あのコの夢を見たんです。 キャスト

あのコの夢を見たんです。キャスト

仲野太賀
中条あやみ
芳根京子
森七菜
飯豊まりえ
大原櫻子
山本舞香
大友花恋
白石聖
鞘師里保
池田エライザ

民放ドラマ初主演・仲野太賀が“山里亮太”演じる

(C)「あのコの夢を見たんです。」製作委員会
(C)「あのコの夢を見たんです。」製作委員会

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さんの初の短編小説「あのコの夢を見たんです。」が、テレビ東京でドラマ化されるこ。主人公の“山里亮太”は、民放ドラマ初主演となる仲野太賀さんが演じる。

 「あのコの夢を見たんです。」は、山里さんが実在する人気女優、アイドル、モデルたちのイメージから創作。恋愛小説やファンタジー小説の要素も含んだ妄想物語となっている。2010年10月から雑誌「B.L.T.」(東京ニュース通信社)で連載がスタートし、2019年4月に16本に厳選した短編小説集として発売された。ドラマでは既出のエピソードのほか、山里さんが新規で書き下ろしたエピソードも映像化する。

 ◇仲野太賀さんのコメント

 山里さんの妄想物語と聞いて、すてきなヒロインの方々との恋愛模様が爽やかに描かれるもんだとばかり思ってました。ふたを開けたら、全っ然違う。すてきなヒロインと全っ然恋愛できない。何がなんでどうしてこうなった。突然で創り込まれた癖のある妄想の数々。めちゃくちゃな設定に巻き込まれた、すてきなヒロイン。そして僕。そして、スタッフ。実在する山里さんから、遠く離れた妄想の世界で愉快に遊んでいます。一体このドラマはどこに向かって行くのか。僕自身もこの先楽しみです。

豪華女優陣が明らかに! 中条あやみに芳根京子、池田エライザら 芸能活動再開の鞘師里保も

連続ドラマ「あのコの夢を見たんです。」の出演者(C)「あのコの夢を見たんです。」製作委員会
連続ドラマ「あのコの夢を見たんです。」の出演者(C)「あのコの夢を見たんです。」製作委員会

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さんの妄想を描いた短編小説を、俳優の仲野太賀さん主演で実写化する連続ドラマ「あのコの夢を見たんです。」(テレビ東京、金曜深夜0時12分)に、中条あやみさん、芳根京子さん、森七菜さん、飯豊まりえさん、大原櫻子さん、山本舞香さん、大友花恋さん、白石聖さん、鞘師里保さん、池田エライザさんが出演することが9月9日、明らかになった。「テレビ東京・深夜ドラマ史上最も豪華な女優が集結」とうたわれており、全員が本人役で出演する。

 「あのコの夢を見たんです。」は、山里さんが実在する人気女優、アイドル、モデルたちのイメージから創作。恋愛小説やファンタジー小説の要素も含んだ妄想物語となっている。2010年10月から雑誌「B.L.T.」(東京ニュース通信社)で連載がスタートし、2019年4月に16本に厳選した短編小説集として発売された。ドラマでは既出のエピソードのほか、山里さんが新規で書き下ろしたエピソードも映像化する。

 中条さんは「追いかけたいの!」、芳根さんは「そして伝説へ…」、森さんは「透明人間」、飯豊さんは「その涙のあたたかさは。」、大原さんは「フウセンガム」、山本さんは「黒帯ちゃんとメガネくん」、大友さんは「リトルスクールウォーズ」、白石さんは「嫉妬の向こう側(仮)」、鞘師さんは「また明日」、池田さんは「闇食い」というエピソードに出演する。

 同局のドラマに初出演となる中条さんは「まさか自分で中条あやみ役を演じる日が来るとは思っていなかったので、今回のお話をいただけてとてもうれしかったです!」とコメント。ドラマで勇者を演じる芳根さんは「内容も期待を裏切らないぶっ飛び方で、どんな空気感で、衣装はどんな感じで、どうやって撮るんだろうと楽しみでした」と明かす。新規書き下ろしのエピソードに出演する森さんは「どんな役柄の私を演じることになるのか、ワクワクしたのと同時に山里さんからの私のイメージがどんなものなのか怖いところがありました。極悪非道の役だったらどうしよう……と(笑い)」と語っている。

 飯豊さんは「10代のころからお世話になっている山里さんの作品の一部になれること、そして枝監督とも初めてご一緒できたこと、恐悦至極に存じております」とコメント。大原は「大原櫻子役を演じていただきます!とお聞きしていたので、『ありのままの自分でいいんだ!』と勝手に解釈していたら……風船ガムの妖精でした(笑い)」と自身の役どころについて語り、山本さんは「現場では、山里さんの中で私ってどんな感じなんだろうと考えながら台本を読み、お芝居をさせていただきました」と振り返った。

