だから私はメイクする ニュース

第2話のあらすじ 阿部純子演じるメークに無頓着な少女マンガ家がネイルに初挑戦

美容家の神崎恵さんの主演ドラマ「だから私はメイクする」の第2話のワンシーン(C)「だから私はメイクする」製作委員会
美容家の神崎恵さんの主演ドラマ「だから私はメイクする」の第2話のワンシーン(C)「だから私はメイクする」製作委員会

 元女優で美容家の神崎恵さんの主演ドラマ「だから私はメイクする」が、テレビ東京の「ドラマパラビ枠」(水曜深夜0時58分)の第2話が、10月14日深夜放送される。阿部純子さんがゲスト出演する。

 締め切りに追われる少女マンガ家・川松奏子(阿部さん)。メークやおしゃれに無頓着な奏子の生きがいは、マンガと男性アイドルグループ・ボイメン。“推しメン”本田剛文くんの笑顔を頭に浮かべながら新連載に向け奮闘していると、ファンからピンクのマニキュアが送られてきた。

 本田くんのイメージカラーで気分もアガるはずだったが、慣れないネイルはぐちゃぐちゃに……。そんな中、熊谷(神崎さん)と芽生(志田彩良さん)に偶然出会う。いつでも自分の“大好き”が目に入る日常とは……というストーリー。

 ドラマは、女性4人組「劇団雌猫」のエッセー集「だから私はメイクする」(柏書房)を原案にした、シバタヒカリさんの同名マンガ(祥伝社)が原作。毎話、さまざまな女性のメークにまつわるエピソードが登場する。コスメショップのビューティーアドバイザー(BA)・熊谷すみれ役を神崎さん、新人BAの近藤芽生役を志田さん、芽生の先輩BAの山本織香役を、「美容系YouTuber」としても知られるアイドルグループ「NMB48」の吉田朱里さんが演じる。

<ドラマ紹介>「だから私はメイクする」 美容家・神崎恵がドラマ初主演 志田彩良、NMB48吉田朱里も

美容家の神崎恵さんの主演ドラマ「だから私はメイクする」のワンシーン(C)「だから私はメイクする」製作委員会
美容家の神崎恵さんの主演ドラマ「だから私はメイクする」のワンシーン(C)「だから私はメイクする」製作委員会

 元女優で美容家の神崎恵さんの主演ドラマ「だから私はメイクする」が、テレビ東京の「ドラマパラビ枠」(水曜深夜0時58分)で10月7日深夜、スタートする。メークを通して浮き彫りになる「社会」や「自意識」と闘う女性たちの悲喜こもごもを描いた物語。神崎さんが地上波ドラマで主演を務めるのは初めて。女優の志田彩良さん、「美容系YouTuber」としても知られるアイドルグループ「NMB48」の吉田朱里さんも出演する。

 ドラマは、女性4人組「劇団雌猫」のエッセー集「だから私はメイクする」(柏書房)を原案にした、シバタヒカリさんの同名マンガ(祥伝社)が原作。毎話、さまざまな女性のメークにまつわるエピソードが登場する。神崎さんはコスメショップのビューティーアドバイザー(BA)・熊谷すみれ、志田さんは新人BAの近藤芽生、吉田さんは、芽生の先輩BAの山本織香を演じる。熊谷すみれの憧れで、恩人でもあるBAの猫田ひかる役で、女優の藤原紀香さんが特別出演する。

 第1話には、島崎遥香さんがゲスト出演する。学生時代は地味なオタク女だったが、“人並み”になれたらと始めたメークは次第にエスカレートし、すっかりメークの沼にハマってしまった会社員・錦織笑子(島崎さん)。彼女が愛するのはお人形のような濃いメーク。それゆえ職場ではちょっと浮いてしまっている。

 ある日、話題のコスメショップでアイシャドーを見ていると、ビューティーアドバイザーの熊谷すみれ(神崎さん)がお試しを提案する。笑子は自分が陰で「マリー様」と呼ばれていることを話し始め……というストーリー。

