カムカムエヴリバディ(朝ドラ) キャスト

カムカムエヴリバディ(朝ドラ)キャスト

上白石萌音 深津絵里 川栄李奈

松村北斗(SixTONES)
村上虹郎
岡田結実
小野花梨
YOU
甲本雅裕
濱田岳
西田尚美
鷲尾真知子
大和田伸也
浅越ゴエ(ザ・プラン9)
段田安則
浜村淳

ヒロインは上白石萌音×深津絵里×川栄李奈 3人でバトンつなぐ

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のヒロインに決まった(左から)上白石萌音さん、川栄李奈さん、深津絵里さん (C)NHK
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のヒロインに決まった(左から)上白石萌音さん、川栄李奈さん、深津絵里さん (C)NHK

 2021年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」のヒロインに上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんに決まったことが分かった。上白石さんと深津さんは初の朝ドラ。また、上白石さんと、川栄さんはオーディションで3061人の中から選ばれたという。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーになる。昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは安子役、深津さんはるい役、川栄さんはひなた役として、母から娘へとバトンをつなぐ。

 物語の舞台は京都、岡山、大阪。戦争で夫と死に別れ、娘を置いてアメリカに渡るしかなかった祖母・安子(やすこ)。親と英語を憎みつつも、ジャズソングに救われて自分の人生を切り開いた母・るい。時代劇の世界に憧れながら、回り道を経てラジオ英語講座に自分の居場所をみつけていった娘・ひなた。3人はラジオで英語を聴き続けることで、それぞれの夢への扉を開いていく……という内容で、「小さな一歩一歩を積み重ねることが、思ってもいない人生を切り開き、明るく照らしていく」というメッセージが込められた、波瀾(はらん)万丈なハートフルコメディーだ。

上白石萌音、初の朝ドラでヒロイン射止める 「ずっと大きな目標」「誠心誠意務めます」

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のヒロインに決まった(左から)上白石萌音さん、川栄李奈さん、深津絵里さん (C)NHK
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のヒロインに決まった(左から)上白石萌音さん、川栄李奈さん、深津絵里さん (C)NHK

 2021年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」のヒロインに上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが決まったことが12月23日、分かった。上白石さんと深津さんは初の朝ドラ。また、上白石さんと、川栄さんはオーディションで3061人の中から選ばれたという。上白石さんは「連続テレビ小説への出演はずっと大きな目標でした」と明かしている。

 上白石さんは「大好きな『英語』と『ラジオ』で紡がれるこの作品で夢がかなうこと、本当にうれしく思います。オーディションのとき、スタッフの皆さんの空気感がとても温かくて、このチームの一員になりたいと強く思いました。けれど自信は全くなかったので、知らせを受けた時は心底驚きました。今はとにかく大阪の地で皆さんと再会する日が待ち遠しいです」と話す。

 続けて、「深津絵里さん、川栄李奈さんへと続くリレーの第一走者として、しっかりバトンをおつなぎできますよう、そして皆様の朝を明るく照らせますよう、誠心誠意務めます」と誓っていた。

深津絵里、初の朝ドラでヒロインに 上白石萌音の娘で川栄李奈の母に 起用理由は?

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のヒロインに決まった(左から)上白石萌音さん、川栄李奈さん、深津絵里さん (C)NHK
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のヒロインに決まった(左から)上白石萌音さん、川栄李奈さん、深津絵里さん (C)NHK

 2021年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」のヒロインに上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが決まったことが12月23日、分かった。上白石さんと深津さんは初の朝ドラ。また、上白石さんと、川栄さんはオーディションで3061人の中から選ばれたという。深津さんは「この度、105作目のヒロインを務めることになりました。105という数字の重みに責任を感じています」と心境を明かしている。

 一方で、「でも、今回は3人です! あふれる魅力全開の、萌音さんと李奈さんと一緒なら怖いものなし! とてもとても心強いです」とも話していて、「脚本の藤本(有紀)さんがさんから生み出される、それぞれの時代の女性を、3人できらきらと輝かせていけたらと思います。今日も、また明日も。毎朝8時にお目にかかれるのを楽しみにしております」と期待を口にした。

 制作統括・堀之内礼二郎さんは「企画の当初から、るいという役のキャスティングは難題だと思っていました。というのも、青春期を演じてもらいつつ、後半ではひなた(川栄さん)の母親を演じてもらわなければならなかったからです」と明かす。