 また大友さんは「台本の中にも、普段の私だったら照れてしまって言えなさそうなストレートな言葉が多く、家で台本を読んでいる時から緊張していました(笑い)」と感想を述べ、“嫉妬”をテーマとした書き下ろしエピソードに出演する白石さんは「今回の物語のテーマとして“嫉妬”という部分が大きくあるのかなと感じました。私もリア充といわれている人たちに対して、嫉妬とかそういう感情もなくもないので……(笑い)」とコメント。

 さらに、同局のドラマに初出演で、新規の書き下ろしエピソードに出演する鞘師さんは「私は最近、約5年ぶりに芸能活動を再開したばかりなのですが、デビュー当時からお世話になっていた山里さんの作品に、まさかこのような奇跡的なタイミングで出演させていただけるとは思ってもいませんでした。本当にご縁に恵まれ、幸せに思います」といい、池田さんは「お声がけいただけて光栄でした、が、なぜ私だけSFなんだ!! ですが、やってみれば納得。なるほど……ありえるかもしれない。こういう人生も面白かったのかも。と思えた作品でした」と語っている。

 山里さんは「なんでこんなすごいことになってるの!? これだけの女優さんが一つの作品に集まってくれることってあるの!? しばらくパニックでした……。そして、今でも何で引き受けてくれたのか、正直はっきりとは分かっていませんが、ただひたすらにありがたいということばかりです」と驚いている。

 ドラマは10月2日深夜スタート。

山里亮太の妄想ドラマ 後半ゲストに関口メンディー、柳ゆり菜、「青春高校3年C組」前川歌音ら

連続ドラマ「あのコの夢を見たんです。」後半ゲストの(左上から)関口メンディーさん、本多力さん、柳ゆり菜さん、(左下から)松本若菜さん、前川歌音さん(C)「あのコの夢を見たんです。」製作委員会
連続ドラマ「あのコの夢を見たんです。」後半ゲストの(左上から)関口メンディーさん、本多力さん、柳ゆり菜さん、(左下から)松本若菜さん、前川歌音さん(C)「あのコの夢を見たんです。」製作委員会

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さんの妄想を描いた短編小説を、俳優の仲野太賀さん主演で実写化した連続ドラマ「あのコの夢を見たんです。」(テレビ東京、金曜深夜0時12分)に、ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の関口メンディーさん、俳優の本多力さん、女優の柳ゆり菜さん、松本若菜さん、同局のバラエティー番組「青春高校3年C組」に出演している前川歌音さんが、後半のゲストとして出演することが10月27日、明らかになった。

 原作は山里さんが実在する人気女優、アイドル、モデルたちのイメージから創作したストーリーで、恋愛小説やファンタジー小説の要素も含んだ妄想物語。これまでは中条あやみさん、芳根京子さん、森七菜さん、飯豊まりえさんが出演し、今後は、大原櫻子さん、山本舞香さん、大友花恋さん、白石聖さん、鞘師里保さん、池田エライザさんという豪華女優陣が本人役で出演する。

 10月30日放送の第5話には、大原さんが出演する。仕事で感じるストレスと上司に怒られる日々を過ごす会社員の山里(仲野さん)は、感情を押し殺しながら過ごす毎日に疲れていた。そんなある日、「パチン!」と風船ガムを割る不思議な女性、櫻子(大原さん)と出会う。山里に嫌なことがあるたびに櫻子がそっと現れ、風船ガムを割る。すると不思議と山里の中の黒い感情がフワッと消える。そんな日々が少しずつ山里を変えていく……という展開。

 ◇関口メンディーさんのコメント

 テレビ東京のドラマ24の作品は以前から見ていて、面白い作品ばかりだったので、今回オファーをいただいた際は一視聴者としてとてもうれしかったです。僕自身も学生の頃、そこまでモテた経験がないので、山里さんの妄想ベースの世界観はとても共感できて面白かったです。また、学生のお話だったので制服がまだ着られるかなと心配しましたが個人的にはまだいけていた気がします(笑い)。

 主演を務める仲野太賀さんを中心に毎回、さまざまなゲストが登場する本作ですがアクションのシーンがある話は自分の出演回だけなので、お芝居と共にアクションのシーンも楽しんでいただけたらうれしいです。

 ◇本多力さんのコメント

 41歳のおっさんの自分が若いみなさんに混ざって高校生を演じるなんて……。お話をいただいた時は誰かほかの方と間違えてオファーが来たんじゃないかとびっくりしました。現場では終始みんなで話していて、ただただ楽しかったです。四半世紀ほど前、放課後特に用もないのにいつまでも帰らずダラダラしてたあの空気を思い出しました。枝(優花)監督の演劇的な手法も新鮮で楽しかったです。

 台本を読ませていただいた時は、むちゃくちゃ面白かったです。面白いと思う気持ちと、ああ自分も学生時代こうだったなあと重なる部分もあって、切なくなりました。山里さんならではのひねくれた視線と優しい眼差しが詰まっているなあと思いました。甘酸っぱさと青臭さと切なさとバカバカしさが絶妙にブレンドされたドラマになっていると思います。皆さんにも、青春を思い出してこそばゆい気持ちになっていただけますように。ぜひご覧ください。

