青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平- あらすじ

青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-あらすじ

 ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)は、警視庁捜査一課の敏腕刑事から日本で初の学校内警察(スクールポリス)に転身した主人公・嶋田隆平が、学校内外で起きるさまざまな問題に立ち向かう学園エンターテインメント。俳優の藤原竜也さんが主演を務め、主人子の嶋田を演じる。藤原さんがフジテレビ系のドラマで主演を務めるのは初めて。ヒロインとして女優の真木よう子さんも出演。藤原さんと真木さんが共演するのは、2003年に公開された映画「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」以来、約18年ぶりで、テレビドラマでは初共演。

 ドラマは、警視庁捜査一課の敏腕刑事から日本で初の学校内警察(スクールポリス)に転身した主人公・嶋田隆平(藤原さん)が、学校内外で起きるさまざまな問題に立ち向かう学園エンターテインメント。物語の舞台となる赤嶺中学校に嶋田が配属されると、SNSトラブルや生徒の薬物疑惑、盗撮事件、教師のマタニティーハラスメント、セクシャルハラスメントなど、さまざまな事件があぶり出されていき、教師、生徒を問わず法に触れれば容赦なく逮捕する……という内容。嶋田の過去やスクールポリスに志願した目的が明かされていく展開で、悪を成敗する“爽快感”とアクションシーンが見どころになるという。

 真木さんは、赤嶺中学校の熱血・国語教師の浅村涼子を演じる。当初からスクールポリス制度に反対していて“学校に警察官がいるなんて不自然”と考えているという役どころ。常に生徒の側に立つため、罪を犯した生徒に対して無情に手錠をかける嶋田と衝突を繰り返す。

ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」のあらすじ

<ドラマ紹介>「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」藤原竜也が学校の闇をあぶり出す! 真木よう子、山田裕貴ら出演 生徒役で気鋭の若手も 第1話あらすじも

1月12日スタートの連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第1話のワンシーン=カンテレ提供
1月12日スタートの連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第1話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の藤原竜也さんが主演を務める連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)が1月12日にスタートする。警視庁捜査1課の敏腕刑事からスクールポリスとして公立赤嶺中学校に配属された藤原さん扮(ふん)する嶋田隆平が、SNSトラブルや生徒の薬物疑惑、教師のハラスメントなど学校の闇をあぶり出し、教師、生徒を問わず法に触れれば容赦なく逮捕する……という学園エンターテインメントだ。

 学校のさまざまな問題が解決されていくストーリーと並行して、嶋田の過去やスクールポリスに志願した目的も明かされる。また、逮捕シーンなどでの華麗なアクションも見どころとなる。

 山田裕貴さんが嶋田の後輩刑事・三枝弘樹、真木よう子さんが赤嶺中学校の国語教師・浅村涼子、泉澤祐希さんが同校の社会科教師・柴田透、音尾琢真さんが同校の体育教師・阿部裕亮、須賀健太さんが同校の英語教師・新津清、山口紗弥加さんが同校の英語教師・水野楓、高橋克実さんが同校校長の木島敏文を演じる。明日海りおさん、石井正則さん、峯村リエさん、遠藤雄弥さん、升毅さんらも出演する。

 また、生徒役で池田優斗さん、荒木飛羽(とわ)さん、鈴木梨央さん、宮原和さん、豊嶋花さん、中川翼さん、ジャニーズJr.の人気グループ「少年忍者」の鈴木悠仁さん、吉柳咲良(きりゅう・さくら)さん、牧野羽咲(うさ)さんといった新進気鋭の若手俳優たちも出演する。
 
 第1話は15分拡大放送。夜の繁華街を見回りしていた3年1組の担任の涼子は、同級生から金を奪った中学生を発見し注意するが、ナイフを突き付けられてしまう。そこへ嶋田が現れ、相手が中学生だろうと容赦せず、生徒たちを恐喝と暴行の罪で現行犯逮捕し、所轄の三枝に引き渡す。

 翌日、嶋田がスクールポリスとして赤嶺中学校に初登校する。涼子から、警視庁捜査1課の刑事でありながらスクールポリスに志願した理由を聞かれた嶋田は「この学校の生徒に守る価値があるのか確かめたかった」と告げる。その矢先、数学教師の一ノ瀬(石井さん)が3年1組で授業を行っていたところ、態度を注意された生徒の真田一樹(中川さん)が逆上。駆け付けた嶋田が、真田を器物破損と暴行罪で逮捕すると、この様子がSNSで拡散され……というストーリー。

