24 JAPAN キャスト

24 JAPANキャスト

唐沢寿明
仲間由紀恵
木村多江
唐沢寿明
桜田ひより
筒井道隆
今井悠貴
森マリア
栗山千明
朝倉あき
佐野史郎
池内博之
村上弘明
片瀬那奈
でんでん
柳美稀
上杉柊平
犬飼貴丈
高橋和也
神尾佑
前川泰之
櫻井淳子
水野久美
内村遥
天野慶久
時任勇気

唐沢寿明、日本版ジャック・バウアーに 「24」リメーク「24 JAPAN」で主演

テレビ朝日開局60周年記念連続ドラマ「24 JAPAN」で主演を務める唐沢寿明さん=テレビ朝日提供
テレビ朝日開局60周年記念連続ドラマ「24 JAPAN」で主演を務める唐沢寿明さん=テレビ朝日提供

 米国連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランドさん)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた米国ドラマ「24-TWENTY FOUR-」の日本版リメークであるテレビ朝日開局60周年記念連続ドラマ「24 JAPAN」の主演を、俳優の唐沢寿明さんが務めることが3月24日、明らかになった。唐沢さんは本作で、オリジナル版のジャック・バウアーにあたる獅堂現馬(しどう・げんば)を演じる。

 オリジナル版の大ファンという唐沢さんは、「『24』は何十回も見ていた作品。当時はジャック・バウアーの同僚トニー・アルメイダが好きで、自分の携帯もCTUの内線電話の着信音にして、友達からの電話には『アルメイダ』と名乗って出ていたんですよ(笑い)」と明かし、「俳優生命を懸けて取り組みます! 日本独自の色も出しながら、視聴者の方々が面白いと思える作品を本気で作りたい」と意気込みを語る。現在は撮影に向けて、護身術を交ぜたハードなトレーニングを行っているという。

 これまで、「白い巨塔」などさまざまな名作のリメーク版で主演を務めてきたが、「今回は僕のキャリア史上、一番賛否両論あるんじゃない?(笑い)。でも、自分より下の世代の子たちが今後、海外作品のリメーク版にもバンバン挑戦できる環境を整えるためにも、先陣を切る役目は僕が買って出ますよ」といい、「とにかく、まずは『24 JAPAN』を見てください。そこでもし『日本人のみんなも頑張っているね』と思っていただけたら、逆に応援してほしいんです。視聴者の皆さんとも一緒に『24 JAPAN』を作りたい――そう考えていますので、意見もどんどん出していただきたいと思います」と、アピールしている。

 唐沢さんが演じる獅堂現馬は、CTU第1支部A班の班長。危険を顧みず任務を遂行する一方、状況によっては踏みとどまることの大切さを熟知しており、仲間思いでもある。私生活ではかつて夫婦間に“ある問題”を抱え、一時は妻と別居しているが、一人娘とは良好な関係を築いている……という設定。

 「24 -TWENTY FOUR-」は、米国の組織CTUの捜査官ジャック・バウアーがテロリストと戦う人気ドラマ。1シーズン(全24話)をかけて24時間の出来事をリアルタイムで描くというスタイルや、スピーディーかつスリリングな展開で人気を集め、世界的にヒットした。日本語吹き替えでは、小山力也さんがジャック・バウアーの声優を務めた。

 オリジナル版のシーズン1では、後にオバマ大統領の就任で現実となった米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領が誕生するまでの24時間を描写。日本版リメークでは、テロのターゲットを女性首相候補に変更し、日本初の女性首相が誕生するまでの24時間を克明に描く。連続ドラマ「24 JAPAN」は、開局60周年記念番組として、同局と20世紀FOXがタッグを組み制作する。2020年10月から全24話を放送。

 ◇唐沢寿明さんのコメント

 「24」は何十回も見ていた作品。当時はジャック・バウアーの同僚で、哀愁漂うトニー・アルメイダが好きで、自分の携帯もCTUの内線電話の着信音にして、友達からの電話には「アルメイダ」と名乗って出ていたんですよ(笑い)。だから、日本版リメークの出演オファーを受けたときは「あの『24』をリメークするんだ! まさか自分が日本版ジャック・バウアーをやるとは……」と、ずいぶん驚きましたね。

