アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~ キャスト

アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~キャスト

香取慎吾
MEGUMI
清水尋也
勝村政信
関水渚
山本耕史

香取慎吾、SMAP解散後初、5年ぶり民放ドラマで主演 2021年の幕開けに「今の香取慎吾の全力をお届けしたい」

連続ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」に主演する香取慎吾さん=テレビ東京提供
連続ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」に主演する香取慎吾さん=テレビ東京提供

 香取慎吾さんが、テレビ東京で来年1月期に放送される連続ドラマ「アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室」で主演を務めることが10月1日、分かった。香取さんは「SMAP」解散後初、約5年ぶりの民放ドラマ出演。テレビ東京のドラマには1988年の「あぶない少年III」以来、約33年ぶりの出演となる。SMAPの人気冠番組「SMAP×SMAP」(カンテレ・フジテレビ系)と同じ毎週月曜午後10時から放送される。

 ドラマは、インターネットの誹謗(ひぼう)中傷などキーボードによる“殺人”=指殺人をテーマにしたサスペンスで、「バイプレイヤーズ」「40万キロかなたの恋」などを手がける濱谷晃一プロデューサーのオリジナル作品。社内企画募集で300通を超える応募の中から選ばれた。

 警視庁が試験的に新設した専門の対策室「警視庁指殺人対策室」、通称「指対(ゆびたい)」を舞台に、万丞ら出世コースから外れたクセモノばかりのメンバーたちが顔の見えない犯罪者=アノニマスを見つけ出し、指殺人に苦しむ人々の事件を解決に導いていく……というストーリー。

 香取さんが演じるのは、主人公のワケあり捜査官・万丞渉。元捜査1課で鋭い洞察力を発揮していたが、ある事件をきっかけに第一線から外され、指対に異動してきたという役どころだ。

 「ドラマプレミア10」枠で放送。動画配信サービス「Paravi(パラビ)」でも配信予定となっている。

 ◇香取慎吾さんのコメント

 5年ぶりの民放ドラマ、33年ぶりのテレビ東京でのドラマ。小学生だった僕が電車でテレビ東京に通っていた時の緊張感がよみがえります。2021年の幕開けに、僕を必要としてくれたスタッフの皆様の思いと共に、テレビで、テレビ東京で、今の香取慎吾の全力を視聴者の皆様にお届けできるように頑張ります。初めてテレビに出させてもらった時の喜びを思い出しながら!

 僕がSNSを始めて3年がたちました。僕はSNSに助けられています。応援してくれているみなさんの言葉に、いつも笑顔をもらっています。でも、始める前に思っていたSNSへの怖さも忘れてはいません。SNSと生きる今。このドラマ「アノニマス」がSNSの闇だけではなく、その先の光も描いてくれたらと思っています。

 ◇濱谷晃一プロデューサーのコメント

 SNSの誹謗中傷問題に苦しむ人がたくさんいます。言われる方に問題がある、嫌なら見なければいい、という声もよく耳にします。そして、個々の正義感に基づき、社会の不祥事や不道徳を正そうと義憤に駆られている人もいます。普段、感じるこのモヤモヤをドラマにして描きたいと思いました。コンセプトは「もしも、SNSの誹謗中傷問題を専門に捜査する部署が新設されたら?」。正解はないかもしれませんが、香取さん演じる主人公の万丞渉と一緒に、模索していけたらと思います。

 香取さんとのお仕事は約10年前に「ピラメキーノ」でピラメキ体操を踊ってもらって以来ですが、主演映画「凪待ち」も拝見し、俳優としてより魅力的になっていると実感しました。民放5年ぶり、テレ東33年ぶりのドラマ出演だそうです。今の香取さんの魅力が光り、視聴者の皆さんにも満足していただけるドラマになるよう、精いっぱい頑張ります!

