教場2 キャスト

教場2キャスト

木村拓哉
福原遥
矢本悠馬
杉野遥亮
眞栄田郷敦
岡崎紗絵
戸塚純貴
高月彩良
目黒蓮(Snow Man)

木村拓哉の“最恐”教官が帰ってくる! 2021年新春に「教場」第2弾放送決定

スペシャルドラマ「教場」主演の木村拓哉さん(C)フジテレビ
スペシャルドラマ「教場」主演の木村拓哉さん(C)フジテレビ

 今年1月4、5日に2夜連続で放送された木村拓哉さん主演のフジテレビ開局60周年特別企画新春SPドラマ「教場」の第2弾が、2021年の新春に2夜連続で「教場2」(仮)として放送されることが8月30日、明らかになった。木村さんが主演を務めた単発ドラマのシリーズ化は、今作が初めてとなる。前作は2夜連続で個人全体視聴率9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・4日の世帯視聴率は15.3%、5日は15.0%)を獲得。後編放送直後から、番組の公式ホームページやSNSなどで「続編に期待」「早く続編見たい!」「ぜひ続編を!」など、続編を希望する声が上がっていた。

 ドラマは長岡弘樹さんのベストセラー小説(小学館)が原作。警察官を目指す人たちが通う警察学校の教室“教場”を舞台に、木村さん演じる右目が義眼の冷徹無比な教官の風間公親(きみちか)と、よこしまな思惑を持つ生徒たちの姿を描く“警察ミステリー”。

 木村さん演じる警察学校“最恐”の教官・風間は、ほかを寄せ付けることすら許さないすごみのある立ち居振る舞いで、生徒たちを恐怖で震え上がらせる冷酷無比な教官。生徒がトラブルを抱えた途端、退校届を突きつける非情にも思える行動を取る風間だが、それは警察学校を“適性のない人間をふるい落とす場”と考えているため。前作では、木村さんの「新境地」という評価が目立った。

 脚本は「踊る大捜査線」シリーズの君塚良一さん、演出は木村さんも出演した「若者のすべて」「眠れる森」「プライド」などの中江功さんが引き続き担当する。

 前作後編のラストシーンでは伊藤健太郎さんや三浦貴大さん、上白石萌歌さんらが登場しており、新作への出演に注目が集まる。追加キャストは後日発表される。クランクインは9月を予定。

 ◇木村拓哉さんのコメント

 ーー「教場2」(仮)の放送が決まった時の思いをお聞かせください。

 (『教場』第1弾を)年明け早々にこういう空気感のドラマを放送することが当初はどうなんだろうか……?と疑問に思っていましたが、監督をはじめ、制作陣のモチベーションの高さ、挑戦の形がしっかり作品に投影できていたことが、見てくださった方に伝わったのかなと思います。制作サイドが“いける”と思って作るモノと、視聴者の方が見たいと思ってくださり、制作がそれに応えて作るモノなど、いろんなパターンの作品がある中で、今回は視聴者の方からのお気持ちとこちら(制作)の気持ちのバランスが非常に取れたことで、今作をスタートできることになったのではないかなと思います。

 ーー前回の「教場」の撮影・放送の反響など振り返っていただけますでしょうか?

 風間公親という男のキャラクターにすごく特徴があるので、見てくださった反響をじかに自分に届けてくださる方の多さにびっくりしました。(ドラマの)内容が内容なので放送直後に、実際に勤務されている警察官の方々を見かけたときに、自分は私生活を送っているだけなんですが、警察官の方々から“あ、キムタクだ!”じゃなくて、“あ、風間教官だ!”というような目で見ていただけて、現職の方々にそういうふうに捉えていただけたことがうれしかったですね。一応、僕らがやっているのはフィクションですが、少しでも面白いエンターテインメントをこれから作るにあたって、いろんなさじ加減が必要になると思いますので、そのさじ加減を見ながらバランスよく作っていきたいです。

 ーー改めて、風間公親という男についての印象や役に対する思いは?

 僕自身、原作を読ませていただいて、風間公親は“すごく偏った真心を持っている人”。愛情的にも偏っているし、真心も本気もすべてが偏っています。ですが、見返りを一切求めない、風間公親というキャラクターは、笑顔はないですが、すごくいとしい人だなと思います。演じたからこそ、よりそう思えるのかもしれません。立場上教官なので、不完全な人間を世の中に送り出すことはできない、送り出したくはないという思いが人一倍強いのだと思います。

 ーー生徒役の皆さんの印象はいかがですか?

