働かざる者たち ニュース

濱田岳、新ドラマ「働かざる者たち」で主演 “会社勤めあるある”で「ストレスを笑いに変えてほしい」

テレビ東京の連続ドラマ「働かざる者たち」で主演を務める濱田岳さん(C)「働かざる者たち」製作委員会
テレビ東京の連続ドラマ「働かざる者たち」で主演を務める濱田岳さん(C)「働かざる者たち」製作委員会

 俳優の濱田岳さんが、テレビ東京の「ドラマパラビ枠」(水曜深夜0時58分)で8月26日にスタートする連続ドラマ「働かざる者たち」で主演を務めることが7月27日、明らかになった。“働かない人たち”の生態を描く物語で、濱田さんは新聞社で働く入社7年目のシステム部社員でありながら、副業の同人マンガの執筆に精を出す日々を送る橋田一を演じる。

 ドラマはサレンダー橋本さんの同名マンガが原作で、主人公の橋田が、勤労意欲ド底辺の“働かざる者たち”の姿を通して自分の働き方や生き方を模索していくヒューマンコメディー。「面白南極料理人」(テレビ大阪)、「私の部下は50歳」(NHK)などの有働佳史さんが脚本と監督を務めるほか、演劇ユニット「カミナリフラッシュバック」を主宰し、女優としても活動するニシオカ・ト・ニールさんも脚本を担当する。

 動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で、8月26日午後9時から独占先行配信される。

 ◇原作者・サレンダー橋本さんのコメント

 本作は私が勤める会社の「働かないおじさんA」をヒントに描いた話です。当時抱いた「働かない大人がいるんだ」という驚きや、「でもなぜ働かないんだ?」といういら立ち。そして、会社員と副業のマンガの間で揺れ動く感情を、名優・濱田岳さんに演じてもらえるなんて、こんなぜいたくなことはありません。

 「できれば働きたくないけど、何とか頑張って働いている」そんな人たちの背中を押すようなドラマになると思います。原作を応援してくれた皆様、スタッフの皆様に感謝。おじさんAにも感謝です。放送日を楽しみに待ちます。

 ◇プロデューサー・北川俊樹さんのコメント

 どこの会社にもいる「働かざる者たち」。そんな人たちを時にコミカルに、時に哀愁たっぷりに描いたドラマです。サレンダー橋本先生による原作マンガの個性豊かなキャラクターたちはそのままに、「一生懸命働きすぎること」「誰かと比べて生きること」そんな感覚が当たり前となった世の中に一石を投じるようなドラマを目指します。とはいえ、本質は笑って泣けるコメディードラマ。むしろくだらなさすぎる要素満載。見終わった後、「明日からまた頑張って働こう!」という気にはそれほどならないですが、ちょっと肩の荷を下ろして、クスっと笑ってもらえますと幸いです。

 主演は濱田岳さん。撮影の初期のころに、濱田さん演じる主人公・橋田の小走りを見た時、「ああ、やっぱりこの人しかいない」とベストキャスティングを実感しました。そんな小走りシーンはもちろん、くせ者ぞろいのおじさんたちとのお芝居合戦など、ぜひ、ご期待ください。

(C)「働かざる者たち」製作委員会
(C)「働かざる者たち」製作委員会
(C)エブリスタ/小学館クリエイティブ
(C)エブリスタ/小学館クリエイティブ
(C)エブリスタ/小学館クリエイティブ
(C)エブリスタ/小学館クリエイティブ

働かざる者たちテレビ東京「ドラマパラビ枠」 2020年8月26日スタート 水曜深夜0時58分放送
動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で、8月26日午後9時から独占先行配信