恐怖新聞 ニュース

白石聖、連ドラ初主演作「恐怖新聞」は「最後までケレン味たっぷり」 クランクアップインタビュー公開 佐藤大樹&黒木瞳も

連続ドラマ「恐怖新聞」のクランクアップを迎えた白石聖さん=東海テレビ提供
連続ドラマ「恐怖新聞」のクランクアップを迎えた白石聖さん=東海テレビ提供

 女優の白石聖さん主演の連続ドラマ「恐怖新聞」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)の最終話が、10月10日に放送される。最終話の放送を前に、主人公・小野田詩弦役の白石さん、松田勇介役のダンス・ボーカルグループ「EXILE/FANTASTICS」の佐藤大樹さん、小野田歌子役の黒木瞳さんのクランクアップインタビューが公開された。

 ドラマは、白石さんの連ドラ初主演作。未来の災厄を予言し、読む度に寿命が100日縮むという恐怖新聞が届くようになった女子大生・詩弦の死と隣り合わせの悪夢を描いた。

 白石さんは、恋人役の佐藤さんについて「メーク室とかでもムードメーカーで、太陽みたいな人だなと思いました」と印象を語り、「撮影初日の佐藤さんと2人のシーンでも、体調の変化に気づいて声をかけてくれました」と感謝する。

 母親役の黒木さんについては「黒木瞳さんという“偉大な存在”というより、歌子さんという“お母さん”という温かさで接してくださったのが、すごい印象的でした。クランクアップのときも『よく頑張ったね~』ってハグしてくださいました」と明かした。

 また、白石さんは「実は趣味がイラストを描くことで、学生時代は教科書やノートの隅に描いていたタイプ」だといい、現場に焼き肉弁当を差し入れした際には、坂口涼太郎さん演じる鬼形礼のイラストも披露。「公開されるならもっと丁寧に描けばよかった(笑い)!」とちゃめっ気たっぷりに出来栄えを語った。

 佐藤さんは「今回はオープンセットや公園でのシーン、日中のロケが多くて“京都焼け”した夏でした!」と撮影期間を振り返り、「“やらず嫌い”で挑戦してこなかった」という殺陣についても「今回いろいろな人が評価してくれて自信につながったし、俳優業として自分が思った数倍ステップアップできたと思います」と手応えを見せた。

 黒木さんは「初めてのことがいっぱい」の作品で、中でも女優人生で初めて「クソ坊主」というせりふを口にしたことが新鮮だったとコメント。一方、遺骨を食べるシーンは自身2度目となり、「2回目だとそんなに新鮮じゃないです(笑い)」と感想を語った。

 いよいよ物語が完結する最終話について、白石さんは「怒涛(どとう)の展開と予想を裏切るようなクライマックスになっています」と話し、「詩弦がどうなっていくのか、また他のキャラクターたちが、その先どうなるのか、最後までケレン味たっぷりの『恐怖新聞』をぜひ見届けてください!」と視聴者に呼びかけた。

東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供

<ドラマ紹介>「恐怖新聞」白石聖が連ドラ初主演 中田秀夫監督とタッグでホラー初挑戦 「EXILE/FANTASTICS」佐藤大樹も

白石聖さんの主演ドラマ「恐怖新聞」の第1話のワンシーン=東海テレビ提供
白石聖さんの主演ドラマ「恐怖新聞」の第1話のワンシーン=東海テレビ提供

 東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠(土曜午後11時40分)で放送される女優の白石聖さん主演のホラードラマ「恐怖新聞」が、8月29日スタートする。原作は、1970年代の“オカルトブーム”の火付け役となった、つのだじろうさんのオカルトマンガ。映画「リング」シリーズ、映画「スマホを落としただけなのに」シリーズなどで知られる中田秀夫監督らが演出を手掛ける。白石さんは連ドラ初主演で、ホラー作品初挑戦。京都市内の大学に通う女子大生・小野田詩弦を演じる。

 未来の災厄を予言し、読む度に寿命が100日縮むという恐怖新聞が届くようになった女子大生・詩弦の、死と隣り合わせの悪夢を描く作品。詩弦と恋に落ちるバイト先の先輩・松田勇介を「EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE」の佐藤大樹さん、娘思いだが意味深な存在感を醸し出す詩弦の母・歌子を黒木瞳さんが演じる。駿河太郎さん、横田栄司さん、片山友希さん、坂口涼太郎さん、猪野学さんも出演する。

 第1話は、詩弦が念願の一人暮らしを始めた日にベッドで眠っていると、午前0時に部屋のドアを乱打する音が。次の瞬間、新聞受けに紙が押し込まれる。「恐怖新聞」の名前と数日後の日付、若い女が転落死するという記事が書かれていた。

 宅配サービスのアルバイトを始めた詩弦は、配達を終えて戻る途中、女子高生の自殺を目撃する。それは、新聞で見た通りの光景。バイト先の先輩・勇介は、錯乱する詩弦を心配する。

 一方、京都東警察署・刑事の篠崎(駿河さん)は、事件・事故の現場写真に写る一人の“初老の男”が気になり、詩弦を訪ねる。後日、”初老の男”は引っ越し業者の蜷川冬夜(猪野さん)と分かり、篠崎が出向くも、すきを突いて逃げられてしまう。