 生徒役の皆さんが訓練されているところに今日初めて立ち会わせていただきました。今回も彼らの魅力や輝き、集中力だったりの力を借りることになると思います。生徒の皆さんは“なんでこんなこと(厳しい訓練)をやらされないといけないんだろう?”と、思っていると思いますが……(笑い)。でもそこは切り替えていただいて、前回の198期に負けない期にしていただきたいなと思います。

 ーーコロナ禍での撮影になりますが“チーム教場”でどんな「教場2」(仮)を作っていきたいですか?

 正直な話、「教場」の次作があるかもしれないといううわさ話が自分の耳に届いた時点では、“この状況で最後までやり通せるだろうか”というのが最初の思いでしたが、自分が一番好きではない“やる前からできないと決めつける”というのは違うと思い、出演者・スタッフが力を合わせ、全てに対して本気でやるしかないと思っています。

 ーー「教場2」(仮)の放送を楽しみにしている視聴者に向けメッセージをお願い致します。

 やると決まった以上は全力で取り組ませていただきますので、皆さんにお届けできるようにやり切りたいと思います。

“最恐教官”木村拓哉の教え子に福原遥、眞栄田郷敦、矢本悠馬、杉野遥亮ら 「教場」第2弾の生徒役7人発表

2021年新春放送のスペシャルドラマ「教場2」(仮)に出演する(上段左から)福原遥さん、矢本悠馬さん、杉野遥亮さん、(下段左から)眞栄田郷敦さん、岡崎紗絵さん、戸塚純貴さん、高月彩良さん(C)フジテレビ
2021年新春放送のスペシャルドラマ「教場2」(仮)に出演する(上段左から)福原遥さん、矢本悠馬さん、杉野遥亮さん、(下段左から)眞栄田郷敦さん、岡崎紗絵さん、戸塚純貴さん、高月彩良さん(C)フジテレビ

 木村拓哉さん主演で2021年新春に2夜連続で放送されるフジテレビのスペシャルドラマ「教場2」(仮)に、福原遥さん、矢本悠馬さん、杉野遥亮さん、眞栄田郷敦(まえだ・ごうどん)さん、岡崎紗絵さん、戸塚純貴さん、高月彩良さんが出演することが9月30日、分かった。福原さんらは、警察官を目指す人たちが通う警察学校の「200期」の生徒を演じる。福原さんら7人が、木村さんと共演するのは初めて。

 ドラマは長岡弘樹さんのベストセラー小説(小学館)が原作で、警察官を目指す人たちが通う警察学校の教室“教場”を舞台に、木村さん演じる右目が義眼の冷徹無比な教官・風間公親(きみちか)と、生徒たちの姿を描く“警察ミステリー”。今年1月に2夜連続でフジテレビ開局60周年特別企画新春スペシャルドラマとして放送され、今回はその第2弾。

 福原さんは、とある出来事から警察官を目指しているが自分に自信を持てない忍野(おしの)めぐみ、矢本さんは時間の感覚が人と違っていて、たびたび遅刻をする問題児の漆原透介、杉野さんは真面目で実直な性格の元剣道国体選手・比嘉太偉智(ひが・たいち)、眞栄田さんは手先が器用で鑑識を目指す稲辺隆、岡崎さんは優秀かつ快活で、誰にでも人当たりのよい優等生的存在の伊佐木陶子(とうこ)、戸塚さんはムードメーカーの吉村健太、高月さんは勝ち気な性格で負けず嫌いの体育会系女子・堂本真矢を演じる。

 福原さんは出演について「前回の『教場』を見て、すごく感動して、『私もこの作品に出たい』と思っていたので、出演が決まった時はとてもうれしかったです。緊張や不安はすごく感じましたが、それ以上に楽しみという感情の方が勝っていました」と喜び、「今回、自分がこの作品に出られるということは憧れの場所に立つようなものなので、本当に楽しみです」と意気込んでいる。今回、役作りでショートヘアとなった福原さんは「ドラマでここまでのショートカットでお芝居することは今までなかったです。なので、ショートカットの自分にまだ見慣れないです(笑い)」と語っている。

