ウチの娘は、彼氏が出来ない!! ニュース

菅野美穂&浜辺美波 「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」撮了に感謝 「本当に幸せな4カ月でした」

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」を撮了した浜辺美波さん(左)と菅野美穂さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」を撮了した浜辺美波さん(左)と菅野美穂さん=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さんと浜辺美波さんが出演する連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)がこのほど、クランクアップを迎えた。恋愛小説家のシングルマザー水無瀬碧を演じた主演の菅野さんは、「キャストの皆さんも、スタッフの皆さんも無事に今日を迎えることができ、本当によかったという気持ちでいっぱいです。脚本の北川悦吏子さん、スタッフの皆さん、ご覧いただいた皆さんすべてに、心からの感謝をささげたいと思います。本当にありがとうございました!」と話した。

 碧の娘で、恋愛に興味のない漫画オタクの水無瀬空を演じた浜辺さんは、「空ちゃんとして、かーちゃんと北川先生の娘であると同時に、皆さんの子供であるような感じで自由にさせていただき、可愛がっていただいて、ご迷惑ばかりおかけしたと思うのですが、本当に幸せな4カ月でした」とコメント。「皆さんのご協力のおかげで無事にこの日を迎えることができ、感謝の気持ちしかありません。最高の温かさと無邪気な心を与えてくださった現場で、幸せだったなと今さらながらに実感しております。またいつかどこかでご一緒できるように、精いっぱい頑張っていきます。本当にありがとうございました!」と述べた。

 またこの日は、空の大学の同級生・入野光を演じた岡田健史さん、碧の担当編集者・橘漱石を演じた川上洋平さん、碧の幼なじみの鯛焼き屋「おだや」の店主・ゴンちゃんを演じた沢村一樹さんも続々とクランクアップを迎えた。川上さんは「初めてのテレビドラマだったのですが、本当に楽しかったです。こんなに皆さんと一緒に一つのものを作り上げるというのを経験したことがなかったので……。皆さんから意見をいただいたり、支え合ったり、厳しさも含めて、一つの作品を作ろうとされているところが、本当にかっこいいなと思いました」と語った。

 岡田さんは「最後の最後までこの作品らしい明るいシーンで、撮影を終えることができました。僕と一緒にこの入野光という役を愛してくださって、支えてくださって、最後まで走り抜けてくださった皆様に、最大の感謝と敬意を表して、僕のあいさつとさせていただきます。本当に皆さん、ありがとうございました!」とコメント。

 沢村さんは「菅野さん、お子さんを育てながら4カ月間本当にお疲れ様でした」とねぎらい、「おだや(のセット)はもう早速解体されています(笑い)。ずっとおだやにいたので、昨日、(中村)雅俊さんが撮影を終わった瞬間から、もう寂しいなと思っていました。豊川(悦司)さんとも初めてがっつりお芝居をさせていただきましたし、たくさんの経験をさせていただいて、とても楽しい現場でした。長い間お世話になりました。ありがとうございました!」と語っていた。

 「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」の最終回(第10話)は3月17日に放送。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

豊川悦司&矢田亜希子 「愛くれ」以来26年ぶり共演シーン “きつね”ポーズの仲良しオフショットも

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第9話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第9話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)で、10日に放送される第9話の場面写真が公開された。写真には、東京にやって来た一ノ瀬風雅(豊川さん)の部屋に、水無瀬空(浜辺美波さん)の亡くなったはずの生みの母・星野鈴(矢田亜希子さん)が現れるシーンが写し出されている。

 2人は1995年放送のドラマ「愛していると言ってくれ」(TBS系)で兄妹役を演じており、約26年ぶりの共演となった。

 豊川さんと矢田さんは、収録の合間に控室で仲良く談笑していたといい、併せて公開されたオフショットには、「愛していると言ってくれ」に登場した“きつね”の手話のポーズをする2人の姿も収められている。

 第9話では、碧に書き置きを残し姿を消した空が、風雅を連れて戻ってくる。それから、碧は風雅と2人で酒を飲むことになり、本当は風雅が碧のことを忘れていなかったことが分かる。忘れたふりをしていた理由を聞き、鈴との思い出がよみがえった碧は、思わず風雅にビンタして……というストーリー。

日本テレビ提供
日本テレビ提供

豊川悦司、「ウチカレ」菅野美穂&浜辺美波の寝室シーンがお気に入り 「あそこで僕もゴロゴロしたい!」

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」の場面写真=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さんが主演を務める連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第8話が、3月3日に放送される。放送を前に、同局のドラマ公式YouTubeチャンネルで2月27日、水無瀬碧役の菅野さん、水無瀬空役の浜辺美波さん、一ノ瀬風雅役の豊川悦司さんのスペシャルインタビュー完全版が公開された。

 動画では、3人が互いの印象や、演じる役柄、ドラマの見どころなどをトーク。これまでの放送でお気に入りのシーンを聞かれた浜辺さんが「寝室のシーンが好きです」と答えると、豊川さんも「僕も寝室のシーンは大好きで、『あそこで僕もゴロゴロしたい!』と思いました(笑い)」と共感し、「さて、一ノ瀬風雅は寝室でゴロゴロするシーンがあるのかは、お楽しみにしていただければ(笑い)」と語る様子も収められている。

矢田亜希子、豊川悦司と「愛していると言ってくれ」以来、26年ぶり共演 「ウチカレ」で元恋人同士に

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第7話から登場する矢田亜希子さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第7話から登場する矢田亜希子さん=日本テレビ提供

 女優の矢田亜希子さんが、菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!(ウチカレ)」(日本テレビ系、水曜午後10時)に出演することが2月24日、明らかになった。同日放送される第7話から、水無瀬碧(菅野さん)がかつて本気で愛した男・一ノ瀬風雅(豊川悦司さん)の元恋人・星野鈴役で登場する。矢田さんと豊川さんは、本作の脚本を務めている北川悦吏子さんが手掛けた1995年放送の連続ドラマ「愛していると言ってくれ」(TBS系)で兄妹を演じており、今回が約26年ぶりの共演となる。

 矢田さんは、今回の出演に「本当に光栄です。驚きとうれしさでいっぱいです。まさかまさか、北川悦吏子さん作品でさらに豊川悦司さんと共演できるなんて」と喜び、豊川さんと26年ぶりに共演することには「私が人生で初めて演技をした作品以来、26年振りにお芝居をご一緒させていただくので緊張です」と語っている。

 同作を見ていたという矢田さんは「本当にすてきで可愛らしい母娘だなあと一視聴者として見守っていた側でしたので、まさか私がこの役でとはなんだか不思議です。菅野美穂さんとも少しの時間ではありましたが、ご一緒できたことがとてもうれしかったです」とコメントを寄せている。

 ドラマは、恋愛小説家で少女のような天然母・碧(菅野さん)と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・空(浜辺美波さん)、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。第7話では、空と疎遠になっていたイケメン整体師の渉周一(東啓介さん)が、ダイビングをしに訪れた海で、流木を集める謎の男に出会う。その男こそ、碧がかつて本気で愛した男で、空の父親の一ノ瀬(豊川さん)だった……という展開。

豊川悦司、菅野美穂が愛した男&浜辺美波の父親に 「ウチカレ」第7話から登場 北川悦吏子作品は4度目

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する(左から)菅野美穂さん、豊川悦司さん、浜辺美波さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する(左から)菅野美穂さん、豊川悦司さん、浜辺美波さん=日本テレビ提供

 俳優の豊川悦司さんが、女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)に出演することが2月21日、分かった。24日に放送される第7話から、水無瀬碧(菅野さん)がかつて本気で愛した男で、娘・空(浜辺美波さん)の実の父親でもある一ノ瀬風雅として登場する。

 一ノ瀬は元は役者をしていた男で、現在はとある島で流木を売って生活をしているという役どころ。豊川さんは、これまでにも本作の脚本を手がける北川悦吏子さんの作品に出演しており、「北川さんの作品は4作目になりますが、本当に毎回毎回お題が難しい(笑い)。今回の一ノ瀬風雅という役も難解です」とコメント。「その中で楽しんで演じられればと思っています」と意気込みを語っている。

 また、豊川さんは今回、約16年ぶりに菅野さんとドラマで共演。「そんなに久しぶりという意識はないのですが、もう16年にもなるんですね」と驚き、「本当にすてきな女優さんなので、今回も共演するのが楽しみです」と期待を寄せた。

 ドラマは、恋愛小説家で少女のような天然母・碧と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・空、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。第7話は、空と疎遠になっていたイケメン整体師の渉周一(東啓介さん)が、ダイビングをしに訪れた海で、流木を集める謎の男に出会う。その男は、一ノ瀬風雅で……と展開する。

<SNS反響>「おだや」で働く“空”浜辺美波&“サリー”福原遥に反響 「激かわ!」「看板娘」

浜辺美波さん(左)と福原遥さん
浜辺美波さん(左)と福原遥さん

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)第6話が、2月17日に放送された。たいやき店「おだや」で仲良く働く空(浜辺美波さん)とサリー(福原遥さん)の姿に、視聴者から「激かわ!」「癒やされる」「おだやの看板娘」と注目が集まった。

 ドラマは、恋愛小説家で少女のような天然母・碧(菅野さん)と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・空、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。第6話では、「おだや」の店主・俊一郎(中村雅俊さん)に恋したサリーが「おだや」で働き始め、もともとアルバイトをしていた空と仲良く一緒に働く……という展開だった。

 劇中には、サリーが空の頬に付いた粉を拭う場面や、互いに「ほほう」と相づちを打ったり、おちゃめな身ぶりを交えながら仲むつまじく話す場面が登場。SNSでは、「空ちゃんとサリーのシーンが尊すぎる」「絡みが面白い」「やり取り最高」といった声が上がった。