 ◇柳ゆり菜さんのコメント

 一視聴者としても楽しみなコンセプトのドラマなので、この作品に参加できることがうれしかったです。大九(明子)監督とご一緒できることもとても楽しみでした。山里さんのコアな妄想ワールドに頬を緩ませながら台本を読ませていただきました。この想像力の源はどこにあるのかと興味をそそられました。各話の持つ魅力が全く違う、新しいドラマです。ぜひ楽しんでご覧ください。

 ◇松本若菜さんのコメント

 仲野太賀さんが演じるキャラクターの世界観がずっと好きで、いつかご一緒できればと思っていましたが、今回やっとその願いがかないました。やはり素晴らしい役者さんでした。山里さんとはお会いしたことがないのですが、この台本を読ませていただいた時に、きっと”純粋なものを信じることのできる方”なんだなと思いました。その山里さんの妄想の世界に入るのですから、私の中では”信じたい純粋な人”を演じられるよう心掛けました。唯一無二の俳優、仲野太賀さんとキラキラと輝くヒロインの方々とのそれぞれのストーリーは毎回違うドラマを見ているような感覚で楽しませてくれます。山里さんが妄想する夢の中をのぞいているような感覚をぜひお楽しみください。

 ◇前川歌音さんのコメント

 元々SNSを見て面白そうだと気になっており、放送も拝見し、一視聴者としてファンであったこの作品に携わることを知った時はとてもうれしかったです。学生時代のクラスに一人はいるような男の子がまさかこんな面白い妄想をしていたなんて!と思いました。現実と妄想の違いにもどかしくなりながらも現実の山里さんを心の中でつい応援してしまいました。なので作品の中では山里さんたちを嫌がっている役どころでしたが、実は台本を読んで応援していた私と同じで、少しその存在が気になっていたのでは?とも思いました。山里さんの自由で面白い妄想をぜひ皆さんでのぞき見してください!

(C)「あのコの夢を見たんです。」製作委員会
(C)「あのコの夢を見たんです。」製作委員会
(C)「あのコの夢を見たんです。」製作委員会
(C)「あのコの夢を見たんです。」製作委員会
(C)「あのコの夢を見たんです。」製作委員会
(C)「あのコの夢を見たんです。」製作委員会

橋本愛「あのコの夢を見たんです。」最終話ヒロインに 山里亮太の原作購入「しかもサイン本」

連続ドラマ「あのコの夢を見たんです。」最終話にゲスト出演する橋本愛さん=テレビ東京提供
連続ドラマ「あのコの夢を見たんです。」最終話にゲスト出演する橋本愛さん=テレビ東京提供

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さんの妄想を描く短編小説を、俳優の仲野太賀さん主演で実写化した連続ドラマ「あのコの夢を見たんです。」(テレビ東京、金曜深夜0時12分)の最終話に、女優の橋本愛さんが本人役でゲスト出演することが11月16日、分かった。橋本さんは「実は、この原作を購入していて。しかもサイン本(笑い)」と明かしながら「私も出させてもらえるんだ! という喜びでいっぱいでした」とコメント。さらに、「たった2日間の撮影でしたが、私にとって忘れられない青春になりました。だからぜひ見てほしいです」と呼びかけている。

 橋本さんは最終話のヒロイン。いつも孤独な山里(仲野さん)は、ノートに妄想物語を書き、現実から離れることで生きてきた。妄想物語は、いつも自分が世界の中心で、ヒロインは学園の人気者・愛(橋本さん)。そんなある日、ノートを開くと、そこには自分の知らない物語の続きが書かれていた……という展開。

 ◇橋本愛さんのコメント

 実は、この原作を購入していて。しかもサイン本(笑い)。山里さんの「天才はあきらめた」という書籍も愛読書でして、私も出させてもらえるんだ! という喜びでいっぱいでした。

 大九(明子)監督が脚本を書いてくださり、原作のヒューマンドラマの部分がもっと膨らんで、おふざけするだけでなく、ちゃんと心温まるストーリーとして確立されていて感激しました。山里さんが書いてくれたせりふの良さが、もっと見てる人に届く強度になって、まさか涙を誘うかもしれないような名シーンになったと思ってます。

 太賀さんは、15の時初めて共演して以来、ずっと尊敬している人です。直接言ったことはないけれど(笑い)。今回久しぶりにがっつりやれて、最高に楽しかったです。お芝居に対しても作品に対してもずっとピュアな気持ちを持ち続けていて、一挙一動から触れてきたカルチャーがにじみ出るような、真の文化人だなと思います。

 軽い気持ちで見てもらって、大人のお遊びを楽しんでもらうと同時に、なんだか自分の過去や普段心にしまっている感情に触れちゃって、不意に感動しちゃった! みたいになるといいなと思ってます。たった2日間の撮影でしたが、私にとって忘れられない青春になりました。だからぜひ見てほしいです。

あのコの夢を見たんです。テレビ東京「ドラマ24」
2020年10月2日スタート