君と世界が終わる日に キャスト

君と世界が終わる日にキャスト

竹内涼真
中条あやみ
飯豊まりえ
笠松将
ジェヒョン(N.Flying)

竹内涼真が人生初ブリーチ、短髪、無精ひげで新境地 日テレ×Huluのサバイバルドラマで主演

連続ドラマ「君と世界が終わる日に」で主演を務める竹内涼真さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「君と世界が終わる日に」で主演を務める竹内涼真さん=日本テレビ提供

 俳優の竹内涼真さんが、2021年1月期に放送される日本テレビ系の連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日曜午後10時半)で、主演を務めることが10月9日、分かった。竹内さんは同局の連ドラ初主演で、死と隣り合わせの“終末世界”を生き抜くサバイバー・間宮響を演じる。これまで爽やかな印象のあった竹内さんだが、人生で初めてブリーチをして、短髪になり無精ひげを生やしたビジュアルも公開された。

 ドラマは、自動車整備工として働く響は、高校時代からの恋人で同居中の小笠原来美にプロポースをしようとした日、トンネル滑落事故に遭い閉じ込められてしまう。4日後、命からがらトンネルを脱出すると、世界は一変。誰もいない街、大破した交通網、届かない電波、街中に残された血痕と、“世界の終わり”のような極限状態になっていた。ひとり取り残された響は、必死に来美を探す……という展開。サバイバル、ラブストーリー、ミステリーの三つの軸が絡み合うドラマとなる。

 脚本は連続ドラマ「アリスの棘」「真犯人」「絶叫」「Wの悲劇」「砂の塔~知りすぎた隣人」などの池田奈津子さん、演出は「トドメの接吻」「美食探偵 明智五郎」などを手掛けた菅原伸太郎さんが務める。

 本作は日本テレビと動画配信サービス「Hulu(フールー)」 が共同制作する。シーズン1は地上波で放送され、全10話で完結。3月からHuluでシーズン2の全6話を配信する、大型連続ドラマになるという。

 ◇竹内涼真さんのコメント

 今回のお話をいただいた時、こんなにスケールが大きくて攻めている作品に、主演として声をかけてくださって光栄に思いました。連続ドラマの撮影は長期間に渡るので、これからしばらく大変な毎日が始まるぞと、ある種の覚悟を持って撮影に臨むのですが、とりわけ今回は自分自身これまで演じたことがないような極限状態にどんどん追い込まれていくので今から楽しみな反面「これはとんでもないぞ」と思っています(笑い)。

 僕の演じる響は一言でいうと「絶対に諦めない男」。ポジティブなだけではなくて、生き別れた最愛の恋人である来美を一途に捜し続けるひたむきさと自分の信念や大切なもののために戦うことのできる強さをあわせ持った人間です。クランクインに向けて人生で初めてブリーチをして、久々に髪を短くし、髭を生やしました。

 自然と役について考える時間が増えてきたことで響としてのエンジンがかかってきている実感があります。生きるか死ぬかの絶望的な状況の中、響は最愛の恋人と再会することができるのか。テレビの前のみなさんが毎週続きを見たくて待ちきれない、新しいラブストーリーをお届けできればと思います。ぜひ、放送を楽しみに待っていてください。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

中条あやみ、“極限のサバイバルラブストーリー”で竹内涼真の恋人に 初の医師役に挑戦

連続ドラマ「君と世界が終わる日に」で小笠原来美を演じる中条あやみさん
連続ドラマ「君と世界が終わる日に」で小笠原来美を演じる中条あやみさん

 俳優の竹内涼真さん主演で2021年1月期に放送される日本テレビ系の連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日曜午後10時半)に、女優の中条あやみさんが出演することが10月26日、分かった。竹内さん演じる間宮響の恋人の小笠原来美(おがさわら・くるみ)を演じる。来美は優秀な成績で有名大学医学部を卒業し、研修医として働いている、自分に厳しいしっかり者の女性。高校時代から付き合っている響と同居しているが、ある事件をきっかけに響の前から姿を消してしまう。中条さんが医師を演じるのは初めてとなる。血のようなもので汚れた白衣姿の来美のビジュアルも公開された。

