ウチの娘は、彼氏が出来ない!! キャスト

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!キャスト

菅野美穂
浜辺美波

菅野美穂、4年ぶり主演連ドラでシングルマザーの恋愛小説家役 “初タッグ”北川悦吏子作品の印象的せりふは“ロンバケ”の…

2021年1月スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」で主演を務める菅野美穂さん=日本テレビ提供
2021年1月スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」で主演を務める菅野美穂さん=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さんが、2021年1月スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)に主演することが10月12日、分かった。菅野さんが連続ドラマで主演を務めるのは、2016年放送の「砂の塔」(TBS系)以来、4年ぶり。脚本は大ヒットドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系)、「愛していると言ってくれ」(TBS系)、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」などを手がけた北川悦吏子さんが担当するオリジナル。菅野さんと北川さんがタッグを組むのは初めて。

 「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」は、主人公で少女のような天然母・水無瀬碧(みなせ・あおい、菅野さん)と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。碧は、“恋愛小説の女王”と呼ばれたシングルマザーの恋愛小説家で、世間知らずな一面があるというキャラクター。娘は、恋をしてみたいと思っているが、マンガの新刊を追いかけたり、「コミックマーケット(コミケ)」に向けてのコスプレの準備に大忙しという設定。

 ◇スタッフ・出演者のコメントは以下の通り(原文のまま)

 ・菅野美穂さんのコメント

 北川悦吏子さんの作品は、セリフがリアルだったり、リアルからちょっと離れた夢の世界をいったりきたりするところがとても好きです。特に『ロングバケーション』の「足の中指って薬指っぽくない?」というセリフが素敵で印象に残っています。これまで北川さんの作品に出演する機会がなかったので「もうないのかな」と思っていたところ、今回ご一緒することができ、本当に嬉しいです。

 このドラマは、ホームドラマのような要素もある一方で、恋愛したいお母さんとオタクの娘という、ドラマとしては新しい親子像が描かれています。ホッとできる部分と新しい部分、そして北川さんの紡ぐ会話によって、軽やかで楽しいドラマになる予感がしています。

 私自身も子育て中の母親ですが、まだ小さいので「子の恋愛で悩む」というのは未知の世界です。ただ、いろいろなことが少しずつわかるようになってきているので、ゆくゆくはドラマも見てもらえたら嬉しいですね。その時に恥ずかしくないよう、今、一生懸命務めたいと思っています。

 ・北川悦吏子さんのコメント

 母と娘の話をずっと書いてみたいと思っていました。母と娘のラブストーリー。そして、超ド級のコメディー。でも思わぬところで涙がポロリ。今までの既存のドラマの概念から抜け出すつもりです。アバンギャルドなこのドラマ。さてのるかそるか、の大冒険です! みなさん、ついて来て(祈!)

 ・小田玲奈プロデューサーのコメント

 菅野さん演じる碧は、“規格外なお母さん”です。自由奔放な言動から「母親としてどうなの!?」と思われてしまうかもしれないこの役を、菅野さんなら可愛らしくて愛される“かーちゃん”にしてくれると確信しています。

浜辺美波、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」で菅野美穂の娘に 恋愛に消極的な役に「すごく共感できます!」

2021年1月スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する浜辺美波さん
2021年1月スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する浜辺美波さん

 女優の浜辺美波さんが、女優の菅野美穂さん主演で、2021年1月にスタートする連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)に出演することが10月21日、分かった。シングルマザーの恋愛小説家・水無瀬碧(みなせ・あおい、菅野さん)の一人娘で、これまで恋愛のきっかけがなかったしっかり者のオタクな女子大生、水無瀬空(そら)を演じる。

 「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」は、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」などを手がけた北川悦吏子さんが脚本を担当するオリジナルドラマ。主人公で少女のような天然母と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。

 空は、筋金入りのマンガ好き。時間があればマンガやアニメに没頭する「オタ活」に忙しく、これまで恋愛のきっかけはなかった。しかし、彼氏が欲しいとまったく思わないわけではなく、とある理由から、母と共に「恋をしよう!」と一大決心をする……という設定。

