相棒season19 ニュース

<ドラマ紹介>「相棒season19」 ドラマ誕生20周年突入 水谷豊×反町隆史がVR世界へ

連続ドラマ「相棒season19」初回の場面写真 =テレビ朝日提供
連続ドラマ「相棒season19」初回の場面写真 =テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の新シーズン「相棒season19」(水曜午後9時放送)が、10月14日スタートする。ドラマ誕生20周年という大きな節目の年を迎えた今シーズン、俳優の水谷豊さん演じる杉下右京と、反町隆史さん演じる冠城亘(かぶらぎ・わたる)のコンビは6シーズン目に突入。第1話は、特命係の右京(水谷さん)と亘(反町さん)がVR(仮想現実)の世界へ足を踏み入れる。

 「相棒」は、警視庁の窓際部署「特命係」のキャリア警部の右京がその天才的頭脳で推理し、相棒と共に難事件を解決するドラマ。

 新シーズンには警察庁長官官房付の甲斐峯秋(石坂浩二さん)、警視庁副総監・衣笠藤治(杉本哲太さん)、警視庁広報課長・社美彌子(仲間由紀恵さん)などの上層部や、捜査1課の“両エース”こと、伊丹憲一(川原和久さん)と芹沢慶二(山中崇史さん)、組織犯罪対策5課・角田六郎課長(山西惇さん)、サイバーセキュリティ対策本部の青木年男(浅利陽介さん)らレギュラーメンバーも登場する。また前シーズンの最終話で登場した、森口瑤子さん演じる美人おかみの小出茉梨が、新レギュラーとして登場する。

 初回のタイトルは「プレゼンス」で、輿水泰弘さんが脚本、橋本一さんが監督を務める。石丸幹二さんが特命係の前に立ちはだかるIT長者役でゲスト出演する。

 特命係が、警視庁交通機動隊員(白バイ警官)・出雲麗音(篠原ゆき子さん)が銃撃された事件を捜査。その矢先、「俺が白バイ警官を撃った」とうそぶいていた万津幸矢(櫻井圭佑さん)という男性が、ビルから転落し、死亡する。麗音の事件との関連性を調べると、幸矢が「ネオ・ジパング」という“仮想国家”と関わりを持っていたことが分かる。「ネオ・ジパング」はIT長者・加西周明(石丸さん)が“建国”したもので、特命係と対峙(たいじ)していく……という展開。

 「相棒season19 初回拡大スペシャル『プレゼンス』」は10月14日午後9時~10時24分放送。

「相棒」20周年で水谷豊&反町隆史に聞く「これまでとこれから」 時代を切り取るスタンスと“年輪”

ドラマ「相棒」に出演する水谷豊さんと反町隆史さん
ドラマ「相棒」に出演する水谷豊さんと反町隆史さん

 今年20周年を迎えた人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系、水曜午後9時)の新シリーズ「相棒season19」が10月から放送される。おなじみのキャストに加え、美人おかみの小出茉梨を演じる森口瑤子さんが新レギュラーとして出演し、新たな「相棒」ワールドが描かれる。杉下右京役の・水谷豊さんと冠城亘(かぶらぎ・わたる)役の俳優・反町隆史さんが新シーズンや今後について語った。

 ◇20周年イヤーはVR世界から 裃にタキシードも!?

 記念すべき20周年イヤーを彩る新シリーズの初回スペシャル「プレゼンス」では、特命係の右京と亘が、白バイ警官・出雲麗音(篠原ゆき子さん)が銃撃される事件の真相を追うべく、仮想現実(VR)の世界を捜査する。

 VR未体験だったという水谷さんは「楽しかったですね。僕はあまり詳しくなかったんですけど、やってみるとなかなか楽しかったです。(作中では)事件が起きるので、実際は楽しんでいられないんですけどね。とても新鮮な世界でした。今の時代を切り取っていて『相棒』らしいです」と話す。

 4代目相棒を演じる反町さんは「割と今回は『シチュエーションで見せて展開が……』というより、芝居をどっぷり見せる印象が強いです。相手との重厚な芝居をメインにしています」と解説。また、バーチャルな自由世界という設定を生かし、右京と亘は裃(かみしも)やタキシードを着たといい、「いつもスーツで着慣れているので、新しい感じがしました。そのあたりもぜひ楽しんでほしいです」とアピールした。

 「相棒」でタッグを組んで6シーズン目になる右京と亘。亘は、初登場した「season14」では法務省のキャリア官僚にして警視庁へ出向した身で、右京との距離を感じさせた。水谷さんは「最初は体験で来ているようなもので、“お客さん”でしたから。正式に特命係に入ってから、一気に関係が変わってきましたね。だんだんお互いのことがわかってきましたね」と振り返る。

