知ってるワイフ あらすじ

知ってるワイフあらすじ

 ドラマ「知ってるワイフ」は、人気グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さんが主演を務める連続ドラマ。2021年1月期にフジテレビ系の「木曜劇場」枠(木曜午後10時)で放送される。共演は広瀬アリスさん。大倉さんが同局系のゴールデン・プライム帯(GP帯、午後7~11時)の連続ドラマで主演を務めるのは初めて。また広瀬さんは同局系の連続ドラマでは初ヒロインで、大倉さんとは初共演となる。

 「知ってるワイフ」は、韓国の有料ケーブルテレビチャンネル「tvN」で2018年8~9月に放送された同名ドラマが原作。「結婚生活、こんなはずじゃなかった!」と嘆く恐妻家の主人公が過去にタイムスリップして、妻を入れ替えてしまうところから物語が始まる。脚本は「救命病棟24時」の第1、第2シリーズや、「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」などを手がけてきた橋部敦子さんが担当する。

 大倉さんは、銀行に勤め、結婚5年目で2児の父親である主人公・剣崎元春を演じる。職場では上司から叱責され、仕事に疲れ果てて帰ると“モンスター妻”の澪(広瀬さん)から怒鳴られ、肩身の狭い毎日を過ごしている。「自分だけが貧乏くじを引かされたのでは……」と、後悔の日々を送っていた矢先、大学時代“女神”と呼ばれ男子学生の憧れの的だった後輩と偶然再会し、「好きだったの」と打ち明けられる。そんなある日、元春は街中で話しかけられた男からもらった500円硬貨がきっかけで、大学時代にタイムスリップしてしまう……。

ドラマ「知ってるワイフ」のあらすじ

<ドラマ紹介>「知ってるワイフ」関ジャニ∞大倉忠義主演のラブストーリー 広瀬アリスが“モンスター妻”に 松下洸平、川栄李奈ら出演

連続ドラマ「知ってるワイフ」第1話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「知ってるワイフ」第1話のワンシーン(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さんが主演する連続ドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系、木曜午後10時)が1月7日からスタートする。大倉さん扮(ふん)する、“モンスター妻”と結婚し「こんなはずじゃなかった!」と嘆く主人公・剣崎元春が過去にタイムスリップし、妻を入れ替えようとする……という“ファンタジーラブストーリー”。大倉さんと今作が初共演の女優の広瀬アリスさんが、主人公の“モンスター妻”澪を演じる。

 「知ってるワイフ」は、韓国の有料ケーブルテレビチャンネル「tvN」で2018年8~9月に放送された同名ドラマが原作。元春は「あおい銀行」世田谷支店の融資課主任。職場では上司から業績を上げろと叱責され、仕事に疲れて帰ると澪に怒鳴られ、肩身の狭い毎日を過ごしている。子供2人の育児、家事、仕事に追われている澪は、優しかった元春が仕事を言い訳に家事や育児を手伝ってくれず不満を募らせている……という設定。

 松下洸平さんが元春の同期で親友の津山千晴、関西ジャニーズJr.内のグループ「Aぇ! group」の末澤誠也さんが元春の後輩の篠原恭介、川栄李奈さんが元春の妹・剣崎なぎさ、瀧本美織さんが大学時代の元春が好意を寄せていた後輩の江川沙也佳、生瀬勝久さんが元春にタイムスリップするきっかけを与える謎の男・小池良治、片平なぎささんが元春の姑(しゅうとめ)の建石久恵を演じる。佐野ひなこさん、安藤ニコさん、森田甘路さん、マギーさん、猫背椿さん、おかやまはじめさんらも出演する。

 第1話は15分拡大放送。元春は妻の澪との関係に悩み、津山に「離婚したい」と愚痴を言う。そんな矢先、元春は偶然、再会した沙也佳から「学生時代に好きだった」と言われる。

 大学時代、元春は沙也佳からコンサートに誘われていた。当日、バスに乗ってコンサートに向かおうとした元春は、車内で財布を拾い、途中下車して交番に届けた。財布の持ち主が、当時、高校生の澪だった。結局、元春は沙也佳との待ち合わせに遅刻し、デートすることができず、財布の一件がきっかけとなり澪と結婚した……。元春は当時、バスを途中下車しなければと悔やむ。

