35歳の少女 あらすじ

35歳の少女あらすじ

 ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)は、女優の柴咲コウさんが主演を務める。遊川和彦さんが脚本を担当。柴咲さんが民放の連続ドラマで主演を務めるのは、2015年1月期に同局で放送された「〇〇妻」以来、約5年ぶり。「〇〇妻」の脚本を担当した遊川さんと、再タッグを組む。

 「35歳の少女」は遊川さんによるオリジナル作品で、「家政婦のミタ」「同期のサクラ」の制作チームの最新作。物語の舞台は1995年と2020年で、柴咲さんは“35歳の少女”今村望美を演じる。

 ドラマは、1995年、事故で長い眠りについた10歳の少女・望美。家族はバラバラになり、初恋の少年は夢を諦め、それぞれ孤独な今を生きていた。2020年、25年ぶりに少女が目覚めた。心は10歳、体は35歳になった望美が、すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる成長物語となる

ドラマ「35歳の少女」のあらすじ

<ドラマ紹介>「35歳の少女」柴咲コウが25年ぶりに目覚める… 5年ぶり民放連ドラ主演で遊川和彦と再タッグ

連続ドラマ「35歳の少女」第1話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「35歳の少女」第1話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)が10月10日に始まる。脚本は遊川和彦さんが担当。柴咲さんは、2015年1月期放送の同局「〇〇妻」以来、約5年ぶりの地上波民放連ドラ主演。「〇〇妻」の脚本を担当した遊川さんと再タッグを組む。

 「○○妻」のほか「家政婦のミタ」「同期のサクラ」の制作チームのオリジナル最新作。10歳時の1995年に不慮の事故で長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”今村望美(両親離婚後は時岡姓/柴咲さん)の成長を描く。

 望美の初恋の相手・広瀬結人を坂口健太郎さん、望美の母・時岡多恵を鈴木保奈美さん、望美の妹・時岡愛美を橋本愛さん、望美の父・今村進次を田中哲司さんが演じる。

 進次の再婚相手・今村加奈役で富田靖子さん、その引きこもりの連れ子・今村達也役で竜星涼さんも出演する。

 第1話は、お使いを頼まれ意気揚々と出かけた今村家の10歳の長女・望美が、自転車で事故に遭ってしまう。病室で目覚めた望美の目前に広がっていたのは、なんと25年後の現在だった。事故後25年間眠り続けた彼女は、母・多恵の必死の介護で奇跡的に目覚めたのだった。

 しかし、明るく優しかった多恵は笑顔を見せない冷たい女性に、格好良かった頼れる父・進次はパッとしない中年に、可愛かった妹・愛美は不機嫌でとげとげしい大人に変わり果て、望美自身も心は10歳、体は35歳の「35歳の少女」である自分を受け入れられずにいた。そんな矢先、望美の初恋相手・広瀬結人が目の前に現れ……。

第2話のあらすじ バラバラになった家族… “望美”柴咲コウが25年の変化に葛藤

連続ドラマ「35歳の少女」第2話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「35歳の少女」第2話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第2話が10月17日に放送される。予告映像では、25年の眠りから覚めた望美(柴咲さん)が、大人になった自分やすっかり変わってしまった周囲の状況と葛藤する様子が展開。ラストには「事故に遭ってごめんなさい。25年も皆につらい思いをさせてごめんなさい」というせりふと共に、望美が25年前に事故に遭った坂道を自転車で疾走する姿が映し出されている。

 望美は、初恋相手だった結人(坂口健太郎さん)の励ましを受け、25年の月日が流れた現実を受け入れようと決意したものの、変わり果てた世界にまだなじめないでいた。母の多恵(鈴木保奈美さん)は、望美に自分の体にも今の世界にも早く慣れるよう急かし、子供っぽい言動をしないよう言い聞かせる。

 妹で広告代理店で働く愛美(橋本愛さん)は、元カレで上司の相沢(細田善彦さん)が使えない後輩・藤子(大友花恋さん)と付き合っていることにストレスを抱え、父の進次(田中哲司さん)は再婚相手・加奈(富田靖子さん)の連れ子・達也(竜星涼さん)が仕事を辞め部屋に引きこもっていることに悩んでいた。望美は自分が原因で家族がバラバラになってしまったと心を痛める。

 そんな中、かつてアナウンサーになることを夢見ていた望美は、事故直前までとりためていた古いカセットテープを聞く。そして、あることを思い付いて結人に連絡する……。

第3話のあらすじ “望美”柴咲コウが大人になるため奮闘 “結人”坂口健太郎の代行業を手伝い…

連続ドラマ「35歳の少女」第3話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「35歳の少女」第3話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第3話が10月24日に放送される。予告映像では、望美(柴咲さん)が勉強に励む姿や、結人(坂口健太郎さん)と共にパーティーに参加する場面などが映し出されている。