 一方、反町さんは「『相棒』の撮影は、一年に7カ月あります。7カ月×6年で42カ月。この42カ月の中で、当たり前ですけど家族より長い時間一緒にいる」と笑う。「2014年の1シーズン目はいわば“お客さん”“アウェー感”がありました。2年目で“アウェー感”が外れ、3年目でやっと『相棒』っぽくなってきました。芝居を一緒にやらせていただいてすごいと思うのは、台本で気持ち的、場面的に『これ、ちょっとつじつま合わないな……』というとき、芝居として組み立てていくと違和感やウソっぽい間がある。でも水谷さんは、それをいとも簡単に成立させて、現実的な空間にしてしまう。水谷さんのキャリアはもちろん、20年やっている『相棒』の深い“年輪”を感じます」

 水谷さんは「現代社会を切り取り、今起きている事件、今起こりそうな事件を扱うのが『相棒』。まさに今を生きているようなところがある。続けるかぎりは、今をずっと生きていくだろうなと思っています」と話し、「悪いことをする側の役がいつも面白い。今回も面白かったです。右京を演じていなかったら、僕も『相棒』で悪役やってみたいですね」とほほ笑んだ。

 ◇“現相棒”反町隆史のやってみたいこと

 2020年、新型コロナウイルスの影響で、芸能界はドラマや映画の撮影が一時ストップした。水谷さんも「時代劇(の撮影)を終えて3月末に京都から帰ってきて、それから2カ月半、家から出なかったです。(役者として)『これからどういうことに向かっていったらいいんだろう』といろんなことを考える時間が十分にありました。そういう意味では大変だったけど有意義でした」と話す。反町さんも「家族でずっと一緒にいました。一緒に遊んだり映画を見たり、普段できないことをやりましたね。『相棒』に入ってしまうと、どうしても7カ月、(時間が)ズレたりするので、そのあたりはすごく良かったです」と振り返った。

 今年の「相棒」の撮影に関して、水谷さんは「今、全キャスト・スタッフが毎日検温など感染・拡大予防対策を万全に行ったうえで撮影をしています。(撮影開始時に)皆が陰性だと分かって撮影に入ったのですが、いざ芝居が始まると、全部忘れるんです。いつもと同じ。『相棒』ワールドに没頭しています。違うのは、(撮影が)終わるとスタッフがフェースガードを持って駆け寄ってくること(笑い)。違いはそれだけです」と明かした。

 本作でやってみたいことを問うと、反町さんは「『相棒』は(右京のパートナーが)何代もいらっしゃる。一度、全員と絡めたものを一つの作品でやってほしい気持ちはあります。2代目の相棒を演じた及川光博さん(神戸尊役)とか、それぞれキャラクターがありますからね。その中にいる杉下右京、水谷豊さんをちょっと見てみたいです」と願望をのぞかせた。

 ◇杉下右京役「死ぬ前にはやめたいね(笑い)」

 現在、水谷さんは68歳。20年以上同じ役を演じる主演俳優は、「男はつらいよ」シリーズで“寅さん”こと車寅次郎を約27年間(ドラマ含む)演じた故・渥美清さん、「釣りバカ日誌」シリーズで“浜ちゃん”こと浜崎伝助を約21年間演じた西田敏行さんなど指折り数える程度。右京を20年演じる水谷さんも、常人の想像の域を超えた存在だ。

 「渥美さんは27年ですか。映画の場合は一年に1、2本撮影。これを20年以上続けるのもすごいですね。僕が毎年(『相棒』に)7カ月関わって20年続けたのは、客観的に考えると……正直、20年やった実感がないです。大変だったとかそういう感覚もありません。でも客観的に見ると、両方大変ですね」

 プライベートで右京と自身の人格を混同することは「ない」と断言するも、「町を歩いているときに『あ、右京さん!』と声かけられると、自然にちょっと右京入れちゃいますね(笑い)。あまり期待を裏切ったらいけませんから」とおちゃめな一面を明かした。

 視聴者から求められるなら、死ぬまで右京を演じる覚悟なのか。「死ぬ前にはやめたいね(笑い)。(この状況は)とても不思議ですよね。自分がいくら望んでも、そうそうできることではないですし。ただ無理に考えなくても、そういうときはいつかちゃんと自然に来ると思いながらやっています。いつまで、というのはまったく決めていないです」と自然体を強調。水谷さんと反町さんの良き「相棒」は、今年もまた事件解決にひた走る。(取材・文・撮影:桜井恒ニ)