 ドラマは、日本テレビと動画配信サービス「Hulu(フールー)」の共同制作。自動車整備工として働く響は、高校時代からの恋人で同居中の来美へのプロポーズの準備をしていた日、トンネル崩落事故に巻き込まれる。閉じ込められて4日後、命からがらトンネルを脱出すると、世界は一変。誰もいない街、大破した交通網、届かない電波、街中に残された血痕と、“世界の終わり”のような極限状態になっていた。響は絶望的な状況の中で、必死に来美を捜す……というサバイバルラブストーリー。シーズン1は地上波で放送され、全10話で完結。来年3月からHuluでシーズン2が配信される。全6話。

 中条さんは「最初にこのドラマのお話をいただいたときは『すごい企画にお声がけいただいたな』と思いました。今回はこれまで経験した作品と比べてもスケールの大きい内容で、このような新しいことに挑戦する作品に呼んでいただいてうれしかったです」とコメント。演じる来美については「自分に厳しくて、すごく強い人間に見えるのですが、響の前では弱いところも見せるし、彼の器の大きさに支えられている部分もある女の子です」と語る。

 恋人役の竹内さんについては「以前別のお仕事で兄妹の役を演じたこともあって、心強いなと思っていました。ただ、クランクインした日に2人の幸せな日常シーンを撮影して以来、一緒のシーンがほぼなくて……(笑い)」と、劇中同様に会えないままでいることを明かし、「でも、すれ違いの時間が続くからこそ私の中でも響への気持ちをきちんと作っていけるんじゃないかなと思っていて。来美と同じように、幸せな生活のシーンの思い出を胸に、しっかりと役を演じていけたらいいなと思っています」と意気込んでいる。

 最後に「このドラマはワクワク、ドキドキ感というか見ててものすごくアドレナリンが出る部分もあるし、つらいだけじゃない温かい人間模様もあり、響と来美の究極のラブストーリーでもあります。シンプルな言葉で表現できないぐらい、見ていていろんな気持ちになる濃い作品です。ぜひ、テレビの前の皆さんも響や来美たちと一緒に、この世界に振り回されていただけたらと思います」と呼びかけた。

飯豊まりえ、「君と世界が終わる日に」で心を閉ざした女子高生役 笠松将が冷徹な警官役で出演

連続ドラマ「君と世界が終わる日に」に出演する飯豊まりえさん=日本テレビ提供
連続ドラマ「君と世界が終わる日に」に出演する飯豊まりえさん=日本テレビ提供

 女優の飯豊まりえさんが、俳優の竹内涼真さん主演で、2021年1月期に放送される連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日本テレビ系、日曜午後10時半)に出演することが11月12日、分かった。飯豊さんは、死と隣り合わせの“終末世界”を生き抜こうとするサバイバーの1人で、心を閉ざした女子大生・柊木佳奈恵を演じる。

 また、同じくサバイバーの1人で、間宮響(竹内さん)と小笠原来美(中条あやみさん)の同級生であり、冷徹なところのある警察官・等々力比呂役で笠松将さんが出演することも発表された。

 飯豊さんは「(佳奈恵は)どこか冷めていて、人との距離を置いている女の子」と分析し、「今から共演者のみなさんに冷たくセリフを発するのが楽しみでしょうがないです(笑い)」とちゃめっ気たっぷりにコメント。また笠松さんは「(等々力は)主人公の響と対極にいるキャラクター」といい、「視聴者の皆さんにも、キャラクターたちの心の動きを、今生きている自分自身に当てはめて見ていただけるととてもうれしいです」とアピールしている。

 ◇飯豊まりえさんのコメント

 子供のころから大好きだったジャンルのひとつがサバイバルもので、ずっとやってみたいと思っていたので、このお話をいただいたときはすごくうれしかったです。このような世界観のドラマを日本で制作することも、自分自身演じる役柄としても挑戦だなという気持ちになりました。私が演じる佳奈恵は、どこか冷めていて、人との距離を置いている女の子です。今まで演じたことがないような役なので、今から共演者のみなさんに冷たくセリフを発するのが楽しみでしょうがないです(笑い)。

