カムカムエヴリバディ(朝ドラ) 視聴率

初回視聴率16.4% 朝ドラ初回3作連続大台届かず

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のロゴ=NHK提供
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のロゴ=NHK提供

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第1回が11月1日に放送され、平均視聴率(世帯)は16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だったことが分かった。朝ドラの初回としては、前々作「おちょやん」の18.8%、前作「おかえりモネ」の19.2%に続き、20%の大台には届かなかった。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

 第1回では、 日本でラジオ放送が始まった1925(大正14)年3月22日。岡山にある和菓子屋に橘安子(上白石さん、子供時代は網本唯舞葵さん)が誕生した。実直な父・金太(甲本雅裕さん)に優しい母・小しず(西田尚美さん)、厳格な祖父・杵太郎(大和田伸也さん)、しっかり者の祖母・ひさ(鷲尾真知子さん)、やんちゃな兄・算太(濱田岳さん)たち家族や職人に囲まれ幸せに暮らしていた。あんこの香りに包まれた温かい家庭ですくすくと成長し、安子は小学3年生になり……と展開した。

物語の最初の舞台、岡山は14.1%スタート 100年の物語「最後はどんなところにたどりつくのか」

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のロゴ=NHK提供
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のロゴ=NHK提供

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第1回が11月1日に放送され、岡山・香川地区での平均視聴率(世帯)は14.1%(ビデオリサーチ調べ・以下同)だったことが分かった。また、関東は16.4%、関西は15.6%だった。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

 第1回では、日本でラジオ放送が始まった1925(大正14)年3月22日。岡山にある和菓子屋に橘安子(上白石さん、子供時代は網本唯舞葵さん)が誕生した。実直な父・金太(甲本雅裕さん)に優しい母・小しず(西田尚美さん)、厳格な祖父・杵太郎(大和田伸也さん)、しっかり者の祖母・ひさ(鷲尾真知子さん)、やんちゃな兄・算太(濱田岳さん)たち家族や職人に囲まれ幸せに暮らしていた。あんこの香りに包まれた温かい家庭ですくすくと成長し、安子は小学3年生になり……と展開した。

 制作統括を務める堀之内礼二郎チーフプロデューサー(CP)は、「100年の物語がいよいよ幕を開けました。大正14年から始まり、昭和、平成、令和と現代まで、3世代のヒロインと一緒に時を重ねていきます。朝ドラ史上初の挑戦です。日々制作に取り組んでいる私たちも、最後はどんなところにたどりつくのか、どんな気持ちになるのか、想像がつきません。視聴者の皆さんと一緒に、100年を生きて、確かめたいと思っています。最終回まで、どうぞよろしくお願いします。そしてまだご覧になってない方、NHKプラスですぐ追いつけます。ぜひこの胸躍る物語の世界に、カムカムエヴリバディ!」とコメントを寄せた。

第2回視聴率15.7% 第3回は14.7% “14歳”上白石萌音、SixTONES松村北斗と出会う

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第2回が11月2日に放送され、平均視聴率(世帯)は15.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。また3日に放送された第3回の平均視聴率(世帯)は14.7%(同)だったことが分かった。

 第2回の終盤では、14歳に成長した初代ヒロインの安子として上白石さん、第3回では安子の運命を動かしていく稔役で、人気グループ「SixTONES(ストーンズ)」の松村北斗さんが登場し、2人の出会いも描かれた。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

第4回視聴率15.8%でアップ 安子と稔の喫茶店デートに「キュンキュン」

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のロゴ=NHK提供
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のロゴ=NHK提供

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第4回が11月4日に放送され、平均視聴率(世帯)は15.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。3日放送の第3回14.7%(同)から1.1ポイントアップした。

 第4回では、安子(上白石さん)と稔(松村北斗さん)が喫茶店でデートする様子が描かれ、視聴者から「たまらなくキュンキュンする」と反響があった。

 安子は、稔から教わったラジオ英語講座を聴きはじめる。初めて触れる英語はさっぱり分からず、稔のおかげで新しい世界に夢中になっていく。稔は、父・千吉(段田安則さん)が一代で築き上げた雉真繊維の跡取り。将来は欧米との取り引きをするため、英語を学んでいる。ある日、安子は稔に誘われて初めて喫茶店に行くことに。そこではマスター(世良公則さん)こだわりのジャズが流れていて……。

 ルイ・アームストロングの「On the Sunny Side of the Street(オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート)」が流れ、ゆったりとした時間の中、コーヒーを飲みながら会話をする2人に「すてきな恋のはじまりかな?」「これは好きになっちゃうよ」「何この少女マンガ展開。ニマニマしてしまう」「2人でコーヒー飲むシーンがあまりにすてきで繰り返し見ちゃう……」「英語、喫茶店、コーヒー、ジャズ、そして淡い恋心」「なかなかのハイカラ」と盛り上がりを見せていた。