 僕は過去にもリメークもので何回か主演を務めてきましたけど、リメーク作品をやると発表されるたびに、いつもさまざまな意見をいただきます。「白い巨塔」のときも「唐沢にできるわけないだろ!」って、最初は言われましたから(笑い)。今回は僕のキャリア史上、一番賛否両論あるんじゃない?(笑い)。でも、批判や意見は何をやっても付いて回るものですから、気にしていても仕方ない。オリジナル版が本当に面白いから、そのファンの方も当然たくさんいる。それだけの思いがあるのも当然のことだと思います。自分自身も本当に大好きな作品だから、思い入れも人一倍あります。

 こんなにも各登場人物が主人公に負けない存在感を出せる作品と巡り合えるチャンスもなかなかありませんし、出演者一丸となって、日本独自の色も出しながら、視聴者の方々が面白いと思える作品を本気で作りたいです。それには、撮影を乗り切るための準備が絶対的に必要。急にアクションシーンが来てもケガをしないよう、通常のトレーニングに加え、護身術を交ぜた結構ハードなトレーニングもして備えています。

 どの作品も毎回そうですけど、今回も俳優生命を懸けて取り組みます! 自分より下の世代の子たちが今後、海外作品のリメーク版にもバンバン挑戦できる環境を整えるためにも、先陣を切る役目は僕が買って出ますよ。とにかく、まずは「24 JAPAN」を見てください。そこでもし「日本人のみんなも頑張ってるね」と思っていただけたら、逆に応援してほしいんです。視聴者の皆さんとも一緒に「24 JAPAN」を作りたい――そう考えていますので、意見もどんどん出していただきたいと思います。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

仲間由紀恵、日本版「24」で女性総理候補役 主演の唐沢寿明に「厚い信頼を寄せながら」

連続ドラマ「24 JAPAN」に出演する仲間由紀恵さん=テレビ朝日提供
連続ドラマ「24 JAPAN」に出演する仲間由紀恵さん=テレビ朝日提供

 女優の仲間由紀恵さんが、唐沢寿明さんが主演を務めるテレビ朝日開局60周年記念連続ドラマ「24 JAPAN」に出演することが5月24日、明らかになった。同作は、米国連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランドさん)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた米国ドラマ「24-TWENTY FOUR-」の日本版リメーク作品。仲間さんは、キーパーソンとなる日本初の女性首相候補・朝倉麗(あさくら・うらら)を演じる。

 麗は慎重かつ聡明で、公表したら命取りとなる裏事情を抱えているが、総理候補として頭一つ抜けた器量が光る人物。女性首相候補という役どころは初挑戦となる仲間さんは、「総理候補ですので、とても賢く、強い信念を持つ女性。そんな女性を演じるのかと思うと、少し尻込みしてしまいますが……頑張ってなりきりたいと思います」と意気込んでいる。

 仲間さんと唐沢さんが共演するのは、今年1月に放送されたスペシャルドラマ「ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女」(テレビ東京系)以来2度目で、連続ドラマでは初共演。前回は、敵対しつつも共に問題を解決していく関係性を演じたが、今回について仲間さんは「唐沢さんに守られる役ですので、厚い信頼を寄せながら(笑い)、共演シーンを楽しみたいと思います」と語っている。

 ◇仲間由紀恵さんのコメント

 オリジナル版「24」は2001年制作ですが、日本放送がいつだったのか……。もう、だいぶ昔ですが、“初めてこんなにドラマにハマった”という作品でした。面白くて見るのをやめられずに、まさに寝ないで見ていたドラマです。「1日の中での話」ということやテロの危険にさらされる、という設定などもどうなるのか、最後までドキドキしながら見ていました。その日本版にお声掛けいただいて、大変光栄です。

 実は、クランクイン前からすごく緊張しています。私が演じる朝倉麗は総理候補ですので、とても賢く、強い信念を持つ女性。そんな女性を演じるのかと思うと、少し尻込みしてしまいますが……頑張ってなりきりたいと思います。

 また今回、唐沢さんとご一緒ということで楽しみにしています。前回ご一緒した作品では、最初は敵対しつつもお互いを理解しながら、一緒に問題を解決していくという感じでしたが、今回は唐沢さんに守られる役ですので、厚い信頼を寄せながら(笑い)、共演シーンを楽しみたいと思います。

 世界中もですが日本もまだまだ、自粛を意識しながら生活を続けていくことになりますが、日本版「24」のフィクションの世界に浸って、スピード感のある唐沢さんの活躍と共にストレスを解消して楽しんでもらえたら、と思います。