 続けて「るいは、ある事情で母と離れ、傷つき迷いながらも自分の意志と力で生きる道を切り開いていく人生をたどります。そんな強さと弱さを抱えた女性を魅力的に演じられる役者さんは誰だろう、とチームで考え抜いた末にたどりついたのが、深津絵里さんでした」と起用理由を説明。「さまざまな作品で新しい女性の価値観や生き方を見せてくれた深津さん。ドラマ制作現場で駆け出しだった自分にとって、本当に憧れ中の憧れの存在でした。正直、最初は深津さんに朝ドラのヒロインを演じてもらうなんて夢の世界の話だと思っていたのですが、藤本有紀さんが描く物語の魅力と、三世代のヒロインで100年の物語を描くという志を真っすぐに受け止めてくださり、実現することになりました」と話した。

川栄李奈、“一つの大きな夢”かなう 朝ドラヒロイン役「信じられないほどうれしかった」

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のヒロインに決まった(左から)上白石萌音さん、川栄李奈さん、深津絵里さん (C)NHK
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のヒロインに決まった(左から)上白石萌音さん、川栄李奈さん、深津絵里さん (C)NHK

 2021年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」のヒロインに上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが決まったことが12月23日、分かった。上白石さんと深津さんは初の朝ドラ。また、上白石さんと、川栄さんはオーディションで3061人の中から選ばれたという。川栄さんは「朝ドラヒロインは一つの大きな夢であり、何度もオーディションに参加させていただきました。受かるまで受け続けようという気持ちでいて、今回も自分の全力を出し切って結果を待っていたので受かったと聞いたときは信じられないほどうれしかったです」と喜んでいる。

 「先日、制作の方々や上白石萌音さん深津絵里さんともお会いさせていただき、徐々に現実味が帯びてきてワクワクとドキドキでいっぱいです」という川栄さんは、「以前、『とと姉ちゃん』に出演させてもらった際にヒロインの高畑充希さんがとてもパワフルですてきな方だったので、私も周りの方々にパワーを与えられるように楽しく明るく撮影に挑めたらなと思っています」と意気込む。

 さらに「大阪は、以前仕事で何度か行かせてもらい、大阪ならではの街並みや風景、人情あふれる温かい人たちにとても元気をもらっていたので長期間の撮影ですが今から楽しみです。少しでも皆さんに笑顔をお届けできるよう精いっぱい頑張ります」と力を込めた。

SixTONES松村北斗、「カムカムエヴリバディ」で朝ドラ初出演 ヒロイン・上白石萌音の運命を動かす跡取り息子役

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演が決まった「SixTONES」の松村北斗さん
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演が決まった「SixTONES」の松村北斗さん

 人気グループ「SixTONES」の松村北斗さんが、2021年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」に出演することが2月4日、分かった。松村さんが朝ドラに出演するのは初めて。上白石萌音さん扮(ふん)するヒロイン・橘安子の運命を動かしていく大学生で、地元で有名な名家・雉真(きじま)家の跡取りである雉真稔を演じる。

 雉真稔は雉真繊維の社長・千吉の長男。英語が堪能な好青年で、家業の繊維業を海外に展開させようと志している。父の千吉を段田安則さん、弟の勇を村上虹郎さんが演じることも発表された。

 松村さんは、「この度、初めて朝ドラに参加させていただくことが決まり、本当にうれしいです。キャラクターとして演じる稔と僕自身は大きく違います。しかし、台本を読んだ段階からこの役を満喫できる確信がありました! 皆さんの朝の楽しみの一要因になれれば幸いです」とコメントを寄せている。

SixTONES松村北斗、村上虹郎、岡田結実ら12人出演

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」への出演が決まった村上虹郎さん(左)と岡田結実さん
朝ドラ「カムカムエヴリバディ」への出演が決まった村上虹郎さん(左)と岡田結実さん

 女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんがヒロインを務める2021年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」の「岡山編」に、人気グループ「SixTONES(ストーンズ)」の松村北斗さん、村上虹郎さん、岡田結実さんら12人が出演することが2月4日、分かった。松村さん、村上さん、岡田さんはいずれも朝ドラ初出演となる。

