#リモラブ ~普通の恋は邪道~ 視聴率

初回視聴率8.7% “おひとり様”波瑠の恋を描くラブコメ

連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第1話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第1話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系、水曜午後10時)が、10月14日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 ドラマは、「きょうは会社休みます。」「世界一難しい恋」を手掛けたチームによる“恋愛弱者のラブコメ”第3弾で、波瑠さん扮(ふん)する恋をさぼってきた“おひとり様”大桜美々の久しぶりの恋を描く。脚本は、NHK連続テレビ小説「スカーレット」などの水橋文美江さんが担当する。

 第1話は、さかのぼること半年前。鐘木パルプコーポレーション“通称カネパル”の産業医・大桜美々は、新型ウイルスの脅威の中、全社員1129人の健康を管理する忙しい日々を送っていた。当初は美人すぎる産業医と評判の美々だったが、社員のマスクや手洗いの不備を見つけては厳しく注意するあまり、今や健康管理室の独裁者と呼ばれるようになっていた。

 恋愛から遠ざかる美々には、上から目線で男を食べものに例える癖があった。しかし、自粛下の生活で「一人でも平気」の気持ちに変化が。そんな中、美々はストレス解消にと薦められたオンラインゲーム上で会話した人物に恋をしてしまう。ところが、なんとその相手が社内にいるとわかり……というストーリーだった。

第2話視聴率8.0% “美々”波瑠が恋のお相手「檸檬」の正体に迫るべく…

連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第2話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第2話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系、水曜午後10時)が、10月21日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 ドラマは、「きょうは会社休みます。」「世界一難しい恋」を手掛けたチームによる“恋愛弱者のラブコメ”第3弾で、波瑠さん扮(ふん)する恋をさぼってきた“おひとり様”大桜美々の久しぶりの恋を描く。脚本は、NHK連続テレビ小説「スカーレット」などの水橋文美江さんが担当する。

 第2話では、大桜美々は、SNS上で恋した相手「檸檬(れもん)」が新人看護師の八木原大輝(高橋優斗さん)だと勘違いし、大恥をかく。相手が誰だか分からない恋愛なんて理解できないという八木原に、美々は「今は2次元の相手に本気で恋する時代なんだから」と言い張る。それから5カ月後の10月。美々と「檸檬」とのSNS上だけでのやりとりは、相手を知らないまま順調に続いていた。

 ある日、美々は青林風一(松下洸平さん)から意味深に食事に誘われ、青林が「檸檬」かと疑うも、青林と営業部の我孫子沙織(川栄李奈さん)のあるシーンを目撃し、勘違いだと気づく。そんな中、美々はSNSのあるやりとりをヒントに社内の健康診断のデータの中から該当人物を探す。そして、朝鳴肇(及川光博さん)、岬恒雄(渡辺大さん)、五文字(間宮さん)は美々の特別健康診断を受けることになるが、実はその裏には「檸檬」がした話と一致する相手を探し出すという目的があり……という展開だった。

第3話視聴率8.1% 間宮祥太朗が「檸檬」宣言 波瑠と初デートへ

連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第3話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第3話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系、水曜午後10時)が、10月28日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 第3話では、美々(波瑠さん)は「檸檬(れもん)」の正体が朝鳴(及川光博さん)でもないことを知り、スマホに残る「檸檬」とのメッセージを居酒屋「おと」で振り返っていた。そんな中、店員の栞(福地桃子さん)が「檸檬」は五文字(間宮祥太朗さん)ではないかと言い出し、美々に引かれていると言っていたことを明かす。

 驚く美々の前に、さらに五文字まで現れて「僕が檸檬です」と宣言。美々にSNSをやめてきちんと彼女になってほしいと告白し、美々は半信半疑ながらも五文字を受け入れ、2人は日曜日に初デートに出かける。

 そして後日、美々の家に栞が彼氏の八木原(高橋優斗さん)と五文字を連れてきて、今度はダブルデートをすることに。しかし、その先には美々の恋が裏切られる衝撃的な出来事が待っていて……という展開だった。

第4話視聴率7.5% 「檸檬」の正体は松下洸平だった! 彼女の川栄李奈と破局危機

連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第4話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第4話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系、水曜午後10時)が、11月4日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 第4話は、五文字順太郎(間宮祥太朗さん)と一緒にいる大桜美々(波瑠さん)のもとに「檸檬(れもん)」から連絡が来る。その後のSNSでのやり取りで「檸檬」のエピソードに見覚えのある美々は、正体が五文字ではなく青林風一(松下洸平さん)だと気づき、さらには青林がSNSのことで彼女の我孫子沙織(川栄李奈さん)に責められているところに遭遇してしまう。一方、朝鳴肇(及川光博さん)は元気がない青林を心配し、診察のために富近ゆり(江口のりこさん)のもとへ連れていく。実は青林は、彼女に体だけの付き合いの男性がいたことで悩んでいたのだった。