木村多江、アクション女優開眼 日本版「24」で唐沢寿明の妻に 娘役は桜田ひより

連続ドラマ「24 JAPAN」に出演する(左から)木村多江さん、唐沢寿明さん、桜田ひよりさん=テレビ朝日提供
連続ドラマ「24 JAPAN」に出演する(左から)木村多江さん、唐沢寿明さん、桜田ひよりさん=テレビ朝日提供

 女優の木村多江さんが、俳優の唐沢寿明さんが主演を務めるテレビ朝日開局60周年記念連続ドラマ「24 JAPAN」に出演することが6月24日、明らかになった。同作は、米国連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランドさん)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた米国ドラマ「24-TWENTY FOUR-」の日本版リメーク作品。木村さんは、唐沢さん扮(ふん)する“日本版ジャック・バウアー”獅堂現馬(しどう・げんば)の妻・六花(りっか)を演じ、同じく唐沢さんと共演し、今年3月にテレビ東京で放送された特別ドラマ「あまんじゃく 元外科医の殺し屋 最後の闘い」に続き、アクションシーンにも挑戦する。

 木村さんは「実は、自分が結構アクション好きだということに気づきまして。今もしっかりとトレーニングして、『いつでもオリジナル版より激しくアクションができるぞ!』という気持ちで頑張っておりますので、“どんと来い!”です(笑い)。まだまだ社会は大変な状況に置かれていますが、私たちは『このドラマを皆さんに届けたい』という思いで一生懸命臨んでおります。ハラハラドキドキできる作品ですので、ぜひ楽しみにしていてください」とコメントしている。

 また、現馬と六花の娘で、誘拐されてしまう獅堂美有(みゆ)を桜田ひよりさん、仲間由紀恵さん扮する日本初の女性首相候補・朝倉麗(あさくら・うらら)の夫・遥平(ようへい)を筒井道隆さん、息子の朝倉夕太を今井悠貴さん、娘・日奈(ひな)を森マリアさんが演じることも発表された。

 主演の唐沢さんは「木村多江さんとはご縁があって、何度も共演しているんです。なので、気心も知れていますし、演技も人柄も信頼できる方です。ひよりちゃんとは以前一度だけ共演しましたが、せりふのやり取りはなかったと思います。でも客観的に見ていて、若いのにお芝居がしっかりしていて、すごく安心だな、と思いました。実を言うと、『24 JAPAN』はオリジナル版を見ている人が多い作品なので、しっかりと演技のできる方々に囲まれて作っていけたらいいな、と思っていました。そういう点でも、安心して撮影に挑むことができますね」と話している。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

片瀬那奈が謎の美女、でんでんが闇の情報屋役で出演 犬飼貴丈、上杉柊平、柳美稀も

10月スタートの連続ドラマ「24 JAPAN」に出演する片瀬那奈さん=テレビ朝日提供
10月スタートの連続ドラマ「24 JAPAN」に出演する片瀬那奈さん=テレビ朝日提供

 米ドラマ「24-TWENTY FOUR-」の日本版リメーク作で、唐沢寿明さんが主演を務めるテレビ朝日開局60周年記念連続ドラマ「24 JAPAN」(10月スタート)に、片瀬那奈さん、でんでんさんが出演することが8月24日、分かった。片瀬さんは、色気と大胆不敵な行動で物語をかき乱す“謎の美女”氷川七々美、でんでんさんは闇の情報屋の上州(じょうしゅう)をそれぞれ演じる。

 柳美稀さん、上杉柊平さん、犬飼貴丈さんの出演も発表された。柳さんは唐沢さん演じる獅堂現馬の誘拐された娘・美有(桜田ひよりさん)の親友・函崎寿々、上杉さんは寿々の夜遊び仲間・長谷部研矢、犬飼さんも同じく夜遊び仲間の鮫島剛を演じる。

 また、裏社会で生きる正体不明の男・神林民三を高橋和也さん、現馬の妻・六花(木村多江さん)と共に美有を捜す、寿々の父・要吾を神尾佑さん、七々美と接触するカメラマン・皆川恒彦を前川泰之さん、ニュースキャスターの山城まどかを櫻井淳子さん、女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵さん)の義母・磯村滋子を水野久美さん、麗の秘書の秋山昇を内村遥さん、麗を警護するSP(セキュリティーポリス)の責任者・金田一忠を天野慶久さん、現馬らの極秘任務に協力するCTU第2支部の暗号解読係・マイロを時任勇気さんがそれぞれ演じる。

