仮面ライダーセイバー/聖刃 あらすじ

仮面ライダーセイバー/聖刃あらすじ

 「仮面ライダーセイバー/聖刃」は、特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの新作。「剣」と「本」がモチーフとなる。「仮面ライダーセイバー/聖刃」は、剣と本によって変身。左右非対称なデザインで、剣と本がモチーフになっている。敵対する仮面ライダーなど、10人を超える仮面ライダーが登場。華やかなソードアクションも見どころの一つで抜刀して変身する。

 主演は俳優でモデルの内藤秀一郎さんが務める。小説家の神山飛羽真(仮面ライダーセイバー)を演じる内藤さんは、1996年5月14日生まれ、埼玉県出身の24歳。2018年に放送されたドラマ「星屑リベンジャーズ」(AbemaTV・メ~テレ)や、2019年2月にスタートしたSNSドラマ「僕なら、泣かせたりしない」、同年12月に公開された映画「午前0時、キスしに来てよ」などに出演した。

 テレビ朝日系で9月6日から毎週日曜午前9時に放送。 

「仮面ライダーセイバー/聖刃」のあらすじ

第28章「記す過去、描く未来。」のあらすじ 邪悪な思惑 マスターロゴスが“恐ろしい決断”下す

「仮面ライダーセイバー」第28章の一場面(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
「仮面ライダーセイバー」第28章の一場面(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第28章「記す過去、描く未来。」が3月28日に放送される。予告映像では、マスターロゴス(相馬圭祐さん)の「そろそろ消えてもらいましょう」というせりふと共に、「邪悪な思惑が動き出す!」といった文字も映し出されている。

 飛羽真(内藤秀一郎さん)は、ワンダーライドブック「プリミティブドラゴン」の力を制御することに成功し、新しい力の「エレメンタルドラゴン」も手にした。そんな飛羽真の力を認めざるを得ないマスターロゴスは、ある“恐ろしい決断”を下す。

 一方、蓮(富樫慧士さん)は、組織を離れて復活した賢人(青木瞭さん)と行動を共にすると決断。倫太郎(山口貴也さん)に別れを告げ、サウザンベースを後にする。しかし、賢人は一緒に戦おうと呼びかける蓮に対しても、聖剣を封印すると言い、カリバーに変身。そんな賢人を止めるべく、飛羽真はセイバー エレメンタルプリミティブドラゴンに変身する。

(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

第29章「その時、剣士が動いた。」のあらすじ 倫太郎の決意 ブレイズVSデュランダル

「仮面ライダーセイバー」第29章「その時、剣士が動いた。」の一場面 (C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
「仮面ライダーセイバー」第29章「その時、剣士が動いた。」の一場面 (C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第29章「その時、剣士が動いた。」が4月4日に放送される。予告映像では、仮面ライダーブレイズ/新堂倫太郎(山口貴也さん)と仮面ライダーデュランダル/神代凌牙(庄野崎謙さん)が戦う様子などが映し出されている。

 倫太郎は、芽依(川津明日香さん)に飛羽真(内藤秀一郎さん)たちと一緒に戦うと自らの決意を口にする。だが、その前に「けじめをつける」と、どこかへ去っていく。

 倫太郎の決意を芽依から聞き、飛羽真たちは大喜び。しかし、けじめをつけるとはどういう意味なのか、真意を確かめるべく飛羽真はサウザンベースへ向かう。その頃、倫太郎は一人でマスターロゴス(相馬圭祐さん)に会っていた。そんな倫太郎の前にマスターロゴス直属の剣士・仮面ライダーデュランダルが現れる。

第30章「絆、切り裂かれても。」のあらすじ 芽依が倫太郎に涙声で「助けて」

「仮面ライダーセイバー」第30章「絆、切り裂かれても。」の一場面 (C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
「仮面ライダーセイバー」第30章「絆、切り裂かれても。」の一場面 (C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第30章「絆、切り裂かれても。」が4月11日に放送される。予告映像では、芽依(川津明日香さん)が「助けて倫太郎」と涙声で助けを求める姿や、「芽依がメギドに!?」といった文字が躍るなど、不穏な様子が映し出されている。

 真の敵はマスターロゴス(相馬圭祐さん)だった。衝撃的な報告と共に合流した倫太郎(山口貴也さん)を、飛羽真(内藤秀一郎さん)らは歓迎。改めて一つになって戦うことを誓う。そんな中、メギド出現の知らせを受け、飛羽真と倫太郎は現場に急行。人々を襲うネコメギドを前に変身するが、その正体から驚がくの事実が判明する。

第31章「信じる強さ、信じられる強さ。」のあらすじ 芽依に残された時間はあとわずか 飛羽真と倫太郎は救えるのか!?

