24 JAPAN 視聴率

唐沢寿明主演の米人気ドラマリメーク作 初回視聴率は7.7%で同時間帯トップ “謎の女”片瀬那奈が旅客機爆破

連続ドラマ「24 JAPAN」第1話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「24 JAPAN」第1話の一場面=テレビ朝日提供

 米人気ドラマ「24-TWENTY FOUR-」を、唐沢寿明さん主演で日本向けにリメークした連続ドラマ「24 JAPAN」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)の第1話が10月9日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。同時間帯トップの数字をマークした。

 第1話では、日本初の女性総理誕生への期待が高まる総選挙当日の深夜0時、獅堂宅から娘の美有(桜田ひよりさん)がいなくなったことが発覚する。心配した現馬は美有を捜そうとするが、その矢先にCTU東京本部長・郷中兵輔(村上弘明さん)から緊急招集がかかり、「24時間以内に総理候補・朝倉麗を暗殺する計画がある」との情報が入ったという。

 一刻を争う状況の中、暗殺計画を阻止すべく、麗の側近とテロリストの接点を洗い出そうとするCTUの面々。しかし、獅堂は郷中から「CTUの中に“暗殺計画に関わる内通者”がいる」と告げられ、単独調査を開始する。そんな中、上空を飛ぶ旅客機の中で謎の女・氷川七々美(片瀬那奈さん)が、数時間後には麗を取材する予定だったカメラマン・皆川恒彦(前川泰之さん)の財布からIDパスを窃盗。直後に旅客機を爆破し、パラシュートで脱出する。