初週視聴率15.5% 安子、英語への思いと稔への恋心を募らせ

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第1週「1925-1939」(11月1~5日)の週間平均視聴率(世帯)が15.5%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが11月8日、分かった。

 第1週では、日本でラジオ放送が始まった1925(大正14)年3月22日。岡山にある和菓子屋に橘安子(上白石さん、子供時代は網本唯舞葵さん)が誕生した。あんこの甘い香りに包まれて成長した安子は、高等小学校を卒業し、14歳に。ある日、繊維会社の跡取り息子で、商科大学に通う青年・雉真稔(松村北斗さん)と出会う。偶然、稔が英語を話せることを知った安子は、教えてもらったラジオ英語講座で英語を勉強し始める。

 英語への思いと稔への恋心を募らせていく安子。しかし、幼なじみで稔の弟の勇(村上虹郎さん)から「あんころ屋の女では兄と釣り合わない」という言葉を浴び、想(おも)いをあきらめようとするが……という展開だった。

初回総合視聴率22.9% 関西では23.2%で関東を上回る

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のロゴ=NHK提供
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のロゴ=NHK提供

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第1回(11月1日放送)の平均総合視聴率が22.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だったことが分かった。リアルタイム視聴率は16.2%、タイムシフト視聴率は7.6%だった。

 タイムシフト視聴率は、録画しておいた番組を7日内(168時間内)に見たタイムシフト視聴の指標、総合視聴率はリアルタイム視聴とタイムシフト視聴のいずれかでの視聴を示す指標のこと。重複視聴分は除かれる。

 大阪では、初回の平均総合視聴率は23.2%(ビデオリサーチ調べ・以下同)を記録。リアルタイム視聴率15.6%、タイムシフト視聴率は9.0%だった。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

第8回視聴率16.5%で番組最高更新 開始12分後に主題歌の異例構成も

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第8回が11月10日に放送され、平均視聴率(世帯)は16.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。番組最高を更新した。

 第8回では、砂糖が配給制になり、「たちばな」の菓子作りも打撃を受ける。そんな中、金太(甲本雅裕さん)から安子(上白石さん)に砂糖会社の息子との見合い話が持ちかけられる。突然の話に戸惑いを隠せない安子。家族の幸せを願う気持ちと稔(松村北斗さん)への思いとの間で、安子の心は大きく揺らぐ。小しず(西田尚美さん)の心配をよそに、安子は翌朝、置き手紙を残し、小さなかばん一つで始発の汽車に乗り込む……という展開だった。

 また同回は、通常、冒頭に流れる主題歌(タイトルバック)が、開始12分を過ぎてから放送される異例の構成で、視聴者から驚きの声が上がった。

第2週視聴率16.0%で上昇 安子と稔は“思い”を確認 勇の“甲子園行き”かなわず…

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第2週「1939-1941」(11月8~12日)の週間平均視聴率(世帯)が16.0%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが11月15日、分かった。第1週の週間平均視聴率15.5%(同)から0.5ポイントアップした。

 第2週では、安子(上白石さん)は、大阪の商科大学に通う稔(松村北斗さん)と文通を続けていた。そんな中、ダンサーを目指していた安子の兄・算太(濱田岳さん)が借金問題で家を勘当され、安子は家業を継ぐ婿を迎えるため、見合いを勧められる。気持ちを整理するために大阪まで稔に会いにいった安子は、稔も安子に同じ思いを抱いていることを知る。

 一方、稔の弟・勇(村上虹郎さん)も安子に思いを寄せており、甲子園に出場できたら気持ちを伝えようと練習に励んでいたが、戦争の影響で大会が中止になってしまい……という展開だった。

第3週「1942-1943」視聴率15.7% 安子と稔の結婚に許し…

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第3週「1942-1943」(11月15~19日)の週間平均視聴率(世帯)が15.7%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが11月22日、分かった。

 第3週では、太平洋戦争が勃発し、雉真(きじま)繊維の社長・千吉(段田安則さん)は、軍と協力して会社の事業を拡大するため、跡取りの稔(松村北斗さん)と銀行の頭取の娘との見合い話を進めていた。そんな状況を察した安子(上白石さん)は自分から身を引くことを決意。そんな中、学徒動員で稔も出征することに。稔と安子の互いの気持ちを知る勇(村上虹郎さん)は、2人の結婚を許すよう千吉に頼み込む。

 「たちばな」を訪れて安子の姿を見た千吉は、安子こそ稔を支えてくれる相手だと確信。銀行の頭取の娘との縁談をやめにする。そして、安子と稔はささやかながら祝言を挙げ、稔の出征までこの上なく幸せな時間を過ごす……という展開だった。