 そんな中、青林の父親・菊太郎(山崎一さん)が息子の彼女に会うため上京してきたが、既に青林と我孫子の仲は終わっていた……。そして青林は「草モチ」が送ってきた写真が、社内で撮られたものだと察し、相手が美々ではないかと疑問を抱き始める……というストーリーだった。

第5話視聴率8.1%で0.6ポイント増 波瑠が松下洸平を意識し始め… “草モチ”の正体明かすべく奮闘

連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第5話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第5話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系、水曜午後10時)が、11月11日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。前週第4話の7.5%(同)から0.6ポイントアップしている。

 第5話は、「青林(松下洸平さん)だけはイヤだった……はずなのに……」。美々(波瑠さん)は「檸檬(れもん)」が青林だと知ってから意識してしまうようになり、SNSのメッセージで「心の中には檸檬(れもん)さん、あなたがいます」と送信。さらに、自分が「草モチ」であることを青林に分からせようと決意し、八木原(高橋優斗さん)を利用してまで挑もうとするが……。

 そんな中、美々は朝鳴肇の息子の保を、富近ゆり(江口のりこさん)、五文字順太郎(間宮祥太朗さん)たちと美々の家で預かることに。しかし、五文字の代わりに来たのは青林で……というストーリーだった。

第7話視聴率7.3% 波瑠&松下洸平が相思相愛の仲に 濃厚接触も…?

連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第7話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第7話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系、水曜午後10時)第7話が12月2日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 第7話では、何とか相思相愛の仲になった美々と青林。しかし、朝鳴肇(及川光博さん)は、いまだにSNSで話す2人を「現実世界でないと愛は育たない」と心配していた。

 そんな中、出張のため新型ウイルスの検査を受けることになった青林は、「もし検査結果が陰性だったら」「僕と」と途中までの意味深なメッセージを美々に送る。「濃厚接触をしてください、そういうこと?」と美々は混乱。そして、濃厚接触の覚悟をして、出張帰りの青林を自宅に呼ぶが……という展開だった。

第9話視聴率7.8% 波瑠が松下洸平にストレス告白 キャンプで最大の危機も?

連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第9話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第9話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系、水曜午後10時)第9話が12月16日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。前週第8話の6.3%(同)から1.5ポイント回復した。

 第9話では、ここ最近の「無理」にストレスを感じた美々(波瑠さん)は、いろいろ抱え込むのをやめようと決意し、青林(松下洸平さん)に正直に打ち明ける。そして、青林に優しく受け止めてもらい安心する。しかし、青林は美々のストレスを知り動揺していた。実は五文字(間宮祥太朗さん)から「ちゃんと気づいてあげてる?」と注意をされていたのだった。

 そんな中、青林は「双子座流星群を見に行こう」と美々をキャンプに誘う。美々は五文字から、そのシチュエーションはプロポーズが目的ではないかと言われ期待する。だが、その先には2人の関係を揺るがす最大の危機が待っていた……というストーリーだった。

最終話視聴率8.5% すれ違う波瑠&松下洸平 クリスマス前に思いを告白

連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」最終話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」最終話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系、水曜午後10時)最終話が12月23日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 最終話では、すれ違ってしまった大桜美々(波瑠さん)と青林風一(松下洸平さん)。そんな中、美々のリストラ話が浮上し、岬恒雄(渡辺大さん)を中心に反対の署名活動が行われる。一方、富近ゆり(江口のりこさん)は、朝鳴肇(及川光博さん)の息子が「新しいお母さんはいらない」と言っているのを知らされ、朝鳴から別れを告げられる。八木原大輝(高橋優斗さん)は乙牧栞(福地桃子さん)と改めて結婚について話し合う決意をする。

 美々と青林はお互いに分かり合いたいと思いながらも、なかなかうまくいかずにことごとくズレていってしまう。2人はクリスマスまでの間、口では言いにくい時に3回までSNSで会話してもいいと決めたルールに従い、「草モチ」と「檸檬(れもん)」に戻ってお互いへの思いを語り始める……というストーリーだった。

#リモラブ ~普通の恋は邪道~日本テレビ系
2020年10月14日スタート 水曜午後10時