 甲本雅裕さん、濱田岳さん、西田尚美さん、鷲尾真知子さん、大和田伸也さん、小野花梨さん、お笑いユニット「ザ・プラン9」の浅越ゴエさん、段田安則さん、YOUさんも出演する。小野さん、YOUさんが朝ドラに出演するのは初めて。

 また、歌番組「うたコン』の指揮者を担当している「米米CLUB」の“フラッシュ金子”こと金子隆博さんが音楽を担当することも発表された。

 今回は安子を取り巻く「岡山編」のキャストが発表。段田さんは「雉真(きじま)繊維」の社長の雉真千吉、松村さんは、家業の繊維業を海外に展開させることを志す千吉の長男・雉真稔、村上さんは稔の弟の雉真勇、YOUさんは千吉の妻の美都里、岡田さんは雉真家の嫁の雪衣(ゆきえ)、甲本さんは安子(上白石さん)の父の橘金太、濱田さんは安子の兄の算太(さんた)、西田さんは安子の母の小しず、鷲尾さんは安子の祖母のひさ、大和田さんは安子の祖父の杵太郎、小野さんは安子の幼なじみの水田きぬ、浅越さんはきぬの父の卯平を演じる。

 ◇上白石萌音さんのコメント

 --新たな出演者決定を受けて

 あまりにもすてきで心強い顔ぶれに、何度もキャスト表を読み直しては心を躍らせています。皆様のお顔やお声を想像しながら脚本を読むと、ただでさえいとおしくてたまらなかった登場人物たちに体温が宿り、物語が一層鮮やかに色付くのを感じます。顔を見合わせて岡山言葉のせりふを交わせる日が、今から待ち遠しいです。胸をお借りして、たくさん勉強させていただきます。できたての和菓子のように温かくて幸せな空気感を、ぜひ楽しみにお待ちください。

 ◇制作統括の堀之内礼二郎のコメント

 100年にわたる朝ドラ「カムカムエヴリバディ」。その始まりの物語で、戦前の岡山の商店街で幸せに伸び伸びと育ったヒロイン・安子が出会う、人間味溢れた愛らしい登場人物たち。その一人一人に命を吹き込んでくださる最高のキャストをお迎えできました。また、音楽の金子隆博さんは、「夫婦善哉」というドラマで脚本の藤本有紀さんとタッグを組まれました。すてきな皆さんと一緒に作るカムカムワールドを目のあたりにする日が、今から楽しみでなりません。

 「戦前の岡山の物語」と聞くと、自分とは関係ない遠い昔のどっかの話、と思われるかもしれません。でも、日常の生活が厳しく制限されたり、甲子園をはじめとした大きな催し物が中止になったり、もちろん過酷さの違いはあるものの、戦前・戦時中の世の中の状況は、かつてないほどに、現代の私たちにとって身近なことのように感じられます。「こんなはずじゃなかった」という思いが溢れた世の中で、安子たちは迷い苦しみながらも前を向き、自分が今できることに真摯(しんし)に取り組んでいきます。そのひたむきな姿を見て「この物語は自分の物語だ」と感じてほしいと願っています。今回ご紹介したみなさんとなら、きっとできると信じています。ぜひこの楽しい物語の世界に、カムカムエヴリバディ!!

岡田結実、朝ドラ初出演 「必死に食らいついていきたいと思っています」

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演が決まった岡田結実さん=NHK提供
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演が決まった岡田結実さん=NHK提供

 女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん主演で、2021年度後期に放送されるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」の新キャストが発表され、女優の岡田結実さんが、岡山の繊維企業・雉真繊維を経営する雉真家に嫁いだ女性・雉真雪衣(きじま・ゆきえ)役で朝ドラ初出演を果たすことが2月4日、分かった。

 雪衣は、良家育ちの上品な女性。雉真家と深い縁を持つことになるが、ある理由からヒロイン安子(やすこ、上白石さん)に冷たい態度を取ってしまう。

 岡田さんは「作品に参加してほしいというお声をかけていただいて、すてきなスタッフさんたちと仕事ができることが泣くほどうれしかったあの時を忘れません。そして、キャスト陣の皆様の名前を聞いた時にその世界の1人として生きられることが、もうすでに幸せです。雪衣が雪衣として、そこに生まれた意味を感じながら必死に食らいついていきたいと思っています。そして親子三世代で紡いだ物語『カムカムエヴリバディ』を見た方の心の中が温かくなるように踏ん張ります」とコメントした。

