作家刑事 毒島真理 あらすじ

作家刑事 毒島真理あらすじ

 ドラマ「作家刑事 毒島真理(ぶすじま・しんり)」は、俳優の佐々木蔵之介さんが主演を務め、テレビ東京で11月30日午後8時から放送されるドラマ。佐々木さんは同局のドラマ初主演。現役のベストセラー作家でありながら元捜査1課の刑事で、若手刑事を指導する刑事技能指導官という特殊な肩書を持つ主人公を演じる。

 ドラマは、中山七里さんが「この作品だけは映像化されたくなかった」という小説「作家刑事毒島」(幻冬舎)が原作。出版業界の闇を描いたコメディータッチのミステリーとなる。

 佐々木さんが演じる主人公・毒島真理は、刑事時代は“えげつない”ほどじょうぜつに容疑者を追い込んでいき、落ちなかった犯人は1人もいないとの伝説を持っている異色の作家。新川優愛さん演じる、新入り刑事の高千穂明日香とバディーを組み、出版業界で巻き起こる連続殺人事件の捜査に乗り出す。

 女流作家・羽衣サヤ役で遊井亮子さん、長年作家を目指す“ワナビ”只野英郎役で塚地武雅さん、高千穂の先輩刑事・犬養隼人役で徳重聡さん、高千穂と犬養の上司である麻生警部役で吹越満さんも出演する。

ドラマ「作家刑事 毒島真理」のあらすじ