 ※スタイリスト:斎藤真喜子(水谷豊担当) 二村毅(hannah)(反町隆史担当) ヘアメーク:WEST FURIE 浅見順子

水谷豊&反町隆史が「特命係」セットから配信 「相棒」20周年イヤーの企画が続々

人気刑事ドラマ「相棒season19」のビジュアル=テレビ朝日提供
人気刑事ドラマ「相棒season19」のビジュアル=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の20周年となる新シーズン「相棒season19」(水曜午後9時)の初回放送(10月14日)に先駆け、10月12日から「『相棒』20周年特別配信」と題し、杉下右京役の水谷豊さんと冠城亘役の反町隆史さんが出演するスペシャル映像が配信されることが10月7日、分かった。「相棒」公式アカウント(LINE、Twitter、Facebook)と、YouTubeのテレビ朝日公式アカウント、動画配信サービス「TELASA(テラサ)」で、10月12日午後9時から前編、13日午後9時から後編を配信する。

 「『相棒』20周年特別配信」では、初めて「特命係」のセットから配信が行われる。進行役は映画コメンテーターの赤ペン瀧川さんが務め、水谷さんと反町さんから「相棒」20周年への思いや撮影の秘話、初回拡大スペシャルの見どころなどを聞く。

 また、10月5日から「ゴゴワイド枠」(月~金曜午後2時、関東地区)で、「相棒」ファンである有名人が、作品への思いを語るインタビューや、おすすめエピソードを紹介する「『相棒』20周年記念インタビュー企画」を放送中。5日は「ペナルティ」のヒデさん、6日は麻木久仁子さんが登場した。7日はカンニング竹山さん、8日は「日向坂46」の上村ひなのさん、9日は卓球元日本代表の平野早矢香さんが出演する。

 10月10日午後1時半から関東地区で「相棒名作セレクション」と銘打ち、塾講師の林修さん、直木賞作家の辻村深月さんのイチオシエピソードを放送する。番組内で、前述の5人のインタビューも放送する。

 さらに「相棒」公式SNSでは、10月7日から「警視庁配属先診断」を実施。初回拡大スペシャルで元白バイ隊員の出雲麗音(篠原ゆき子さん)が広報課長・社美彌子(仲間由紀恵さん)の強い働きかけにより捜査一課に配属される、という展開にちなみ、「あなたがどこの部署に配属されるか」を診断できるコンテンツになっている。

 「相棒」は、警視庁の窓際部署「特命係」のキャリア警部の右京がその天才的頭脳で推理し、相棒と共に難事件を解決するドラマ。「相棒season19 初回拡大スペシャル『プレゼンス』」は10月14日午後9時~10時24分放送。

「相棒」20周年の新シーズン「season19」が10月放送 森口瑤子演じる美人おかみが新レギュラーに

人気刑事ドラマ「相棒season19」のビジュアル=テレビ朝日提供
人気刑事ドラマ「相棒season19」のビジュアル=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の20周年となる新シーズン「相棒season19」が10月から放送されることが8月26日、明らかになった。俳優の水谷豊さん演じる杉下右京と、反町隆史さん演じる冠城亘(かぶらぎ・わたる)のコンビが引き続き登場し、2人のコンビが6シーズン目に突入する。また前シーズンの最終話で登場した、森口瑤子さん演じる美人おかみの小出茉梨が、新レギュラーとして登場することも明かされた。

 「相棒」は、警視庁の窓際部署「特命係」のキャリア警部・右京がその天才的頭脳で推理し、相棒とともに難事件を解決するドラマ。反町さん演じる亘はシーズン14で登場。寺脇康文さんが演じた初代・亀山薫、及川光博さんが演じた2代目・神戸尊、成宮寛貴さんが演じた3代目・甲斐享に続く4代目の相棒だ。

 新シーズンには警察庁長官官房付の甲斐峯秋(石坂浩二さん)、警視庁副総監・衣笠藤治(杉本哲太さん)、警視庁広報課長・社美彌子(仲間由紀恵さん)などの上層部や、捜査1課の“両エース”こと、伊丹憲一(川原和久さん)と芹沢慶二(山中崇史さん)、組織犯罪対策5課・角田六郎課長(山西惇さん)、サイバーセキュリティ対策本部の青木年男(浅利陽介さん)らレギュラーメンバーも登場する。

 20周年イヤーの幕開けを飾る初回スペシャル「プレゼンス」では、事件の真相に迫る特命係の2人が、VR(仮想現実)の世界へ足を踏み入れる。警視庁交通機動隊員(白バイ警官)・出雲麗音(篠原ゆき子さん)が銃撃された事件を捜査。その矢先、万津幸矢(櫻井圭佑さん)という男性が、ビルから転落し、死亡する。麗音の事件との関連性を調べると、幸矢が「ネオ・ジパング」という“仮想国家”と関わりを持っていたことが分かる。「ネオ・ジパング」はIT長者・加西周明が“建国”したもので、特命係と対峙(たいじ)していく……という展開。

 「相棒season19」は10月から毎週水曜午後9時に2クールで放送。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供