 矢本さんは「木村拓哉さんと初共演ということもあり、お会いしたい方だったので素直にテンションが上がりました。ただ、稽古(けいこ)を進めていくうちに、大変な現場に来たなと(笑い)。なめていたわけではないんですが、思っていた以上の緊張感があります」と語り、初共演の木村さんについては「テレビでしか見たことがありませんが、プロ意識が高く、自分に妥協を許さない方だと思いますし、訓練でお会いしたときはすごく情熱のある熱い方という印象でした。所作訓練に木村さんに来ていただいたんですが、僕は木村さんに気付くまでが他の生徒より遅くて……。自分の練習の反省点を頭で振り返っていたときに、ふと見たら『知らない人いるな。刑事の服ってことは……』と思って、生徒全員の顔を見渡した瞬間に、全員の緊張感を察して、『木村さんだ!』と気付きました」と振り返っている。

 杉野さんは「実は、この作品の出演が決まる前、『教場』第1弾に出ていた友達がいまして、『相当厳しい現場だった』という話を聞いていました。今回自分の出演が決まり、“自分がどこまでやれるのか”と、少し楽しみでもありましたが、初めて所作訓練をしたときに、打ちのめされてしまって……。厳しい現場ですが、どんどん気持ちも入ってきて楽しんでできるようになってきています」とコメント。木村さんについては「先日、所作訓練で初めてお会いして、『こんなにカッコイイ人いるんだ』という印象で、すごく輝いていました。僕、オーラに敏感なんです(笑い)」と語っている。

 眞栄田さんは出演について「ワクワクとプレッシャーが今でもすごいです」とコメント。鑑識を目指す稲辺を演じることには「自分にとってすごく大きなチャレンジになると思いました」と語り、今回の台本を読んで「すごく面白かったですが、読めば読むほどプレッシャーが大きくなっていきました。今の自分の実力と、稲辺という役にしっかり向き合っていきたい」と意気込んでいる。初共演の木村さんについては「近くでいろいろと見させていただきたいですし、盗めるものはしっかり盗んでいきたいです」と語っている。

 岡崎さんは、今回の出演に「本当にうれしかったです。前回の『教場』は、放送の発表があったときからすごく注目していて、見るのを楽しみにしていた作品でした。第2弾となる今作に出させていただける、そしてその仲間になれるというのはすごく光栄なこと」と喜んでいる。優等生的存在の陶子を演じるために「筋トレはやっています。通常の訓練にプラスして自主的にトレーニングしないと追いつかないと思うので、自分でダンベルをひたすら上げたり、外出自粛の期間中も自宅で欠かさずトレーニングしていました」と明かし、「髪形も物心ついてからずっとロングだったんですが、この役のためにバッサリ切ったので、今の自分を見るのはすごく新鮮ですし、警察学校の生徒だという気持ちのスイッチも入りました」とコメントしている。

 戸塚さんは、所作訓練について「初日が特に大変でした。普段やらないことばかりなのと、団体行動なので、個々ができていても成功にはならないというのが一番難しいところだと思います。合わせるのが本当に大変で、スタッフさんや指導していただいている警察監修の先生から『前作と比べられるからね』とすごいプレッシャー掛けられていて(笑い)。僕自身たき付けられて熱くなれるので、いいモチベーションで臨めています」と明かしている。初共演の木村さんについては「妥協しない方というのを、すごく感じるので、生徒の訓練にもいらっしゃって、訓練が終わるまで一日ずっと見てくださったりするのは、僕らにプレッシャーを与えるためにあえてやってらっしゃることだと思っています」と話し、「僕らに対しても自分に対しても、プロフェッショナルとして役作りに専念する姿や姿勢をちゃんと見せてくださるのは作品に対しての自信すら感じますし、役を演じる上でとても大切なことを教えてくれている気がします」と語っている。

 高月さんは、今回の出演に「視聴者として見ていた作品でしたので、出演が決まったというお話をいただいた時はびっくりで、プレッシャーより先にうれしさが込み上げてきました。その後、プレッシャーや緊張が募ってきましたが、憧れの作品の現場で戦えるということがすごく楽しみでした」と語っている。体育会系女子の真矢を演じるため「ジムに行って筋トレをやっていますが、実は筋トレが苦手で、運動神経もよくないのですごく不安です……。役に合わせて髪の毛も短く切り、しぐさや姿勢など、見た目から警察学校の生徒に近付けるようにしています」とコメントしている。

 木村さんは、福原さんらについて「一度お会いしただけなので、まだ分からないですが、前回の生徒たちと比べ、200期のみんなは、非常に『偏差値が高そう』な印象です。その分おとなしくて、自分を含めた30人の集合体にいかにしてなじもうか、いかにして溶け込もうかとしている感じなのかなと。撮影を進めていく中で、彼らがここからどうなっていくのか楽しみです」とコメントを寄せている。