<インタビュー>神崎恵 人気美容家がビューティーアドバイザー役でドラマ初主演 「美容の力を伝えることができたら」

ドラマ「だから私はメイクする」で主演を務める美容家の神崎恵さん(C)「だから私はメイクする」製作委員会
ドラマ「だから私はメイクする」で主演を務める美容家の神崎恵さん(C)「だから私はメイクする」製作委員会

 テレビ東京の「ドラマパラビ枠」(水曜深夜0時58分)で、10月7日にスタートする連続ドラマ「だから私はメイクする」に主演する美容家の神崎恵さん。神崎さんといえば、美容誌「MAQUIA(マキア)」(集英社)、「美的」(小学館)などにたびたび登場する人気美容家で、神崎さんが地上波ドラマで主演を務めるのは初めて。「どんな形であれ、“ビューティー”というものが私の真ん中にあるもの」と話す神崎さんに、今作に出演した理由や、女優業について聞いた。

 ◇

 神崎さんは、1975年生まれ。かつて⼥優としてドラマや映画などに出演。現在は3人の子育てをしながら、美容誌などに登場し、「メイク」講座、コスメブランドの商品開発、プロデュースをしている。

 ドラマは、女性4人組「劇団雌猫」のエッセー集「だから私はメイクする」(柏書房)を原案にした、シバタヒカリさんの同名マンガ(祥伝社)が原作。「メイク」を通して浮き彫りになる「社会」や「自意識」と闘う女性たちの悲喜こもごもを描く。

 かつて女優としてドラマや映画などに出演していた神崎さん。今作のオファーを受けたときのことについて、「(キャストとして出演するのではなく)美容の世界を作るお手伝いをする方かと思っていたので、本当にびっくりした」と驚きを隠せない様子。元々原作が好きだったといい、「ストーリーもすごく共感するところが多かったんです。であれば、ぜひ美容の大事さや力を、ドラマという方法で多くの方に伝えることができたら、すごいことかもしれないと思って」と話す。

 ◇

 自身が演じたコスメショップのビューティーアドバイザー(BA)・熊谷すみれの印象について、「一人一人に寄り添い、そっと背中を押すような人」と表現した神崎さん。「もちろん知識も豊富ですが、その人の生き方をまず大事にするという人物。とても柔らかく、包容力のある女性です」と説明する。

 久しぶりの女優業ということで、「『えー! 演技できるー?』って感じだった」と明かしたが、今回の熊谷役は、自身に近い部分があったという。「やっていること、言っていることが、あまり私との差がない役どころだったので、『私、演技してたかな!?』っていう感じでした。そこは本当にあんまり悩まずにできたので、それがよく出ているといいなと思っています」と手応えを話す。

 そんな神崎さんに、今後も女優業を続けていきたいか尋ねてみると、「いやあ、もうないです!(笑い)」と即答。「今回も、この原作でこの話だからこそのことだった。美容家として日々心を込めてやっていきたい、というのがあるので、こういう“美”のドラマであれば、もちろんやらせてくださいって思うんですけど、いわゆるビューティーに関係ないところでのっていうのは、それは二度とないと思います(笑い)」。

 ◇

 美容家としての今後について、「今までと同じように、キレイになることももちろん美容なので大事なんですけど、そうじゃなくて、『もっと違う美容の楽しさもあるよ』というのをもっと大きな声で言いたいと思って」と話した神崎さん。

 「『元気になるよ、自分が』とか、『なにかに挑戦できるような力がメークでわいてくるよ』とか。そういうことをたくさん伝えていきたいと思っていて。今回、今までと違うドラマという形でお話をいただきましたけれども、ファッションかもしれないし、声の仕事かもしれないし、いろいろ伝える方法ってあって。そういうチャンスを手にできるように、日々精いっぱい、美容と向き合ってやっていきたいと思っています」と力を込める。