 ◇片瀬那奈さんのコメント(以下原文のまま)

 オリジナル版の「24」は日本でも大旋風を起こし、私の周りは全員見ているという状態でした。でも、私は当時ちょっとあまのじゃくで、すごく気になっていたにも関わらず「こんなにはやっているなんて、出遅れた!」と思って、見たことがなかったんです(笑い)。今回、日本版への出演が決まったのを機に見たら、19年前の作品とは思えないほど、色あせない作品で! 海外ドラマの流行の先駆けとなった作品ならではの醍醐味(だいごみ)があるドラマだな、と感じました。こんなに素晴らしいドラマに関われるなんて、非常に光栄で、純粋にうれしかったです!

 実は、日本版のジャック・バウアーは誰だろう……と想像したときに、真っ先に浮かんだのが唐沢寿明さんでした。唐沢さんはどの作品でも役作りが完璧で、本番ギリギリまで楽しいお話をされるような余裕もある方。唐沢さんとご一緒する現場は、楽しさの中に緊張感もあるので、とても刺激的なんです。でも、今回は残念ながら、現場ではお会いできなさそうで……。もっと近くで唐沢さんを見たかったです!

 私が演じる七々美は物語の冒頭から“すごいことをやってのける人”なので、芝居でもなかなかできないような貴重な経験がいっぱいできますし、ワクワクしています。演じているときは「見てろよ!」という気持ちで、とにかく唐沢さんがキーッとなるような芝居を心がけています(笑い)。「これはもう、一生のうちに二度とできない役かもしれない!」とかみ締めながら、日々演じています。

 ◇でんでんさんのコメント
 
 オファーを受けたときは、世界的な人気シリーズの日本版に参加できて、うれしいなと思いました。ただ、情報屋の役ということで、自分の周りにモデルがいないんですよ。それで、困ったなと。相手のことは知ってるんだけど、自分のことは誰も知らない“謎の人間”を演じるにはどうしたらいいのかなと考えながら、ぼちぼち演じています。あまりしゃべると、謎じゃなくなるので、役の話はこのへんで(笑い)。とにかく今回は(新型コロナウイルスの影響で)実際の撮影に入るまでにけいこする時間がたくさんあったので、今まで出た作品の中で回数的にはベスト3に入るくらい、一人で歩きながらけいこしました。おかげでせりふが自分の体の中に染み込んでいるので、演じていても楽しいですね。

 唐沢寿明さんとは以前、他局のドラマでご一緒したことがあるんですよ。そのときにいい人だなあと思いましてね。「24 JAPAN」の主人公を唐沢さんが演じると聞いて「よく見つけたな!」と。人が良くて、正義感があり、家族思いで……。もうピッタリだと思いましたね! どうやって決めたのか気になりました。

 今回は仲間由紀恵さんとの絡みが多いんですけど、彼女と久々に再共演して「迫力がある女性だなあ」と、以前は感じたことのなかった第一印象を持ちました。今までにない女性の迫力でしたね! 体全体からグッと出る圧みたいなものを感じて、「すごいなぁ。素晴らしい女性だなぁ!」と思いました。今後の撮影も楽しみです。

 ◇上杉柊平さんのコメント

 「24 JAPAN」への出演が決まってから、オリジナル版の「24」を全部見ました。それ以前も深夜の再放送などをポイントでは見ていましたし、“海外ドラマの流行の先駆け的作品”という印象が強かったので、日本版が制作されると聞いたときはビックリしました。なにせオリジナルの「24」は銃社会がベースになっているし、描かれている家族の関係にしても、すごくアメリカ的なドラマだなという印象だったので「日本版はどんな感じになるんだろう!?」と、とても興味が湧きました。

 僕たちが出演するシーンは、第1話から急展開して、その後ずっと緊迫感が続いていきます。でも、舞台裏ではみんな和気あいあいとしていて、ほかの3人が僕だけしてないゲームの話をして、勧めてくれたりしています(笑い)。撮影現場はすごく楽しいです。

 ◇犬飼貴丈さんのコメント

 小学生の頃にずっと、母親と一緒にオリジナル版の「24」にハマって、全シリーズを見ていたんです。「24」は誰もが知っているドラマですし、自分も日本版に出演できると聞いたときは、真っ先に「日本でやるんだ!」って驚きました。しかもそのとき、僕は勝手にCTUのメンバーを演じるつもりになっていたんですよ。それで「おっ、誰だ?」とワクワクしながら話を聞いたら、CTUのメンバーじゃなくて「アイツじゃん(笑い)」と。でも、うれしかったですね!