 ◇渡辺恒也プロデューサーのコメント

 警察学校という知られざる密室の中で繰り広げられる、個性豊かな生徒たちの人間模様が、この「教場」という作品の大きな魅力の一つです。今回の風間教場の生徒たちももちろん、それぞれの動機を胸に、警察官を目指す真面目で聡明(そうめい)な生徒たちばかりですが、心の中には人には言えない秘密や悩みを抱えて、さまざまな葛藤を持って警察学校に入校してきています。

 一見、従順そうに見えても、風間や他の教官の手にも負えないくせ者ぞろいの生徒たちを演じていただく俳優陣には、すでに多くの映画・ドラマでその活躍を見せてくれている若手の実力派から、フレッシュな魅力あふれるこれからの注目株まで、まさに粒ぞろいの面々が集結しました!

 彼らは皆、撮影に入る前から、警察学校という場のリアリティーを極限まで高めるべく、並々ならぬ覚悟で所作訓練に挑んでいます。前作に負けない“最強”の200期を作るべく、全力で役に向き合い、“最恐”の風間教官にも逃げることなくぶつかっていってくれることでしょう。今が旬の豪華俳優陣たちが見せる、熱く若い輝きに、視聴者の皆さんにも期待していただきたいです。

 そして実は、今作の中心となる200期の生徒は、今回発表した彼らだけではありません。ストーリーのカギを握る生徒たちについては、後日改めて発表しますので、続報をお楽しみに!

Snow Man目黒蓮、“トレードマーク”のテクノカットをバッサリ「ここまでの短髪は人生初」 「教場2」で“初物づくし”のドラマ出演

2021年新春放送のスペシャルドラマ「教場2」(仮)に出演する「Snow Man」の目黒蓮さん(C)フジテレビ
2021年新春放送のスペシャルドラマ「教場2」(仮)に出演する「Snow Man」の目黒蓮さん(C)フジテレビ

 人気グループ「Snow Man」の目黒蓮さんが、木村拓哉さん主演で2021年新春に2夜連続で放送されるフジテレビのスペシャルドラマ「教場2」(仮)に出演することが10月18日、分かった。目黒さんがゴールデン帯のドラマに出演するのは初めて。また、Snow ManとしてCDデビュー後初のドラマで、フジテレビ系ドラマにも初出演となる。目黒さんは本作への出演にあたり、自身のトレードマークであるテクノカットから短髪に変身。「ここまでの短髪は人生初」だという。

 ドラマは長岡弘樹さんのベストセラー小説(小学館)が原作で、警察官を目指す人たちが通う警察学校の教室“教場”を舞台に、木村さん演じる右目が義眼の冷徹無比な教官・風間公親(きみちか)と、生徒たちの姿を描く“警察ミステリー”。今年1月に2夜連続でフジテレビ開局60周年特別企画新春スペシャルドラマとして放送され、今回はその第2弾。

 目黒さんは、風間が教官を務める200期の生徒で、冷静な観察眼を持ち、警察一家に生まれた杣利希斗(そま・りきと)を演じる。木村さんとの共演は本作が初となる。

 目黒さんのほかに、生徒役で福原遥さん、矢本悠馬さん、杉野遥亮さん、眞栄田郷敦(ごうどん)さん、岡崎紗絵さん、戸塚純貴さん、高月彩良さんも出演する。

 ◇目黒蓮さんのコメント

 ーー「教場2」(仮)の出演が決まった時の思いをお聞かせください。

 一言で言うと、“震えました”。うれしいという気持ちと、プレッシャーが同時にきました。自分がやってみたかったことをやらせてもらえることはすごくうれしいことなので、出演が決まった瞬間から自分には何ができるのか、どんな準備ができるのかを考えながらここまで過ごしてきました。

 ーーSnow Manデビュー後、初ドラマ、ゴールデン帯ドラマ初出演、フジテレビ系ドラマにも初出演と“初物づくし”になりますが?

 とにかく僕は人生において、“どれだけ楽しいことを経験できるか”ということを考え方の土台にしていて、いろんなことに挑戦したいという思いで常にいます。今回初めてのことがたくさんあるということは、それだけいろんなことに挑戦できているということなので、“初物づくし”は非常にうれしいですね。今までお芝居をすることについて興味は持っていましたが、その興味をいつかお仕事につなげたいと思っていたので、このお話をいただいたときは、“楽しみ”という感情が大きかったです。

 ーー今回の「教場2」(仮)の台本を読んでの印象はいかがですか?