 成長することを家族に宣言した望美は、多恵(鈴木保奈美さん)の勧めで学習塾に通うことになるも、ついていけない。進次(田中哲司さん)は部屋に引きこもる義理の息子・達也(竜星涼さん)との関係を修復しようと、加奈(富田靖子さん)の制止を振り切って達也の部屋に行くが、達也にいきなり100万円を要求される。

 仕事での功績を評価されない愛美(橋本愛さん)は、相沢(細田善彦さん)と藤子(大友花恋さん)の順調な恋を前に公私共に絶不調。結人に愚痴聞き代行を頼むが、酔った勢いで大失態を演じてしまう。

 そんな中、望美は自分のことを巡って多恵が愛美や進次と衝突を繰り返し、家族の溝が深まっていることを悲しんでいた。望美は結人に会って相談し、世の中を知るために結人の代行業を手伝うことになり……。

第4話のあらすじ “望美”柴咲コウに新しい友達? セーラー服姿の中学生に

連続ドラマ「35歳の少女」第4話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「35歳の少女」第4話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第4話が10月31日に放送される。予告映像には、望美(柴咲さん)の「新しい友達ができたんだ」のせりふと共に、セーラー服を着て“中学生”になった姿が映し出されている。
 
 愛美(橋本愛さん)は相沢(細田善彦さん)宅前での泥酔熱唱動画が会社内で出回り、進めていたプロジェクトから降ろされる。藤子(大友花恋さん)の仕業と確信する愛美だが、更なるトラブルに発展。進次(田中哲司さん)は会社で早期退職を勧められるも加奈(富田靖子さん)に打ち明けられず、引きこもる達也(竜星涼さん)の問題も解決の糸口をつかめずにいた。

 結人(坂口健太郎さん)が家庭教師に来ることに心躍る望美は勉強がはかどり、中学の学習内容に進むことに。通うはずだった中学校を見に行くと、下校途中の生徒の会話に激しく共感。まるで同い年のように意気投合する。そして、自分の行動に口出ししてくる多恵(鈴木保奈美さん)や進次に、経験したことのない反抗期のイライラを感じる。そんな望美に新たなトラブルが待ち構えていて……。

第5話のあらすじ “望美”柴咲コウが“結人”坂口健太郎にアピール 恋人代行の様子を見に行くと…

連続ドラマ「35歳の少女」第5話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「35歳の少女」第5話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第5話が11月7日に放送される。予告映像には、望美(柴咲さん)が家庭教師の結人(坂口健太郎さん)に「キスしよっか」と言う場面や、愛美(橋本愛さん)が結人に抱きつくところを目撃する様子などが映し出されている。

 愛美は実力を認めてくれない職場に不満を抱えながらも、困った時だけ優しくしてくる相沢(細田善彦さん)への思いを捨て切れずにいた。進次(田中哲司さん)宅では達也(竜星涼さん)が荒れ、加奈(富田靖子さん)がけがをしてしまう。加奈は2日後の達也の誕生日に、要求された整形費用100万円を渡すつもりだと進次に告げる。

 結人への気持ちを募らせる望美は、いちいち心配する多恵(鈴木保奈美さん)に「もう結人と付き合っている」とフライング交際宣言する。望美は結人が本当は教師に戻りたい気持ちをごまかしているのではと感じ、代行業を続けていることを心配。結人が恋人代行の仕事に向かうと知り、後を追った望美は、結人に恋人役を頼んでいた相手は愛美と知る……。

第6話のあらすじ “望美”柴咲コウが親離れ “結人”坂口健太郎と同棲生活スタート

連続ドラマ「35歳の少女」第6話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「35歳の少女」第6話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第6話が11月14日に放送される。予告映像には、望美(柴咲さん)が結人(坂口健太郎さん)に「末永くよろしくお願いします」と頭を下げる場面や、2人で買い物に出かける様子などが映し出されている。

 望美は、初めて母・多恵(鈴木保奈美さん)の元を離れた不安を隠しながらも、結人との「幼い同棲(どうせい)」を始める。2人は周囲に交際を認めてもらうため、真面目に生きようと決意。代行業を辞めて教師の職を探す結人は、望美がアナウンサーの夢を諦めていないと知るが、現実の厳しさを伝えられずにいた。

 勢いで会社を辞めた愛美(橋本愛さん)は、夢だったグラフィックデザイナーを目指すも就活は難航。お酒のトラブルで会社をクビになった進次(田中哲司さん)は行き場をなくし、酔って時岡家を訪ねる。望美が出て行ったと知り、つい多恵に勝ち誇ったような態度をとるが、一蹴されてしまう。