村上虹郎、朝ドラ初出演 ヒロイン・上白石萌音の同級生に

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演が決まった村上虹郎さん
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演が決まった村上虹郎さん

 俳優の村上虹郎さんが、2021年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」に出演することが2月4日、分かった。村上さんが朝ドラに出演するのは初めて。上白石萌音さん扮(ふん)するヒロイン・橘安子の同級生で、地元で有名な名家・雉真(きじま)家の次男の雉真勇を演じる。

 雉真勇は雉真繊維の社長・千吉の息子で、兄の稔を尊敬している。甲子園を目指す野球少年で、安子へ好意があるのか素直に優しくできず、いつも何かと安子にちょっかいを出している。父の千吉を段田安則さん、兄の稔を人気グループ「SixTONES」の松村北斗さんが演じることも発表された。

 村上さんは、「脚本を読ませていただいて、朝ドラってこんなに真っすぐでまぶしいのかと、そのエネルギーに面食らってます。朝ドラに参加させていただくのは初めてなので各話のキュッとした尺とリズムをすぐにつかめるものなのか未知の世界ですが、それも含めて楽しめたらなと思います」とコメントしている。

「親バカ青春白書」「共演NG」で話題の女優・小野花梨 「カムカムエヴリバディ」で朝ドラ初出演

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演が決まった小野花梨さん=NHK提供
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演が決まった小野花梨さん=NHK提供

 女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん主演で、2021年度後期に放送されるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」の新キャストが発表され、女優の小野花梨さんが出演することが分かった。連続ドラマ「親バカ青春白書」(2020年、日本テレビ系)、「共演NG」(同、テレビ東京系)などの話題作への出演で知られる小野さんは、ヒロイン安子(上白石さん)の幼なじみ・水田きぬを演じる。小野さんが朝ドラに出演するのは初めて。 

 きぬはちょっとクールでしっかり者で、いつも安子を応援してくれる。安子の実家の御菓子司「たちばな」と同じ商店街にある豆腐屋「水田屋とうふ」の娘。

 小野さんは「パワフルなキャストの皆様と共に、賢く優しいきぬちゃんとしてこの作品に参加できることがとてもうれしいです。戦前、戦時中の状況を知らない私ですが作品を通して当時のことを経験できることも大きな財産になると思いました。歴史ある朝ドラに出演できる喜びを噛(か)みしめながら、きぬちゃんというすてきな女性を愛し演じていきたいです。よろしくお願いいたします」とコメントした。

YOU、朝ドラ初出演 「カムカムエヴリバディ」で上白石萌音の“壁”に

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演するYOUさん
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演するYOUさん

 タレントのYOUさんが、2021年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」の「岡山編」に出演することが2月4日、分かった。YOUさんが朝ドラに出演するのは初めて。地元で有名な繊維会社「雉真繊維」の雉真千吉社長(段田安則さん)の妻・美都里を演じる。

 美都里は、長男の稔(松村北斗さん)、次男の勇(村上虹郎さん)を愛するが故、稔と仲良くするヒロイン・橘安子(上白石萌音さん)にとって大きな壁になるという役どころ。

 YOUさんは「参加させていただけるということで、光栄に思っております。お着物だっ
たり、地方の言葉だったりもするので、まるで経験のないことばかりです。私はもう年をとっていますが(笑い)、スタッフの方、役者の皆さんに、素直に何でもお聞きして、勉強させていただきたいと思います。よろしくお願いします」とコメントを寄せている。

さだまさし、「驚き」の朝ドラ初出演 「カムカムエヴリバディ」で平川唯役 ラジオ英語講座の人気講師に

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に平川唯一役で出演するさだまさしさん=NHK提供
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に平川唯一役で出演するさだまさしさん=NHK提供

 歌手のさだまさしさんが、2021年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」に、ラジオ英語講座「カムカム英語」の人気講師・平川唯一(ひらかわ・ただいち)役で出演することが3月22日、分かった。今回が初の朝ドラで、ドラマのキーパーソンを演じるさださんは、「『連続テレビ小説からのお誘い』と聞き、やっと主題歌が歌えるぞ、と期待したら大違い(笑い)。驚きの『出演』でした」と心境を明かしている。