 最後に、視聴者に向けて、「今回のドラマは目で見られる楽しさもあるんです。毎回いろんなコスメが出てきて、使い方をストーリーの中で見ることができたり、コスメに込められているメッセージもたくさんあって、それを毎回楽しみにしていただけたら」と呼びかけた。

藤原紀香が美容家・神崎恵の憧れのBA役 Paraviでオリジナル動画配信も

連続ドラマ「だから私はメイクする」最終回に特別出演する藤原紀香さん(C)「だから私はメイクする」製作委員会
連続ドラマ「だから私はメイクする」最終回に特別出演する藤原紀香さん(C)「だから私はメイクする」製作委員会

 女優の藤原紀香さんが、美容家の神崎恵さんが主演するテレビ東京の連続ドラマ「だから私はメイクする」(水曜深夜0時58分)の最終第6話(11月11日放送)に特別出演することが10月2日、分かった。神崎さん演じる主人公でビューティーアドバイザー(BA)の熊谷すみれの憧れで、恩人でもあるBAの猫田ひかるを演じる。最終回では、アトピーに悩む大学時代の熊谷に、猫田が希望を与える姿が描かれる。

 ドラマのオリジナル動画「おさらいメイク講座」が動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で独占配信されることも発表された。「おさらいメイク講座」には「尼神インター」の誠子さん、「アジアン」の隅田美保さん、横澤夏子さん、そしてドラマの主題歌を担当する「lol-エルオーエル-」の小見山直人さん、佐藤友祐さん、honokaさんがゲストとして登場する。メークをレクチャーする神崎さんや吉田さんとのトークも楽しめるという。

 ドラマは10月7日から放送。Paraviでは同2日午後9時から独占先行配信。「おさらいメイク講座」も同2日午後9時から独占先行配信する。

 ◇藤原紀香さんのコメント

 --出演が決定した時の思いを聞かせてください。

 メークは職業柄、役作りの観点でも切っても切り離せないものですし、プライベートでもメークをすることで自分を元気にしてくれる、日々欠かせないものなので、「なぜメークをするのか」に焦点を当てて、内面から鼓舞してくれるような作品のドラマ化に参加できて良かったです。猫田ひかるという人物は、主人公カリスマ美容部員・熊谷すみれが誕生するきっかけとなる重要な役どころ。言ってみれば“カリスマのカリスマ”なので、お役をいただいたときは、責任重大だなと思いました(笑い)。

 --猫田ひかるを演じるにあたり、意識した点は?

 原作の猫田はショートヘアで、すでに美容部員を辞めているのですが、ドラマではまだバリバリ働いているという設定でした。なので、役作りについて監督とも相談し、原作に忠実に演じるとするのであればショートへアなのですが、マインドや仕事ぶりだけではなくいでたちも含めて、熊谷すみれが猫田を憧れ、背中を追っかけ続けた先輩像であるようにと話し合い、ヘアメークなども考慮しました。なので、原作とはまた違った、迫力のある元祖カリスマ美容部員になっていると思います。

 --撮影現場でのエピソードなどございましたらお聞かせください。

 実際にお客様が帰られた深夜の百貨店化粧品売り場での撮影だったので、中々見られない光景の中、楽しみながら撮影をしました。熊谷さんの大学時代を演じられた女優さんは、とてもお肌がきれいな方でしたが、肌荒れで悩んでいる役だったので、メークで肌荒れ感をだしていました。その質感が完璧で、それもメークのなせる技なのだと現場で感じましたね。メークというのは映像や舞台など役作りにも貢献してくれるものであり、日常でも個々を変身させてくれ、自信を持たせてくれるものだと再認識しました。