「仮面ライダーセイバー」第31章「信じる強さ、信じられる強さ。」の一場面 (C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
「仮面ライダーセイバー」第31章「信じる強さ、信じられる強さ。」の一場面 (C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第31章「信じる強さ、信じられる強さ。」が4月18日に放送される。ネコメギドにされた芽依(川津明日香さん)に残された時間はあとわずか。飛羽真(内藤秀一郎さん)と倫太郎(山口貴也さん)は……。

 倫太郎は、ズオス(才川コージさん)に圧倒され、ネコメギドにされた芽依を救うこともできない無力な自分にいら立ちを募らせて、芽依ではなく自分を救った飛羽真を責める。その間にも芽依の力は弱まり、ズオスの前から逃げようとしてもネコメギドに変貌してしまう。

 このままでは芽依はアルターライドブックとなって消えてしまう。飛羽真は、「自分は何もできない、飛羽真に助けられてばかり」と弱気になる倫太郎を懸命に励ますが……。

第32章「僕の想い、結晶となりて。」のあらすじ ノーザンベースに危機! サーベラ、デュランダル、ストリウス、ズオス襲来

「仮面ライダーセイバー」第32章「僕の想い、結晶となりて。」の一場面(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
「仮面ライダーセイバー」第32章「僕の想い、結晶となりて。」の一場面(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第32章「僕の想い、結晶となりて。」が4月25日に放送される。予告映像では「ノーザンベースに危機が迫る!」とのテロップ入りで、飛羽真(内藤秀一郎さん)や倫太郎(山口貴也さん)たちが窮地に立たされる様子が映し出されている。

 飛羽真たちが持つ聖剣とワンダーライドブックを狙い、玲花/仮面ライダーサーベラ(アンジェラ芽衣さん)と凌牙/仮面ライダーデュランダル(庄野崎謙さん)が、ノーザンベースの結界を破り、乗り込んでくる。加えて、そこにストリウス(古屋呂敏さん)と怒りに燃えるズオス(才川コージさん)までもが襲来。ノーザンベースの力を守るため、飛羽真らは二手に分かれて強大な敵に立ち向かうが……。

第33章「それでも、未来は変えられる。」のあらすじ セイバー&カリバーVSマスターロゴス

「仮面ライダーセイバー」第33章「それでも、未来は変えられる。」の一場面(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
「仮面ライダーセイバー」第33章「それでも、未来は変えられる。」の一場面(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第33章「それでも、未来は変えられる。」が5月2日に放送される。予告映像では「15年前の真実を知る」といったテロップに加え、飛羽真(内藤秀一郎さん)と賢人(青木瞭さん)がマスターロゴス(相馬圭祐さん)と戦う姿が映し出されている。

 飛羽真は、賢人をノーザンベースへ連れ戻そうと、ルナ(岡本望来さん)と3人で過ごした思い出の場所で説得を試みる。しかし、賢人は「最悪の未来は変えられない」と突き放すだけ。そんな2人の前にマスターロゴスが現れる。聖剣を渡せと迫るマスターロゴスの前で飛羽真と賢人はセイバー、カリバーにそれぞれ変身。戦いを挑むが……。

第34章「目を覚ます、不死の剣士。」のあらすじ 仮面ライダーファルシオン復活 剣士たちに襲いかかる!

「仮面ライダーセイバー」第34章「目を覚ます、不死の剣士。」の一場面(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
「仮面ライダーセイバー」第34章「目を覚ます、不死の剣士。」の一場面(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第34章「目を覚ます、不死の剣士。」が5月9日に放送される。映画「劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本」(2020年)に登場したバハト/仮面ライダーファルシオン(谷口賢志さん)が復活する。

 ルナ(岡本望来さん)が生きていることを確認し、意気上がる飛羽真(内藤秀一郎さん)たち。一方、マスターロゴス(相馬圭祐さん)は、凌牙(庄野崎謙さん)と玲花(アンジェラ芽衣さん)にルナの確保を命令。さらに、「破滅の書」を開き、バハトを復活させる。

 飛羽真とユーリ(市川知宏さん)前に現れたバハトは、「貴様ら剣士たちを地獄に落とすため、よみがえった」とファルシオンに変身。飛羽真は、エレメンタルプリミティブの力で立ち向かうが……。

第35章「そして私は、神になる。」のあらすじ 倫太郎たちはマスターロゴスに戦いを挑むが…

「仮面ライダーセイバー」第35章「そして私は、神になる。」の一場面(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
「仮面ライダーセイバー」第35章「そして私は、神になる。」の一場面(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第35章「そして私は、神になる。」が5月16日に放送される。ついにルナ(岡本望来さん)と再会できた飛羽真(内藤秀一郎さん)と賢人(青木瞭さん)だったが、喜びもつかの間、玲花/仮面ライダーサーベラ(アンジェラ芽衣さん)が現れる。

 倫太郎(山口貴也さん)たちは奪われた聖剣とワンダーライドブックを取り戻すため「約束の場所」に向かう。そこに、マスターロゴス(相馬圭祐さん)が凌牙/仮面ライダーデュランダル(庄野崎謙さん)らと共に出現。倫太郎たちは変身して、戦いを挑むが……。

仮面ライダーセイバー/聖刃テレビ朝日系
2020年9月6日から毎週日曜午前9時に放送。