<SNS反響>“空”浜辺美波を受け止める“光”岡田健史に反響「キュンが止まらない」 酔っ払い姿にも「最高に可愛い」

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第6話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第6話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)第6話が、2月17日に放送された。傷ついた水無瀬空(浜辺美波さん)を優しく受け止める入野光(岡田健史さん)の姿に、視聴者の間で「光くんすてき」「どこまでもかっこいい」「キュンが止まらない」と反響が広がり、ツイッターでは「入野くん」がトレンド入りした。

 ドラマは、恋愛小説家で少女のような天然母・碧(菅野さん)と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・空、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。第6話では、空が自分と碧の血液型が親子ではあり得ない組み合わせであることに疑問を持ち、病院で検査を受けることを決意。空に思いを寄せる光は、空の検査に付き添う……という展開だった。

 検査の結果、空と碧には血のつながりがないことが判明。ショックを受け泣きじゃくる空に、光は「俺がいる」「水無瀬を守るとか、そんなかっこいいことは言えないけど、必ずいるから。何があっても、俺がいること忘れんな」と伝え、抱きついてきた空を優しく受け止めた。

 さらに、家に帰りたくないという空に、光は自分の部屋を使うように言い、自らはマンガ喫茶に泊まることに。しかし、空は「一人でいたくなかった」と、光を追ってマンガ喫茶まで来てしまう。光は必死で自分の気持ちを抑えながら、朝まで空に付き合った。SNSでは、「光くんがいい男すぎる」「紳士」「中身もイケメン」と話題になり、「これはほれてしまう」と“胸キュン”する視聴者が相次いだ。

 また、劇中では空と碧の血液型に疑問を抱いた光が「おだや」を訪れ、2人のことをよく知るゴンちゃん(沢村一樹さん)と俊一郎(中村雅俊さん)に探りを入れるが、それを察した俊一郎から一緒に酒を飲もうと誘われ、うまく話をかわされてしまった。しまいには、酔った光が「好きで、好きで、好き」と空への思いをあふれさせる展開となり、視聴者からは「酔っ払い光くん!」「最高に可愛い」といった声が上がっていた。

ブログに“ナオキ”大地伸永が登場 撮影現場のオフショット公開

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」のオフィシャルブログで公開された撮影現場のオフショット=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」のオフィシャルブログで公開された撮影現場のオフショット=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さんが主演を務める連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)のオフィシャルブログが更新され、出演者陣によるブログリレーに、空(浜辺美波さん)や光(岡田健史さん)と同じ大学のケインズゼミに所属する、ナオキ役の大地伸永さんが登場した。

 ゼミのシーンは、実在する大学のキャンパスで撮影されており、大地さんは教室に入るのが高校生の時以来で、懐かしく感じたという。「ナオキとして、みんなとワイワイ学校で授業を受けるのはとても楽しいです」と、撮影現場のオフショットとともに紹介。

 また、ナオキは“陽キャ”な大学生で服装がド派手なことも注目されているが、大地さんはファッションについて「柄物に柄物を合わせた、オシャレで攻め攻めな服を着させていただいています!」とコメントし、ナオキの影響で私服にも柄物を取り入れるようになってしまったと明かしている。

 ドラマは、恋愛小説家で少女のような“天然”母・水無瀬碧(菅野さん)と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・空、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。

日本テレビ提供
日本テレビ提供

<SNS反響>けなげな“光”岡田健史に反響 「優しすぎる」「好きになっちゃう」「報われてほしい」

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第5話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第5話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)第5話が、2月10日に放送された。空(浜辺美波さん)に思いを寄せる光(岡田健史さん)のけなげな姿が、視聴者から「光くん優しすぎる……」「良いやつ!」「好きになっちゃう」と反響を呼んだ。

 ドラマは、恋愛小説家で少女のような天然母・碧(菅野さん)と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・空、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。

 第5話では、不慣れなデート中の空から光に「夕食はどこに行くのがいいか」という相談の電話がかかってくる。光が自分の食べたいものを言いながらふざけていると、空に電話を切られてしまう。光はその後、デート向きの飲食店をネットで調べ、空に伝えようと電話をかけた。でも、電話に出たのは、空ではなく渉(東啓介さん)で……という展開だった。

 SNSでは、「光くんめちゃくちゃ頑張ってる」「本当良い子」と、光にキュンとする声が上がったほか、渉が電話に出たときに見せた光の表情に「光くん、切ない……」「胸がぎゅっと苦しい」「岡田健史の魅力が出てる」と注目が集まった。

 また、「光くん頑張れ……」「報われてほしい」「空ちゃんと上手くいきますように」と光を応援するコメントも多かった。

<SNS反響>デートする“空”浜辺美波に「可愛すぎ」の声続々 “渉先生”東啓介との“身長差萌え”も

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第5話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第5話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)第5話が、2月10日に放送された。劇中では、空(浜辺美波さん)がイケメン整体師の渉(東啓介さん)とデートする場面が描かれ、視聴者から「デート中の空ちゃん可愛すぎ」といった声が相次いだ。

 ドラマは、恋愛小説家で少女のような天然母・碧(菅野さん)と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・空、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。

 第5話では、空が渉とデートに出かける。映画館でポップコーンを食べようとして渉と手が触れたり、公園でボートに乗る際に渉から手を差し伸べられドキッとしたりと、空は緊張の連続。しかし、渉とのデートは楽しく、デート中にさらりと言われた「可愛い」という言葉に、空はうれしさを噛み締める……という展開だった。

 SNSでは、空が渉に見せる反応に「初々しい」「ピュア」「いとおしい」といった声が上がったほか、デートする2人に対し「キュンキュン」「こんなドキドキしたデートがしたい!」といったコメントも寄せられた。

 また、空と渉の身長差にも注目が集まり、「身長差すごいなー」「身長差萌え」「うらやましい」と反響を呼んだ。

浜辺美波、玉ねぎ頭&ドレス姿で某有名トーク番組の“司会者風” 「ウチカレ」第5話先行カット

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」の第5話の一場面=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」の第5話の一場面=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第5話(2月10日放送)の先行カットが公開された。某有名トーク番組を思わせる部屋の中で、トーク番組の司会者を思わせる玉ねぎ頭とドレス姿の浜辺美波さんを切り取ったものとなっている。

 また、浜辺さんからゲストとして紹介された「[Alexandros](アレキサンドロス)」の川上洋平さんのカットも公開された。本作で水無瀬碧(菅野さん)の担当編集者・橘漱石を演じる川上さんが、同じ部屋の中で革ジャン姿でギターを手に座る様子が写し出されている。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

<SNS反響>“漱石”川上洋平が仕事人ぶり発揮 「最高にかっこいい」「漱石回」と視聴者キュン 「重み増す」セリフにも注目

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第4話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第4話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)第4話が、2月3日に放送された。碧(菅野さん)の担当編集者・漱石(川上洋平さん)が見事な“仕事人”ぶりを発揮し、視聴者から「漱石さんいい人すぎて泣く」「アツい男」「最高にかっこいい」「漱石の頑張りにキュン死……」「完全に漱石回だった」と反響を呼んだ。

 ドラマは、NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」などを手がけた北川悦吏子さん脚本のオリジナル作品。恋愛小説家で少女のような天然母・水無瀬碧と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・空(浜辺美波さん)、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。

 第4話では、碧の小説が大人気バンドのボーカル・ユウト(赤楚衛二さん)主演で映画化されることが決定。しかし、ユウトは自分が目立つように内容を変えると言い出し、編集長の小西(有田哲平さん)やユウトの関係者たちに強引に押し進められてしまう。碧は自分の作品が改変されることに落ち込む。

 そんな碧のもとに、打ち合わせよりさらに改変された脚本が届き、碧は「いても立ってもいられない!」大激怒。「碧さんは水無瀨碧なんだから動いちゃダメです」「僕に任せてください」という漱石に、碧は「泥かぶるのが君の仕事なの?」と言い放つ。実は漱石には過去にマンガ家の盗作をかばった過去があった。漱石は碧に「才能は神からのギフトです。全力で守ります。それが僕の仕事だから」と、クビを覚悟でユウトのもとへ直談判しに向かう。

 その頃、ユウトは映画の主題歌となる自身の楽曲にアレンジが加えられ、「曲が死ぬ」と腹を立てていた。漱石はユウトに「あなたの曲に命があるように、物語にも命があります」「あなたなら分かるんじゃないですか?」と説得。漱石の言葉を受けたユウトは「分かってたよ。こんなのあり得ねえって」と言い、「ごめんなさい。先生に謝っておいてください」と告げる……という展開だった。

 SNSでは、リスクを恐れず自身の“役割”を全うする漱石の姿に、「いい男すぎない?」「ほれる」「これは漱石好きになっちゃう」と“胸キュン”する視聴者が続出。また、川上さんはロックバンド「[Alexandros](アレキサンドロス)」のボーカルを務めていることから、「今回の作品に対するセリフは洋平さんが言うとグッときました」「洋平さんの口から聞くと重みと深さが増す」といった声も上がった。

<SNS反響>赤楚衛二「ウチカレ」バンドマン役に反響「爆イケ」「すごいスター感」 トレンド入り&「チェリまほ」とのギャップも話題に

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第4話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第4話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)第4話が、2月3日に放送された。今回は、劇中に登場する大人気バンド「サイレントナイフ」のボーカル・ユウト役で赤楚衛二さんが出演。視聴者の間で「爆イケ」「キラキラすぎる」「すごいスター感」「良い感じにチャラい」「チャラい赤楚くんもいい!」と話題になり、ツイッターでは「#赤楚衛二」「赤楚くん」がトレンド入りした。