 --視聴者にメッセージをお願いします。

 メークは気持ちをアップしてくれるもので、“自身がどうありたいか”というテーマに向き合わせてくれる大切なもの。このドラマを見ていただければ、コロナ禍で例え家にいることが多くても鏡で自分を見る機会を増やして口角を上げてみたり、今日は鮮やかな口紅を塗って気分を上げてみようかな、など、前向きな楽しい気持ちになるのではと思います。私の務めた猫田ひかるも断言しているように「メークは人の数だけある」のです。メークに正解なんてないから、自信を持ってチャレンジして、元気になって、自分を好きになれるといいなと思います。

(C)「だから私はメイクする」製作委員会
(C)「だから私はメイクする」製作委員会
(C)「だから私はメイクする」製作委員会
(C)「だから私はメイクする」製作委員会
(C)「だから私はメイクする」製作委員会
(C)「だから私はメイクする」製作委員会
(C)「だから私はメイクする」製作委員会
(C)「だから私はメイクする」製作委員会
(C)「だから私はメイクする」製作委員会
(C)「だから私はメイクする」製作委員会
(C)「だから私はメイクする」製作委員会
(C)「だから私はメイクする」製作委員会
(C)「だから私はメイクする」製作委員会
(C)「だから私はメイクする」製作委員会

美容家・神崎恵主演ドラマ 主題歌はlol-エルオーエル- メインビジュアルも公開

連続ドラマ「だから私はメイクする」メインビジュアル (C)「だから私はメイクする」製作委員会
連続ドラマ「だから私はメイクする」メインビジュアル (C)「だから私はメイクする」製作委員会

 美容家の神崎恵さんが主演するテレビ東京の連続ドラマ「だから私はメイクする」(水曜深夜0時58分)の主題歌が、男女5人組ダンス・ボーカルグループ「lol-エルオーエル-」の曲「restart」に決まったことが9月24日、分かった。神崎さん、志田彩良さん、吉田朱里さんのメインキャスト3人と、島崎遥香さん、阿部純子さん、太田莉菜さん、片山友希さん、石川恋さんといった各話のゲスト主役が登場するメインビジュアルも公開された。

 ドラマは、女性4人組「劇団雌猫」のエッセー集「だから私はメイクする」(柏書房)を原案にした、シバタヒカリさんの同名マンガ(祥伝社)が原作。「メイク」を通して浮き彫りになる「社会」や「自意識」と闘う女性たちの悲喜こもごもを描く。コスメショップのビューティーアドバイザー(BA)・熊谷すみれを神崎さん、新人BAの近藤芽生を志田さん、芽生の先輩BAの山本織香を吉田さんが演じる。

 「lol-エルオーエル-」のメンバーは主題歌「restart」について、「夢を追いかけているときや、目標に向かって日々頑張っていると、時にはうまくいかない日があったり、心が折れそうになるときが、誰にでもあると思います。この曲は、そんなときに心に寄り添って、『何度でもリスタートして頑張ろう!』『自分自身にエールを送ろう!』というような強さを伝えられる曲だと思います」と説明する。

 さらに「私たちも日々夢を追いかけてる途中で、この曲は、現在進行形の自分たちを鼓舞する曲でもあります。そして、各回のドラマの主人公の気持ちに少しでも寄り添えたらうれしいです。ぜひドラマと共に主題歌も楽しんでいただきたいです」と語っている。

 動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で、10月2日午後9時から独占先行配信する。

(C)「だから私はメイクする」製作委員会
(C)「だから私はメイクする」製作委員会
(C)「だから私はメイクする」製作委員会
(C)「だから私はメイクする」製作委員会

島崎遥香、“メーク沼”にハマる会社員役 ドラマ「だから私はメイクする」第1話にゲスト出演

連続ドラマ「だから私はメイクする」に出演する(左から)島崎遥香さん、阿部純子さん、太田莉菜さん、片山友希さん、石川恋さん(C)「だから私はメイクする」製作委員会
連続ドラマ「だから私はメイクする」に出演する(左から)島崎遥香さん、阿部純子さん、太田莉菜さん、片山友希さん、石川恋さん(C)「だから私はメイクする」製作委員会