 数日後、仕事を終えて公園で一息つく元春の前に、突然“奇妙な男”小池が現れる。元春は小池から「過去に戻ることができる」と言われ、500円硬貨を手渡される……。 

第2話のあらすじ “元春”大倉忠義の妻が“沙也佳”瀧本美織に “澪”広瀬アリスは同僚に

連続ドラマ「知ってるワイフ」第2話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「知ってるワイフ」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さん主演の連続ドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系、木曜午後10時)第2話「元妻とまさかの再会!?本当の彼女とは?」が1月14日に放送される。

 元春(大倉さん)は、謎の男・小池良治(生瀬勝久さん)にもらった平成22年(西暦2010年)の500円硬貨を使って、2010年の江川沙也佳(瀧本美織さん)からコンサートのデートに誘われた日にタイムスリップする。元春は沙也佳とのデートを約束。コンサートホールへ急ぐ元春は、建石澪(広瀬アリスさん)とすれ違うも、話し掛けずに沙也佳とのデートに向かう。

 帰りに沙也佳から告白された元春は光に包まれる。見知らぬ部屋で目覚めた元春が時計を見ると2020年。妻は澪から沙也佳に入れ替わっていた。元春は、優しい沙也佳に送り出され、高級車に乗って出勤と、望んでいた結婚生活を手に入れる。
 
 あおい銀行に出勤した元春は、タイムスリップする前は結婚して双子がいる同僚の津山千晴(松下洸平さん)が独身だったりと、周囲の人たちに変化が起きていると知る。元春は、澪との間に生まれた子供たちが存在していないことに気付き、涙を流して後悔。幸せに生きると決意した矢先、澪があおい銀行の同僚として勤務することになる……。

第3話のあらすじ “元春”大倉忠義の秘密を知る人物!?

連続ドラマ「知ってるワイフ」第3話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「知ってるワイフ」第3話のワンシーン(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さん主演の連続ドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系、木曜午後10時)第3話が1月21日に放送される。予告映像では「秘密を知る人物!?」のテロップと共に剣崎元春(大倉さん)が、建石澪(広瀬アリスさん)の母・久恵(片平なぎささん)に「やっと会えた! 元春君。うちの婿さん」と言われるシーンが収められている。

 元春は、横断歩道でバイクとぶつかりそうになった澪を引き寄せた。澪は、元春に“澪”と呼ばれた気がして、どこか懐かしい気持ちになる。

 数日後、元春が車を運転していると、倒れた自転車の脇にうずくまる澪を見付ける。放っておくことができなかった元春は、けがの手当てをした後、澪を車で送った。

 元春は、過去が変わっても澪に会うことなどに疑問を抱く。その後、街中で見付けた小池良治(生瀬勝久さん)にその疑問をぶつけたところ、「いくら人生を変えても、つながりのある人間たちは変わらない。必ず引き合い、目の前に現れる」と言われる……。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第4話のあらすじ “元春”大倉忠義が反対? “澪”広瀬アリスと“津山”松下洸平が泊まりがけで研修へ

連続ドラマ「知ってるワイフ」第4話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「知ってるワイフ」第4話のワンシーン(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さん主演の連続ドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系、木曜午後10時)第4話「知られざる彼女の想い…親友が恋に落ちる」が1月28日に放送される。

 剣崎元春(大倉さん)は、建石澪(広瀬アリスさん)の母・久恵(片平なぎささん)から「やっと会えた! 元春君。うちの婿さん」「澪が毎日怒るから家に帰ってこなくなったのよ」と言われた。澪から、久恵は認知症と説明を受けた元春は、以前の世界でも久恵が認知症を発症していたのではないかと思い、ショックを受ける。

 翌日、妹のなぎさ(川栄李奈さん)から、母手作りのいなりずしを渡された元春は、澪が、元春の母の手作りいなりずしを好きだったと思い出し、銀行で残業している澪へ届けに行く。銀行に着くと、津山千晴(松下洸平さん)が澪に告白しているのを目撃する。

 その矢先、澪と津山が泊まりがけで研修に行くことになる。津山がこの機会に澪を口説き落とそうと木田尚希(森田甘路さん)と盛り上がっていたところ、元春は思わず反対してしまう……。

