恐怖新聞 あらすじ

恐怖新聞あらすじ

 ドラマ「恐怖新聞」は、東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」(土曜午後11時40分)シリーズ第29弾。女優の白石聖さんが主演を務める。ドラマはつのだじろうさんの傑作オカルトマンガが原作で、「リング」シリーズなどで知られる中田秀夫監督が演出を手掛ける。白石さんは連ドラ初主演で、京都市内の大学に通う女子大生・小野田詩弦を演じる。

 主人公・小野田詩弦(白石さん)は、京都市内の大学に通う女子大生。念願の一人暮らしを始めた途端に、「恐怖新聞」が届くようになった。最初はイタズラだと思っていた詩弦だが、次々と新聞に書かれた通りの事件が起こり、信じるようになる。恐怖新聞は、1日読むごとに100日ずつ寿命が縮まるとされ、詩弦の前途洋々の大学生活が、死と隣り合わせの悪夢へと一変。次々と身に降りかかる不条理な恐怖の中で、自身が存在していることへの不安と向き合うことになる……。シリーズ構成は小説家・乙一さんが担当し、詩弦の母親・小野田歌子役で黒木瞳さんが出演する。

ドラマ「恐怖新聞」のあらすじ

恐怖新聞東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」
2020年8月29日スタート 土曜午後11時40分