恐怖新聞 あらすじ

恐怖新聞あらすじ

 ドラマ「恐怖新聞」は、東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」(土曜午後11時40分)シリーズ第29弾。女優の白石聖さんが主演を務める。ドラマはつのだじろうさんの傑作オカルトマンガが原作で、「リング」シリーズなどで知られる中田秀夫監督が演出を手掛ける。白石さんは連ドラ初主演で、京都市内の大学に通う女子大生・小野田詩弦を演じる。

 主人公・小野田詩弦(白石さん)は、京都市内の大学に通う女子大生。念願の一人暮らしを始めた途端に、「恐怖新聞」が届くようになった。最初はイタズラだと思っていた詩弦だが、次々と新聞に書かれた通りの事件が起こり、信じるようになる。恐怖新聞は、1日読むごとに100日ずつ寿命が縮まるとされ、詩弦の前途洋々の大学生活が、死と隣り合わせの悪夢へと一変。次々と身に降りかかる不条理な恐怖の中で、自身が存在していることへの不安と向き合うことになる……。シリーズ構成は小説家・乙一さんが担当し、詩弦の母親・小野田歌子役で黒木瞳さんが出演する。

ドラマ「恐怖新聞」のあらすじ

<ドラマ紹介>「恐怖新聞」白石聖が連ドラ初主演 中田秀夫監督とタッグでホラー初挑戦 「EXILE/FANTASTICS」佐藤大樹も

白石聖さんの主演ドラマ「恐怖新聞」の第1話のワンシーン=東海テレビ提供
白石聖さんの主演ドラマ「恐怖新聞」の第1話のワンシーン=東海テレビ提供

 東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠(土曜午後11時40分)で放送される女優の白石聖さん主演のホラードラマ「恐怖新聞」が、8月29日スタートする。原作は、1970年代の“オカルトブーム”の火付け役となった、つのだじろうさんのオカルトマンガ。映画「リング」シリーズ、映画「スマホを落としただけなのに」シリーズなどで知られる中田秀夫監督らが演出を手掛ける。白石さんは連ドラ初主演で、ホラー作品初挑戦。京都市内の大学に通う女子大生・小野田詩弦を演じる。

 未来の災厄を予言し、読む度に寿命が100日縮むという恐怖新聞が届くようになった女子大生・詩弦の、死と隣り合わせの悪夢を描く作品。詩弦と恋に落ちるバイト先の先輩・松田勇介を「EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE」の佐藤大樹さん、娘思いだが意味深な存在感を醸し出す詩弦の母・歌子を黒木瞳さんが演じる。駿河太郎さん、横田栄司さん、片山友希さん、坂口涼太郎さん、猪野学さんも出演する。

 第1話は、詩弦が念願の一人暮らしを始めた日にベッドで眠っていると、午前0時に部屋のドアを乱打する音が。次の瞬間、新聞受けに紙が押し込まれる。「恐怖新聞」の名前と数日後の日付、若い女が転落死するという記事が書かれていた。

 宅配サービスのアルバイトを始めた詩弦は、配達を終えて戻る途中、女子高生の自殺を目撃する。それは、新聞で見た通りの光景。バイト先の先輩・勇介は、錯乱する詩弦を心配する。

 一方、京都東警察署・刑事の篠崎(駿河さん)は、事件・事故の現場写真に写る一人の“初老の男”が気になり、詩弦を訪ねる。後日、”初老の男”は引っ越し業者の蜷川冬夜(猪野さん)と分かり、篠崎が出向くも、すきを突いて逃げられてしまう。

 詩弦は、何かと心配してくれる勇介と付き合うことになったが、泊まりに来た時に新しい恐怖新聞が届く。そこには父・蔵之介(横田さん)の死の予言。しかし、新聞は詩弦にしか見えず、勇介にも信じてもらえない……。

東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供