◇大平太プロデューサーのコメント

 まだ詳しい内容は、明らかにできませんが、キーワードは、「35歳、25年、10歳」です。毎回、遊川作品は、新しいことに挑戦してきましたが、今回も、驚く仕掛けがたくさん用意されています。「ものすごいスピードで成長していく人間の物語」を、楽しみにしていてください。