第5話のあらすじ “澪”広瀬アリスと“津山”松下洸平が交際開始 “元春”大倉忠義は動揺

連続ドラマ「知ってるワイフ」第5話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「知ってるワイフ」第5話のワンシーン(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さん主演の連続ドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系、木曜午後10時)第5話「彼女と親友がキス!?もう一度、過去へ…」が2月4日に放送される。

 剣崎元春(大倉さん)は、建石澪(広瀬アリスさん)の頭に手を乗せているところを妻の沙也佳(瀧本美織さん)に見られてしまい、頭の上にほこりが付いていたとごまかす。澪の名字が建石と聞いた沙也佳は、以前、元春の車の中で「建石」の名札があったのを思い出し、元春に澪を二度と車に乗せないでと言う。

 ある日、澪と津山千晴(松下洸平さん)が外回りに出ている中、澪の母・久恵(片平なぎささん)があおい銀行にやって来る。久恵は、銀行にいた元春を見付けると「うちの婿が世話になっている」と話し、行員たちは西急グループの令嬢・沙也佳の母が来たと思い、大騒ぎする。あわてて久恵を連れ出した元春は、久恵からある事を聞かされる。

 数日後、津山の誠実さに心を動かされた澪は、津山に付き合うと返事する。2人の交際を聞いた元春が動揺する中、木田尚希(森田甘路さん)となぎさ(川栄李奈さん)の提案で、皆でキャンプに行くことになる……。

 予告映像では、「気まずいキャンプ開幕」の文字と共に、津山が澪の顔に唇を近付けるところを、元春が目撃するシーンが収められている。

第6話のあらすじ 大倉忠義が広瀬アリスと松下洸平の交際を応援 “澪の母”片平なぎさが行方不明に

連続ドラマ「知ってるワイフ」第6話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「知ってるワイフ」第6話のワンシーン(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さん主演の連続ドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系、木曜午後10時)第6話「大切にする決意…心の中で祈る本当の想(おも)い」が2月11日に放送される。

 自分のせいで澪(広瀬アリスさん)との結婚生活がうまくいかなくなったと気付き、もう一度過去を変えたいと思った剣崎元春(大倉さん)だが、その願いはかなわなかった。元春は、現在の妻、沙也佳(瀧本美織さん)との円満な結婚生活を目指し、朝から掃除をして食事を準備。喜ぶ沙也佳に「今夜は話があるから早く帰ってきて」と言われる。

 同じ頃、澪は津山千晴(松下洸平さん)と朝デートを楽しんでいた。沙也佳は花屋の店員の上原(小関裕太さん)とぶつかりそうになる。

 元春は、今の人生を充実させようとする決意を込めて、澪に津山との交際を応援すると告げる。更に、翌日は澪の父の命日だから津山に準備を手伝うようアドバイスし、津山の残業を肩代わりする。沙也佳に「遅くなる」とメールしたところ、沙也佳から「翌日こそ早く帰ってきてほしい」と返ってくる。

 翌日、家路を急ぐ元春は、道でしゃがみ込む澪を発見。澪の母の久恵(片平なぎささん)の行方が分からなくなったと言われる……。

第7話のあらすじ “沙也佳”瀧本美織がネット掲示板で“澪”広瀬アリスを中傷 “元春”大倉忠義の銀行で問題に

連続ドラマ「知ってるワイフ」第7話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「知ってるワイフ」第7話のワンシーン(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さん主演の連続ドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系、木曜午後10時)第7話「ネットの書き込みで波乱…母の入院で事件」が2月18日に放送される。

 剣崎元春(大倉さん)は、建石澪(広瀬アリスさん)への未練を断ち切って、現在の妻・沙也佳(瀧本美織さん)を大切にしようと決心した。しかし、行方不明となった澪の母・久恵(片平なぎささん)を2人で捜していたことが、沙也佳にバレてしまい、沙也佳と口論になった。

 家を飛び出した沙也佳は、道で出会った上原邦光(小関裕太さん)と飲みに行く。帰宅した沙也佳は、酔った勢いでパソコンを開き、ネット掲示板に澪への中傷を実名で書き込む。沙也佳を捜しに行っていた元春が帰宅すると、沙也佳は既に寝ていた。

 翌日、掲示板の澪への中傷が銀行への信頼を損なうと問題になる。さらに、何者かが支店の行員たちの写真を投稿し、行員たちへの嘲笑も広がる。澪は主任の津山千晴(松下洸平さん)と共に最初の投稿者を突き止めるため調査会社へ向かう。