 ドラマは、NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」などを手がけた北川悦吏子さん脚本のオリジナル作品。恋愛小説家で少女のような天然母・水無瀬碧(菅野さん)と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・空(浜辺美波さん)、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。

 第4話では、碧の小説がユウト主演で映画化されることが決定し、碧はファンであることを隠して気合を入れて打ち合わせに臨む。しかし、ユウトは自分が目立つように内容を変えると言い出し、編集長の小西(有田哲平さん)やユウトの関係者たちに強引に押し進められてしまう。

 一方、映画の主題歌となるユウトの楽曲には、社長の計らいで有名プロデューサーのアレンジが加えられていた。ユウトは納得がいかず「曲が死ぬ」と腹を立て、事務所の社長と口論になる。ユウトに映画のことで直談判しようと事務所を訪れていた碧の編集者・漱石(川上洋平さん)の前で、2人はつかみ合いのケンカに発展してしまう。

 漱石はその場を飛び出したユウトを追いかけ、碧の小説を改変することについて「あなたの曲に命があるように、物語にも命があります」「あなたなら分かるんじゃないですか?」と説得。漱石の言葉を受けたユウトは「分かってたよ。こんなのあり得ねえって」と言い、「ごめんなさい。先生に謝っておいてください」と告げる……という展開だった。

 赤楚さんは、昨年12月まで放送されていた連続ドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)」(テレビ東京)で、さえないサラリーマン・安達清を演じていたことから、SNSでは「こんな感じもできるんだ!」「チャラそうな役もとても様になってる」「チェリまほの時と全然違う!」「赤楚くんって演じる役で本当に別人に見える」「また新しい赤楚くんが見られた」と、ギャップが注目を集めた。

<インタビュー>岡田健史 明かしたデビューからの変化 “チャラ男”役と“幕末の志士”役の切り替えにも前向き

岡田健史さん
岡田健史さん

 ドラマ「MIU404」(TBS系)に映画「新解釈・三國志」など、出演作が途切れない気鋭の若手俳優の岡田健史さんがカレンダー「岡田健史カレンダー2021.04-2022.03」(東京ニュース通信社)を発売。プライベート感満載の表情をたっぷりと披露している。今年はドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系)のチャラ男役で新境地を切り開き、NHK大河ドラマ「青天を衝け」の出演も決定するなど快進撃を続けている岡田さんだが、デビューからの変化について「興味や想像力を持って人と向き合うようになった」と語る。俳優業を通して「新しい自分を発見することもある」という岡田さんが、“チャラ男”と“幕末の志士”を行き来する心境を語った。

 ◇ものづくりの楽しさを実感したカレンダー撮影

 “プライベート旅”をテーマに、富士山と河口湖を臨むリゾート地で撮影した今回のカレンダー。「昨年のカレンダーでは、『この僕を見て!』と“見せる顔”を意識していました」と笑いながら、「もちろんそういった写真が好きな方もいらっしゃると思いますが、今回は“見せる”ということを意識せず、僕はピザを作ったり、焚(た)き火をしたり、富士山を眺めたりしているだけで、それをカメラマンの黒沼(諭)さんがきちんと切り取ってくださいました」と述懐。「昨年は都内のみでの撮影でしたが、今回は山や湖も訪れたので、スケールがより大きくなっているとうれしいですね」と語る。

 「カヌーにも初挑戦しました。僕は泳げないので、とても怖かったです!」と明かす岡田さんだが、とりわけプライベートな表情が出ていると感じるのが、モーニングルーティンを見せた場面だという。「歯を磨いたり、顔を洗ったり。そこが一番、素顔が出ているかもしれません」とにっこり。

 カレンダー作りにおいても、「僕一人ではできない」とものづくりの醍醐味(だいごみ)を感じたそうで、「写真を撮っていただくと『このカメラマンさんは、鼻フェチなのか』『こういうふうに僕のことを見ているのか』など、その人の癖や性格が見えてくるのがとても面白いんです(笑い)。そういう視点は、デビューした頃は決して持てなかったもの。俳優業においてもそうですが、何事も人との触れ合いを感じられることが、一番の喜びです」とまっすぐな瞳を見せる。

 ◇幅広い作品への出演が「最大の幸せ」 役者業で新たな自分を発見

 2018年にドラマ「中学聖日記」(TBS系)で鮮烈なデビューを果たした岡田さん。“向き合っている相手、人を感じること”。それこそが、俳優業をスタートさせてからのルーティンになっていると語る。

 「たとえばこうしてインタビューをしていただいていても、『この方はこういう服が好きなんだな』とか、『こういう話を聞いてくださるんだな。そうしたら僕はこう話したいな』など、そこに“人がいる”と感じる瞬間が、とても面白いんです。人のことを理解することが役作りにつながると思っているので、役者業を初めてからは、いろいろな興味、想像力を持って人と向き合うようになったと思います」

 2020年はドラマ5本、映画4本に出演と、大活躍の1年を過ごした。「神様が『偏るなよ』と言っているかのように、いろいろな作品、役に挑戦できた1年です。それこそが、役者として最大の幸せです」と充実感とともに、「『プロならば、純粋に楽しむだけではいけない』ということも、ひしひしと感じています。場数を踏むことで、苦しみも伴うものだということにも気づいた」と大人の役者へと成長を遂げている。

 また「役を通して、自分自身が透けて見えてくることもとても面白い」と話す。「意外と僕って、かっこつけてしまうタイプなんだなと気付いたり(笑い)」と楽しそうに笑い、「『いとしのニーナ』と『大江戸もののけ物語』をやって、かっこ悪いところを見せられる人って、すごくかっこいいなと思いました。また僕は、人と接する時は、心をさらけ出したほうがいいと思っていたんですが、今やっている『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』の役柄を通して、ペルソナを被って人と接することも決して悪いことではないと思ったり。役作りをする中で、新しい気持ちが芽生えたり、新しい自分を発見することもあります」という。

 ◇“チャラ男”と“幕末の志士”の行き来も「面白い!」

 NHK大河ドラマ「青天を衝け」の撮影もスタートしている。岡田さんが演じるのは、吉沢亮さん演じる渋沢栄一の従弟で、幕府崩壊の動乱に巻き込まれていく尾高平九郎役。同時期に「ウチカレ」の“チャラ男”と“幕末の志士”という、振り幅の大きな役どころを行き来することについては「ものすごく面白いです!」と意欲をみなぎらせる。

 「役をつかめていない状態だった場合、それぞれの演じる役を切り替えるのは難しいことだと思います。でも役をつかめさえすれば、それも問題ありません。見ているもの、追いかけているもの、考えることも、役によって違います。“今から野球をやります”、“次はサッカーをやります”というくらい、まったく違う。もちろん大変ではありますが、違いさえわかっていれば、難しいことではないと思っています」

 初の大河ドラマ出演も「大河ドラマだからといって、特別に気合を入れることもありません。今まで通り、どんな作品であれ、自分の全力を注ぐことに変わりはありません」と気負いはなく、常に全力投球がモットー。「死ぬまでレベルアップし続けたい。上を目指したいし、反骨精神があるほうだと思います」と熱い魂の持ち主だけに、「幕末を生きた方々の思いに共鳴したり、憧れることも多い。尾高平九郎さんに『岡田健史、よくやったな!』と言われるような働きぶりをしたいです!」と力強く語っていた。(成田おり枝/フリーライター)

 ※「岡田健史カレンダー2021.04-2022.03」は2月12日発売。メーキングDVD付きで価格は3000円(税抜き)。

「先出し衝撃動画」解禁 菅野美穂&川上洋平がキス!?

1月26日に公開された「ウチカレ先出し衝撃動画」=日本テレビ提供
1月26日に公開された「ウチカレ先出し衝撃動画」=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第4話(2月3日放送)の一部の映像を一足早く視聴できる「ウチカレ先出し衝撃動画」が1月26日、日本テレビの公式YouTubeチャンネルで公開された。

 恋愛小説家の水無瀬碧(菅野さん)と、担当編集者・橘漱石(川上洋平さん)のキスを予感させるシーンや、整体師の渉(東啓介さん)にデートを迫る水無瀬空(浜辺美波さん)が、同級生の入野光(岡田健史さん)と鉢合わせてしまうシーンなどが収められている。

赤楚衛二、「ウチカレ」第4話に出演 大人気バンドのボーカルで“キーパーソン”に

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する赤楚衛二さん(左)と浜辺美波さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する赤楚衛二さん(左)と浜辺美波さん=日本テレビ提供

 俳優の赤楚衛二さんが、女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)に出演することが1月24日、分かった。2月3日放送の第4話に登場する大人気バンド「サイレントナイフ」のボーカル・ユウトを演じる。

 第4話では、水無瀬碧(菅野さん)は、自身の小説「私を忘れないでくれ」がユウト主演で映画化されることに。碧は、ユウトのファンであることを隠し、気合を入れて打ち合わせに臨む……という展開。ユウトは第4話のキーパーソンになるという。

 また、赤楚さんは碧の娘・空を演じる浜辺美波さんと、映画「思い、思われ、ふり、ふられ」(2020年)で共演しており、2人が収録の合間に撮影したツーショットも公開された。

日本テレビ提供
日本テレビ提供

<SNS反響>ストーカー彼女の“サリー”福原遥に視聴者注目「インパクト絶大」

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第2話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第2話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)第2話が、1月20日に放送された。福原遥さん扮(ふん)する、橘漱石(川上洋平さん)のストーカー気質の彼女“サリー”こと伊藤沙織に、視聴者から「インパクト絶大」「サリーちゃん強烈」「ぶっちぎり」などと注目が集まった。