 平川唯一は、終戦後まもなく放送されたNHKラジオ英語講座「英語会話」(1946~51年)、通称「カムカム英語」の人気講師で「カムカムおじさん」と呼ばれた。戦後の日本を明るくしたいという願いが込められた「カムカム英語」は、「証城寺の狸囃子(たぬきばやし)」のメロディーにのせたオープニングで人気を獲得。ブームの火付け役ともなった英語遊び(家族の情景を描いた英語ラジオドラマ)で、人々は英語を楽しく学んだ。全国でファンクラブが設立され、日本中に英語ブームを巻き起こした。

 さださんは、「芝居は慣れていませんが平川唯一さんの役で、ラジオの声が主だと聞き、ホッとしています。終戦直後の暗い時代を生きて『日本を明るくするため』に頑張った平川さんのことを思うとき、新型コロナウイルスに苦しんだ日本の未来へ、連続テレビ小説で日本を明るくするお手伝いができたら幸せです。お声がけいただき光栄です」と語っている。

 「カムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。ヒロインは上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

 制作統括の堀之内礼二郎さんは「平川唯一さんがラジオで英語講座を始めたときは、敗戦からまだ半年で、国中が暗い空気に包まれていました。『戦後の日本を明るくしたい』。講座にかける平川さんの思いはその一心でした。その内容は分かりやすくて誰にでもよく理解できるため、英語を学ぼうとする人はもちろん、学ぶつもりがない人でも、平川さんの明るい語りを聞くために、午後6時になるとみんなラジオをつけていたそうです」と話す。

 また「聞いている人を元気づけようと優しく温かく語りかける平川さん。そんな様子を思い浮かべたとき、さだまさしさんの姿が平川さんに重なりました」といい、「緊急事態宣言が出た2020年の春に、いち早く医療関係者への感謝とコロナ禍で落ち込む人々へのエールを歌ったさださん。真摯(しんし)な思いが込められた語りと歌声に、私自身がとてつもない勇気をいただきました」と明かす。

 さらに「思いをお伝えしたところ、『英語は苦手なんだけどな~』と笑いながらおっしゃりつつ、ご快諾をいただけました。英語のレッスンももう始めていただいています」と付け加えると、「さださんが演じる平川唯一さんのすてきな英語講座、想像するだけで胸がワクワクします。秋から始まるこの楽しい物語の世界にぜひ、カムカムエヴリバディ」と視聴者に呼びかけた。

NHK提供
NHK提供

中川家、「カムカムエヴリバディ」で初朝ドラ 伝説の漫才師「エンタツ・アチャコ」役

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する浜村淳さん (C)NHK
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する浜村淳さん (C)NHK

 お笑いコンビ「中川家」が、上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん主演で、11月1日から始まるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」に出演することが10月23日、分かった。中川家が朝ドラに出演するのは初めてで、お笑いコンビ「エンタツ・アチャコ」を演じる。剛さんがエンタツ役、礼二さんがアチャコ役を務める。

 中川家は「エンタツ・アチャコ役にてオファーをいただき大変光栄です! ありがとうございます。“伝説の漫才師”さんなので非常に緊張しましたが、スタッフさんが温かく迎えてくださり、楽しむことができました! 信頼と実績でやらさせていただいております!」とコメントを寄せている。

 堀之内礼二郎制作統括は「中川家のお二人には、戦前、庶民から熱狂的に愛された漫才コンビのエンタツ・アチャコを演じていただきました。話していただいたのは人気のネタ『早慶戦』。お二人の息のあったしゃべくりに、録音スタジオは大笑い! 時代を越えた『おかしみ』が生まれました」と話している。

浜村淳、“ラジオ界のレジェンド”が46年ぶり朝ドラ 「カムカムエヴリバディ」でラジオパーソナリティー役

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する浜村淳さん (C)NHK
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する浜村淳さん (C)NHK

 “ラジオ界のレジェンド”とも呼ばれる浜村淳さんが、上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん主演で、11月1日から始まるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」に出演することが10月23日、分かった。浜村さんが朝ドラに出演するのは「おはようさん」(1975年)以来46年ぶりで、お茶の間で人気の名物ラジオパーソナリティー、磯村吟(いそむら・ぎん)を演じる。