 詩弦は、何かと心配してくれる勇介と付き合うことになったが、泊まりに来た時に新しい恐怖新聞が届く。そこには父・蔵之介(横田さん)の死の予言。しかし、新聞は詩弦にしか見えず、勇介にも信じてもらえない……。

東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供

白石聖「自分じゃないみたい」 主演のホラードラマ「恐怖新聞」ポスタービジュアル公開

白石聖さんが主演を務める連続ドラマ「恐怖新聞」のポスタービジュアル
白石聖さんが主演を務める連続ドラマ「恐怖新聞」のポスタービジュアル

 女優の白石聖さんが主演を務め、8月29日にスタートする連続ドラマ「恐怖新聞」(東海テレビ・フジテレビ系)のポスタービジュアルが8月24日、公開された。白石さん演じる女子大生・小野田詩弦の体全体に新聞の文字がまとわりついた姿、ドラマのタイトルが血で書かれたような赤い文字で描かれている。

 「恐怖新聞」は、つのだじろうさんのオカルトマンガが原作で、「リング」シリーズなどで知られる中田秀夫監督が演出を手掛けるホラードラマ。未来に起こる災厄を予言し、読むたびに寿命が100日縮むという恐怖新聞が届くようになった女子大生の、死と隣り合わせの悪夢を描く。白石さんが連ドラで主演を務めるのは初めて。

 ポスターの白石さんの髪はウィッグで、白石さんの髪色に合わせて染めた、人毛のエクステを使用した。白石さんはポスターの撮影中、写真を見ながら「髪の毛が長いと自分じゃないみたい」と話したという。ポスターには、黒木瞳さん演じる母の歌子、「EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE」の佐藤大樹さん演じる松田勇介も描かれている。

白石聖「恐怖新聞」で連ドラ初主演 中田秀夫監督とタッグでホラー初挑戦

連続ドラマ「恐怖新聞」に主演する白石聖さん
連続ドラマ「恐怖新聞」に主演する白石聖さん

 女優の白石聖さんが、東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」(土曜午後11時40分)シリーズ第29弾として8月29日にスタートする連続ドラマ「恐怖新聞」で主演を務めることが分かった。ドラマはつのだじろうさんの傑作オカルトマンガが原作で、「リング」シリーズなどで知られる中田秀夫監督が演出を手掛ける。白石さんは連ドラ初主演で、京都市内の大学に通う女子大生・小野田詩弦を演じる。

 主人公・小野田詩弦(白石さん)は、京都市内の大学に通う女子大生。念願の一人暮らしを始めた途端に、「恐怖新聞」が届くようになった。最初はイタズラだと思っていた詩弦だが、次々と新聞に書かれた通りの事件が起こり、信じるようになる。恐怖新聞は、1日読むごとに100日ずつ寿命が縮まるとされ、詩弦の前途洋々の大学生活が、死と隣り合わせの悪夢へと一変。次々と身に降りかかる不条理な恐怖の中で、自身が存在していることへの不安と向き合うことになる……。シリーズ構成は小説家・乙一さんが担当し、詩弦の母親・小野田歌子役で黒木瞳さんの出演も発表された。

 白石さんは「オファーをいただいた時は、素直にすごくうれしかったです。ただ、連続ドラマ初の主演で、ホラー作品も初めてなので不安もあります。台本を読んだ印象は、つのだじろうさんの原作とはまた違う新しい『恐怖新聞』に仕上がっていて、撮影が楽しみになりました。でも読み進めるうちに、『次のページに何が起こるんだろう。あ~、やっぱり~、どんどんそんな方向に行っちゃうじゃん』みたいな“止まらない負の連鎖”で気分が沈みました(笑い)。原作より恐怖感が強いと思います」とドラマについて話している。

 また「私が演じる詩弦は、巻き込まれていく役なので、周りの方のお芝居に影響されていくのかなと思います。会話のキャッチボールをしっかりやっていきたいです。見ている方が私と一緒に驚いてもらえるように、息づかいや表情を意識することでホラー表現の引き出しを作っていきたいです。撮影は京都で行われるので、日本の古き良き建物の外観や風景が、ホラーとの親和性を生んでくれたら、より面白い作品になるのではないかなと思います」と語った。

 さらに白石さんは「中田監督とは、お仕事をご一緒したい方がたくさんいる中で、ご縁あって自身初のホラー作品を撮っていただけるのでとてもありがたいです。役作りに関しては、『夜遅い時間帯なので、すっきりとした分かりやすい芝居をしましょう』というアドバイスをいただきました。指示がすごく的確で分かりやすく『付いていこう!』という感じでです」と中田監督の印象を明かす。

 最後に「見どころはたくさんありますが、詩弦が『自分が存在している意味は何だろう』と葛藤しながら成長していく姿もその一つです。最終的には共感してもらえるような、目が覚めるようなお芝居ができればと思っています。そして『毎週怖いけどなんか見ちゃうんだよなぁ』と言われるような作品にしていきたいです。恐怖新聞が届く時間帯にドンピシャでお届けできるので、ぜひ楽しみに待っていてください」と視聴者に呼びかけていた。