姉ちゃんの恋人 ニュース

主題歌はMr.Children 主演・有村架純「この曲に力をもらいながら最後まで走りきりたい」 楽曲入り予告映像も解禁に

「Mr.Children」
「Mr.Children」

 女優の有村架純さん主演で、10月27日からスタートする連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の主題歌が、人気バンド「Mr.Children」の新曲「Brand new planet」に決定した。20日に最終回を迎えたドラマ「DIVER-特殊潜入班-」(同)の放送内で流れた告知映像で解禁された。同バンドが12月2日にリリースするアルバム「SOUNDTRACKS」に収録される楽曲で、恋によって“新たな日常”が始まった桃子(有村さん)の幸せへの期待感を盛り上げるようなナンバーとなっている。

 主題歌は、ドラマ制作陣の「コロナという形の見えない不安によって壊れかけた世の中に向けて、人やモノの“希望と再生”の物語を届けたい」という思いのもとMr.Childrenにオファー。ドラマの温かく前向きな世界観にマッチした「Brand new planet」が提供された。併せて主題歌を使用した予告映像も公開された。

 主演の有村さんは、主題歌決定について「自分にとっての青春ドラマには、必ずMr.Childrenさんの音楽がありました。幸せや悲しみ全てが包み込まれるようなあの感覚は、今後も忘れることはありません。そんなMr.Childrenさんの音楽がこの作品と共にあれることを、本当に幸せに思います、うれしくてうれしくて。この曲に力をもらいながら、この物語、皆さんと最後まで走り切りたいと思います」とコメントを寄せている。

King & Prince高橋海人、「姉ちゃんの恋人」でドラマナレーション初挑戦 「芝居に生かされている」

連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」のワンシーン=カンテレ提供
連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」のワンシーン=カンテレ提供

 人気グループ「King & Prince」の高橋海人さんが、10月27日から放送される女優の有村架純さん主演の連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)のナレーションを担当することが16日、分かった。高橋さんがドラマのナレーションに挑戦するのは初めてだという。高橋さんは、主人公の安達桃子(有村さん)の弟で安達家の長男の和輝を演じている。和輝の立場から物語を俯瞰(ふかん)して桃子に優しく語り掛ける形で、ナレーションはドラマの要所に登場するという。

 和輝による“語り”は、桃子の人物像やドラマの世界観を引き立たせる存在となり、桃子に対する和輝の“本音”が見え隠れすることもあるという。

 「姉ちゃんの恋人」は、有村さんがヒロインを務めたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」などの岡田惠和(よしかず)さんが脚本を担当するオリジナル作品。高校3年生のときに両親を事故で亡くして以来、女手一つで弟3人を養う桃子(有村さん)が、偶然職場で出会った吉岡真人(林遣都さん)との恋によって、日常が大きく変わる……という恋と家族愛の物語を描いたラブ&ホームコメディー。初回は15分拡大で放送される。

 ◇高橋海人さんのコメント

 ドラマ内のナレーションをやらせていただけると聞いた時は、すごくビックリしました。実際の収録は、普段の安達家でのやり取りとは違う緊張感がありましたが、分かりやすく、丁寧に、というのを心掛けて取り組みました。放送回によっては、普段は明るく優しい和輝が表に出していない心情が描かれている回もあり、和輝は実はこんなことを考えていたんだ……と、このナレーションがお芝居に生かされているところもあります。

 日々撮影が進んでいますが、回を重ねるごとに、どんどん「安達家のなかで生きている」ことを実感できるようになりましたし、すごく楽しく撮影しています。この作品には喜怒哀楽がたくさんあって、岡田さんの脚本の魅力が詰まっていて、演じる自分自身もほっこりしています。それがうまく皆さんに届くといいなと思います。マイナスな気持ちが吹き飛んでいくようなドラマになっていますので、絶対に見てほしいです!