 オリジナル作品なので、私たち自身、本当にいつ誰が死んじゃうかわからない状態で撮影しているんですが、今後の頑張り次第でみんな生き残れるのか……(笑い)、気を引き締めて、頑張りたいと思います。

 このドラマは、かなりシリアスで深いラブストーリーですが、それだけではなくワクワク感やアトラクションみたいな新しい体験をしてもらえる作品だと思います。1人1人のキャラクターも人間味にあふれているので、いろんな方に感情移入していただけると思うし、みなさんそれぞれの「推し」になるキャラクターもいると思うんです。毎週ハラハラ、私たちの仲間に入った気持ちで見て、楽しんでいただけるとうれしいです。

 ◇笠松将さんのコメント

 今回のお話をいただいた時に、すごく壮絶な世界観の作品に僕が参加するということで、ちょっと怖いなという気持ちはありましたが、台本をいただいたらこれが本当に面白くて。毎回台本をもらってすぐみんなで読んで、「次どうなるんだろう」「次誰がいなくなるかな」とワクワクしながら撮影しています。

 僕の演じる等々力は必要であれば誰かを切り捨てることもできる、どこか冷徹な人間です。彼は主人公の響と対極にいるキャラクターなので、2人のライバル関係にも注目していただければと思います。

 この「君と世界が終わる日に」は響と来美のラブストーリーですが、僕は等々力として、等々力から見た目線での物語を生きるつもりです。「世界の終わり」という、まずありえないような世界観の中でも、それぞれのキャラクターが感じたことやお互いの関係性、悩み、うれしいことは現実と同じなので、感情のリアリティーをとても大事にして演じています。視聴者の皆さんにも、キャラクターたちの心の動きを、今生きている自分自身に当てはめて見ていただけると、とてもうれしいです。ぜひ、放送を楽しみにお待ちください。

日本テレビ提供
日本テレビ提供

竹内涼真主演連ドラに「N.Flying」ジェヒョン出演 心優しい青年役「すごくいい経験」

2021年1月期放送の連続ドラマ「君と世界が終わる日に」に出演するN.Flyingのキム・ジェヒョンさん
2021年1月期放送の連続ドラマ「君と世界が終わる日に」に出演するN.Flyingのキム・ジェヒョンさん

 俳優の竹内涼真さん主演で、2021年1月期に放送される連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日本テレビ系、日曜午後10時半)に、韓国のバンド「N.Flying(エヌフライング)」のキム・ジェヒョンさんが出演することが11月27日、分かった。ジェヒョンさんが日本のドラマに出演するのは初めてで、出演のため来日したという。ドラマでは、テコンドーが特技で、無口だが心優しい青年のユン・ミンジュンに扮(ふん)する。

 ◇キム・ジェヒョンさんのコメント

 日本のドラマに出演するのは初めてなので、不安も緊張もたくさんありました。ですが、毎日新しいことを覚えて、学んで、自分自身にとってすごくいい経験になっています。僕は韓国では音楽活動をしていて、メンバーたちとは80歳までやりましょうといつも言っているんですが、きっとこの作品のことは80歳になっても忘れないですね。

 韓国ではすごく仲がいい相手に「ヒョン(お兄さん)」をつけて呼ぶんですが、僕が竹内さんに「涼真ヒョン」と言うと竹内さんは「いいじゃん!」と言ってくださって。涼真ヒョンとか、将ヒョンとか、大谷ヒョン、マキタヒョン、笹野ヒョンとか……。ちょっと失礼かもしれないですけど、そう呼ばせてもらって(笑い)。皆さんとすごくいい雰囲気で撮影させてもらっているので、とても感謝しています。

 僕は普段感情を表に出して笑う方なんですが、ミンジュンは僕とは全然違って感情を表に出さないし笑わないですね。でも自分自身とミンジュンとの違いが演技をする上でいちばん大事かもしれないなと思っています。

 ロマンチックだったり、サバイバルだったり……。この作品についてまだ言えないこともありますが、見た皆さんがびっくりする作品だと思います。僕自身も早く見たいです! 皆さんもぜひ期待して、放送を待っていてください!

君と世界が終わる日に日本テレビ系
2021年1月期放送 シーズン1は全10話
2020年3月からHuluでシーズン2の全6話を配信