 浜村さんは、「人生、泣き笑いの波の中に生きている。さまざまな人と出会い、別れて、紡ぐ人生模様がある。これだけは、このドラマについてハッキリと言える。夢と勇気をありがとう!」とコメントを寄せた。

 堀之内礼二郎制作統括は、「浜村淳さんにはドラマの中でも人気ラジオ番組のパーソナリティー・磯村吟として、映画解説やニュース紹介をしていただきます。磯村吟さんが伝える言葉や情報が、登場人物の人生に大きな影響を与えていきます。いつまでも色あせない味のある浜村、いや磯村節を、ぜひお楽しみに!」と呼びかけている。

濱田岳演じる橘算太 初代ヒロイン・安子の兄 妹思いの優しい一面も

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で濱田岳さん演じる橘算太 (C)NHK
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で濱田岳さん演じる橘算太 (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)。朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母(上白石さん)、母(深津さん)、娘(川栄さん)の3世代親子を描く。ここでは、濱田岳さん演じる橘算太を紹介する。

 ◇御菓子司「たちばな」で修行するも家業に興味なし

 橘算太は、上白石さん演じる初代ヒロイン・橘安子の兄。御菓子司「たちばな」で修行するも家業に興味がなく、何度も父・金太(甲本雅裕さん)と衝突する。一方で安子には妹思いの優しい一面も。

 算太役の濱田さんは、2017年度後期の「わろてんか」に続く、朝ドラ出演となる。

 出演発表の際、「今回、大阪(放送局)チームの皆様と作る朝ドラに出演できることを大変うれしく、光栄に思っております。関西の方々をはじめ、全国の方々の朝に、一日の一歩目の元気をお届けできるよう、いただいたキャラクターと共に、進んでいきたいと思っております」とコメントしている。

本郷奏多、新川優愛、おいでやす小田ら朝ドラ初出演 川栄李奈ヒロインの「京都編」キャスト発表

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する本郷奏多さん
連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する本郷奏多さん

 女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん主演のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)で、川栄さんが三代目ヒロイン・ひなたを演じる「京都編」のキャスト11人が11月4日に発表された、本郷奏多さん、三浦透子さん、新川優愛さん、青木柚さん、おいでやす小田さん、平埜生成さんが朝ドラに初出演することが明らかになった。

 本郷さんは大部屋俳優の五十嵐文四郎、三浦さんはひなたの同級生・野田一恵、新川さんはひなたの同級生・藤井小夜子、青木さんはひなたの弟・桃太郎、小田さんは酒屋のおじさん・森岡新平、平埜さんは映画村の社員・榊原誠を演じる。

 そのほかに、ひなたの同級生・赤螺(あかにし)吉之丞役で徳永ゆうきさん、幼少期のひなた役で新津ちせさん、荒物屋「あかにし」の店主・赤螺吉兵衛(堀部圭亮さん)の妻・清子役で松原智恵子さん、女優の美咲すみれ役で安達祐実さん、大部屋俳優・伴虚無蔵役で松重豊さんの出演も発表された。

 「京都編」キャストの発表を受けて川栄さんは、「こんなにもすてきなキャストの方々とこの作品を作っていけることを本当にうれしく思います」とコメント。「皆さんからたくさん学ばせていただきながらおばあちゃん、お母さんから受け継いだバトンをゴールまでしっかりとつないでいきたいと思います」と意気込みを語っている。

安達祐実、「カムカムエヴリバディ」で25年ぶり朝ドラ “三代目ヒロイン”川栄李奈憧れの女優役

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する安達祐実さん
連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する安達祐実さん

 女優の安達祐実さんが、上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん主演のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)に出演することが11月4日、明らかになった。約25年ぶりの朝ドラで、川栄さん扮(ふん)する三代目ヒロイン・ひなたが憧れる女優の美咲すみれを演じる。

 演じるすみれは、かつて、桃山剣之介(尾上菊之助さん)のヒット時代劇「棗黍之丞シリーズ」に出演し人気を博した女優。ひなたにとって憧れの存在だったが、思いがけず出会ったすみれは、機嫌が悪い。芸能界の荒波のなかで、何やらこじらせているらしい……という役どころだ。

