仮面ライダーセイバー/聖刃 あらすじ

仮面ライダーセイバー/聖刃あらすじ

 「仮面ライダーセイバー/聖刃」は、特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの新作。「剣」と「本」がモチーフとなる。「仮面ライダーセイバー/聖刃」は、剣と本によって変身。左右非対称なデザインで、剣と本がモチーフになっている。敵対する仮面ライダーなど、10人を超える仮面ライダーが登場。華やかなソードアクションも見どころの一つで抜刀して変身する。

 主演は俳優でモデルの内藤秀一郎さんが務める。小説家の神山飛羽真(仮面ライダーセイバー)を演じる内藤さんは、1996年5月14日生まれ、埼玉県出身の24歳。2018年に放送されたドラマ「星屑リベンジャーズ」(AbemaTV・メ~テレ)や、2019年2月にスタートしたSNSドラマ「僕なら、泣かせたりしない」、同年12月に公開された映画「午前0時、キスしに来てよ」などに出演した。

 テレビ朝日系で9月6日から毎週日曜午前9時に放送。 

「仮面ライダーセイバー/聖刃」のあらすじ