 ドラマは、NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」などを手がけた北川悦吏子さん脚本のオリジナル作品。恋愛小説家で少女のような天然母・水無瀬碧(菅野さん)と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・空(浜辺美波さん)、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。

 第2話では、GPSで漱石の現在地を確認したサリーが、碧の自宅まで押しかけてくる。サリーと一緒にいた空によると、サリーは碧の住むマンションの前にたたずんでいたといい、「何しているんですか?」と聞くと、「ストーカーです。24時間態勢の完璧なストーキングをしています。散英社の橘漱石の」と答え、面白そうだと思った空が連れてきたのだという。

 サリーは「人の男に何してくれてんだ、こらあ!」と碧に詰め寄り、一方で漱石には「何で他の女の家に上がるの?」と言って取り乱す。漱石が「作家先生の家だ」と説明すると、「それは知ってるけど! GPS見てたら、ここから全然動かなくなるから心配になって……」と過呼吸を起こしてしまう……という展開だった。

 SNSでは、サリー役を演じる福原さんの演技に対し、「ストーカー演技レベチ(笑い)!」「いい感じにめんどくさい女演じてて神」「イタイ役面白い」といった、絶賛の声が上がった。また、劇中には碧、空、サリーの3人の場面もあり、「一つの画角に浜辺美波、菅野美穂、福原遥とか半端ない」「美の共演」「目の保養」といったコメントも見られた。

<SNS反響>“チャラ男”岡田健史に「新鮮!」「最高すぎ」の声 “オタク”との振り幅&“けんしつながり?”の「Lemon」も話題

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第2話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第2話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)第2話が、1月20日に放送された。本作でモテモテなチャラい大学生・入野光を演じる岡田健史さんに、視聴者から「ウチカレの岡田健史くん良き」「チャラい岡田くん新鮮!」「新しいキャラだね」「こんなしゃべるキャラ初めて見たかもしれない」「今回のチャラ健史くんギャップがすごくいい!」と反響が集まった。

 ドラマは、NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」などを手がけた北川悦吏子さん脚本のオリジナル作品。恋愛小説家で少女のような天然母・水無瀬碧(菅野さん)と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・空(浜辺美波さん)、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。

 第2話では、ゼミ中に空が落書きしたイラストを見た光が、“大事な話”があると空を呼び止める。空を喫茶店に連れ出し、光は自分が大学デビューに成功した隠れ二次元オタクだと打ち明け、さらには一緒にマンガを描かないかと提案を持ちかける……という展開だった。

 劇中では、コミックマーケットのシーンでセンター分けの長髪にメガネ、チェックシャツで“オタク”姿に変装した光が登場。SNSでは、「岡田健史の変装w」「オタク姿が強烈」「ビジュアル変化やばくない?!」といった声が上がった。

 また、大学のゼミメンバーでのカラオケでは、“チャラ男”姿の光が米津玄師(よねづ・けんし)さんの楽曲「Lemon」を披露。SNSでは、「岡田健史が!! Lemon!!」「岡田健史×米津玄師は最高」「米津玄師と岡田健史かけたの?」などと“けんしつながり?”が盛り上がりを見せていた。

<SNS反響>“空”浜辺美波が「広瀬すずだったらいいのに」とポツリ 「パワーワード」と視聴者反応

浜辺美波さん
浜辺美波さん

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)第2話が、1月20日に放送された。劇中には、イケメン整体師の渉周一(東啓介さん)とデートをすることになった水無瀬空(浜辺美波さん)が、「私が広瀬すずだったらただ立ってるだけでいいのになあ」とつぶやくシーンが登場。視聴者から「私が広瀬すずだったらという浜辺美波w」「ハイレベル」「浜辺美波から広瀬すずってワードは強すぎw」「パワーワード」「すごいセリフ」と反響を呼んだ。

 ドラマは、NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」などを手がけた北川悦吏子さん脚本のオリジナル作品。恋愛小説家で少女のような天然母・碧(菅野さん)と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・空、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。

 第2話では、空が訪れたカフェで偶然渉と再会。以前、道端で転んだところを渉に助けてもらった空はお礼を伝え、2人で話をする流れに。そして、ひょんな会話から渉と動物園に行く約束をする。

 思わずデートが決まった空は、碧に「天変地異の事件だ!」と報告。恋愛小説の女王と呼ばれた碧とデートの作戦を練ることにするが、“昭和”で“姑息(こそく)”な碧の恋愛術に空はげんなり。「私が広瀬すずだったらただ立ってるだけでいいのになあ」とつぶやく……という展開だった。

 SNSでは空のセリフに注目が集まり、「広瀬すずじゃないけど浜辺美波だよ!?」「いやいやあなた浜辺美波さまだから!」「浜辺美波ちゃんもただ立ってるだけでいい」「浜辺美波が広瀬すずになりたい世界やばい」「なんていう世界線……」と、視聴者からの“ツッコミ”が相次いだ。

視聴者注目の“イケメン整体師”東啓介 ブログリレーで撮影の感想明かす

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する東啓介さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する東啓介さん=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)の公式ブログが、1月20日に更新された。12日にスタートした出演者によるブログリレーの第2弾で、イケメン整体師・渉周一役の東啓介さんが登場した。

 東さん演じる渉は、第1話で碧(菅野さん)、空(浜辺美波さん)と“運命的な出会い”を果たした男性。視聴者から「整体師の先生かっこよ!」「整体師さん気になる」「可愛すぎ」「めちゃ背が高い!」「脚なが~」などと注目を集めている。

 ブログでは東さんが、渉が働く整体院「太葉堂」のセットのこだわりポイントや、撮影の感想、視聴者へのメッセージなどをつづっている。

 ドラマは、NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」などを手がけた北川悦吏子さん脚本のオリジナル作品。恋愛小説家で少女のような天然母・碧と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・空、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。

岡田健史は“隠れオタク”だった! 浜辺美波と急接近 第2話の場面写真公開

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第2話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第2話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)から、第2話の場面写真が1月17日、公開された。隠れオタクの“陽キャ”大学生・光(岡田健史さん)が、筋金入りのマンガオタクである空(浜辺美波さん)に、「一緒にマンガを描かないか?」と持ち掛けるシーンが収められている。

 20日に放送される第2話では、空と光の関係が進展。女子にも人気で、大学では常に仲間に囲まれている光が、実は“隠れオタク”だったことが発覚し、空は光からコミックマーケットで見かけたという話まで聞かされる。さらに、ある突拍子もない提案も持ち掛けられ、2人の関係は急接近していく……という展開。

“イケメン整体師”東啓介って? 「かっこいい」「気になる」と視聴者注目 「テニミュ」「刀ステ」でも活躍の実力派

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する東啓介さん(左)=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する東啓介さん(左)=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)第1話が、1月13日に放送された。ドラマには、水無瀬碧(みなせ・あおい、菅野さん)と空(そら、浜辺美波さん)親子と“運命的な出会い”をしたイケメン整体師・渉周一役で東啓介さんが登場。視聴者から「整体師の先生かっこよ!」「整体師さん気になる」「可愛すぎ」「めちゃ背が高い!」「脚なが~」と注目が集まった。

 東さんは1995年7月14日生まれ、東京都出身の25歳。身長は187センチ。2013年にミュージカル「テニスの王子様」セカンドシーズンに出演し、舞台デビュー。以後、2016~17年には舞台「弱虫ペダル」シリーズに出演し、2016~18年の舞台「刀剣乱舞」シリーズでは名刀を擬人化したキャラクター・刀剣男士の“十二振り”の一人、燭台切光忠(しょくだいきりみつただ)を演じて話題となった。そのほかにも、ミュージカル「マタ・ハリ」「ダンス・オブ・ヴァンパイア」「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~」「ジャージー・ボーイズ」など、数々の舞台で活躍している。

 第1話では、地元商店街の老舗たい焼き屋「おだや」でアルバイトをする空は、ある日、配達に出かけた帰りに道で派手に転んでしまう。「大丈夫ですか?」と声をかけられ顔を上げると、そこには一人の男性が。さらに、その男性は空の眼鏡がゆがんでいると気づき、眼鏡のゆがみを直してくれた。

 一方、四十肩が気になる碧は行きつけの整体へ。すると、従業員から新しい先生が来たと知らされ、渉周一が現れる。若くてイケメンの渉に碧がときめく中、渉は碧の大ファンだと告げる。そしてその渉とは、道端で転んでしまった空に声をかけた男性なのだった……という展開だった。

 SNSでは、渉役の東さんに対し「整体師は誰?と調べちゃった」「テニミュの千歳だったのか!」「刀ステの光忠さんだよね……?」といった声が上がったほか、「イケメン整体師めちゃくちゃキーパーソンじゃん?」「重要な役どころになりそう……!」「次回の展開が楽しみ」と期待の声も寄せられている。

<SNS反響>福原遥「ウチカレ」放送中に“ひょっこりショット”公開 「透明感すごっ!!」「めっちゃ可愛い~」の声

福原遥さんがオフィシャルブログとインスタグラムで公開した写真
福原遥さんがオフィシャルブログとインスタグラムで公開した写真

 女優の福原遥さんが1月13日、自身のオフィシャルブログとインスタグラムで、物陰から顔をのぞかせる“ひょっこりショット”を公開した。

 福原さんは、同日にスタートした菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)に出演していて、“ひょっこりショット”はドラマの第1話放送中に公開。ブログとインスタグラムに福原さんは、「『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』第1話が放送中です」「見終わった後、抱きしめられているような、ほっこりとても温かい気持ちになれるすてきな作品です!」などとつづった。

 福原さんが公開した写真に対して、ファンからは「透明感すごっ!!」「めっちゃ可愛い~」「ひょっこりショット?wかわいい」「非常に美しい」といったコメントが寄せられた。