第2話のあらすじ “嶋田”藤原竜也が亡霊の謎へ “妊婦”山口紗弥加への嫌がらせが発覚

1月19日放送の連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第2話のワンシーン=カンテレ提供
1月19日放送の連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第2話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の藤原竜也さん主演の連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第2話が1月19日に放送される。

 スクールポリスの嶋田隆平(藤原さん)が生徒を逮捕したことで、赤嶺中学校内ではSPへの賛否の声が上がっていた。そんな中、妊娠3カ月の英語教師・水野楓(山口紗弥加さん)の机の引き出しから、ネズミの死骸が発見される。以前から楓は何者かに嫌がらせを受けていたという。

 楓を母親のように慕う3年1組の生徒・成田千佳(田畑志真さん)は、犯人捜しに躍起になる。担任・浅村涼子(真木よう子さん)は、3年2組の生徒たちが担任・楓の妊娠に嫌悪感を抱き、SNSで楓とおなかの子の不幸を願うような書き込みをしていると知り、ショックを受ける。

 その後、千佳は楓の悪口を言っていた3年2組の生徒・大林優也(荒木飛羽さん)を犯人と決めつけて食ってかかり、騒動に発展する。一方、嶋田は理科教師の青木祐志(渋谷謙人さん)から亡霊の謎を聞かされる……。

 ドラマは、警視庁捜査1課の敏腕刑事からスクールポリスとして公立赤嶺中学校に配属された藤原さん扮(ふん)する嶋田が、SNSトラブルや生徒の薬物疑惑、教師のハラスメントなど学校の闇をあぶり出し、教師、生徒を問わず法に触れれば容赦なく逮捕する姿を描く学園エンターテインメント。

第3話のあらすじ 藤原竜也が校内の盗難事件を捜査 ドラッグ使用疑惑の生徒が犯人?

連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第3話のワンシーン=カンテレ提供
連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第3話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の藤原竜也さん主演の連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第3話「ドラッグ事件」が1月26日に放送される。

 赤嶺中学校で、校内の高価な備品が盗まれ、フリマアプリに出品されている事実が発覚する。スクールポリスの嶋田隆平(藤原さん)は、学校関係者による犯行だと考え、盗難品に残された指紋と、教師、生徒全員の指紋を照合して窃盗犯を見つけ出そうとする。

 各クラスで指紋採取が進められる中、3年3組の生徒でサッカー部の仲村紀明(藤本哉汰さん)が突然大声で笑い出し、服を脱ぎ捨てて廊下の窓から飛び降りようとする。間一髪、嶋田が阻止するが、仲村はそのまま失神してしまう。

 嶋田は、仲村がドラッグを使った可能性を示唆。仲村がドラッグを買う金が欲しくて備品を盗んだのではないかと疑う……。

第4話のあらすじ 藤原竜也&山田裕貴が校内の盗撮事件を捜査

連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第4話のワンシーン=カンテレ提供
連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第4話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の藤原竜也さん主演の連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第4話「盗撮事件」が2月2日に放送される。

 体育館の女子更衣室で盗撮カメラが発見された。バレー部顧問の澤田敦子(智順さん)が確認したところ、これまでに撮影された映像は、動画サイトに投稿されていたと分かる。嶋田(藤原さん)は、生活安全課少年係の三枝(山田裕貴さん)と共に秘密裏に捜査を進める。

 校内に他の盗撮カメラがないかと探していた3年1組担任の涼子(真木よう子さん)は、男子バレー部の更衣室から、3年生部員の菊池京介(鈴木悠仁さん)が出てくるところを目撃する。京介の表情はどこかぎこちなく……。

 一方、1年前に亡くなった音楽教師の小川香里(明日海りおさん)の事件について調べている嶋田は、岡部昌浩(遠藤雄弥さん)という美術教師のことを耳にする。香里とよくもめていたという岡部のことが気にかかった嶋田は、岡部が学校を辞めた原因となった生徒に接触する。

第5話のあらすじ 藤原竜也がバスケ部のいじめ解決へ “音楽教師”明日海りおの死の真相を追う理由も明かされる

連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第5話のワンシーン=カンテレ提供
連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第5話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の藤原竜也さん主演の連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第5話「イジメは犯罪」が2月9日に放送される。