 第1弾の「教場」を拝見したので、台本を読んでいて、“あー、この感じ!”とすぐに映像がイメージできました。緊張感のある、あの雰囲気というのをイメージしながら台本を読んでいるので、生徒のみんなが成長していく過程で、いろんなエピソードがあって、またその伏線が回収されていくという、この作品の僕が好きな要素を強く感じました。

 ーー役に合わせて3年半ほどしていたテクノカットをバッサリと切って、メガネ姿となりますが?

 ここまでの短髪は人生初ですね。メガネも普段はしないので、ファンの方は、この姿をどう見られるんでしょうね。この髪形って、もう“教場”じゃないですか(笑い)。なんとか出演が発表されるまでにバレないように、撮影現場以外ではちょっとでも髪形を変えておきます(笑い)。

 ーー「教場2」(仮)への出演が決まって、メンバーの反応はいかがですか?

 実はまだ、メンバーに言っていないんです(笑い)。絶対に喜んでくれるというのは分かっているので、僕が言うよりも、世の中に“バン!”と、情報が出てから知った方がメンバーのみんなは喜んでくれるだろうと思っています。

 ただ、グループで共有しているカレンダーには、“目黒→所作訓練”、“目黒→ドラマ”のようなスケジュールが入っているので、メンバーは内心、“何のドラマだろう?”と、気にはなっていると思います。実際に何のドラマか聞いてきたメンバーもいるんですが、絶対に教えないようにしています! そして、この発表の時に、“「教場2」(仮)のことだったんだ!”と、ファンの皆さんと一緒に驚いてくれるのを楽しみにしています。

 ーー初共演となる事務所の大先輩・木村拓哉さんの印象はいかがですか?

 僕がジャニーズに入って、もうすぐ10年になるんですが、入所してからしばらくは全く自分の思うようにできなくて、デビューなんて絶対にできないであろう位置にずっといました。中学・高校くらいのときは、“辞めたい”と思うことが何度もありました。それでも仕事やレッスンには行かないといけない、行きたくないな……という憂鬱な気持ちで電車に乗っているときに、SMAPさんの「この瞬間、きっと夢じゃない」だけを永遠にリピートして聴いて、自分を奮い立たせていたんです。あの曲がなかったら心が折れていたと思います。

 あの時にすごいパワーをいただいた方が自分の目の前にいて、お仕事できているんだというのがすごく感慨深かったです。今でもたまに聴きますが、聴くだけで当時のことを全部思い出して、涙が出ちゃうくらいです。当時は本当につらかったです。でも、そんなところにいた自分がこうやってご本人と一緒にお仕事できているというのは、人生本当に何があるか分からないなと思っています。

 今回せっかくご一緒できるので、その時間、緊張感、全てを味わえることは自分にとってものすごく勉強になるので、その空間を楽しみたいと思います。芸能界のトップを走られている方なので、お芝居についてどんなことを意識されているのかなどできる限り聞いて、勉強したいと思っています。

 ーー「教場2」(仮)の放送を楽しみにしている視聴者に向けメッセージをお願いいたします。

 前回の「教場」を見ているファンの方たちに、今回も面白いと思ってもらえるような作品にしたいと思います。今のご時世にこの作品を見て、卒業していく生徒たちを見て、“頑張っていればいつか報われる!”と、思ってもらえるように一生懸命頑張ります!

 ◇渡辺恒也プロデューサーのコメント

 お仕事でご一緒するのは今回が初めてですが、現場で見る役者としての目黒さんは、「学べるものはすべて吸収してやろう」とする“ひたむきさ”が魅力であり、大きな武器でもあると感じました。木村さんとの2ショットのお芝居でも、自分自身の役と、風間教官に対しても真っすぐに向き合っていく姿が印象的です。

 杣は、あまり感情を表に出さず、他の生徒たちとは少し距離を置いている、どちらかというとクールなタイプですが、実は内面に警察官としての信念につながるものを持っていて、風間にも似た鋭い観察眼を持った優秀な生徒でもあります。自分とは違った道を歩んできた役を演じる、役を生きる喜びみたいなものが、毎回の撮影後の目黒さんの表情から感じられるのが、スタッフとしてもうれしく思います。

 トレードマークだったテクノカットに別れを告げて、短髪になって役に挑む目黒さんの覚悟と、役者・目黒蓮という新たな魅力を、今作で存分に味わっていただきたいです!