書類を男にしただけで ニュース

書類を男にしただけで:10月11日放送 小芝風花主演の“社会派ラブコメディー” 竜星涼、奥野壮、高橋メアリージュンら出演

特別ドラマ「書類を男にしただけで」のワンシーン(C)TBS
特別ドラマ「書類を男にしただけで」のワンシーン(C)TBS

 女優の小芝風花さんが主演を務める、特別ドラマ「書類を男にしただけで」(TBS)が10月11日午後2時から放送される。手違いから男性として採用されてしまった主人公・箕輪祐希の姿を描く“社会派ラブコメディー”。

 祐希は、セクハラ上司を背負い投げしたことが原因で前職をクビになり、転職活動中。気の強い性格が災いしてか、転職は連戦連敗。そんな中、広告業界最大手の一つ「インサイトエージェンシー」の最終選考に残り、健康診断を受けることに。そこで自分の性別が男として登録されていることが発覚し、健康診断を担当する医師に「ここで女だって言ったら落とされるよ」と追い詰められ、祐希は「男で天下取ってやる!」と決意。スーツに身を包み、男として入社した祐希だったが、同僚男性に恋をしてしまう……という展開。

 竜星涼さん、水沢エレナさん、奥野壮さん、高橋メアリージュンさん、デビット伊東さん、友近さんらも出演。竜星さんは、祐希がインサイトエージェンシーで出会う、イケメンだが中身は永遠の中学生男子のコピーライター杉田哲也、水沢さんは、祐希の同僚で、職場の華として扱われながらも、自分の生き方に不安を感じている須藤あやか、奥野さんは、今どきな後輩社員の鈴井翔平を演じる。

 高橋さんは、祐希が男として働く後押しをする産業医の柏木未来、伊東さんは祐希が転職先で異動となる第7営業部の部長・古橋敏之、友近さんは、祐希らが働く第7営業部のビッグクライアントとなる信玄堂の社長・渡辺リカを演じる。

小芝風花主演ドラマに竜星涼、水沢エレナ、奥野壮ら

特別ドラマ「書類を男にしただけで」に出演する(上段左から)竜星涼さん、水沢エレナさん、奥野壮さん(下段左から)高橋メアリージュンさん、デビット伊東さん、友近さん(C)TBS
特別ドラマ「書類を男にしただけで」に出演する(上段左から)竜星涼さん、水沢エレナさん、奥野壮さん(下段左から)高橋メアリージュンさん、デビット伊東さん、友近さん(C)TBS

 女優の小芝風花さんが主演を務める、10月11日放送の特別ドラマ「書類を男にしただけで」(TBS系)に、竜星涼さん、水沢エレナさん、奥野壮さん、高橋メアリージュンさん、デビット伊東さん、友近さんが出演することが9月25日、分かった。

 竜星さんが、祐希が転職先で出会う、イケメンだが中身は永遠の中学生男子のコピーライター杉田哲也、水沢さんが、祐希の転職先の同僚で、職場の華として扱われながらも、自分の生き方に不安を感じている須藤あやか、奥野さんが、今どきな後輩社員の鈴井翔平を演じる。

 また高橋さんが、祐希が男として働く後押しをする産業医の柏木未来、伊東さんは祐希が転職先で異動となる第7営業部の部長・古橋敏之、友近さんが、祐希らが働く第7営業部のビッグクライアントとなる信玄堂の社長・渡辺リカを演じる。

 ドラマは10月11日午後2時から放送(一部地域をのぞく)。

小芝風花、主演ドラマ「書類を男にしただけで」で男装スーツ姿披露 肩パット、インヒールで「工夫」も

特別ドラマ「書類を男にしただけで」のビジュアル(C)TBS
特別ドラマ「書類を男にしただけで」のビジュアル(C)TBS

 女優の小芝風花さんが、TBSで放送される特別ドラマ「書類を男にしただけで」に主演することが9月22日、分かった。小芝さんが同局のドラマで主演を務めるのは初めて。手違いから男性として入社してしまった小芝さん演じる主人公が、女性であることがばれないように奮闘する姿を描く“社会派ラブコメディー”。小芝さんのスーツ姿も公開された。

 セクハラ上司を背負い投げしたことが原因で前職をクビになり、転職活動中の箕輪祐希(小芝さん)は気の強い性格が災いしてか、転職活動は連戦連敗。そんな中、広告業界最大手の一つ「インサイトエージェンシー」の最終選考に残り、健康診断を受けることに。そこで自分の性別が男として登録されていることが発覚。健康診断を担当する医師に「ここで女だって言ったら落とされるよ」と追い詰められ、祐希は「男で天下取ってやる!」と決意する。男として入社した祐希だったが、同僚男性に恋をしてしまう……という展開。

 ドラマは10月11日午後2時から放送(一部地域をのぞく)。

 ◇中西真央プロデューサーのコメント

 「エントリーシートを男で出していたら私の人生もちょっと違ったかな」。おととし明らかになった医学部入試での女子や浪人生に対する不正な減点のニュースを見ていて、私自身がふとそんなことを考えたのがこの企画のきっかけでした。

 私は幼いころから女性の友人と同じくらい男性の友人も多く、一緒にバカみたいな話をするのが好きなタイプでした。でも、どうにもならない違いがあるのは事実で、たとえふざけて男扱いされようとも、女の私が男のようには生きられない。そのことを実感してきました。また、男子と女子では「モテ」の構造も違うと思っていて、男子は面白さやスター性でモテる人も多いですが、女子はそうとは限らない。こうした日常の中にあるささいな違いから許しがたい理不尽な違いまでを、誰かを傷つけたりすることなく、コメディーの力を借りて描けたらと思って生まれたのが今回の企画です。

 主演の小芝風花さんは、可愛いらしさはもちろん、お芝居からあふれる芯の強さが魅力だと感じており、今回、「男性であろうと女性であろうと、私の仕事の仕方は何一つ変わりません!」と言い切れる強い女性(男性?)にぴったりだと感じてオファーさせていただきました。常に明るく元気で、スタッフみんなを笑顔にさせてしまうすてきな存在です。イケメンすぎる男装姿には皆様もきっとキュンとしてしまうと思いますのでご期待ください!

 今回は、初のプロデュースとなる私を含め、若いスタッフが非常に多く集まってくださいました。斬新なアイデアやフレッシュな感覚を殺さず積極的に取り入れていくことで、いつもとは何か違うと感じてもらえる作品になればいいなと思っています。「書類を男にしただけで」、どうぞよろしくお願いいたします。