 男子バスケ部のアレン徳永(川村ジーモン凜一朗さん)が、同じ部の市原健太(奧智哉さん)と西田雄一(池田優斗さん)からいじめを受けていることが発覚する。バスケ部顧問の浅村涼子(真木よう子さん)は、西田の代わりにアレンをスタメンにした自分のせいだと責任を感じるが、アレンは「余計なことはしないでほしい」と訴える。

 数日後、帰宅途中の市原が何者かに襲われる事件が発生。市原は、相手の顔を確認できなかったが、アレンが犯人だと主張する。スクールポリスの嶋田隆平(藤原さん)の聞き取り調査で、アレンは自らの犯行は否定するが、心当たりがあるそぶりを見せる……。

 第5話では、嶋田が1年前に死亡した音楽教師の小川香里(明日海りおさん)の死の真相を追う理由も明らかになる。

第6話のあらすじ “嶋田”藤原竜也がパワハラ受ける“新津”須賀健太救出へ “涼子”真木よう子の首を絞める

連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第6話のワンシーン=カンテレ提供
連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第6話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の藤原竜也さん主演の連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第6話「ブラック職場」が2月16日に放送される。

 嶋田隆平(藤原さん)は、1年前に死亡した音楽教師の小川香里(明日海りおさん)の死に関わっていると疑う元教師の岡部(遠藤雄弥さん)の居場所を突き止めたが、嶋田が浅村涼子(真木よう子さん)に香里と恋人関係だったと明かした後、なぜか岡部の足取りが再び分からなくなる。嶋田は涼子に疑惑の目を向ける。

 そんな中、職員室では、1年生を担当している新津清(須賀健太さん)が、同じ1年生を受け持つ荒井英子(たくませいこさん)と古賀一成(兒玉宣勝さん)に仕事を押し付けられるなどのパワハラを受け、心身共に限界を迎えていた。

 新津と同期で学生時代の同級生でもある柴田透(泉澤祐希さん)は、新津を何とかして助けたいと立ち上がるが、そこには「他学年のことに口を出さない」という教師間の暗黙のルールがあった。

 柴田に泣きつかれた嶋田は、教師自身が解決すべき問題だと冷たく突き放す。しかし、柴田の悲痛な叫びに、生前、教師に対する学校の態度を「やりがいの搾取」だと嘆いていた香里と重ねてしまう。さらに、香里がかつて新津を、荒井や古賀から守っていたことも知る。そんな中、新津が夜道でひったくりに遭い、生徒の個人情報を流出させてしまう。

 同話の予告映像では「一年前の真実が語られる」というテロップとともに、香里が嶋田の肩に頭を乗せるシーンのほか、嶋田が涼子の首を絞める場面も収められている。

第7話のあらすじ “嶋田”藤原竜也は“涼子”真木よう子の過去を調査 “三枝”山田裕貴がスクールポリスに

連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第7話のワンシーン=カンテレ提供
連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第7話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の藤原竜也さん主演の連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第7話「極貧生徒救え」が2月23日に放送される。

 国語教師の浅村涼子(真木よう子さん)は、遅刻や欠席が増え、体が痩せてきた3年1組の深山敏春(田中奏生さん)が気になり、ネグレクトを疑う。クラブで働く母親と祖母の3人で暮らす深山の生活状況は思った以上に深刻だった。

 そんな中、生活安全課少年係の三枝弘樹(山田裕貴さん)が嶋田(藤原さん)をサポートするため、スクールポリスに就任する。ある事情で深山の過去を知る三枝は、涼子と共に助けようと思案するが、その矢先、金に困った深山がある行動に出る。

 一方、嶋田は、1年前に死去した音楽教師の小川香里(明日海りおさん)と涼子が、3年1組の涌井美月(米倉れいあさん)の暴行事件を巡って口論をしていた事実をつかむ。当時、臨時教員だった涼子が香里の死と同時に本採用になったこと、以前、勤めていた学校での不可解な行動が気になり、調査を始め、涼子が前の学校を退職した理由を知る……。