<SNS反響>[Alexandros]川上洋平、「ウチカレ」でドラマ初出演 「おいで」に視聴者興奮「イケボすぎる」 トレンド入りも

ロックバンド「[Alexandros]」の川上洋平さん
ロックバンド「[Alexandros]」の川上洋平さん

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)第1話が、1月13日に放送された。ドラマには、恋愛小説家の水無瀬碧(みなせ・あおい、菅野さん)の新しい担当編集者・橘漱石役で、ロックバンド「[Alexandros](アレキサンドロス)」の川上洋平さんが出演。川上さんは初のテレビドラマで、劇中には碧に向かって「おいで」と言いながら両手を広げる“キュン”シーンもあった。

 視聴者は「川上洋平の『おいで』の破壊力」「イケボすぎる」「永久保存レベル」「川上洋平においでって言われる世界どこ?」「川上洋平に『おいで』をされたい人生でした」と大興奮だった。

 ドラマは、NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」などを手がけた北川悦吏子さん脚本のオリジナル作品。恋愛小説家で少女のような天然母・水無瀬碧と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・空(そら、浜辺美波さん)、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。

 碧は橘から次回作にと久々の恋愛小説を発注される。しかし、碧は恋愛から遠ざかっている自分に自信をなくしていた。そんな思いを知った橘は、碧に向かって「おいで」と両手を広げるが、近づいてきた碧からおなかにパンチを入れられてしまう……という展開だった。

 SNSでは、橘役の川上さんに対し「洋平さんが爆イケすぎて」「川上さんの声が良すぎる」「川上さんナチュラルな演技で良かった」といった声が上がったほか、「演技してる川上さんが新鮮」「バンドマン川上洋平と編集者橘漱石のギャップがえぐい」「川上洋平さんにハマりそう」などと注目を集め、ツイッターでは「川上洋平」「洋平さん」がトレンド入りした。

<SNS反響>“オタク”浜辺美波に反響「今までのイメージと違う!」 「特徴つかんでる」と反響も

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第1話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第1話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)第1話が、1月13日に放送された。筋金入りのマンガオタクである女子大生・水無瀬空(みなせ・そら)を演じる浜辺さんに、視聴者から「今までのイメージと違くて新鮮!」「浜辺美波の振り幅!」「オタクでメガネかけてる浜辺美波ちゃんマジで可愛い」「低いトーンの声も良き」「浜辺美波のオタク役最高」といった反響が上がった。

 ドラマは、NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」などを手がけた北川悦吏子さん脚本のオリジナル作品。恋愛小説家で少女のような天然母・水無瀬碧(みなせ・あおい、菅野さん)と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・空、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。

 第1話は、シングルマザーとして娘を育てつつ連載を抱える小説家・水無瀬碧は、ある日、自身のこん身の初ミステリーが大コケしたことで、編集長から連載の打ち切りを告げられる。意気消沈する中、新しく担当についた雰囲気イケメンの編集者・橘漱石(川上洋平さん)からは次回作にと久々の恋愛小説を発注される。しかし、碧は恋愛から遠ざかっている自分に自信をなくしていた。

 その頃、地元商店街の老舗鯛焼き屋「おだや」でアルバイトをする娘・空は、4代目店主で碧の幼なじみ・ゴンちゃん(沢村一樹さん)に、いくつになっても危なっかしい母の心配を漏らしていた。そんな中、水無瀬家を揺るがす心ときめく“運命的出会い”が碧と空に訪れようとしていた。さらに空は、大学きっての“陽キャ”モテ男で、同じゼミの入野光(岡田健史さん)の一言についカッとなり、ある事件を起こしてしまう……という展開だった。

 劇中には、空が自身のスーツケースに貼られたマンガのビジュアルを見てニヤリとする姿や、ゼミの飲み会を「見たいアニメあるんで」と言って抜け出す場面などが登場。SNSでは、「オタク具合が仕上がりすぎてて好感度急上昇」「話し方がめっちゃオタクっぽい」「オタクの特徴つかんでてスゴイ」などと注目を集めた。

初回視聴率10.3%で2桁発進 菅野美穂&浜辺美波に運命の出会い? 親子のラブストーリー

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第1話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第1話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)第1話が1月13日に放送され、平均視聴率(世帯)は10.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。2桁スタートを切った。

 ドラマは、NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」などを手がけた北川悦吏子さん脚本のオリジナル作品。恋愛小説家で少女のような天然母・水無瀬碧(みなせ・あおい、菅野さん)と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・空(そら、浜辺美波さん)、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。

 第1話は、シングルマザーとして娘を育てつつ連載を抱える小説家・水無瀬碧は、ある日、自身のこん身の初ミステリーが大コケしたことで、編集長から連載の打ち切りを告げられる。意気消沈する中、新しく担当についた雰囲気イケメンの編集者・橘漱石(川上洋平さん)からは次回作にと久々の恋愛小説を発注される。しかし、碧は恋愛から遠ざかっている自分に自信をなくしていた。

 その頃、地元商店街の老舗鯛焼き屋「おだや」でアルバイトをする娘・空は、4代目店主で碧の幼なじみ・ゴンちゃん(沢村一樹さん)に、いくつになっても危なっかしい母の心配を漏らしていた。訳あって碧と同じ独身、幼い時からの腐れ縁のゴンちゃんは、友達のような相棒のような、仲良し母娘の碧と空を温かく見守ってきた。

 そんな中、水無瀬家を揺るがす心ときめく“運命的出会い”が碧と空に訪れようとしていた。さらに空は、大学きっての“陽キャ”モテ男で、同じゼミの入野光(岡田健史さん)の一言についカッとなり、ある事件を起こしてしまう……という展開だった。

<ドラマ紹介>「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」 “母娘”菅野美穂&浜辺美波のラブストーリー 彼氏候補に[Alexandros]川上洋平、岡田健史ら 脚本は北川悦吏子

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第1話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第1話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)が、1月13日に始まる。NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」などを手がけた北川悦吏子さん脚本のオリジナルドラマで、恋愛小説家で少女のような天然母・水無瀬碧(みなせ・あおい、菅野さん)と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・空(そら、浜辺美波さん)、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。

 菅野さん扮(ふん)する碧は、“恋愛小説の女王”と呼ばれたシングルマザーの恋愛小説家。くったくのないにぎやかな性格で、思ったことがすぐ口からこぼれてしまう。浜辺さん演じる空は、20歳の女子大生で筋金入りのオタク。時間があればマンガやアニメに没頭する「オタ活」に忙しく、とある理由から、母と共に「恋をしよう!」と一大決心をする。

 碧の幼なじみで鯛焼き屋「おだや」の四代目・ゴンちゃんを沢村一樹さん、碧の担当編集者・橘漱石をロックバンド「[Alexandros](アレキサンドロス)」の川上洋平さん、漱石が勤める出版社の編集長・小西をお笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の有田哲平さんが演じる。3人は碧の彼氏候補になるという。

 空の彼氏候補でモテモテのパーフェクトイケメンだが、実は隠れた一面を持つ同級生・入野光を岡田健史さん、空と運命的な出会いをするイケメン整体師・渉周一を東啓介さん、漱石のストーカー気質な彼女・伊藤沙織を福原遥さんが務める。

 第1話で、シングルマザーとして娘を育てつつ連載を抱える小説家・水無瀬碧は、ある日、自身のこん身の初ミステリーが大コケしたことで、編集長から連載の打ち切りを告げられる。意気消沈する中、新しく担当についた雰囲気イケメンの編集者・橘漱石からは次回作にと久々の恋愛小説を発注される。しかし、碧は恋愛から遠ざかっている自分に自信をなくしていた。

 その頃、地元商店街の老舗鯛焼き屋「おだや」でアルバイトをする娘・空は、4代目店主で碧の幼なじみ・ゴンちゃんに、いくつになっても危なっかしい母の心配を漏らしていた。訳あって碧と同じ独身、幼い時からの腐れ縁のゴンちゃんは、友達のような相棒のような、仲良し母娘の碧と空を温かく見守ってきた。

 そんな中、水無瀬家を揺るがす心ときめく“運命的出会い”が碧と空に訪れようとしていた。さらに空は、大学きっての“陽キャ”モテ男で、同じゼミの入野光の一言についカッとなり、ある事件を起こしてしまう……。

<インタビュー>浜辺美波 “ドラマ色”濃かった2020年「大人っぽさへの挑戦が大きな経験に」 今年は初の北川悦吏子作品からスタート

1月13日スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する浜辺美波さん
1月13日スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する浜辺美波さん

 女優の菅野美穂さんが主演を務める連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!(ウチカレ)」(日本テレビ系、水曜午後10時)が、1月13日にスタートする。ドラマは菅野さん扮(ふん)する少女のような天然母・水無瀬碧と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・水無瀬空のそれぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。そんな本作で空を演じるのが、女優の浜辺美波さんだ。浜辺さんは昨年、3本の連続ドラマに主演。2020年について「挑戦が多く、必死になっていたらあっという間に過ぎていった」と振り返る。「映画とは違う」と語るドラマへの向き合い方や、自身にとって挑戦となった現場、本作への意気込みを聞いた。

 ◇改めて見えたドラマへの向き合い方 「わたどう」は「とても良い経験に」

 浜辺さんは昨年、2月期の「アリバイ崩し承ります」(テレビ朝日系)、8月期の「私たちはどうかしている(わたどう)」(日本テレビ系、横浜流星さんとダブル主演)、10月期の「タリオ 復讐代行の2人」(NHK総合、岡田将生さんとダブル主演)と、3作の連ドラで主演を務めた。“ドラマ色”の濃かった一年について浜辺さんは、「久しぶりのドラマだったので、映画とはまた違ったドラマへの向き合い方があるんだな、と改めて勉強になることが多かったです」と感想を語る。