 安達さんは「25年ぶりに、朝ドラに出演させていただくことになりました。とてもうれしく思っています。当時は子供だった私が、大人になり、またこうして朝ドラの世界に役として生きられることを、なんだか不思議で感慨深く感じております。今回は女優という役どころを演じさせていただきます。ひなたちゃんとどのように関わっていくのか、今から楽しみにしております」とコメントを寄せた。

“三代目ヒロイン”川栄李奈の幼少期で新津ちせが出演 昨年の「エール」に続く朝ドラ

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演が決まった新津ちせさん
連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演が決まった新津ちせさん

 女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん主演のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)に、元「Foorin」で子役の新津ちせさんが出演することが11月4日、明らかになった。川栄さん扮(ふん)する三代目ヒロイン・ひなたの幼少期を演じる。

 新津さんは、「連続テレビ小説が大好きで、昨年『エール』に出演させていただき、またご縁があれば……と心から願っていましたので、オーディションでひなた役に決まったときは本当にうれしかったです!」と喜びのコメント。さらに「ひなたは、まさに『名は体を表す』という言葉がぴったりの、明るくて友達思いの女の子です。ちょっぴり飽きっぽいひなたが、どんなふうに成長していくのか、どうか見守っていてください!」と語った。

 この日は「京都編」のキャストとして、新津さんのほか、安達祐実さん、本郷奏多さん、三浦透子さん、新川優愛さん、青木柚さん、おいでやす小田さん、平埜生成さん、徳永ゆうきさん、新津ちせさん、松原智恵子さん、松重豊さんの出演も発表された。

おいでやす小田、「カムカムエヴリバディ」で朝ドラ初出演 ドラマCP“キレの良さ”期待「声もいい」

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演するおいでやす小田さん
連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演するおいでやす小田さん

 お笑いタレントのおいでやす小田さんが、上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)に出演することが11月4日、明らかになった。小田さんは初の朝ドラで、川栄さんが三代目ヒロイン・ひなたに扮(ふん)する「京都編」で、酒屋のおじさん・森岡新平を演じる。

 同日、大阪で行われたNHK大阪拠点放送局の定例会見に、「カムカムエヴリバディ」制作統括を務める堀之内礼二郎チーフプロデューサー(CP)が出席。小田さんを抜てきした理由について「観光都市の京都ではなく、下町としての京都を描きたい。おいでやす小田さんは京都で生まれ育った方で、地の良さがあるので、お願いしました」と明かした。

 小田さんは演じる森岡新平は、商店街の森岡酒店の店主。小田さんに期待していることについて、堀之内CPは「キレの良さ。酒屋さんもキレの良い店という売りで、(小田さんは)声もいいので」と語っていた。

 また小田さんは、朝ドラ出演について「信じられません。一年前、こんなことになるなんて誰が予想できたでしょう。まるで全く別の世界線、パラレルワールドに来てしまったようです」と驚き、「全力でまわりの方々にできるだけ迷惑かけることなく一生懸命、お芝居に取り組ませていただきます。みなさん温かい目で見守ってください。ドキドキしてます!」とコメントを寄せている。

安達祐実、「カムカムエヴリバディ」で25年ぶり朝ドラ ドラマCP「ヒロインに影響を与える重要な役」

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する安達祐実さん
連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する安達祐実さん

 NHK大阪拠点放送局(大阪市中央区)の定例会見が11月4日に開催され、女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん主演のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」制作統括を務める堀之内礼二郎チーフプロデューサー(CP)が出席。同作で、安達祐実さんが約25年ぶりに朝ドラに登場することが発表されたことについて「スタッフ一同、安達さんとご一緒したいという思いがありました」と語った。

 演じるすみれは、かつて、桃山剣之介(尾上菊之助さん)のヒット時代劇「棗黍之丞シリーズ」に出演し人気を博した女優。ひなたにとって憧れの存在だったが、思いがけず出会ったすみれは、機嫌が悪い。芸能界の荒波のなかで、何やらこじらせているらしい……という役どころだ。

 堀之内CPは、安達さんが演じるすみれについて「ひなたといけずな感じになったり、時には味方になったり、すごくヒロインに影響を与える重要な役」と説明。「女優さんが女優役を演じる難しさがあると思いますが、安達さんはすてきな雰囲気で演じてくださると思います」と期待していた。

新川優愛、「カムカムエヴリバディ」で朝ドラ初出演 「身の引き締まる思いです」 川栄李奈の同級生役

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する新川優愛さん
連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する新川優愛さん

