ルパンの娘(続編) あらすじ

ルパンの娘(続編)あらすじ

 ドラマ「ルパンの娘」は、女優の深田恭子さん主演で2019年7月期にフジテレビ系で放送された連続ドラマの続編。2020年10月から放送。タイトルは前作と同様「ルパンの娘」で、深田さんをはじめ、瀬戸康史さん、小沢真珠さん、栗原類さん、どんぐりさん、藤岡弘、さん、大貫勇輔さん、信太昌之さん、マルシアさん、麿赤兒(まろ・あかじ)さん、渡部篤郎さんが続投する。

 ドラマは、横関大さんの同名小説(講談社)が原作。代々泥棒を家業としている「Lの一族」の娘・三雲華(深田さん)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸さん)との許されない恋愛を描いたラブコメディー。前作の最終回で「『Lの一族』が死んだ」と偽り、華と和馬は結ばれた。続編では、死んだはずの「Lの一族」が再始動する中、華が事実婚した和馬と平穏な日々を過ごす「普通の主婦」になりたいと願う姿を描く。

 栗原さんは華の兄・渉、小沢さんは華の母・悦子、渡部さんは華の父・尊、どんぐりさんは華の祖母・マツ、麿さんは華の祖父・巌を演じ、信太さんは和馬の父・典和、マルシアさんは和馬の母・美佐子、藤岡さんは和馬の祖父・和一、大貫さんは華の幼なじみの泥棒・円城寺輝を演じる。

 前作と同様、映画「翔んで埼玉」で第43回日本アカデミー賞の「最優秀監督賞」「優秀脚本賞」をそれぞれ受賞した武内英樹さんが監督、徳永友一さんが脚本を担当する。

ドラマ「ルパンの娘」続編のあらすじは