 「映画は既にストーリーが完成した状態で撮影に入りますが、ドラマは“同時進行”というか。これが何の伏線か、今後の展開に向けて何を意味しているのかが、演じている私たちにも分からない。先が読めない感じは、ある意味視聴者の方と同じ目線だと思います。そういったところを考えながら、お芝居していくというのは、少し不思議な感じがしながらも楽しかったです」と明かしてくれた。

 また、「わたどう」では愛憎劇に挑戦。復讐(ふくしゅう)心を持ちながらも、復讐相手に引かれていく女性を演じ、色気漂うキスシーンやラブシーンでの大人っぽい表情も印象的だった。

 昨年の8月29日に20歳を迎えた浜辺さんは、「大人っぽい要素を含んだドラマに出演できたことは自分にとって大きかったですし、とても良い経験になりました。それと同時にコロナ禍ということもあって、いろいろな面に配慮しながら作品を作っていく大変さも痛感しました」と話す。「自分にとって挑戦が多く、必死になっていたらあっという間に過ぎていった一年でしたね。でも、さまざまな経験ができて、とても楽しかったです」と、目を細めながら充実感をのぞかせていた。

 ◇北川脚本は「温度感がある」 「ほっこりする雰囲気を伝えたい」

 そんな浜辺さんは、ドラマ「ウチカレ」から2021年のスタートを切る。本作はNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」などの脚本を手がけた北川悦吏子さんによるオリジナル作品で、浜辺さんは今回、北川さん脚本の作品に初出演。脚本を読んで「言い回しが面白かったり、普段口には出さないけど共感できるセリフが多く、温度を感じるような脚本」だと印象を語った。

 取材時はクランクイン前だったが、既に本読みは行われており、浜辺さんは「親子をはじめ、空が通う大学、碧さんが働く会社と、それぞれのコミュニティーでまったく違った雰囲気が感じられて、現場に入った後のイメージが湧きました」と、早くも手応えを得た様子。

 さらに、俳優の岡田健史さん、沢村一樹さん、ロックバンド「[Alexandros](アレキサンドロス)」の川上洋平さん、お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の有田哲平さん、女優の福原遥さんら、共演者については「男性陣の背の高さが異常なんです(笑い)。皆さんスタイルも良くて、すごい現場だと感じました」と話すなど、ちゃめっ気も見せながら、「ご一緒するのが2度目の方もいらっしゃるので、共演シーンがあればいいなと。現場に入るのが楽しみです」と声を弾ませていた。

 最後に、浜辺さんは本作について「親子で言いたいことをちゃんとぶつけ合いながら前に進んでいく姿は、見ていて元気をもらえると思います」とアピールし、「ほっこり温かくなるようなやり取りもあって、テレビ越しではありますけど、そういう雰囲気を伝えられたら」と意気込みを語った。

 母親役を演じる菅野さんは、本作での浜辺さんに対し「まだ世の中に出たことがない浜辺さんの表情が見られる役という予感がした。そういった部分が魅力的に引き出されているんじゃないかと楽しみです」と明かしていた。浜辺さんのどんな“新たな顔”が飛び出すのか、いよいよ放送開始となる「ウチカレ」に注目だ。

出演者のブログリレーがスタート トップバッターは浜辺美波 大学での撮影裏話も

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する浜辺美波さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する浜辺美波さん=日本テレビ提供

 1月13日にスタートする女優の菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)の公式ブログで、出演者によるブログリレーが12日、スタートした。

 トップバッターは、菅野さん演じる水無瀬碧の娘・空役の浜辺美波さん。大学での撮影の裏話や、碧と暮らすマンションのセット、空がアルバイトをしているたい焼き屋「おだや」のこだわりなど、ドラマを深く楽しめる注目ポイントを紹介している。

 ドラマは、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」などを手がけた北川悦吏子さん脚本のオリジナル作品。恋愛小説家で少女のような天然な母・碧と、母を放っておけないしっかり者で“オタク”の大学生の娘・空、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。

 第1話は、シングルマザーとして娘を育てつつ連載を抱える小説家・碧は、ある日、自身のこん身の初ミステリーが大コケしたことで、編集長から連載の打ち切りを告げられる。気が沈むが、新しく担当についた“雰囲気イケメン”の編集者・橘漱石(川上洋平さん)から次回作として久々の恋愛小説を発注される。しかし、碧は恋愛から遠ざかっている自分に自信をなくしていた。

 地元商店街の老舗たい焼き屋「おだや」でアルバイトをする娘・空は、4代目店主で碧の幼なじみ・ゴンちゃん(沢村一樹さん)に、いくつになっても危なっかしい母の心配を漏らしていた。訳あって碧と同じ独身、幼い時からの腐れ縁のゴンちゃんは、友達のような相棒のような、仲良し母娘の碧と空を温かく見守ってきた。そんな中、水無瀬家を揺るがす心ときめく“運命的出会い”が訪れようとしていた……というストーリー。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

浜辺美波「とっても可愛い」巫女さんコスプレ公開 菅野美穂と2ショット「似てる!」「美人姉妹」と反響

“巫女さん”のコスプレをした浜辺美波さん(右)と菅野美穂さん
“巫女さん”のコスプレをした浜辺美波さん(右)と菅野美穂さん

 女優の浜辺美波さんが、“巫女(みこ)さん”のコスプレ姿を公開した。菅野美穂さん主演の連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系)のオフィシャルブログで、“巫女さん”コスの浜辺さんと、浜辺さんと同作で母娘役を演じる菅野さんとのツーショット写真を掲載。ファンからは「美人親子というよりも美人姉妹」「なんか似てる!!」「2人とも可愛すぎる!!」「たまらん」「巫女姿、とっても可愛い」「いやっ!姉妹みたい」「2人には笑神様が絶対くると思うw」などといった反響があった。

 ドラマは1月13日から毎週水曜午後10時に放送される。

菅野美穂&浜辺美波 共演ドラマのオフショットに「最強母娘」「可愛すぎ」の声 「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」公式ブログ開設

2021年1月13日スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する菅野美穂さん(左)と浜辺美波さん
2021年1月13日スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する菅野美穂さん(左)と浜辺美波さん

 女優の菅野美穂さん主演で2021年1月13日にスタートする連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)のオフィシャルブログが開設。「ブログスタート!!」と題した記事で、親子役を演じる菅野さんと浜辺美波さんのオフショットが公開され、「最強母娘」「2人が可愛すぎます」といったコメントが寄せられている。

 同記事では、番組スタッフがブログについて「撮影の裏側や名シーンなどたくさん更新していきますのでよろしくお願いします!」と説明。また、「【予告】ブログリレーはじめます!」と題した記事では、新年からキャストによる“ブログリレー”を開始することが発表され、「とっても楽しみです!」「早く1月になって~」「待ち遠しい」などと期待の声が上がっている。

菅野美穂、“娘”浜辺美波の「今までにない表情が見られる予感」 演技では“北川悦吏子感”を大切に

2021年1月13日スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」のポスタービジュアル=日本テレビ提供
2021年1月13日スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」のポスタービジュアル=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さんが、主演を務める連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)の取材に、浜辺美波さんと出席した。台本を読み合わせした際、娘役を演じる浜辺さんに対して「まだ世の中に出たことがない浜辺さんの表情が見られる役という予感がした」といい、「そういった部分が魅力的に引き出されているんじゃないかと楽しみです」と期待を寄せた。

 2人は本作が初共演となり、浜辺さんは菅野さんについて「実際に会ってお話ししている声を聞くと、マイクや画面越しで聞く以上に“すてきな声”だなと感じました。上がり下がりの中でも、低音の部分が聞いていてとても心地良くて。生でお会いできる優越感があります」とコメント。一方、菅野さんは浜辺さんについて「イメージ通りの真面目さ。話しやすくて助かっています」と印象を語った。

 2人は今回、北川さん脚本の作品に初出演。菅野さんは「北川さんのお書きになるセリフは音符をまとっているように生き生きとしている。書き方も他の脚本家さんとは違っていて、あえて読点がなかったり、普段耳で聞いている言葉がそのまま台本になっている感じ」と話し、浜辺さんも「言い回しが面白かったり、普段口には出さないけど共感できるセリフが多く、温度を感じるような脚本だなと思いました」と、それぞれ感想を明かした。

 共演者には、俳優の岡田健史さん、沢村一樹さん、ロックバンド「[Alexandros](アレキサンドロス)」の川上洋平さん、お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の有田哲平さん、女優の福原遥さんらが集結。浜辺さんは「男性陣の背の高さが異常なんです(笑い)。皆さんスタイルも良くて、すごくレベルが高い現場だと感じました」と取材陣の笑いを誘い、「ご一緒するのが2度目の方もいらっしゃるので、共演シーンがあればいいなと。現場に入るのが楽しみです」と声を弾ませた。

 菅野さんは、「北川さんの男性の描写は女子が見ていてキュンとするようなイメージ。テレビドラマの仕事が初めてだという川上さんは、アーティストとはまた違った一面が引き出されていると思いますし、岡田さんの“軽チャラ”とそうでない部分の二面性のある役も楽しみです」と語った。

 最後に浜辺さんは本作について「親子で言いたいことをちゃんとぶつけ合いながら前に進んでいく姿は、見ていて元気をもらえると思います。ほっこり温かくなるようなやり取りもあって、テレビ越しではありますけど、そういう雰囲気を伝えられたら」とアピール。

