七人の秘書 視聴率

初回視聴率13.8%で2桁好発進 木村文乃主演×中園ミホ脚本の“痛快秘書ドラマ”

連続ドラマ「七人の秘書」第1話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「七人の秘書」第1話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の木村文乃さん主演の連続ドラマ「七人の秘書」(テレビ朝日系、毎週木曜午後9時)の第1話が10月22日に放送され、平均視聴率(世帯)は13.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。2桁に乗せ、好発進した。

 「七人の秘書」は、表では東都銀行常務秘書として働くが、裏では副業として「人助け」を請け負う望月千代(木村さん)ら“影の軍団”が金や権力にまみれた非情な支配者たちを一掃し、理不尽だらけの日本社会を変えていく姿を描く。

 他の“影の軍団”のメンバーは広瀬アリスさん、菜々緒さん、シム・ウンギョンさん、大島優子さん、室井滋さん、江口洋介さんがそれぞれ演じる。「ドクターX~外科医・大門未知子~」(同)、「ハケンの品格」(日本テレビ系)などで知られる中園ミホさんの脚本。

 第1話は、東都銀行の頭取が死去し、騒然となる中、千代田支店長の守谷正(山崎樹範さん)は、常務の安田英司(藤本隆宏さん)のために行っていた決算書の改ざん、不正融資が税務調査で目を付けられ、安田に窮状を訴えていた。だが、頭取昇格を目指す安田は耳を貸さず、証拠隠滅を強要。苦悩した守谷は衝動的に自殺を図る。

 守谷の自殺を間一髪で阻止した千代は、守谷をラーメン店「萬」に連れて行く。守谷は「自分が罪をかぶって消えるしかない」と語り始めたが、その後ろにはいつの間にかラーメンを食べながら話を聞いている“影の軍団”の姿があった。「そんなヤツは懲らしめてやりましょう!」と宣言し、状況が飲み込めない守谷にラーメンをおごって立ち去る秘書たち。悪を懲らしめるべく、秘書たちが動く……という展開だった。

第2話視聴率13.7%で好調維持 広瀬アリスを救うべく影の軍団が“女帝”を成敗!

連続ドラマ「七人の秘書」第2話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「七人の秘書」第2話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の木村文乃さん主演の連続ドラマ「七人の秘書」(テレビ朝日系、毎週木曜午後9時)の第2話が10月29日に放送され、平均視聴率(世帯)は13.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。前週第1話の13.8%(同)に続き2桁台を記録。好調を維持した。

 第2話は、東都銀行の秘書室長に昇進した鈴木二葉(杉田かおるさん)は好き嫌いで部下を選別して容赦なく切り捨てるなど、女帝のように秘書室に君臨していた。権力を振りかざし、やりたい放題の二葉は、仕事のミスも多くおっとりした秘書の照井七菜(広瀬アリスさん)が、新頭取・霧島和夫(小林隆さん)に目を掛けられていることを知り、嫉妬と憎悪にかられ、嫌がらせを始める。

 七菜は、名前や画像と共に前頭取、新頭取の愛人だとSNSに書き込まれ、仕事を干されて落ち込む。さらに、七菜に手伝いを頼んだ千代も嫌がらせの的となる。ついに七菜はストレスで体調を崩してしまう。やつれた七菜を見た千代ら“影の軍団”は、華麗な仕返しで二葉を懲らしめるべく動き出す……という展開だった。

第3話視聴率13.4%で好調続く! “影の軍団”が松本若菜、救出

連続ドラマ「七人の秘書」第3話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「七人の秘書」第3話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の木村文乃さん主演の連続ドラマ「七人の秘書」(テレビ朝日系、毎週木曜午後9時)の第3話が11月5日に放送され、平均視聴率(世帯)は13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。第1話13.8%、第2話13.7%に続き、好数字をマーク。好調を維持している。

 第3話では、“影の軍団”の一員で、慶西大学病院の病院長秘書のパク・サラン(シム・ウンギョンさん)は、内科医・三好麻里(松本若菜さん)が、患者から現金入りの菓子折りを受け取ったと疑われ、謹慎処分になったと知る。「全く身に覚えがない……」と落ち込む麻里。サランは、患者の信頼も厚く次期内科部長候補に挙げられるほど優秀な麻里が出世争いに巻き込まれ、はめられたと断言する。しかし、菓子折りは、病院長の西尾忠彦(大和田伸也さん)の指示でサランが発注したものだった。

 西尾が息子の直哉(忍成修吾さん)を内科部長にするために麻里を失脚させようとしたのではと考えた千代ら“影の軍団”は、西尾を追い込むネタを仕入れるため作戦を開始。そんな中、息子の出世に加え、自身も医師会会長の座を狙う西尾は、財務大臣の粟田口十三(岸部一徳さん)と密会していて…と展開した。

第5話視聴率15.2% 番組最高さらに更新

連続ドラマ「七人の秘書」第5話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「七人の秘書」第5話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の木村文乃さん主演の連続ドラマ「七人の秘書」(テレビ朝日系、毎週木曜午後9時)の第5話が11月19日に放送され、平均視聴率(世帯)は15.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前週第4話の14.8%(同)を上回り、番組最高をさらに更新した。

 第5話では、大島さん演じる東京都知事秘書・風間三和の過去が明らかになったほか、権力にものを言わせて人を利用し切り捨てる“黒幕”財務大臣の粟田口十三(岸部一徳さん)が突然「ラーメン萬」に現れ、萬敬太郎(江口洋介さん)ら“影の軍団”と対峙(たいじ)した。

 また、同作の二つの主題歌「Who I Am」「The Hardest」を歌うシンガー・ソングライターのmilet(ミレイ)さんがゲスト出演。三和が出会うストリートミュージシャン役で登場し、キーボードで「The Hardest」の弾き語りを披露した。

第6話視聴率14.6%で好調キープ “日本一のゴッドハンド”リリー・フランキー登場

連続ドラマ「七人の秘書」第6話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「七人の秘書」第6話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の木村文乃さん主演の連続ドラマ「七人の秘書」(テレビ朝日系、毎週木曜午後9時)の第6話が11月26日に放送され、平均視聴率(世帯)は14.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前週第5話でマークした番組最高15.2%(同)には及ばなかったものの、好調をキープした。

 第6話は、“影の軍団”メンバーのパク・サラン(シム・ウンギョンさん)の父で、“日本一のゴッドハンド”と名高い心臓外科教授・白鳥六郎(リリー・フランキーさん)が登場。六郎は、財務大臣・粟田口十三(岸部一徳さん)から大金を積まれ、東京都知事の南勝子(萬田久子さん)の手術の失敗を依頼されるが、拒否する。

 それを裏で聞いていたサランは、父の正義の心に触れ、長年の疑念が解消。2人の“和解”が描かれた。しかし、粟田口が、サランら“影の軍団”が自身のたくらみを妨害していることに気づく場面も描かれ、最後は「私の秘書になりませんか?」とサランに持ちかけるといった急転直下のシーンで終わった。