 そんな中、愛美が望美と結人のアパートを訪れる。無邪気に夢を追う望美に「本当は多恵の元に帰りたいのでは?」と本質を突かれ、愛美はカッとなる。そして、家族の幸せを心から願う望美は、思いがけない行動に出る……。

第7話のあらすじ “望美”柴咲コウが“結人”坂口健太郎の実家へ “多恵”鈴木保奈美が不吉発言

連続ドラマ「35歳の少女」第7話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「35歳の少女」第7話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第7話が11月21日に放送される。予告映像には、結人(坂口健太郎さん)が父親に望美(柴咲さん)を紹介する場面などが映し出されている。

 望美はケンカ別れしてしまった家族のことが気になりつつも、これからは結人のために生きようと決意。アナウンサーの夢を諦めて洋食屋でアルバイトを始めた矢先、母多恵(鈴木保奈美さん)が現れ、「結人が望美の気持ちを受け止められなくなる」と不吉なことを言い残す。

 その日、望美から両親に紹介してほしいと頼まれ根負けした結人は、望美を連れて実家へ。そこで望美は、今まで知らなかった結人の家族関係を目の当たりにする。

 家庭内別居状態が続く進次(田中哲司さん)は、加奈(富田靖子さん)から離婚届を突き付けられる。謎の大金を手にした息子の達也(竜星涼さん)は本当の父親に会いに行ったと言う。デザイナーとして就職先の見付からない愛美(橋本愛さん)は、相沢(細田善彦さん)と藤子(大友花恋さん)から結婚の報告を受ける……。

第8話のあらすじ “望美”柴咲コウが“失踪” “結人”坂口健太郎が探し出すがひょう変…?

連続ドラマ「35歳の少女」第8話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「35歳の少女」第8話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第8話が11月28日に放送される。予告映像には、望美(柴咲さん)と結人(坂口健太郎さん)が結婚式を挙げるシーンや、一変して望美が冷たいまなざしで「私たちはさよならを言うために出会ったの」と口にするシーンが収められている。

 望美は家族と結人の前から姿を消し、連絡もつかない状態になっていた。そんな中、結人は望美の手がかりを求めて愛美(橋本愛さん)に連絡。なんと、愛美はデザイナーの夢に挫折し、結人がかつていた代行業の会社に登録していた。

 そして、ひょんなことから望美の居場所が判明。25年間を奪われた望美は、別人のような姿になっていた。何とか元に戻ってもらいたい結人は、意を決してある人に会いに行く……。

第9話のあらすじ “多恵”鈴木保奈美が入院 “愛美”橋本愛が“望美”柴咲コウを説得

連続ドラマ「35歳の少女」第9話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「35歳の少女」第9話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第9話が12月5日放送される。

 望美(柴咲さん)は母多恵(鈴木保奈美さん)が倒れたことに衝撃を受けつつも、危険な状態の母を愛美(橋本愛さん)と進次(田中哲司さん)に任せて病院を後にする。

 そんな中、愛美は入院道具を取りに行った時岡家で、多恵が倒れる前に書いた日記を見付ける。「望美が改心したら家族みんなですき焼きを食べたい」という多恵の思いを知った愛美は、望美のマンションへ説得に向かう。しかし、別人のようになってしまった望美は聞く耳を持たず、結局言い争いになってしまう。

 自分の幸せだけを考えて生きる決意をした望美は、なぜか再び10歳の自分が現れる夢を見ていた。多恵が倒れたことを機に、それぞれのゆがんでしまった時計の針が動き始める。凍り付いた望美の心に届く言葉はあるのか……。

最終話のあらすじ “望美”柴咲コウが“結人”坂口健太郎と再会 「あなたがいてくれてよかった」

連続ドラマ「35歳の少女」第9話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「35歳の少女」第9話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)最終第10話が12月12日に放送される。予告映像には、望美(柴咲さん)が結人(坂口健太郎さん)と抱き締め合いながら「あなたがこの世界にいてくれて本当によかった」と告げる場面などが収められている。

 望美は母多恵(鈴木保奈美さん)を亡くした喪失感に沈みながらも、両親の残した家に愛美(橋本愛さん)と住むことにした。結人とは再会を望むが、中途半端な自分のまま連絡する勇気が無かった。

 結人は教え子がいじめを苦に転校を決めたことに悩み、無力感を感じていた。生徒宅を訪れ、助けになろうと必死に説得するも、生徒は部屋から出てこなかった。翌日、結人は退職願を手に最後の授業に臨む。

 それぞれが自分の生き方を模索する中、望美の元にある結婚式の招待が舞い込む。そこで結人との再会を果たすことになり……。