ルパンの娘(続編) ニュース

深田恭子が主演「ルパンの娘」続編が10月スタート 瀬戸康史と“事実婚” 「普通の主婦」になりたい!

2019年7月期放送の連続ドラマ「ルパンの娘」のワンシーン(C)フジテレビ
2019年7月期放送の連続ドラマ「ルパンの娘」のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の深田恭子さん主演で2019年7月期にフジテレビ系で放送された連続ドラマ「ルパンの娘」(木曜午後10時)の続編が、10月から放送されることが7月23日、分かった。タイトルは前作と同様「ルパンの娘」で、深田さんをはじめ、瀬戸康史さん、小沢真珠さん、栗原類さん、どんぐりさん、藤岡弘、さん、大貫勇輔さん、信太昌之さん、マルシアさん、麿赤兒(まろ・あかじ)さん、渡部篤郎さんが続投する。

 ドラマは、横関大さんの同名小説(講談社)が原作。代々泥棒を家業としている「Lの一族」の娘・三雲華(深田さん)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸さん)との許されない恋愛を描いたラブコメディー。前作の最終回で「『Lの一族』が死んだ」と偽り、華と和馬は結ばれた。続編では、死んだはずの「Lの一族」が再始動する中、華が事実婚した和馬と平穏な日々を過ごす「普通の主婦」になりたいと願う姿を描く。

 栗原さんは華の兄・渉、小沢さんは華の母・悦子、渡部さんは華の父・尊、どんぐりさんは華の祖母・マツ、麿さんは華の祖父・巌を演じ、信太さんは和馬の父・典和、マルシアさんは和馬の母・美佐子、藤岡さんは和馬の祖父・和一、大貫さんは華の幼なじみの泥棒・円城寺輝を演じる。

 前作と同様、映画「翔んで埼玉」で第43回日本アカデミー賞の「最優秀監督賞」「優秀脚本賞」をそれぞれ受賞した武内英樹さんが監督、徳永友一さんが脚本を担当する。

 ◇原作の横関さんのコメント

 昨年の初回の放送を見たとき、とても大きなエンターテインメントが始まるような、そんな興奮を覚えました。今は大変困難な状況ですが、深田さん、瀬戸さんをはじめとする演者、スタッフの皆さんが、どんな「ルパンの娘」で世の中を明るくしてくれるのか、今から期待しております。

 ◇稲葉直人プロデューサーのコメント

 続編を作らせていただけると聞いたときは、正直驚きました。後半伸び続けた視聴率は最終回9.8%と大台に届かず、ツイッターも世界2位と「あとちょっとだったのに……」と勝手に落ち込んでいたので。そうしたら、リアルタイムよりも録画視聴の方が多かったり、配信でとても多くの方に見ていただいたり、続編の声が多く寄せられていました。そうしたことが、この続編へとつながったのだと思います。もう感謝の念しかありません。こうなったからには、閉塞(へいそく)感漂う今の生活に一服の清涼剤となるように、1週間のうち1時間だけでも何も考えずに笑ってもらえるように、ちょっとだけ元気になってもらえるように、全スタッフ・キャストと力を合わせ、突き抜けたコメディーを全力で作りたいと思います。先日久しぶりにお会いした深田さんは、ビックリするくらいさらに美しくなられていました。日本アカデミー賞の最優秀監督もやる気がみなぎっております。ご期待ください!

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