教場2 あらすじ

教場2あらすじ

 ドラマ「教場2」(仮)は、2020年1月4、5日に2夜連続で放送された木村拓哉さん主演のフジテレビ開局60周年特別企画新春SPドラマ「教場」の第2弾。2021年の新春に2夜連続で放送される。木村さんが主演を務めた単発ドラマのシリーズ化は、今作が初めてとなる。

 ドラマは長岡弘樹さんのベストセラー小説(小学館)が原作。警察官を目指す人たちが通う警察学校の教室“教場”を舞台に、木村さん演じる右目が義眼の冷徹無比な教官の風間公親(きみちか)と、よこしまな思惑を持つ生徒たちの姿を描く“警察ミステリー”。

 脚本は「踊る大捜査線」シリーズの君塚良一さん、演出は木村さんも出演した「若者のすべて」「眠れる森」「プライド」などの中江功さんが引き続き担当する。

 前作後編のラストシーンでは伊藤健太郎さんや三浦貴大さん、上白石萌歌さんらが登場しており、新作への出演に注目が集まる。

ドラマ「教場2 」のあらすじ