おカネの切れ目が恋のはじまり 視聴率

初回視聴率11.6%で2桁発進 松岡茉優×三浦春馬さん共演のラブコメ

女優の松岡茉優さん主演の連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」第1話のワンシーン (C)TBS
女優の松岡茉優さん主演の連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」第1話のワンシーン (C)TBS

 女優の松岡茉優さん主演の連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS系、火曜午後10時)第1話が9月15日に放送され、平均視聴率(世帯)は11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、2桁台スタートとなった。

 ドラマは、松岡さん演じるお金を正しく使うことにこだわる九鬼玲子と、三浦春馬さん演じるとことんお金にルーズな猿渡慶太という正反対の価値観を持つ2人のラブコメディー。「凪のお暇」(同局系、2019年)などで知られる脚本家の大島里美さんのオリジナル作品。玲子の初恋の相手で、「お金の専門家」の早乙女健を三浦翔平さん、慶太の後輩で、あることがきっかけで玲子に恋をしていくという“ドケチ節約男子”板垣純を北村匠海さんが演じる。

 第1話は、モノも恋にもいちずな“清貧女子”九鬼玲子が1年越しの“片思いの相手”「1680円の豆皿」をようやく買いに行こうとする。手作りした豆皿専用のコースターを部屋に配置して、愛しの豆皿と結ばれようとした瞬間、目の前で女性連れの派手な装いの男が、購入してしまう。その男は、玲子が勤める会社の御曹司・猿渡慶太だった。

 そんな折、慶太の度を越した浪費ぶりに社長である父が激怒し、金の勉強のために異動させ、慶太は経理部にやってくる。最悪な再会の中、玲子は慶太の指導係に任命されてしまう……というストーリー。

第2話視聴率9.1% 北村匠海、松岡茉優に好意…

松岡茉優さん主演の連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」第2話のワンシーン (C)TBS
松岡茉優さん主演の連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」第2話のワンシーン (C)TBS

 女優の松岡茉優さん主演の連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS系、火曜午後10時)第2話が9月22日に放送され、平均視聴率(世帯)は9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。9月15日放送の第1話でマークした11.6%(同)を下回った。

 第2話は、玲子(松岡さん)は、慶太(三浦さん)の“ほころび”を繕うために、仕事も私生活でもおカネの使い方を徹底的にチェックしていた。しかし、あまりにもかけ離れた価値観でなかなかかみ合わない。そんな中、玲子は偶然鉢合わせた営業部の純(北村さん)と、慶太の話で意気投合。一方、純は玲子への好意を確信する。

 慶太は、元カノのまりあ(星蘭ひとみさん)の婚約相手・山鹿(梶裕貴さん)が、社長の富彦(草刈正雄さん)にモンキーパスの赤字事業である「わくわくスポーツランド」のリニューアルを提案していることを知り、対抗心が芽生える。そして、あるアイデアを思いつき、玲子、純、早乙女(三浦翔平さん)も巻き込み、6人でテニスコンペを開催することに。しかし、そこで慶太のおせっかいが玲子の怒りを買ってしまう。しかも山鹿の裏の顔まで判明してしまい……というストーリー。