 同じ頃、昨夜の投稿を後悔していた沙也佳は、ちょうど花を届けに来た上原に相談。上原に協力してもらいながら、投稿を削除する。その夜、帰宅した元春は、何事もなかったように沙也佳に出迎えられる。昨夜の口論を謝罪する元春は、パソコンを開けた時に、問題の掲示板にアクセスした形跡を見付ける。そんな折、元春の母が白内障の手術で入院する……。

第8話のあらすじ “元春”大倉忠義が自宅を追い出される “澪”広瀬アリス&“津山”松下洸平の交際が知れ渡る

連続ドラマ「知ってるワイフ」第8話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「知ってるワイフ」第8話のワンシーン(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さん主演の連続ドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系、木曜午後10時)第8話「理想の夫婦の行方…マラソン大会で告白?」が2月25日に放送される。

 剣崎元春(大倉さん)と口論になり家を飛び出した沙也佳(瀧本美織さん)は、翌朝になっても帰ってこなかった。沙也佳は上原邦光(小関裕太さん)と行動していたが、ホテルで一人の朝を迎えていた。

 その日、建石澪(広瀬アリスさん)と津山千晴(松下洸平さん)の交際が支店で知れ渡る。元春が外回りから戻ると、沙也佳から、洋服などが詰め込まれたスーツケースが届く。仕事を終えた元春は、木田尚希(森田甘路さん)の店へ。そこで、元春の妹なぎさ(川栄李奈さん)らに沙也佳とのことを打ち明けると、なぎさは離婚を勧める。その夜、家を追い出された元春は、津山の部屋に泊めてもらい沙也佳に電話するが、機嫌は直らなかった。

 翌朝、元春の事情を知った澪(広瀬アリスさん)が、元春に、沙也佳を誤解させているなら説明しに行くと伝えるが、元春は澪には関係ないことと話す。そんな中、元春は銀行のマラソン大会に参加することになるが……。

第9話のあらすじ “澪”広瀬アリスと“津山”松下洸平が破局 “元春”大倉忠義は後悔

連続ドラマ「知ってるワイフ」第9話に出演する関ジャニ∞の大倉忠義さん(右)と広瀬アリスさん(C)フジテレビ
連続ドラマ「知ってるワイフ」第9話に出演する関ジャニ∞の大倉忠義さん(右)と広瀬アリスさん(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さん主演の連続ドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系、木曜午後10時)第9話「親友を失いたくない…遂(つい)に明かされる真実」が3月4日に放送される。

 銀行のマラソン大会の途中、自分の本当の気持ちに気付いた建石澪(広瀬アリスさん)は、剣崎元春(大倉さん)に「好きです」と告白しキスした。しかし、元春は澪の思いを受け入れられなかった。

 数日後、元春は小池良治(生瀬勝久さん)に、妻の沙也佳(瀧本美織さん)と離婚したと報告。そして、澪との結婚生活がうまくいかなかったのは、自分自身のせいだと気付いたにもかかわらず、沙也佳との結婚生活でも同じことを繰り返し、「何も変わっていない」と後悔する。小池には「澪とやり直せるから良かったのでは」と言われるが、澪は親友の津山千晴(松下洸平さん)と交際中で、親友を失いたくないため「それは絶対にできない」と話す。

 そんな中、澪が津山に別れを告げる。ふられた津山は「澪には他に好きな人がいる」と語り、木田尚希(森田甘路さん)の店で泣く。一方、澪はなぎさ(川栄李奈さん)に「好きになってはいけない人を好きになってしまった」と打ち明ける。

 津山との破局を知った元春は、澪に考え直してほしいと頼む。しかし、澪は「元春との関係に進展を期待していないし、マラソン大会でのキスには何の意味も責任もないので、答えを求めているわけではない」と話す。津山が2人のこのやり取りを聞いてしまい……。

第10話のあらすじ “澪”広瀬アリスが“元春”大倉忠義に「そばにいて」と告げる

連続ドラマ「知ってるワイフ」第10話に出演する関ジャニ∞の大倉忠義さん(右)と広瀬アリスさん(C)フジテレビ
連続ドラマ「知ってるワイフ」第10話に出演する関ジャニ∞の大倉忠義さん(右)と広瀬アリスさん(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さん主演の連続ドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系、木曜午後10時)第10話「全てを失う!? 過去へ戻るラストチャンス」が3月11日に放送される。