有村架純が笑顔で“声かけ”! 林遣都、高橋海人らは窓から“ひょっこり” ポスタービジュアル公開

連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」ポスタービジュアル=カンテレ提供
連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」ポスタービジュアル=カンテレ提供

 女優の有村架純さん主演で10月27日にスタートする連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)のポスタービジュアルが7日、公開された。こちらに向かって笑顔で声をかけているような有村さんをはじめ、林遣都さんや人気グループ「King & Prince」の高橋海人さんらが三角屋根の家の窓から顔をのぞかせる姿が写し出されている。

有村架純の弟に日向亘&南出凌嘉 高橋海人と4姉弟で仲良く“ぎゅっ”な家族写真公開 美 少年・那須雄登ら追加キャストも

連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」に出演する(左から)南出凌嘉さん、有村架純さん、「King & Prince」の高橋海人さん、日向亘さん=カンテレ提供
連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」に出演する(左から)南出凌嘉さん、有村架純さん、「King & Prince」の高橋海人さん、日向亘さん=カンテレ提供

 女優の有村架純さん主演で10月27日から放送される連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)に、俳優の日向亘さん、南出凌嘉さんが出演することが9月25日、分かった。有村さん扮(ふん)する主人公・安達桃子の弟役で、日向さんは高校生の次男・優輝、南出さんは中学生の三男・朝輝(ともき)を演じる。

 併せて有村さん、長男・和輝役を務める人気グループ「King & Prince」の高橋海人さんと共に、4姉弟がソファに仲良く“ぎゅっ”と腰掛けた家族写真も公開された。4人はクランクイン前から打ち合わせや交流の場を何度も設けて親睦を深め、実際に撮影が始まってからも合間でコミュニケーションを取り合うなど、チームワークを発揮。この日は4人が会社や学校に出かける前の朝食シーンが撮影され、和気あいあいとした雰囲気で進められたという。

 さらに、桃子が働くホームセンターのホームファッション売り場の店員役で、阿南敦子さん、「美 少年」の那須雄登(ゆうと)さん、スミマサノリさん、井阪郁巳さんの出演も発表された。明るく人当たりがよいベテランで“ふくよかさん”が愛称の原田福代を阿南さん、売り場の一番の若手で同僚たちから可愛がられる武内省吾を那須さんが演じる。

 存在感が薄く物静かで同僚たちからネタにされている臼井役をスミさん、何事にも悩みがちな若手社員で「ハロウィンマン」の姿で売り場に立つ山辺新之助役を井阪さんが務める。そのほか、無口でこわもてなホームセンターの警備員として西川瑞さんも出演する。

カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供

King & Prince高橋海人 “みんなの弟・海ちゃん”が「姉ちゃんの恋人」で弟役 「THEハマり役」「ピッタリすぎ」と期待の声続々

連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」のロゴ(C)カンテレ
連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」のロゴ(C)カンテレ

 人気グループ「King & Prince」の高橋海人さんが、女優の有村架純さん主演で10月27日から放送される連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)に出演することが9月18日、分かった。高橋さんが演じるのは、有村さん扮(ふん)する主人公・安達桃子の弟である安達和輝。グループ最年少メンバーであり、メンバーやファンの間でも弟キャラとして親しまれている高橋さんの配役に、「弟海ちゃん!」「弟役とか海ちゃんにピッタリ」「THEハマり役」「弟役とか最高でしかない」「楽しみすぎる」と期待する声が相次いでいる。

 高橋さんは自身の役柄について、「和輝は姉弟の2番目で、長男であり、優しくて、ピュアで真っすぐな青年」とコメント。「僕自身も姉がいるのですが、弟たちがいる、いわゆる間っ子はプライベート、お芝居含めて初めての経験なので、ソワソワしつつ楽しんでいます! 弟である和輝、お兄ちゃんである和輝のバランスをうまく使い分けて演じていきたいです」と意気込みを語っている。

 弟役を演じる高橋さんに対して、SNSでは「弟役の海ちゃんあざっす!」「素晴らしすぎる配役」「海ちゃんが弟役はもう適任すぎて」などと大盛り上がり。

 また、ツイッターでは「海ちゃん」がトレンド入りし、「海ちゃんでトレンド入るの海ちゃんすぎて可愛い」といった声も上がったほか、「海ちゃんの全力末っ子キャラが世間にバレる」「海ちゃんの弟力が日本中に放たれる」「国民的弟の魅力がお茶の間に広まる」といった反響も寄せられている。

King & Prince高橋海人、有村架純の弟役で「姉ちゃんの恋人」出演 藤木直人、小池栄子、奈緒らも

連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」に出演する(上段左から)藤木直人さん、小池栄子さん、奈緒さん、高橋海人さん(下段左から)紺野まひるさん、やついいちろうさん、光石研さん、和久井映見さん=カンテレ提供
連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」に出演する(上段左から)藤木直人さん、小池栄子さん、奈緒さん、高橋海人さん(下段左から)紺野まひるさん、やついいちろうさん、光石研さん、和久井映見さん=カンテレ提供