“指対”メンバーで関水渚、MEGUMI、清水尋也、勝村政信が出演

連続ドラマ「アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~」に出演する(左から)清水尋也さん、MEGUMIさん、香取慎吾さん、関水渚さん、勝村政信さん(C)「アノニマス」製作委員会
連続ドラマ「アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~」に出演する(左から)清水尋也さん、MEGUMIさん、香取慎吾さん、関水渚さん、勝村政信さん(C)「アノニマス」製作委員会

 香取慎吾さん主演で、2021年に1月にスタートする「アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~」(テレビ東京、月曜午後10時)に、関水渚さん、MEGUMIさん、清水尋也さん、勝村政信さんが出演することが12月12日、分かった。ドラマは、SNSトラブル専門の対策室「警視庁指殺人対策室」通称「指対(ゆびたい)」が舞台で、4人は指対のメンバーを演じる。関水さんは同局のドラマに初出演となる。

 万丞の相棒であり本作のヒロイン・碓氷咲良(うすい・さくら)を関水さん、“特定”が得意な“鬼女”・菅沼凛々子をMEGUMIさん、指対室のデジタル担当・四宮純一を清水さん、万丞の上司で指対室の室長・越谷真二郎を勝村さんが演じる。

 関水さん、MEGUMIさん、清水さん、勝村さんのコメントは以下の通り。

 ◇関水渚さんのコメント

 以前からテレ東さんのドラマもバラエティーも大好きで一視聴者として楽しませてもらっていたので、ついにテレ東さんの作品に出演させていただけると聞いてとってもうれしかったです。そして、SNSを通して起きた事件を扱うということで今までにない新感覚のドラマになりそうだなと、ワクワクしています!

 まだ撮影前ですが、真っすぐで熱くなりやすくて、でもちょっぴり抜けてる咲楽の人間としての可愛らしさにとてもひかれています。咲楽の心の動きを思いっきりよく、繊細に丁寧に演じられたらと思っています。また、トップスターで、憧れの存在の香取さんと共演させていただくということは、今でも夢のようです。香取さん演じる万丞の大きな背中を追いかけて、全力で咲良を走り抜きたいと思います!

 SNS時代の今、本当に大切なことを改めて共有できるドラマだと思います。特にSNSを使ったことがある全ての方に、ドラマの中だけの話だと思わず、ぜひご覧いただきたいです。

 ◇MEGUMIさんのコメント

 香取さんとドラマで共演させていただくのは、過去にSPドラマで1回共演させていただいて以来です。とてもご無沙汰しているんですが、香取さんは幅広い世代にとってのスターであり多才な方。アートも映画も拝見させていただき、なんでもできる方という印象があるので、香取さんとがっつり濃厚な撮影ができるということは光栄で楽しみにしていました。

 今回演じる凛々子という役は私の中には全くない感覚なんですが、分からないことを突き詰めて、突き詰めて、突き詰めて、分かっていく快感を抱いているんだと思います。また、凛々子が"鬼女"をやっているのは、自分の生活環境の中で今の時代を強く生きていくためなのだろう思っています。SNSというこの時代だからこそ生まれた形で、今しか描け無いテーマだと思います。

 2020年はSNSがきっかけで起きた悲しい事件やニュースがたくさんあって、私自身もこのテーマについて考えていたのでこんなストレートにこのスピード感でこうしたドラマ作品を描いたのはすごいことだなと思いますし、意味のあることだなと思います。自覚がなくてもSNSに依存していたり、SNS上でつながっている人が多いなかでの人とのつながりだったり、気が付いていないけど人を傷つけていたり……。SNSとの付き合い方を自分に置き換えてこのテーマを考えていただいたらと思います。

 ◇清水尋也さんのコメント

 四宮純一を演じます、清水尋也です。素晴らしいキャスト、スタッフの皆さんと共に、一つの作品へと臨めることを光栄に思います。香取さんをはじめ、大先輩方との共演は身の引き締まる思いです。この作品を通じてさまざまなことを学び吸収し、人として、役者としてまた一つ成長していきたいと思っています。

 "アノニマス"という作品に込められたメッセージや、四宮純一という人間を、芝居を通じて皆様にお届けできるよう精いっぱい演じさせていただきます。昨今、社会的に問題視されているSNS上での誹謗中傷。SNSと共に育ってきた世代の人間として、目の前の現実から目を背けることなく、誠実に向き合っていきたいと思います。よろしくお願い致します。

