あのコの夢を見たんです。 あらすじ

あのコの夢を見たんです。あらすじ

 ドラマ「あのコの夢を見たんです。」は、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さんの初の短編小説をテレビ東京でドラマ化。主人公の“山里亮太”は、民放ドラマ初主演となる仲野太賀さんが演じる。ドラマは、同局の深夜ドラマ枠「ドラマ24」(金曜深夜0時12分)の60作目として10月から放送される。

 「あのコの夢を見たんです。」は、山里さんが実在する人気女優、アイドル、モデルたちのイメージから創作。恋愛小説やファンタジー小説の要素も含んだ妄想物語となっている。2010年10月から雑誌「B.L.T.」(東京ニュース通信社)で連載がスタートし、2019年4月に16本に厳選した短編小説集として発売された。ドラマでは既出のエピソードのほか、山里さんが新規で書き下ろしたエピソードも映像化する。

 映画「勝手にふるえてろ」などの大九明子さん、「PARKS パークス」などの瀬田なつきさん、「少女邂逅(かいこう)」などの枝優花さん、「脱脱脱脱 17」の松本花奈さんらが監督を務める。

ドラマ「あのコの夢を見たんです。」のあらすじ