 女優の有村架純さん主演で10月27日から放送される連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)に、藤木直人さん、小池栄子さん、奈緒さん、「King & Prince」の高橋海人さん、紺野まひるさん、やついいちろうさん、光石研さん、和久井映見さんが出演することが9月17日、分かった。

 藤木さんは主人公・安達桃子(有村さん)が働くホームセンターの配送部で働く高田悟志、小池さんは桃子の職場の上司・市原日南子、奈緒さんは桃子の幼なじみで旅行会社に勤める浜野みゆき、高橋さんは桃子の弟で4姉弟の長男である安達和輝、紺野さんは桃子の同僚でホームセンターに勤める岸本沙織、やついさんは弁当屋「藤吉」の店主・中野藤吉、光石さんは桃子ら姉弟の親戚の川上菊雄、和久井さんは吉岡真人(林遣都さん)の母親・吉岡貴子を演じる。

 キャストのコメントは以下の通り。

 ◇藤木直人さんのコメント

 岡田惠和さんの作品は「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」から始まって、今回で4作品目の参加となります。再び岡田ワールドの住人になれること、役者冥利につきます。軽妙な会話劇、でもそれぞれのキャラクターが抱えている思い、悩み。今回の僕の役もちょっと不思議な部分がある役です。有村架純さんをはじめ、林遣都くん、小池栄子さんなどすてきな共演者ばかり! 精いっぱい楽しんで演じたいと思います。

 ◇小池栄子さんのコメント

 桃子の職場の先輩で、よき理解者でもある日南子を演じます。仲間たちと日々のささやかな幸せに一喜一憂する可愛らしい女性です。今までの日常が崩れている現在、ドラマでは人の心をポッと温かくしてくれる大切な何かを皆で紡いでいくことで、見てくれる人が優しい気持ちになれる作品にしていければと思っています。岡田さんの書くチャーミングなセリフたちとたくさん遊びたいと思います。

 ◇奈緒さんのコメント

 登場人物の機微が繊細に描かれたとてもすてきな本をいただき、この作品に参加できることが本当にうれしいです。誰かのために頑張れる、誰かのために怒れるヒロイン・桃子さん。こんな人がそばにいたらどれだけ心強いだろうと思います。そんな桃子さんと会えるコンビニ前を、みゆきさんと同じ気持ちで「今」と向き合いながら楽しみたいです。人と人との間に物理的な距離があき、少し寂しさを感じる今だからこそ、このドラマが優しく温かく皆さんの心に広がることを願います。

 ◇高橋海人さんのコメント

 岡田惠和さんの作品はこれまでたくさん拝見していて、本作のお話をいただく直前に偶然にも「いちごの唄」を見たところでした。恐れ多いのですが、運命を感じてしまいました。和輝は姉弟の2番目で、長男であり、優しくて、ピュアで真っすぐな青年です。僕自身も姉がいるのですが、弟たちがいる、いわゆる間っ子はプライベート、お芝居含めて初めての経験なので、ソワソワしつつ楽しんでいます! 弟である和輝、お兄ちゃんである和輝のバランスをうまく使い分けて演じていきたいです。姉弟のやりとりが多く、他愛もない日常のやりとりがコミカルで温かい気持ちになれる作品なので、たくさんニヤニヤしながら楽しんでいただければと思います!

 ◇紺野まひるさんのコメント

 みんないろいろなことを抱えながら生きている。どんなことが起こっても、みんな平等に時間は過ぎていく。そんな当たり前のことが、幸せだったり、そうでなかったり。何事も一生懸命に「生きる」桃ちゃんと一緒に仕事をして身近で応援する、少し幸薄そうな沙織を演じます。見終わった後に、きっと心がすっと軽くなるような作品になるはずです。

 ◇やついいちろうさんのコメント

 弁当屋さんを営む中野藤吉をやらせてもらうことになりました。不器用ながらも、気持ちが全部顔とか態度に出ちゃうようなとにかくいいやつ。わかりやすい性格という点で、かなり自分と近いところがあるかもしれません。脚本の岡田さんの作品には何度か出させていただいているんですが、いつもセリフを言っていて違和感がありません。今回もスッと藤吉になれそうです。何かとピリピリしている世の中に優しい毛布をかけるみたいな物語だと思います。お楽しみに。

 ◇光石研さんのコメント

 岡田さんの脚本で有村さん主演! 出演は林くんをはじめそうそうたる方々! 楽しみで仕方がないです! とにかく皆さんの足を引っ張らないよう、楽しんで付いて行きます!