 実はクランクインの日からいきなり、柳美稀さん演じる寿々とのベッドシーンの撮影だったんです。気まずかったですね(笑い)。僕らのシーンは全編を通して、シリアスな雰囲気が続くので、演じているときはヘビーなんです。でも、撮影の合間はみんなとっても明るい! おかげで何とか心のバランスを保ちながら、撮影に臨めています。

 ◇柳美稀さんのコメント

 オリジナル版の「24」はもちろん見たことがありました。私が見ていたのは要所要所で、フルで見たことはなかったんですけど、そんな中でも「CTUがカッコいいな!」と思っていました。なので、今回の日本版でもCTUのセットの中でお芝居をしたかったんですけど、私が演じる寿々のストーリーは全然違う場所で進んでいくのでかなわず……。今度セットだけ見学しに行こうと思います(笑い)。

 私たちのシーンには銃を構えたりするような「24」感はないんですけど、別の緊張感があるんです。特に、寿々は「ホントやめてほしい!」と思うくらい(笑い)、ずっと追い詰められるんですよ。しかも、撮影初日から犬飼さんとベッドシーンを撮影することになって! ベッドシーンに挑戦するのは初めてだったので、ちょっと照れました。でも、撮影の合間はみんなでゲームの話で盛り上がるなど、とても仲がよくて楽しいです!

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

犬飼貴丈、“戦隊ヒロイン”柳美稀と「24 JAPAN」でラブシーン “エボルト”前川泰之も出演

10月スタートの連続ドラマ「24 JAPAN」に出演する犬飼貴丈さん(左)と柳美稀さん=テレビ朝日提供
10月スタートの連続ドラマ「24 JAPAN」に出演する犬飼貴丈さん(左)と柳美稀さん=テレビ朝日提供

 特撮ドラマ「仮面ライダービルド」などで知られる俳優の犬飼貴丈さんが、唐沢寿明さん主演で10月から放送される連続ドラマ「24 JAPAN」(テレビ朝日系)に出演することが分かった。スーパー戦隊シリーズ「動物戦隊ジュウオウジャー」で“荒海の王者”のセラ(ジュウオウシャーク)を演じた柳美稀さんとラブシーンに挑戦する。

 柳さんは現馬の誘拐された娘・美有(桜田ひよりさん)の親友・函崎寿々(すず)、犬飼さんは寿々の夜遊び仲間の鮫島剛を演じる。

 犬飼さんは、柳さんとのラブシーンについて「実はクランクインの日からいきなり、柳美稀さん演じる寿々とのベッドシーンの撮影だったんです。気まずかったですね(笑い)」と振り返り、「僕らのシーンは全編を通して、シリアスな雰囲気が続くので、演じているときはヘビーなんです。でも、撮影の合間はみんなとっても明るい! おかげで何とか心のバランスを保ちながら、撮影に臨めています」と語っている。

 柳さんは、夜遊び仲間とのシーンについて「私たちのシーンには銃を構えたりするような『24』感はないんですけど、別の緊張感があるんです。特に、寿々は『ホントやめてほしい!』と思うくらい(笑い)、ずっと追い詰められるんですよ」と説明し、犬飼さんとのラブシーンには「撮影初日から犬飼さんとベッドシーンを撮影することになって! ベッドシーンに挑戦するのは初めてだったので、ちょっと照れました。でも、撮影の合間はみんなでゲームの話で盛り上がるなど、とても仲が良くて楽しいです!」とコメントしている。

 犬飼さん、柳さんのほか、「仮面ライダービルド」で、エボルトという地球外生命体に体を乗っ取られた石動惣一を演じた前川泰之さんの出演も発表。さらに、片瀬那奈さん、でんでんさん、高橋和也さん、上杉柊平さん、神尾佑さん、水野久美さん、櫻井淳子さん、内村遥さん、天野慶久さん、時任勇気さんも出演する。

 「24 JAPAN」は、10月9日から毎週金曜午後11時15分に放送(一部地域を除く)。同作で描かれるストーリーの“過去の出来事”が加わった“配信スペシャル版”が「ABEMA」と「TELASA」で配信される。