 剣崎元春 (大倉さん)は、タイムスリップして過去を変えたことを建石澪(広瀬アリスさん)に説明するが、澪は「バカげている」と言って去ってしまう。

 翌日、仕事を休んで家にいた澪は、元春の説明と母・久恵(片平なぎささん)の妄想に共通点があることに気付く。同じ頃、元春は仕事に身が入らず、津山千晴(松下洸平さん)との関係も修復できずにいた。

 その夜、元春を喫茶店に呼び出した澪は、夢の中で見ていた元春の姿、久恵の話、元春が当事者しか知らない澪の高校時代のバスでの出来事を知っていたことから、過去を変えた話に「納得するしかない」と告げる。澪が、なぜ結婚生活がうまくいかなかったのか聞くと、元春は、仕事にかまけて家事、育児をないがしろにし、澪につらい思いをさせてしまったと謝罪しながら「自分は澪にふさわしくない」と言って店を出る。

 あきらめきれない澪は、元春をデートに誘い出す。そこで澪は、元春に「結婚生活の破綻はどちらか一方のせいではないのではないか」と話し、「今の自分のそばにいてほしい」と告げる……。

第10話視聴率7.6% “澪”広瀬アリスが“元春”大倉忠義に告白

連続ドラマ「知ってるワイフ」第10話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「知ってるワイフ」第10話のワンシーン(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さん主演の連続ドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系、木曜午後10時)第10話が3月11日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 第10話では、元春が建石澪(広瀬さん)と結婚していたこと、タイムスリップして過去を変えたことなど、澪にすべて打ち明ける。澪は、元春の説明と母・久恵(片平なぎささん)の妄想に共通点があることに気付き、元春の話を受け入れる。その後、元春をデートに誘い出した澪は、元春に「今の私のそばにいて」と告白する。そんな矢先、元春は、沙也佳(瀧本美織さん)の父に紹介してもらい、多額の融資をした亀田の会社が倒産したと知る……という展開だった。

最終回のあらすじ “元春”大倉忠義が3度目のタイムスリップ 一人関西で生活 「関ジャニ∞」丸山隆平が出演

連続ドラマ「知ってるワイフ」最終回のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「知ってるワイフ」最終回のワンシーン(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さん主演の連続ドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系、木曜午後10時)最終第11話「三度目の人生の行方……取り戻したい想(おも)い」が3月18日に放送される。再びタイムスリップをした剣崎元春(大倉さん)のその後が描かれる。関ジャニ∞の丸山隆平さんが、新たな人生を手に入れた元春が出会うハイテンションの関西人役でゲスト出演する。

 元春は、建石澪(広瀬アリスさん)との結婚生活を変えるため過去を変え、学生時代に憧れていた江川沙也佳(瀧本美織さん)と夫婦になる人生を選択した。理想の人生を手にしたはずだが、職場で異動してきた独身の澪と出会った。妻だった時とは違うはつらつとした雰囲気を見て、澪を恐妻に変えたのは自分のせいだと気付き、気持ちが揺れ始める。

 沙也佳と結婚したにもかかわらず、元春は何かと気になる澪を助けてしまい、それが原因で沙也佳と離婚した。一方、澪は、離婚した元春に恋心を募らせ、交際していた津山千晴(松下洸平さん)と破局。それをきっかけに親友同士だった元春と津山の友情は壊れ、元春は職場の人間関係もぎくしゃくするようになった。さらに、元春は沙也佳の父に汚職の片棒を担がされたことを告発し、江川家も崩壊した。

 「出会う全ての人を不幸にしてしまった」と悔やむ元春は、“謎の男”小池良治(生瀬勝久さん)に渡された500円硬貨を持ち、再びタイムスリップをした。

 元春は、10年前の澪と出会った日で沙也佳と初デートをした日に戻った。「家から一歩も出ない。絶対に会っちゃいけない」と、2人と会うのを避ける。現代に戻った元春は、見知らぬ部屋で目を覚ます。独身のまま、大阪で生活していた。携帯電話の連絡先には、澪、沙也佳、津山の名前は入っていなかった。独身のまま生活しようと考える元春だったが、東京へ出張することになり……。

知ってるワイフフジテレビ系「木曜劇場」
2021年1月7日スタート 木曜午後10時放送