 女優の新川優愛さんが、上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん主演のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)に出演することが11月4日、明らかになった。朝ドラ初出演となる新川さんは、三代目ヒロインひなた(川栄さん)の同級生・藤井小夜子を演じる。

 新川さんが演じる小夜子は、お嬢さん育ちでおしとやかな優等生。子供のころから、英語にピアノ、習字を習い、大学進学を考え将来は先生になることを決めている……という役どころ。

 朝ドラ出演について新川さんは、「歴史ある、そして毎作品注目されている連続テレビ小説に参加させていただくことは、とても光栄であり、身の引き締まる思いです」と語り、「三部作構成による時代の変化やその中で生きる人々の思いや葛藤が丁寧に描かれている今作で、ひなたの人生に友人として関われることがとてもうれしいです」とコメントを寄せている。

本郷奏多、「カムカムエヴリバディ」で朝ドラ初出演 川栄李奈かき乱す大部屋俳優

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する本郷奏多さん
連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する本郷奏多さん

 俳優の本郷奏多さんが、上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん主演のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)に出演することが11月4日、明らかになった。本郷さんは初の朝ドラで、川栄さんがヒロインを務める「京都編」に登場。将来の進路に迷うひなた(川栄さん)を、大いにかき乱し続ける、若き大部屋俳優・五十嵐文四郎を演じる。

 本郷さんが演じる五十嵐文四郎は、時代劇に憧れ京都にやってきたが、上下関係が厳しい撮影所の男社会になじめずにいる。染まらず、こびず、けれど努力は怠らず。自分はスターになれると思い込む生意気で無愛想で、ちょっと頭でっかちな男……という役どころ。

 本郷さんは「朝ドラに参加させていただくのは初めてなので、すてきな皆様が作り上げる作品に少しでもお力添えできるよう精いっぱい演じたいと思っています」と意気込み。「僕が演じさせていただく五十嵐というキャラクターは、時代劇が盛り上がっていた時代の大部屋俳優という役どころになります。時代背景を勉強し、スタッフの皆様とディスカッションをしつつ、キャラクターを形成していきたいです」と語っている。

鷲尾真知子。「春よ、来い」以来、約26年ぶりの朝ドラ出演「高揚感あった」 「カムカムエヴリバディ」で上白石萌音の祖母役

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で橘ひさを演じる鷲尾真知子さん (C)NHK
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で橘ひさを演じる鷲尾真知子さん (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)に出演している鷲尾真知子さん。鷲尾さんの朝ドラ出演は1994~95年放送の「春よ、来い」以来、約26年ぶり。出演決定時の心境を「やっぱり朝ドラは皆さんがすごく楽しみにしてくださる番組なので、『よかったー!』という高揚感がものすごくありました」と明かしていた。

 「カムカムエヴリバディ」で鷲尾さんが演じる橘ひさは、しっかり者で頭の回転が速く、動じない安子(上白石さん)の祖母。ひさのおしるこは絶品で御菓子司「たちばな」のあんこの原点である。

 そんなひさは、おしるこを作る姿が印象的だが「皆さんに振る舞うシーンを撮影したときに『ああ、なんて優しい味だろう』と感動したんです」といい、「ひささんって、こんなに柔らかい甘さのあんこをつくれる女性なんだなあと感じました。もしかしたら私の役作りが間違ってた……!? と少し反省するほど、優しい味だったんです」と振り返る。

 「『こんなに優しいおしるこをつくるおばあちゃん。あれ? 私ちょっと……はじけすぎたかな』って(笑い)。長い間役者をやっていますが、こんな経験ははじめてかなあ。食べ物の味から役作りってあるんだなと感じた、初めての瞬間でしたね」

 また現場の雰囲気について「放送をご覧になったら分かると思いますが、橘家の様子そのままです。一人一人自分の持っているベーシックな人間性をそのままキャラクターの中に出してきているんです。まさに西田(尚美)さんは小しずさんだし、萌音ちゃんは安子だし、おじいちゃんは大和田(伸也)さん、甲本(雅裕)さんは金太、濱田(岳)さんの算太もね。それくらい『つくりもの』じゃない感じです。役者は『つくる』のが仕事ですが、核の部分はプライベートな萌音ちゃんであり、西田さんであり……という感覚ですね」と語っていた。