 女優の島崎遥香さんが、神崎恵さん主演で10月7日深夜にスタートする連続ドラマ「だから私はメイクする」(テレビ東京、水曜深夜0時58分)にゲスト出演することが9月19日、分かった。島崎さんは第1話に登場。“人並み”になれたらと始めたメークが次第にエスカレートし、メークの沼にハマってしまった会社員・錦織笑子を演じる。

 各話のゲスト主役として、島崎さんのほかに阿部純子さん、太田莉菜さん、片山友希さん、石川恋さんの出演も発表された。阿部さんは第2話でネイルに自分で“推し”の顔を描くことにチャレンジするマンガ家・川松奏子役、太田さんは第3話で美と仕事を両立させるための独自メソッドを持つキャリアウーマン・北郷兎咲役を務める。

 片山さんは第4話で職場の男性たちから受ける「見た目へのアドバイス」にうんざりしている会社員・亀山玲央奈、石川さんは第5話でマダムのお手伝いとして働くことになった元絵画教室講師・月野輪子に扮(ふん)する。

  ◇島崎遥香さんのコメント

 最近、私自身自分に合うメークは何なのかを考えメークさんに相談したりYouTubeを見て勉強したりと試行錯誤している中で今回のお話をいただき、ぜひやらせていただきたいと思いました。素直にうれしかったです!

 台本を読み終えた後、私自身なぜメークをするのかをふと考えさせられて、当たり前のように多くの人々がメークをしていて、メークをする理由など人に聞いたことがなかったけれど、そこには必ず一人一人メークをする理由があって、改めて考えてみると深くて面白いなと思いました。

 笑子は「自分とはこうだ」というものがありカッコいいなと思いました。笑子は言葉にはしていないけれどどこかで、モテメークってなんだ! はやりってなんだ! 周りの目がなんだ! そういうちょっとした反抗心が実はあったりするのではないかなと思うんです。でも私はそこがすごく好きで、そんな笑子を私がやらせていただけたことがうれしくてスタッフの皆さんに感謝します。

 メークをする理由は年齢や性別は関係なく人それぞれで、時と場合によって変えたり、服装やヘアに合わせてどんなメークをするのかを考えたりします。自分らしさを自分の手で表現できる自由さがメークのすてきなところだと思うので、そんな思いがこのドラマにはたくさん詰まっていて多くの方が共感し楽しんでいただける作品になっていると思います。楽しみにしていてください!

人気美容家・神崎恵がドラマ初主演 「だから私はメイクする」志田彩良、NMB48吉田朱里出演 Paraviで独占先行配信も

10月7日スタートの連続ドラマ「だから私はメイクする」に出演する(左から)NMB48の吉田朱里さん、神崎恵さん、志田彩良さん(C)「だから私はメイクする」製作委員会
10月7日スタートの連続ドラマ「だから私はメイクする」に出演する(左から)NMB48の吉田朱里さん、神崎恵さん、志田彩良さん(C)「だから私はメイクする」製作委員会

 元女優で美容家の神崎恵さんが、テレビ東京の「ドラマパラビ枠」(水曜深夜0時58分)で10月7日にスタートする連続ドラマ「だから私はメイクする」に主演することが8月17日、分かった。神崎さんが地上波ドラマで主演を務めるのは初めて。女優の志田彩良さん、「美容系YouTuber」としても知られるアイドルグループ「NMB48」の吉田朱里さんも出演する。

 神崎さんは、かつて⼥優としてドラマや映画などに出演。現在は3人の子育てをしながら、ビューティー誌「MAQUIA(マキア)」(集英社)、「美的」(小学館)などに登場し、「メイク」講座、コスメブランドの商品開発、プロデュースをしている。吉田さんは、YouTubeに「メイク術」やコスメのレビュー動画をアップしており、チャンネル登録者数は80万人を超える。アパレル、化粧品ブランドのプロデュースもしている。