 菅野さんは、「碧さんはパワフルな役柄ですが、作品としてはホームドラマみたいな雰囲気もあって、面白いドラマになるんじゃないかなと。北川さんの本の雰囲気を大切にするというのを意識しながら演じていきたい」と意気込みを語った。

有田哲平、[Alexandros]川上洋平&福原遥から第1子誕生祝福 ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」撮影現場で

2021年1月13日スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演している(左から)[Alexandros]の川上洋平さん、くりぃむしちゅーの有田哲平さん、福原遥さん=日本テレビ提供
2021年1月13日スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演している(左から)[Alexandros]の川上洋平さん、くりぃむしちゅーの有田哲平さん、福原遥さん=日本テレビ提供

 12月7日に第1子の誕生を所属事務所の公式サイトで発表したお笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の有田哲平さんがこのほど、2021年1月13日スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)の撮影現場で、橘漱石役の「[Alexandros](アレキサンドロス)」の川上洋平さん、伊藤沙織役の福原遥さんやスタッフからサプライズでお祝いされた。

 ドラマで出版社の編集長・小西を演じる有田さんは、川上さん、福原さんと同じ日にクランクイン。撮影が終わった後、スタッフから「先日、有田哲平さんに娘さんが生まれました! おめでとうございます!」と祝福された有田さんは、監督から「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!…わけがない かわいいベビー服セット」と書かれたプレゼントを受け取った。その場にいたエキストラからも祝福された有田さんは「見ず知らずの方にまで、こんなに祝ってもらって(笑い)。今日からの撮影なのに、ありがとうございます。これから頑張りますので、よろしくお願いします!」とコメントした。

菅野美穂&浜辺美波の役ビジュアル披露 “親子”そろってクランクイン 楽しみは朝ごはん?

2021年1月スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」のクランクインを迎えた浜辺美波さん(左)と菅野美穂さん=日本テレビ提供
2021年1月スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」のクランクインを迎えた浜辺美波さん(左)と菅野美穂さん=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さん主演で、2021年1月にスタートする連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)の撮影が、このほど始まった。今作で水無瀬碧役を演じる菅野さんと、娘・水無瀬空役の浜辺美波さんと“親子”そろってクランクインし、それぞれの役柄に扮(ふん)した写真が公開された。

 撮影初日を迎え、菅野さんは「いよいよだなという感じです。私は10年ぶりに南雲(聖一)監督とご一緒するのですが、割本(撮影用の台本)に書かれた監督の字さえも懐かしいなと思いましたし、感慨深いです」と心境を明かし、「初めましての方もいらっしゃれば、20年ぶりにご一緒する方もいらっしゃいますので、皆さんと楽しくやっていければと思っています」と語った。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

 また、撮影にあたり「北川さんの脚本にある掛け合いがとてもすてきで、監督も『なるべく一回の流れで撮りたい』とおっしゃっているので、きちんとせりふを覚えなければという緊張感があります」と吐露。一方で、「撮影現場でいつも食べていた、私が10代の頃から変わらないおにぎりの朝ごはんセットがあるのですが、今でも出てくるかな?と期待しています(笑い)」と、ちゃめっ気たっぷりに語った。

 娘役を演じる浜辺さんは「お天気にも恵まれて、気持ちのいいスタートが切れたと思います。緊張していますが、楽しい撮影現場になりそうですし、菅野さんともお会いして、これから親子のシーンの撮影がとても楽しみです!」とコメント。「とにかく体調には気を付けて、早く皆さんと家族になれたらと思っています。共演者の皆さんとも、スタッフの皆さんとも、温かい空気感を大切にして、楽しい3カ月の撮影期間にしていきたいです」と意気込みを語っている。

福原遥、北川悦吏子脚本で新しい一面? [Alexandros]川上洋平のストーカー彼女“サリー”に

2021年1月にスタートする連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演が決まった福原遥さん
2021年1月にスタートする連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演が決まった福原遥さん

 女優の福原遥さんが、菅野美穂さん主演で、2021年1月にスタートする連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)に出演することが12月1日、明らかになった。ロックバンド「[Alexandros](アレキサンドロス)」の川上洋平さん扮(ふん)する編集者・橘漱石のストーカー気質な彼女・伊藤沙織を演じる。小田玲奈プロデューサーは、「付き合っている彼氏にGPSを付ける、ちょっと怖い彼女“サリー”を、(脚本の)北川悦吏子さんが可愛いキャラクターにしてくださいました。福原さんの新しい一面が見られること、期待しています」と語っている。

 福原さん演じる沙織は、漱石の同僚で、彼女。まるでストーカーのように漱石の行動を追跡している。漱石と碧の関係に嫉妬するあまり、水無瀬家や近所の鯛焼き屋「おだや」を頻繁に訪れるようになるが……という役どころ。

 福原さんは「台本を読んでいると楽しくて自然と笑みがこぼれちゃうような、抱き締めてもらえるような、ものすごいぬくもりを感じる作品で、今はこの世界に早く入りたくて仕方ありません! そして何より、尊敬している皆様とご一緒させていただけることがこの上なくうれしく、光栄に思っております。ホッとできるような温かい空間を皆さんにお届けできるよう、精いっぱい、沙織と向き合い、楽しみたいです。よろしくお願いいたします!」とコメントしている。

[Alexandros]川上洋平、ドラマ初出演で菅野美穂の“彼氏候補”に 北川悦吏子脚本「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」で

2021年1月スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する(左から)沢村一樹さん、[Alexandros]の川上洋平さん、くりぃむしちゅーの有田哲平さん=日本テレビ提供
2021年1月スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する(左から)沢村一樹さん、[Alexandros]の川上洋平さん、くりぃむしちゅーの有田哲平さん=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さん主演で、2021年1月にスタートする連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)に俳優の沢村一樹さん、ロックバンド「[Alexandros](アレキサンドロス)」の川上洋平さん、お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の有田哲平さんが出演することが11月19日、分かった。川上さんがテレビドラマに出演するのは初めて。

 沢村さんは、主人公で恋愛小説家の碧(菅野さん)の幼なじみで鯛焼き屋「おだや」の四代目・ゴンちゃん、川上さんは碧の担当編集者・橘漱石、有田さんは、漱石が勤める出版社の編集長・小西を演じる。3人は碧の彼氏候補になるという。

 ◇沢村一樹さんのコメント

 大都会のど真ん中、巨大な商業ビルや最高級のタワーマンションが立ち並ぶエリアを横目に、たくましく生き延びる商店街を支える老舗の鯛焼き屋の店主として、老若男女、さまざまな人々が行き交う街で暮らしてきたからこそのバイタリティーと人としての温もりで、この冬、皆さんの心を温めたいと思います。

 ◇川上洋平さんのコメント

 北川悦吏子さんからお手紙をいただきまして。その手紙が本当にすてきで、思わず訪れたことのない場所へと旅したくなりました。いろいろと不慣れなこともありますが、それを越えてとにかく楽しみです。いただいた役を一所懸命、丁寧に演じ全うしたいと思います。よろしくお願いします。

 ◇有田哲平さんのコメント

 僕は「芸能界きっての“カンナー”」といわれるくらい菅野美穂さんのファンでした。お互い結婚もして現実の世界ではもう無理ですが、フィクションの中では、もしかしたら僕と菅野さんがお付き合いできるチャンスが巡ってくるのでは……ということで、3人、彼氏候補がいらっしゃるのであれば、ぜひその中から僕が勝ち取りたいと思います(笑い)!

 ◇小田玲奈プロデューサーのコメント

 先日、娘(浜辺さん)の彼氏候補(岡田さん)の発表をさせていただきましたが、このドラマの見どころは、娘が恋をするのと同時に「母も恋をする」ということです。菅野美穂さん演じるシングルマザーの久々の恋のお相手候補には、なんだか恐れ多い、豪華過ぎるキャストが集まりました。ベテラン俳優、テレビドラマ初出演歌手、一流お笑い芸人……。このキャストで盛り上がらないわけありません。視聴者の皆さんそれぞれの“推し”を、母娘の恋のお相手候補から見つけていただければと思います。

岡田健史、浜辺美波の彼氏候補に 「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」でチャラい大学生役

連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する岡田健史さん
連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する岡田健史さん

 俳優の岡田健史さんが、女優の菅野美穂さん主演で、2021年1月にスタートする連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)に出演することが11月6日、分かった。岡田さんは、浜辺美波さん扮(ふん)する主人公の一人娘・空の彼氏候補で、年上美女と遊びの恋を続けるチャラい大学生・入野光を演じる。

 「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」は、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」などを手がけた北川悦吏子さんが脚本を担当するオリジナルドラマ。主人公で少女のような天然母・水無瀬碧(みなせ・あおい、菅野さん)と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘・空、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。

 岡田さんが演じる光は、空と同じ大学に通う大学生。後光が差すほどのイケメンであり、頭もいいパーフェクトな存在。不特定多数の女子から誘いがあるが本命の相手はおらず、実は隠された一面を持ち、そのことで空と不思議な関係になるが……という役柄。

 光を演じることについて岡田さんは「自分の本質を隠しながら生きている人間って、今の時代たくさんいるだろうなと感じました。きっと光もその中の1人ですし、そんな光と重なる部分が自分にもあると思いました」とコメントしている。

 ◇岡田健史さんのコメント

 ――脚本を読んだ感想は?

 自分の本質を隠しながら生きている人間って、今の時代たくさんいるだろうなと感じました。きっと光もその中の1人ですし、そんな光と重なる部分が自分にもあると思いました。僕が演じる光を通して、多くの矛盾の中で生きる強き同志たちの“光”となれたらと思いました。

 脚本の北川さんとお話する機会があったのですが、その時はただひたすら自分の役について質問しました。どのような人間なのか、作品にとってどのような存在でありたいのか。役を構築する最初の段階で役について話せたことに、役者としてこの上ない感謝の気持ちを感じたのを強く覚えています。

 ――光は本気の恋愛を面倒くさいと思っているチャラい大学生という役です。岡田さんご自身のイメージとは離れているように思いますが、難しいところはありますか?