 ◇和久井映見さんのコメント

 登場人物一人一人が持っている、それぞれの背景、環境。そこからまた人と関わりを持つことによって、それぞれの人生がどんなふうに動いていくのか。岡田さんがどんなふうに描かれてお話が進んでいくのか。今回いただいた役、とても難しいなあ……と思いながら、でもこの先の物語の展開を私自身もドキドキしながら楽しみに、頑張りたいです。

 ※高橋海人さんの「高」は「ハシゴダカ」

林遣都、有村架純の“恋の相手”役「心を通わせて」 秋ドラマ「姉ちゃんの恋人」で岡田惠和が当て書き

10月27日スタートの「姉ちゃんの恋人」に出演する林遣都さん(右)と有村架純さん=カンテレ提供
10月27日スタートの「姉ちゃんの恋人」に出演する林遣都さん(右)と有村架純さん=カンテレ提供

 俳優の林遣都さんが、女優の有村架純さん主演で10月27日から放送される連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)に出演することが9月11日、分かった。林さんは、有村さん扮(ふん)する主人公・安達桃子の恋の相手・吉岡真人(まなと)を演じる。林さんと有村さんは、2018年に公開された映画「コーヒーが冷めないうちに」(塚原あゆ子監督)に出演したが、本格的に共演するのは、今回が初めてだという。

 「姉ちゃんの恋人」は、有村さんがヒロインを務めたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」などの岡田惠和(よしかず)さんが脚本を担当するオリジナル作品。吉岡は、岡田さんが林さんをイメージして“当て書き”。吉岡は仕事に実直、常に低姿勢で笑顔を絶やさない好青年だが、実は過去の「ある出来事」によって心に傷を抱えているというキャラクター。太陽のように明るく3人の弟たちを養う桃子と、自分が幸せになるのを諦めているかのような影を感じさせる吉岡の初々しい恋模様が描かれる。

 また、林さんが役どころや有村さんの印象などについて語っているインタビューを収めた特報映像も公開された。

 ◇林遣都さんのコメント

 --作品・脚本の印象は?

 岡田さんの作品に出演するのは11年ぶりですが、こうして当て書きでオリジナルキャラクターを描いていただけて、こんなに幸せなことはありません。「これぞ、岡田さんの世界観!」というか、登場人物一人一人が生きていて、輝いていて、読んでいる側の想像力に働きかけてくれる脚本なので、演じるのがすごく楽しみです。

 --吉岡真人の印象は?

 過去の出来事で心に大きく傷を負ってしまい、日々それと向き合いながら前向きに一生懸命生きている男です。当て書きということでスッと入ってくる部分もありますし、話し方や人との距離感など近いものを感じます。「当て書き=その役を生きろ」という岡田さんからのメッセージだと思うので、しっかり心に留めて、大事に生きていければと思います。

 --有村架純さんとの共演についてはいかがですか?

 本格的な共演は初めてですが、間違いなく日本を代表する女優さんだと思いますし、有村さんとの掛け合いは心を通わせてお互いが演じなければいけないと感じていますので、しっかりとコミュニケーションを取りながら大事に作っていきたいです。そういった意味でも、この吉岡真人は演じがいのある役だなと思っています。

 --撮影に向けての抱負と視聴者に向けてメッセージをお願いします。

 改めて撮影現場でみんなと時間を共有することが、小さなようで、自分にとっての最大の幸せだと認識しました。それを感じながら、与えられた真人という人間の人生の一部を、誠心誠意、心を込めて演じていきたいと思います。この苦しい状況が続く世の中で、こういった未来に光を感じさせてくれるドラマはすごく大切だと思いますし、意味のあるものだと思っています。見てくださる方には純粋に楽しんでいただけたらと思います。

 ◇岡光寛子プロデューサーのコメント

 以前ドラマでご一緒させていただいて以来、全幅の信頼を置く林遣都さん。突っ走り姉御キャラ・桃子を演じる有村架純さんとの組み合わせは、「愛らしい2人になりますね」と、脚本の岡田惠和さんとも思いが重なり、今回オファーをさせていただきました。真面目で真摯(しんし)、いろいろな人の気持ちを理解しようとする林さんの人間力が魅力的で、再びご一緒できることに喜びを感じています。岡田さんが描く世界で生きる吉岡真人という男、そして有村架純×林遣都という新鮮な2人の化学反応にぜひご期待ください!