 ◇勝村政信さんのコメント

 撮影は本当に楽しみです。昔SMAP×SMAPで共演した時に上から泥の中に落ちるコントがあって、香取くんと二人きりになった時に香取くんから小声で「落として!落として!」っていわれて香取くんが泥んこになったことを思い出しました(笑い)。

 俳優を始めたころに東映の刑事ものなどは演じさせていただきましたが、そのころの刑事ものと最近の刑事ものは犯罪の種類が違うので、まるで別物になっていると感じます。昔は拳銃を打つシーンが多かったですが最近はネット犯罪や詐欺などの事件を扱うことが多くなりそういう役に対応をしないといけないんだなと思っています。昔の刑事ドラマのように勧善懲悪で犯人を叩きのめして最終的にみなさんの留飲が下がる、スカッとする、というストーリーが多かったですが、今は犯人を捕まえても被害者の思いに焦点があたり釈然としないストーリーの作品も出てきた。今は現実がそうなっている。アノニマスの第1話でも被害者に焦点が当たる。ドラマの水準が上がり、市井にあってきた、夢物語ではなくリアリティを描くようになってきたと思っています。

 (ドラマを通じて伝えたいのは)「希望」です。亡くなった命は戻ってこないですが、これからすこしでも悲しい思いをする人たちが減っていくよう、僕らも頑張っていかないとと思っています。

山本耕史 香取慎吾主演「アノニマス」で対立関係の刑事役 「新選組!」以来、16年ぶりのドラマ共演

1月25日にスタートする連続ドラマ「アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~」に出演する山本耕史さん(右)と主演の香取慎吾さん(C)「アノニマス」製作委員会
1月25日にスタートする連続ドラマ「アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~」に出演する山本耕史さん(右)と主演の香取慎吾さん(C)「アノニマス」製作委員会

 俳優の山本耕史さんが、香取慎吾さん主演で2021年1月25日にスタートする連続ドラマ「アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~」(テレビ東京、月曜午後10時)に出演することが12月25日、明らかになった。香取さんと山本さんがドラマで共演するのは、香取さんが主演した2004年放送のNHK大河ドラマ「新選組!」以来、約16年ぶり。プライベートで仲良しの2人だが、「アノニマス」では、香取さん扮(ふん)する捜査官・万丞渉(ばんじょう・あゆむ)と対立関係にある捜査1課の刑事・羽鳥賢三を演じる。

 ◇山本耕史さんのコメント

 --オファーがあった時の感想をお聞かせください。

 香取くんとは大の仲良しなので本当にうれしい限りです。最初香取くんがテレビ東京でドラマをやるって聞いたときに「何で俺に話が来ないのかな(笑い)」と思ったくらいで。香取くんから「出てくれないんですか!」と言われて、「オファー来てないから!」って返してスケジュールの話をしていたら、すぐに出演のオファーをいただけました! ぜひ一緒にやりたいと思っていたけど、まさか本当になるとは思わなかったところもあるからうれしいです。香取くんの久しぶりの民放の連ドラなので少しでも力になれればうれしいなと思います。

 --今回のドラマはSNS犯罪がテーマですが。

 僕自体がそんなにSNSをやっていないですが、ニュースでもここ最近、SNSの犯罪は社会の問題として目にすることもあります。今までこういったドラマがなかったのは意外だったというのもありますが、今まさに社会の問題として目をつぶっていられないような状況になりつつあります。投稿する側は軽い気持ちでも、受け取る側は真摯(しんし)に受け止めてしまうこともある。それを今回のドラマ、香取くんという主役を通して、メッセージ性の強い、現代にマッチした伝えるべきテーマだと思うので、丁寧に演じて作っていきたいと思います。

 --視聴者に一言お願いいたします。

 香取くん自身も連ドラが久しぶりですし、僕らの共演も久しぶり。メッセージ性の強い作品なのでいろんな角度から楽しめていろんな角度から刺激を受けるドラマになると思うのでぜひ楽しみにしていただきたいです。見た人がSNSであまりたたかないようにしてくだされば(笑い)。

アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~テレビ東京「ドラマプレミア10」枠
2020年1月25日スタート 毎週月曜午後10時から放送