 恋愛は面倒なものだという視点は、同感します。でも、その面倒なものに没頭し、救われ、振り回され、傷つき傷つけて、そんな恋愛を崇高な現象だと僕は捉えています。光は岡田と違うのか否かは、作品をご覧になっていただくとわかるか思います。

 ――光は「ウチの娘」である空の彼氏候補ともいえると思います。岡田さんは、光や空の恋愛観に共感できますか?

 好きな人に限って、気持ちと真逆なアクションをしてしまうものですよね。

 ――空は「筋金入りのマンガオタク」という役ですが、どう思いますか? また、岡田さんご自身は没頭できるような趣味をお持ちですか?

 僕も、絵を描くことや木彫り、掃除などの分野についてはある種のオタクなので、“オタク”という言葉にまったく違和感がないです。同じ“オタク”、もしくは理解し合える人に出会うことがどんなに幸せなことか、このごろ痛感します。

 ――視聴者の皆様へのメッセージをお願いいたします。

 ウチカレのチームが生み出す化学変化でこの世を明るく照らしていきます。ぜひご覧ください。

浜辺美波、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」で菅野美穂の娘に 恋愛に消極的な役に「すごく共感できます!」

2021年1月スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する浜辺美波さん
2021年1月スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する浜辺美波さん

 女優の浜辺美波さんが、女優の菅野美穂さん主演で、2021年1月にスタートする連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)に出演することが10月21日、分かった。シングルマザーの恋愛小説家・水無瀬碧(みなせ・あおい、菅野さん)の一人娘で、これまで恋愛のきっかけがなかったしっかり者のオタクな女子大生、水無瀬空(そら)を演じる。

 「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」は、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」などを手がけた北川悦吏子さんが脚本を担当するオリジナルドラマ。主人公で少女のような天然母と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。

 空は、筋金入りのマンガ好き。時間があればマンガやアニメに没頭する「オタ活」に忙しく、これまで恋愛のきっかけはなかった。しかし、彼氏が欲しいとまったく思わないわけではなく、とある理由から、母と共に「恋をしよう!」と一大決心をする……という設定。

 恋愛に対して積極的ではない空に対し、浜辺さんは「すごく共感できます! 恋愛って無理してするものじゃないし、(彼氏が)いなくてもいないなりに楽しいし自由に過ごせる。それこそ娯楽を楽しむ時間も自由です。万が一できたとしても、それに振り回されたくないなと思っちゃうので、空の考え方は、とても理解できます」と語っている。

 また、小田玲奈プロデューサーは、浜辺さんの起用について「若者の多くがそれぞれに没頭できる楽しみを持っている今、『オタク』な空はごく一般的な女の子なのだと思います。母は『恋愛が教えてくれるものは大きい』と思っているけれど、娘には大事にしたい趣味があったりで、『恋愛を重要視していない』……そんな母娘の世代間にある価値観のギャップを、浜辺さんが娘世代を代表して、面白く&リアルに演じてくれることを期待しています」と語っている。

 ◇浜辺美波さんのコメント

 ――脚本を読んだ感想は?

 母と娘の対話が多く、仲のよさがとても伝わりましたし、ずっと2人で支え合って生きてきたんだろうなと感じました。私自身は母とそこまで何でも話すトモダチ母娘ではないのですが、周りには母親と友達同士のような子もいます。子供もお母さんを支えていて、しっかりしているんです。碧と空もそれぞれの役割があって、互いに補い合っていて、いい親子関係だなと思いました。

 今回、脚本の北川悦吏子先生からお手紙をいただきました。「しばらく私の娘になってみませんか。一緒に見たことのない景色を見ませんか」という言葉に、こんな幸せなことがあるかと思いました。北川先生の、そして菅野美穂さんの娘に全身全霊でなるつもりで挑みます。

 ――ドラマでは母と娘、それぞれの恋が描かれます。ラブストーリーとしてはいかがでしたか?

 母も娘も不器用でマイペースでなかなかスムーズには進まないし、決まらないですが、そこがとても愛らしくて。2人とも幸せになってほしいなと応援したくなる、あたたかなラブストーリーでした。

 ――母役の菅野さんの印象は?

 菅野さんとはまだお会いできていないのですが、家庭で奥様も母親もされながらお仕事をされている姿はかっこよくて尊敬しかありません。今回は娘役ということで、その背中をみて学びつつお世話になりたいと思っています。まだまだ未熟者で至らぬ娘ではございますが、なにとぞよろしくお願い致します!!

 ――空は“筋金入りのマンガオタク”という役ですが、浜辺さんにとって“オタク”とは?

 誰もが何かのオタクであると思います。空にとっての熱中した分野が、たまたまアニメやマンガであるというだけで。熱中するものが存在するということは、とても素晴らしいことだと思いますし、その分野に対して知識や収集を極めたことへのリスペクトがあります。

 ――浜辺さんご自身も、空と同じようにマンガ好きとうかがいましたが……。

 学生時代は今より時間があったので、趣味として時間やお金を費やしたり友達と楽しみを共有していました。今は、マンガやアニメは娯楽として休日にたしなんでいます。今、特に読むのは少年マンガ系です! 連載ではなく、あえて単行本が出るまで待って単行本で読むタイプです。「今日は台本読まなきゃいけないけど、どうしても1回リフレッシュしたい!」というときに、パーッとマンガをパッケージで選んで大人買いして読むことが多いです。

 ――恋愛に対して積極的ではなく、これまで恋のきっかけもなかったという空に共感できますか?

 すごく共感できます! 恋愛って無理してするものじゃないし、(彼氏が)いなくてもいないなりに楽しいし自由に過ごせる。それこそ娯楽を楽しむ時間も自由です。万が一できたとしても、それに振り回されたくないなと思っちゃうので、空の考え方は、とても理解できます。

 私にはずっと仲のいい中学の同級生4人がいるのですが、全員いまだに彼氏ができたことがなくて。「ほしい」と口に出して言うんですけれど、本気で今すぐにほしい、と思っているわけではないんですよね。そういう女の子も多いのかなと思います。空ちゃんにも似た要素があるのかなと。

 ――視聴者の皆様へのメッセージをお願いいたします。

 空ちゃんとして物語の家族に包まれるのが楽しみです。碧の娘の空として、かーちゃんと支え合いながら、母と娘の広い意味でのラブストーリーをあたたかくお届けできるようがんばります!!

菅野美穂、4年ぶり主演連ドラでシングルマザーの恋愛小説家役 “初タッグ”北川悦吏子作品の印象的せりふは“ロンバケ”の…

2021年1月スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」で主演を務める菅野美穂さん=日本テレビ提供
2021年1月スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」で主演を務める菅野美穂さん=日本テレビ提供

 女優の菅野美穂さんが、2021年1月スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)に主演することが10月12日、分かった。菅野さんが連続ドラマで主演を務めるのは、2016年放送の「砂の塔」(TBS系)以来、4年ぶり。脚本は大ヒットドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系)、「愛していると言ってくれ」(TBS系)、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」などを手がけた北川悦吏子さんが担当するオリジナル。菅野さんと北川さんがタッグを組むのは初めて。

 「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」は、主人公で少女のような天然母・水無瀬碧(みなせ・あおい、菅野さん)と、母を放っておけないしっかり者の“オタク”の娘、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。碧は、“恋愛小説の女王”と呼ばれたシングルマザーの恋愛小説家で、世間知らずな一面があるというキャラクター。娘は、恋をしてみたいと思っているが、マンガの新刊を追いかけたり、「コミックマーケット(コミケ)」に向けてのコスプレの準備に大忙しという設定。

 ◇スタッフ・出演者のコメントは以下の通り(原文のまま)

 ・菅野美穂さんのコメント

 北川悦吏子さんの作品は、セリフがリアルだったり、リアルからちょっと離れた夢の世界をいったりきたりするところがとても好きです。特に『ロングバケーション』の「足の中指って薬指っぽくない?」というセリフが素敵で印象に残っています。これまで北川さんの作品に出演する機会がなかったので「もうないのかな」と思っていたところ、今回ご一緒することができ、本当に嬉しいです。

 このドラマは、ホームドラマのような要素もある一方で、恋愛したいお母さんとオタクの娘という、ドラマとしては新しい親子像が描かれています。ホッとできる部分と新しい部分、そして北川さんの紡ぐ会話によって、軽やかで楽しいドラマになる予感がしています。

 私自身も子育て中の母親ですが、まだ小さいので「子の恋愛で悩む」というのは未知の世界です。ただ、いろいろなことが少しずつわかるようになってきているので、ゆくゆくはドラマも見てもらえたら嬉しいですね。その時に恥ずかしくないよう、今、一生懸命務めたいと思っています。

 ・北川悦吏子さんのコメント

 母と娘の話をずっと書いてみたいと思っていました。母と娘のラブストーリー。そして、超ド級のコメディー。でも思わぬところで涙がポロリ。今までの既存のドラマの概念から抜け出すつもりです。アバンギャルドなこのドラマ。さてのるかそるか、の大冒険です! みなさん、ついて来て(祈!)

 ・小田玲奈プロデューサーのコメント

 菅野さん演じる碧は、“規格外なお母さん”です。自由奔放な言動から「母親としてどうなの!?」と思われてしまうかもしれないこの役を、菅野さんなら可愛らしくて愛される“かーちゃん”にしてくれると確信しています。