ルパンの娘(続編) あらすじ

ルパンの娘(続編)あらすじ

 ドラマ「ルパンの娘」は、女優の深田恭子さん主演で2019年7月期にフジテレビ系で放送された連続ドラマの続編。2020年10月から放送。タイトルは前作と同様「ルパンの娘」で、深田さんをはじめ、瀬戸康史さん、小沢真珠さん、栗原類さん、どんぐりさん、藤岡弘、さん、大貫勇輔さん、信太昌之さん、マルシアさん、麿赤兒(まろ・あかじ)さん、渡部篤郎さんが続投する。

 ドラマは、横関大さんの同名小説(講談社)が原作。代々泥棒を家業としている「Lの一族」の娘・三雲華(深田さん)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸さん)との許されない恋愛を描いたラブコメディー。前作の最終回で「『Lの一族』が死んだ」と偽り、華と和馬は結ばれた。続編では、死んだはずの「Lの一族」が再始動する中、華が事実婚した和馬と平穏な日々を過ごす「普通の主婦」になりたいと願う姿を描く。

 栗原さんは華の兄・渉、小沢さんは華の母・悦子、渡部さんは華の父・尊、どんぐりさんは華の祖母・マツ、麿さんは華の祖父・巌を演じ、信太さんは和馬の父・典和、マルシアさんは和馬の母・美佐子、藤岡さんは和馬の祖父・和一、大貫さんは華の幼なじみの泥棒・円城寺輝を演じる。

 前作と同様、映画「翔んで埼玉」で第43回日本アカデミー賞の「最優秀監督賞」「優秀脚本賞」をそれぞれ受賞した武内英樹さんが監督、徳永友一さんが脚本を担当する。

ドラマ「ルパンの娘」続編のあらすじは

<ドラマ紹介>「ルパンの娘」 深田恭子主演“泥棒”ラブコメ再び “名探偵”橋本環奈が加入!

連続ドラマ「ルパンの娘」第1話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ルパンの娘」第1話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の深田恭子さん主演で2019年7月期に放送された連続ドラマ「ルパンの娘」の続編(フジテレビ系、木曜午後10時)が10月15日スタートする。原作は横関大さんの同名小説(講談社)シリーズ。代々泥棒を家業としている「Lの一族」の娘・三雲華(深田さん)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史さん)との許されない恋愛を描いたラブコメディー。前作の最終回で和馬と結ばれた華が、死んだはずの「Lの一族」が再始動する中、「普通の主婦」になりたいと願う姿を描く。続編から「Lの一族」に復讐(ふくしゅう)を誓う、代々「名探偵一家」の娘・北条美雲役の橋本環奈さんが加わる。

 華の兄・渉役の栗原類さん、華の母・悦子役の小沢真珠さん、華の父・尊役の渡部篤郎さん、華の祖母・マツ役のどんぐりさん、華の祖父・巌役の麿赤兒(まろ・あかじ)さん、和馬の父・典和役の信太昌之さん、和馬の母・美佐子役のマルシアさん、和馬の祖父・和一役の藤岡弘、さん、円城寺輝役の大貫勇輔さんが続投。前作と同様、映画「翔んで埼玉」で第43回日本アカデミー賞の「最優秀監督賞」「優秀脚本賞」をそれぞれ受賞した武内英樹さんが監督、徳永友一さんが脚本を担当する。

 第1話は15分拡大版で放送。「Lの一族」全員が死んだと世間をだます中、華たちは、和馬の家に身を寄せていた。典和は、尊が盗みを繰り返し盗品を家に持ち込み、体調を崩し寝込んでしまう。そろそろ潮時と考えた尊は、華と和馬に豪華なマンションを与える。しかし、このマンションは尊たち三雲家の新居につながっている二世帯住宅だった。

 そんな中、渉が次のターゲット「信長の秘宝」を発見し、「Lの一族」が再始動する。しかし、「信長の秘宝」が“泥棒アベンジャーズ”なる一味に横取りをされてしまう。「Lの一族」が一味を追う中、和馬ら警察も、その一味を探していた。同じ頃、京都にいる巌は、名探偵一族の北条家で、当主の北条宗真(伊吹吾郎さん)から探偵の指南を受ける……。

 続編では、前作でも話題となった華麗なアクションやミュージカルシーンなども描かれる。

第2話のあらすじ “華”深田恭子がシングルマザーに! “和馬”瀬戸康史は退職願いを… 橋本環奈・名探偵が上京し大波乱へ

連続ドラマ「ルパンの娘」第2話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ルパンの娘」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の深田恭子さん主演の連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第2話「泥棒がシングルマザーに!名探偵上京で大波乱」が10月22日、放送される。同話には、2019年7月期に放送された前シリーズに登場した、女優の遠野なぎこさん演じる薄井佐知が登場する。

 予告映像では、「泥棒の娘が妊娠!?」「すれ違う二人の思い……」というテロップと共に、三雲華(深田さん)が大きくなったおなかをさすりながら「この子は私一人で育てる」と語るシーンや、退職願いを持った桜庭和馬(瀬戸康史さん)が「俺は俺の人生を生きる」と語る姿などが収められている。

 ドラマは、横関大さんの同名小説(講談社文庫)シリーズが原作。代々泥棒を家業としている「Lの一族」の娘・華が、事実婚した代々警察一家の息子・和馬と平穏な日々を過ごす「普通の主婦」になりたいと願う……という展開。

 和馬が華を捜す中、華は三雲家の家族に見守られながら、妊娠10カ月を迎えようとしていた。一方、高校生になった北条美雲(橋本環奈さん)は、執事の山本猿彦(我修院達也さん)と東京に移住し、「Lの一族」を追っていた。

 ある日、渉(栗原類さん)が、ジャンヌ・ダルクがまとったといわれる幻のマントに目を付ける。尊(渡部篤郎さん)がすぐさま食いつくが、渉は、マントは闇のオークションに出品され、日本人が落札したと説明する。そんな中、華は公民館で行われる両親学級で、助産師になった佐知と再会する。

 同じころ、和馬は5人の若い女性が立て続けに姿を消した「連続女子失踪事件」の捜査にあたる。美雲は同級生が失踪し、独自で捜査を開始。「Lの一族」がマントを落札した男のアジトを探っていると、そこに5人の女性が監禁されていると知る……。