カレーの唄。 あらすじ

カレーの唄。あらすじ

 ドラマ「カレーの唄。」は、2020年10月から「ひかりTV」「dTVチャンネル」で順次配信される連続ドラマ。俳優の満島真之介さんが主演を務める。数々のドラマや映画に出演してきた満島さんの連ドラ初主演作で、両親に捨てられ、世界中を放浪しながら、一人で生きてきた男・天沢陽一郎を演じる。また、優秀な弟にコンプレックスを抱く、芸術家志望の内気な大学生・鈴木二汰役で鈴鹿央士さんの出演が決定。カレーをモチーフに、男同士の絆を描くといい、BS放送「BS12 トゥエルビ」でも放送される。

 ドラマは全12話で、各話ごとに異なる、多種多様なカレーも見どころの一つとなり、東京都内の有名店や隠れた名店、「カレーハウスCoCo壱番屋」(ココイチ)、ハウス食品と共同開発したレシピのカレーなどが登場する。陽一郎が悩みを抱えた登場人物を誘い、おすすめのカレーを一緒に食べながら、相手の悩みを解決する……という内容だ。

 さらに、身寄りがない陽一郎を助ける、情に厚い下町の不動産屋経営者・清川薫子役で森口瑤子さん、二汰が片思い中の、同じ大学に通う女子学生・森まどか役で出口夏希さんが出演する。

ドラマ「カレーの唄。」のあらすじ

カレーの唄。2020年10月から「ひかりTV」「dTVチャンネル」で順次配信
BS放送「BS12 トゥエルビ」でも放送