=カンテレ提供
=カンテレ提供
出典:YouTube

有村架純、10月期連ドラ主演 “肝っ玉姉ちゃん”に 脚本・岡田惠和と6回目のタッグ

10月スタートの連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」で主演を務める有村架純さん=カンテレ提供
10月スタートの連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」で主演を務める有村架純さん=カンテレ提供

 女優の有村架純さんが、10月27日スタートの連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)に主演することが9月2日、分かった。有村さんが民放連続ドラマで主演を務めるのは、2018年放送の「中学聖日記」(TBS系)以来、2年ぶり。ドラマは、有村さんがヒロインを務めたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」などの岡田惠和(よしかず)さんが脚本を担当するオリジナル作品。有村さんと岡田さんのタッグは6回目。

 有村さん演じる主人公・安達桃子は、高校3年生のときに両親を事故で亡くした27歳のホームセンターの社員。一家の大黒柱として「あいつら幸せにするって決めたんで、私」と、20歳、17歳、14歳の弟たちを養っている。そんな中、偶然職場で出会った“吉岡さん”との恋によって、桃子の日常は大きく変わるが、“吉岡さん”には「ある秘密」があった……、という“ラブ&ホームコメディー”。

 また、有村さんが役どころなどについて語っているインタビューを収めた特報映像も公開された。

 ◇有村架純さんのコメント

 --作品について

 脚本の岡田惠和さんの作品は6作目で、今回はどんなお話が描かれているのか楽しみでした。そして、何より、見事にテイストもキャラクターも違った脚本で、しかも私自身ずっと家族のお話をやりたいと思っていたので、とてもワクワクしました。家族の形や、大切な人がそばにいることを大事にしながら、クスッと笑えるようなドラマにできたらと思います。

 --役柄について

 3人の弟を守らなきゃいけないという使命感と責任感から、何事にも一生懸命に向き合う女性なのかなと感じています。“肝っ玉姉ちゃん”というと気が強くて口が悪くてという印象がありますが、それだけではなく、お父さん、お母さん、お姉ちゃんという3役をうまく融合させて、桃子というオリジナルなキャラクターにしたいなと考えています。

 --撮影に向けての抱負

 現場で直接皆さんと顔を合わせて会話をしながら撮影することに喜びを感じています。まずは自分たちが楽しんでこの作品を作ることが大切ですし、そういう現場の空気になるよう、「盛り上げ隊長」にならなければと思います。とにかく気持ちだけは上げて撮影に臨んでいきたいと思います。

 --見どころについて

 疲れた気持ちが少しでも和らぐような、見てくださる人たちが安心できる作品にしたいと思います。笑っているところが切なかったり、少し泣けるという場面はありますが、苦しさとか悲しさはないドラマです。皆さんも笑いながら、あまり構えず、感じるままお楽しみいただけたらうれしいです。

 ◇脚本の岡田惠和さんのコメント

 信頼する有村架純さんと共に、ちょっぴり疲れて固まってしまった世界をほんの少しだけでも、ほぐせたら。そんな思いで書いています。再び有村架純主演ドラマを書けるのは、脚本家としてとても幸せな時間です。そして今回の有村さんは今まであまり見たことのない、突っ走り姉御キャラ。有村さん演じる桃子は、よく笑い、よく怒り、よく泣いて、よく食べて飲んで。よく働きます。地に足着けてしっかり生きる桃子を見てるだけで何だか心がほぐれること間違いなしです。笑って笑って幸せな涙を流せるようなドラマを目指します。素晴らしい出演者たちにもご期待ください。

 ◇プロデューサーの岡光寛子さんのコメント

 今まで当然のようにあったささやかな幸せは、自分一人では作れないと気付かされた日々。こんな時だからこそ、人と人が頼って頼られ、励まし励まされ、思いが重なり合いながら、共に強く優しくつながっていく姿を“今”という時代を映す連続ドラマを通して、視聴者の皆様にお届けしたいと思っています。心から敬愛する岡田惠和さんのオリジナル脚本。クスッと笑えるところと泣けるところの緩急、そして生きている人たちから伝わる温かさに心動かされています。さらに、柔らかさの中にある芯の強さが魅力的な有村架純さんが主演を務めてくださいます。大変な状況ではありますが、見てくださる皆さんにとって希望と再生のドラマとなるよう、キャスト・スタッフ一丸となり、一つ一つ丁寧に作っていけたらと思います。

=カンテレ提供
=カンテレ提供
出典:YouTube