連続ドラマW 夜がどれほど暗くても ニュース

<完成報告会>上川隆也、初共演の加藤シゲアキの落ち着きぶりを絶賛 「凪みたい」

「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」の完成報告会に登場した(左から)岡田結実さん、上川隆也さん、加藤シゲアキさん
「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」の完成報告会に登場した(左から)岡田結実さん、上川隆也さん、加藤シゲアキさん

 俳優の上川隆也さんが11月13日、東京都内で行われた、WOWOWで22日から放送されるドラマ「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」の完成報告会に、共演の「NEWS」の加藤シゲアキさん、岡田結実さんと登場。上川さんは、今作が初共演という加藤さんについて「非常に理路整然とした思考のもとに役を構築されているのが、ありありと分かる。何の不安もなくご一緒できました」と絶賛。撮影以外の時間のたたずまいについても「凪(なぎ)みたいなたたずまい。どこも荒れていない」と説明し、「その落ち着き具合も含めて、安心感のある共演者、と感じることができました」と共演の感想を語っていた。

 加藤さんは、上川さんに落ち着き具合を称賛されると「たぶん存在感がないんですよ」と照れ笑い。上川さんとの共演については「大先輩の撮影に臨む姿勢は、大変勉強になりました。事前に資料をもらうんですけど、すごく読み込まれて現場に立っていらっしゃったり。自分の場面に関わるところじゃなくても、スタッフと話し合ったり、同じ共演者に提案したりされていて、すごく作品にかける思いを感じました」と語った。

 今作で、息子がストーカー殺人事件を引き起こしてしまう主人公の志賀倫成役を演じる上川さんは、岡田さん演じる被害者遺族の少女・星野奈々美に怒りの矛先を向けられる役どころといい、「日頃ほがらかな岡田さんのたたずまいは影を潜めていた」と説明。さらに「怖いぐらいでした、鬼気迫った感情のほとばしりというのは。それを感じれば感じるほど感心するんですよね、役者としては。『すごいなあ』と……。密度の高いシーンを作ってくださったと思います」と感嘆。それを聞いて岡田さんは照れつつ、「ありがたいですね……」と笑顔を浮かべていた。

 ドラマは、中山七里さんの同名小説(角川春樹事務所)が原作。上川さん演じる主人公の志賀は、順風満帆なジャーナリスト人生を歩む有名週刊誌の副編集長。ある日、大学生の一人息子がストーカー殺人事件を起こし、自ら命を絶つ。スクープを追う側だった志賀は、一転して、容疑者家族として追われ、世間からバッシングを受ける日々を過ごす。別の雑誌へと左遷され、妻との関係もうまくいかなくなった志賀は、ある少女との出会いをきっかけに、事件の真相に迫っていく……という内容。加藤さんは「週刊時流」編集部の若手記者・井波渉を演じている。

 「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」は11月22日から毎週日曜午後10時にWOWOWプライムで放送。全4話。第1話は無料放送。

葉山奨之、「ふぉ~ゆ~」辰巳雄大、高嶋政伸、原田泰造ら出演

11月22日スタートの連続ドラマ「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」に出演する(上段左から)霧島れいかさん、高橋克実さん、原田泰造さん、鈴木浩介さん、(下段左から)「ふぉ~ゆ~」の辰巳雄大さん、高嶋政伸さん、羽田美智子さん、葉山奨之さん=WOWOW提供
11月22日スタートの連続ドラマ「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」に出演する(上段左から)霧島れいかさん、高橋克実さん、原田泰造さん、鈴木浩介さん、(下段左から)「ふぉ~ゆ~」の辰巳雄大さん、高嶋政伸さん、羽田美智子さん、葉山奨之さん=WOWOW提供

 俳優の上川隆也さん主演で11月22日からWOWOWで放送される連続ドラマ「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」に、鈴木浩介さん、霧島れいかさん、葉山奨之さん、人気グループ「ふぉ~ゆ~」の辰巳雄大さん、高橋克実さん、高嶋政伸さん、羽田美智子さん、原田泰造さんが出演することが10月2日、分かった。

 葉山さんは、主人公・志賀倫成(しが・みちなり、上川さん)の息子でストーカー殺人事件を起こす健輔、羽田さんは志賀の妻の鞠子、高橋さんは志賀の上司で「週刊時流」編集長の鳥飼成人、鈴木さんは志賀が異動する先の「月刊時流」編集長の楢崎樹、高嶋さんは、健輔の犯行に疑念を持ち慎重に捜査を進める捜査一課の宮藤賢次、原田さんは事件の真相に迫る捜査一課の長澤一樹、霧島さんは事件の被害者となる大学講師の星野希久子、辰巳さんは警視庁捜査一課の三田拓也を演じる。

岡田結実、被害者遺族の少女役 本格サスペンスで新境地

「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」に出演する岡田結実さん=WOWOW提供
「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」に出演する岡田結実さん=WOWOW提供

 タレントで女優の岡田結実さんが、俳優の上川隆也さん主演で11月22日からWOWOWで放送される連続ドラマ「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」に出演することが9月25日、分かった。岡田さんがWOWOWの連続ドラマWに出演するのは今回が初。被害者遺族の少女・星野奈々美を演じ、本格サスペンスで新境地に挑む。

 岡田さんが演じる奈々美は、主人公・志賀倫成(上川さん)の息子が引き起こしたストーカー殺人事件によって両親を奪われた女子高生。容疑者が死亡すると、その父親である志賀に恨みを募らせるようになる。しかし、彼女の存在が志賀の運命を変えることになるという役どころだ。