 ドラマは、女性4人組「劇団雌猫」のエッセー集「だから私はメイクする」(柏書房)を原案にした、シバタヒカリさんの同名マンガ(祥伝社)が原作。「メイク」を通して浮き彫りになる「社会」や「自意識」と闘う女性たちの悲喜こもごもを描く。神崎さんはコスメショップのビューティーアドバイザー(BA)・熊谷すみれ、志田さんは新人BAの近藤芽生、吉田さんは、芽生の先輩BAの山本織香を演じる。

 動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、10月2日午後9時から独占先行配信する。

 ◇原作のシバタヒカリさんのコメント

 マンガ家をやる中での遠い夢の一つとしてあった「メディアミックスされたい」ということがこんなに早くかなうとは! とてもうれしいです! ドラマならではの要素もたくさんあるので楽しみにしていただけたらと思います!

 ◇原案の「劇団雌猫」のコメント

 「みんな、どんな気持ちで日々のメイクや服を選んでるんだろう?」。何気ない疑問から始まり、さまざまな方に協力してもらって出来上がったエッセー同人誌。それが書籍になり、コミカライズされ、今度はドラマになるなんて、私たち自身も驚きました。書籍「だから私はメイクする」では、こんな序文を掲げていました。「『自分がどうありたいか』を知るために、私たちは今日もおしゃれして、“社会”という名の戦場へ向かう。」。自分のために、社会のために、何かを探して……。女たちが「メイクする理由(しない理由も!)」が、ドラマを通じてさらに多くの方に伝わるのが楽しみです。私たち4人も、毎週わいわい視聴したいと思います。

 ◇祖父江里奈プロデューサーのコメント

 デパートのコスメフロアを眺めてみると、最近、男性モデルの広告が増えてきたなと思います。「これは男性向け商品です!」と取り立てていうでもなく、何人かいる女性モデルの中に一人男性が自然な形で交じっている感じ。もはや「メイク=女性のもの」という考え方は古いのだと思います。

 しかしそれでもやはり、「メイク」は多くの女性にとって喜びでもあり、かせでもある存在です。それは「女性はメイクして当たり前」という古くからある発想が今なお広く、深く根付いているからでしょう。女性として生きる限りその呪縛から逃れるのは難しいことです。

 だからこそこの作品では、あらゆる人の「メイク」との向き合い方・関わり方をすべて肯定し、何一つ否定することなく描いていこうと思いました。原作コミックは一話完結のオムニバス形式ですが、どの話の主人公も、それぞれに悩みを抱えながらも明るく生きていく選択をします。その底抜けの前向きさが多くの人に支持される人気の理由なのは間違いありません。そんな原作をドラマ化するのに素晴らしい才能が集結してくださいました。

 脚本の坪田(文)さんは実はかなりディープなコスメマニア! 脚本の中に登場するコスメの知識はすべて坪田さんご本人から発せられたものです。チーフ監督のふくだももこさんは才能があるだけでなく、常に明るくて優しいすてきな女性です。まさにこの作品を象徴するような人だと思います。

 そして美容家の神崎恵さん。美容の知識はもちろんですが、悩めるお客さんに優しく寄り添うような物腰は原作の熊谷さんそのもの。特に神崎さんの声がいいんです! 優しくて包み込むように柔らかい。発せられるそのアドバイスに身を預けたくなってしまうこと間違いなしです。多くのコスメブランドにご協力いただき、リアルな商品がたくさん登場します。見れば明日からの「メイク」の役に立つこと間違いなしです。ぜひご覧ください!

(C)シバタヒカリ著「だから私はメイクする」(祥伝社フィールコミ ックス)
(C)シバタヒカリ著「だから私はメイクする」(祥伝社フィールコミ ックス)
(C)劇団雌猫・編「だから私はメイクする」(柏書房)
(C)劇団雌猫・編「だから私はメイクする」(柏書房)

だから私はメイクするテレビ東京「ドラマパラビ枠」(水曜深夜0時58分)
2020年10月7日スタート
動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で10月2日午後9時から独占先行配信