相棒season19 あらすじ

相棒season19あらすじ

 ドラマ「相棒season19」は、人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の20周年となる新シーズン。2020年10月から放送。俳優の水谷豊さん演じる杉下右京と、反町隆史さん演じる冠城亘(かぶらぎ・わたる)のコンビが引き続き登場し、2人のコンビが6シーズン目に突入する。また前シーズンの最終話で登場した、森口瑤子さん演じる美人おかみの小出茉梨が、新レギュラーとして登場する。

 「相棒」は、警視庁の窓際部署「特命係」のキャリア警部・右京がその天才的頭脳で推理し、相棒とともに難事件を解決するドラマ。反町さん演じる亘はシーズン14で登場。寺脇康文さんが演じた初代・亀山薫、及川光博さんが演じた2代目・神戸尊、成宮寛貴さんが演じた3代目・甲斐享に続く4代目の相棒だ。

 新シーズンには警察庁長官官房付の甲斐峯秋(石坂浩二さん)、警視庁副総監・衣笠藤治(杉本哲太さん)、警視庁広報課長・社美彌子(仲間由紀恵さん)などの上層部や、捜査1課の“両エース”こと、伊丹憲一(川原和久さん)と芹沢慶二(山中崇史さん)、組織犯罪対策5課・角田六郎課長(山西惇さん)、サイバーセキュリティ対策本部の青木年男(浅利陽介さん)らレギュラーメンバーも登場する。

ドラマ「相棒season19」のあらすじ