 恋愛に対して積極的ではない空に対し、浜辺さんは「すごく共感できます! 恋愛って無理してするものじゃないし、(彼氏が)いなくてもいないなりに楽しいし自由に過ごせる。それこそ娯楽を楽しむ時間も自由です。万が一できたとしても、それに振り回されたくないなと思っちゃうので、空の考え方は、とても理解できます」と語っている。

 また、小田玲奈プロデューサーは、浜辺さんの起用について「若者の多くがそれぞれに没頭できる楽しみを持っている今、『オタク』な空はごく一般的な女の子なのだと思います。母は『恋愛が教えてくれるものは大きい』と思っているけれど、娘には大事にしたい趣味があったりで、『恋愛を重要視していない』……そんな母娘の世代間にある価値観のギャップを、浜辺さんが娘世代を代表して、面白く&リアルに演じてくれることを期待しています」と語っている。

 ◇浜辺美波さんのコメント

 ――脚本を読んだ感想は?

 母と娘の対話が多く、仲のよさがとても伝わりましたし、ずっと2人で支え合って生きてきたんだろうなと感じました。私自身は母とそこまで何でも話すトモダチ母娘ではないのですが、周りには母親と友達同士のような子もいます。子供もお母さんを支えていて、しっかりしているんです。碧と空もそれぞれの役割があって、互いに補い合っていて、いい親子関係だなと思いました。

 今回、脚本の北川悦吏子先生からお手紙をいただきました。「しばらく私の娘になってみませんか。一緒に見たことのない景色を見ませんか」という言葉に、こんな幸せなことがあるかと思いました。北川先生の、そして菅野美穂さんの娘に全身全霊でなるつもりで挑みます。

 ――ドラマでは母と娘、それぞれの恋が描かれます。ラブストーリーとしてはいかがでしたか?

 母も娘も不器用でマイペースでなかなかスムーズには進まないし、決まらないですが、そこがとても愛らしくて。2人とも幸せになってほしいなと応援したくなる、あたたかなラブストーリーでした。

 ――母役の菅野さんの印象は?

 菅野さんとはまだお会いできていないのですが、家庭で奥様も母親もされながらお仕事をされている姿はかっこよくて尊敬しかありません。今回は娘役ということで、その背中をみて学びつつお世話になりたいと思っています。まだまだ未熟者で至らぬ娘ではございますが、なにとぞよろしくお願い致します!!

 ――空は“筋金入りのマンガオタク”という役ですが、浜辺さんにとって“オタク”とは?

 誰もが何かのオタクであると思います。空にとっての熱中した分野が、たまたまアニメやマンガであるというだけで。熱中するものが存在するということは、とても素晴らしいことだと思いますし、その分野に対して知識や収集を極めたことへのリスペクトがあります。

 ――浜辺さんご自身も、空と同じようにマンガ好きとうかがいましたが……。

 学生時代は今より時間があったので、趣味として時間やお金を費やしたり友達と楽しみを共有していました。今は、マンガやアニメは娯楽として休日にたしなんでいます。今、特に読むのは少年マンガ系です! 連載ではなく、あえて単行本が出るまで待って単行本で読むタイプです。「今日は台本読まなきゃいけないけど、どうしても1回リフレッシュしたい!」というときに、パーッとマンガをパッケージで選んで大人買いして読むことが多いです。

 ――恋愛に対して積極的ではなく、これまで恋のきっかけもなかったという空に共感できますか?

 すごく共感できます! 恋愛って無理してするものじゃないし、(彼氏が)いなくてもいないなりに楽しいし自由に過ごせる。それこそ娯楽を楽しむ時間も自由です。万が一できたとしても、それに振り回されたくないなと思っちゃうので、空の考え方は、とても理解できます。

 私にはずっと仲のいい中学の同級生4人がいるのですが、全員いまだに彼氏ができたことがなくて。「ほしい」と口に出して言うんですけれど、本気で今すぐにほしい、と思っているわけではないんですよね。そういう女の子も多いのかなと思います。空ちゃんにも似た要素があるのかなと。

 ――視聴者の皆様へのメッセージをお願いいたします。

 空ちゃんとして物語の家族に包まれるのが楽しみです。碧の娘の空として、かーちゃんと支え合いながら、母と娘の広い意味でのラブストーリーをあたたかくお届けできるようがんばります!!