 オファーを受けた際の気持ちについて「今までの私の少ない役者経験の中では、明るい役や楽しい役を演じることが多かったので、その中で星野奈々美を演じるということは私にとってはある意味チャレンジです。お話をいただいた時は、興奮と同時に不安がありました」といい、「本を読んだ時の衝動的な感情、そしてドラマに携わるスタッフさんの思い、周りの役者さん方のエネルギーを存分に蓄えて、私なりの星野奈々美との重なりを表現できるようになりたいという気持ちで、今はいっぱいです」と意気込んでいる。

 ◇岡田結実さんのコメント

 ーー今作のオファーを受けた際のお気持ちについて。

 WOWOWのドラマに出演させていただくのも初めてですし、今までの私の少ない役者経験の中では、明るい役や楽しい役を演じることが多かったので、その中で星野奈々美を演じるということは私にとってはある意味チャレンジです。お話をいただいた時は、興奮と同時に不安がありました。未だに私でいいのかな、なんて思ったりする日もあります。

 そして私が初めて連続ドラマに出させていただいた時も中山七里先生のお話でしたので、あの時の想いをリベンジできるように努めたいです。本を読んだ時の衝動的な感情、そしてドラマに携わるスタッフさんの思い、周りの役者さん方のエネルギーを存分に蓄えて、私なりの星野奈々美との重なりを表現できるようになりたいという気持ちで、今はいっぱいです。

 ーー脚本を読んでの印象や、今回演じられる役・星野奈々美の印象について。

 「夜がどれほど暗くても」というタイトルにあるように、この作品を読んでいて登場人物は皆、暗闇の中を走っていると感じました。光が何処にあるかはわからない、だけど、ただただひたすらに自分の信じるものを信じ走り続けている姿。その先に光がなくても信じるものを信じ続ける力。その姿に、私も一緒に走れるんだと思ったらうれしく感じました。

 世間でも問題視されているSNSや報道のあり方。振り回す側だった本人が、振り回される側に回った時にどうあろうとするのか。今この現代に強いメッセージ性をもたらしてくれるんじゃないかと思いました。そしてその中で奈々美には、たくさんのものの中で振り回されながらも、絶対に曲げない力を感じます。脚本を読んでいて私は、どんどん変わっていく奈々美に勇気づけられました。私の演じる奈々美も、少しでも誰かの希望の星になれるように演じようと思いました。

 ーー視聴者の皆様へのメッセージ

 中山七里先生の優しくも力強く切り込んでいくこの熱い作品、登場人物が皆何かを信じて走り続けている姿に、私は心を打たれた1人です。SNSや報道のあり方が考えられているこの現代に斬り込んでいく作品だと思うので、ご覧になった方が1人でも何か感じるものがあったらうれしいです。夜がどれほど暗くても。その暗闇の先までをご覧いただきたいです。

上川隆也、WOWOW連ドラ「夜がどれほど暗くても」主演 “追われる”週刊誌記者役「どのように相対するか楽しみ」

11月からWOWOWで放送される「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」で主演を務める上川隆也さん=WOWOW提供
11月からWOWOWで放送される「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」で主演を務める上川隆也さん=WOWOW提供

 俳優の上川隆也さんが、11月からWOWOWで放送される連続ドラマ「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」に主演することが8月25日、分かった。ドラマは、中山七里さんの同名小説(角川春樹事務所)が原作で、上川さんは容疑者家族となってしまう有名週刊誌の記者を演じる。上川さんが同局のドラマで主演を務めるのは、2018年放送の「連続ドラマW 真犯人」以来、約2年ぶり。中山さんの小説を実写化した作品に出演するのは、2017年放送のドラマ「テミスの剣」(テレビ東京系)以来、約3年ぶりとなる。

 上川さん演じる主人公の志賀倫成(しが・みちなり)は、順風満帆なジャーナリスト人生を歩む有名週刊誌の副編集長。ある日、大学生の一人息子がストーカー殺人事件を起こし、自ら命を絶つ。スクープを追う側だった志賀は、一転して、容疑者家族として追われ、世間からバッシングを受ける日々を過ごす。別の雑誌へと左遷され、妻との関係もうまくいかなくなった志賀は、ある少女との出会いをきっかけに、事件の真相に迫っていく……。

 ドラマの脚本は、映画「デスノート」「デスノート the Last name」、映画「スマホを落としただけなのに」シリーズなどの大石哲也さんが担当。監督は「相棒」(テレビ朝日系)シリーズ 、「執事 西園寺の名推理」(テレビ東京系)シリーズ、映画「探偵はBARにいる」シリーズなどの橋本一さんと、「ドラマWスペシャル 人質の朗読会」、スペシャルドラマ「愛を乞うひと」(読売テレビ・日本テレビ)などの谷口正晃さんが務める。

 「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」は11月から毎週日曜午後10時にWOWOWプライムで放送。全4話。第1話は無料放送。

 ◇原作の中山七里さんのコメント

 今年の3月に親本が刊行されたばかりだったので、ドラマ化の話をいただいた時には早いなあという驚きがありました。私の原作の映像化では最短記録です。意図的にタブーとされるテーマを選び映像化はされにくいと思っていたのでなおさらでした。あまりに突然だったので当初は少し不安でもあったのですが、主演が上川隆也さんと聞いた瞬間、「ああ、もう原作者が口を差し挟む余地は何もないな」と安心しました。上川さんは以前、他局制作のドラマ「テミスの剣」でも主演を務めていただき、全幅の信頼を置いていましたから。本作のテーマの一つは「全てを失くした者の再生」なのですが、上川さんなら見事に表現していただけるものと信じています。

WOWOW提供
WOWOW提供

連続ドラマW 夜がどれほど暗くてもWOWOWプライム
2020年11月22日スタート 毎週日曜午後10時放送。全4話。第1話は無料放送。