第8話のあらすじ 黒幕の正体が明らかに 藤原竜也が野球部のレーザー照射事件を捜査

連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第8話のワンシーン=カンテレ提供
連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第8話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の藤原竜也さん主演の連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第8話「遂(つい)に黒幕現る」が3月2日に放送される。教師の小川香里(明日海りおさん)を死に追いやった黒幕の正体と学校が隠し続ける秘密が明らかになる。

 ある日、野球部のピッチャーの矢島裕(長島令玖さん)が、試合中に頭部にボールを受けて脳しんとうを起こす。矢島は投球するときに、目にレーザーが飛び込んできたと説明する。矢島は友達から信頼され、恨みを買うようなタイプではないため、嶋田隆平(藤原さん)は、部員たちに厳しい練習を課し、行き過ぎた指導をする顧問の阿部裕亮(音尾琢真さん)に対する嫌がらせではないかと考える。

 嶋田は、生前の香里が、部活帰りに熱中症のため誤って道路に出て、事故に遭った元野球部員の坂木司(山時聡真さん)の話をしていたことを思い出し、学校に来られなくなった坂木の家を訪ねる。そんな中、嶋田の携帯電話に送られてきた香里と浅村涼子(真木よう子さん)が口論する音声データの送信元を調べると、野球部の一件とのつながりが見えてきて……というストーリー。

 ドラマは、警視庁捜査1課の敏腕刑事からスクールポリスとして公立赤嶺中学校に配属された嶋田が、SNSトラブルや生徒の薬物疑惑、教師のハラスメントなど学校の闇をあぶり出し、教師、生徒を問わず法に触れれば容赦なく逮捕する姿を描く学園エンターテインメント。

第9話のあらすじ “嶋田”藤原竜也が“香里”明日海りお不審死の裏を探る “岡部”遠藤雄弥に異変

連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第8話のワンシーン=カンテレ提供
連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第8話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の藤原竜也さん主演の連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第9話「毒親を斬る!」が3月9日に放送される。

 教師の小川香里(明日海りおさん)を死に追いやったのは、校長の木島敏文(高橋克実さん)だった。しかし、嶋田隆平(藤原さん)は、この事件の裏にまだ何か秘密が隠れているとにらんでいた。

 3年生の高校受験の進路指導が始まる。教師の浅村涼子(真木よう子さん)は志望先が親の意向と異なる3年1組の生徒、相良恭子(石井薫子さん)のことで頭を悩ませていた。語学に磨きをかけたい恭子に対し、母親は家の病院を継がせるため医学部付属の高校を受験させたいと考えていた。一方的な母親の言動にいら立つ恭子は、次第に授業態度が悪くなり、見かねた涼子は、恭子にある提案をする。

 一方、教師の岡部昌浩(遠藤雄弥さん)の暴行未遂事件の被害者でもある涌井美月(米倉れいあさん)の進路相談には父親が参加した。嶋田は、美月の父親の態度を見て家庭内に問題があると感じ、美月を尾行すると、ある人物が待っていた。同じ頃、木島の逮捕で岡部の身に異変が起きていた……。

最終回のあらすじ 藤原竜也が暴行未遂事件の真相を暴く

連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」最終回のワンシーン=カンテレ提供
連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」最終回のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の藤原竜也さん主演の連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の最終回(第10話)「最後の言葉」が3月16日に放送される。1年前に起きた暴行未遂事件の真相が明かされる。

 公立赤嶺中学校の校長・木島敏文(高橋克実さん)が元教師の岡部昌浩(遠藤雄弥さん)に撃たれた。1年前の暴行未遂事件が表ざたになり、すべてを失った岡部が木島を逆恨みして犯行に及んだと思われたが、嶋田隆平(藤原さん)は、事件を表ざたにした張本人の自分が狙われなかったことに、違和感を覚える。

 一方で、校内では全く接点がない3年1組の生徒、涌井美月(米倉れいあさん)と尾崎香澄(鈴木梨央さん)が同じ高校に進学を希望していると知った嶋田は、校外で親密にしていた2人の姿を思い出し、1年前の事件について、ある仮説を立てる。

 そんな中、香澄の三者面談を行った教師の浅村涼子(真木よう子さん)は、クラス委員長を務める香澄の意外な一面を知る。その一面は嶋田の仮説を確信に変えるものだった。同じ頃、岡部は次のターゲットの元へと向かっていた……。

青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-カンテレ・フジテレビ系
2021年1月からスタート 火曜午後9時放送