殺意の道程 ニュース

<インタビュー>バカリズム&井浦新 “ステイホーム”で変わらなかったこと、変わったこと… ドラマ「殺意の道程」でW主演

ドラマ「殺意の道程」で主演を務めるバカリズムさん(右)と井浦新さん
ドラマ「殺意の道程」で主演を務めるバカリズムさん(右)と井浦新さん

 お笑い芸人のバカリズムさんが脚本を手掛け、俳優の井浦新さんとダブル主演するWOWOWオリジナルドラマ「殺意の道程(みちのり)」(住田崇監督、全7話)が、11月9日からWOWOWプライムで放送される。井浦さんの名前を聞いたとき、ストーリーと「バチンとはまった」というバカリズムさんと、脚本のあまりの面白さに狙った演技をしたくなる気持ちを抑えることに「いちばんエネルギーを使った」と語る井浦さんに、脚本執筆の経緯や役作りについて聞いた。

 ◇井浦新の名前に「正解見つかった」

 ドラマは、バカリズムさん演じる吾妻満と、井浦さん演じる窪田一馬といういとこ同士の2人が、一馬の父・貴樹(日野陽仁さん)を自殺に追いやった会社社長・室岡義之(鶴見辰吾さん)を殺そうと綿密な計画を立てていく様子が描かれる。2人に協力するキャバクラ嬢を、堀田真由さんと佐久間由衣さんが演じる。

 「実際にこういう完全犯罪を企てている人がいたら、24時間ずっとそのことばかりを考えているだろうか。割と全然関係ないことも考えていたりするのではないか」という発想から脚本を書き進めていったというバカリズムさん。一馬役に井浦さんの名前が挙がったのは、「終始シリアスなトーンで、ばかばかしいことをやりたい」という企画が持ち上がった時とほぼ同時だったという。元々井浦さんに対して、「難しい顔をして淡々と演技をしている」という印象を抱いていたバカリズムさんの中で、「バチンとはまった」。その時点では井浦さんにまだオファーしていなかったにもかかわらず、「正解が見つかったというか、勝手に(一馬は)井浦さんのつもりで脳内再生しながら(脚本を)書いていた」という。

 当の井浦さんは脚本を読んだとき、「とにかく面白くて、1ページ1ページ、どんどん読んでしまった」という。1998年の俳優デビュー以来、さまざまな作品に出演してきたが、コメディーに出演した経験は「数えるほどしかなかった」。それだけに、「自分がどこまで面白くなるように芝居を仕上げていけるのかと、とにかくやりがいを感じましたし、楽しみで仕方なかったです」と現場に入るのが待ち遠しかったという。

 ただ、コメディー慣れしていない分、苦労もしたと明かす。脚本を読んだ段階で、バカリズムさんや住田監督が自分に何を求めているかは察知できたといい、「面白くしようと思って狙っていっては失敗する。日常の当たり前の会話をし、当たり前のテンションでいなければいけない」と頭の中では理解していた。しかし、「なにせ(脚本が)面白いので、たまに欲が出てやってもいいかなと、テストとかでぽろっと(狙った演技を)やると、やっぱりだめなんです(笑い)。やりたい気持ちを抑えて、バカリズムさんが絞り出してきたせりふを言うのは苦労したところでもありましたし、普通でいなければいけないと抑えることにいちばんエネルギーを使いました」と苦笑交じりに明かす。

 ◇「省略されるところを膨らませる」

 「もともと細かい性格」で「ひねくれているところがある」と自己分析するバカリズムさん。そこに“芸人魂”が手伝い、普段ドラマを見ていても、「そんなこと普通ではありえないだろうとか、ここからすぐ次のシーンに移っているけれど、その間にこういうやり取りが現実だったらあるよね」と突っ込みを入れてしまうという。今回はそうした「普通のドラマでは省略されるところを多めに膨らませる」ことに注力した。

 実際本作は、第1話の「打ち合わせ」に始まり、完全犯罪を企て、それを実行するまでの過程がとにかく細かい。「占い」(第5話)という、計画に必要なのかと首を傾げるようなエピソードまである。

 もっとも「占い」はスタッフから、「部屋の中で、ただ占いをするだけのドラマはあまりないとびっくりされた」そうで、バカリズムさんは、「基本、このドラマに関してはそんなシーンや話はいっぱいありますけど、特にあそこは見逃しても(物語に)入れるぐらいの話です(笑い)。その無駄さが面白い。僕は好きな回ですね」と胸を張る。

 横で聞いていた井浦さんもうなずきながら、「あの回は、佐久間由衣さんが占いをしながら(話を)回していくのですけど、だいたいオチになるのが僕の役目で、僕自身は傷ついていなければいけない立場なので、笑いをこらえるのが本当に大変でした」と述懐する。

 ◇自粛期間中に直した脚本

 今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、バカリズムさんは、5月に開催予定だった単独ライブの中止を余儀なくされた。バカリズムさんにとってライブは「本業中の本業」で、「これがあるからこそ、ほかのテレビに出演したり、脚本を書いたりできている、いわば確認作業」のような存在だという。

 それだけに、「中止が決まったときは肩の荷が下りた感じがして、すごく気持ちが楽になったんです。でも1カ月もすると、やっぱりやりたかったなと。いつもしんどいといいながらやっているライブですけど、ないと調子が狂うというか、いまいちしっくりきていない感覚は、ライブをやっていた年に比べてあります」と打ち明ける。

 4月から5月にかけての外出自粛期間中は、それまでも部屋にこもってネタや脚本を書いている時間があったことから、さほど変化は感じず、「現場は中止になるけど、締め切りだけは中止にならないなと思いながら、いまできることをやっていました」と話す。そして、「この『殺意の道程』の原稿直しも、まさにステイホーム期間中にやっていたので、それで結構いっぱいいっぱいだったから、あまり深いことを考える暇はなかったです」と振り返る。

 ◇「普通のおじさんになろう」

 一方、「まるまる2カ月間、芝居をしないことは、この十何年なかった」という井浦さんは、いろんなことが頭を駆け巡り、「そもそも俳優って何なのか、みたいなことを考えたりしました」と明かす。

 翻ってそれは「芝居を忘れられるチャンス」でもあった。実際、井浦さんは、自粛期間中、コロナの影響で苦境に立たされた全国のミニシアターを支援する「ミニシアターパーク」を俳優仲間と立ち上げている。「これまで芝居に費やしていた時間を、今まで後回しにしたり、置いてきてしまったりしていたことをゆっくり考える時間に使えたのは、僕にとってはプラスでした」と前向きに受け止めている。

 そして臨んだ今回の現場。井浦さんは、「今までは前の作品の栄養が、芝居には出さないけれど気持ち的な栄養になっていました。でも2カ月間、どうせ芝居をやっていないのだったら、今まで培ってきたものや芝居の感覚を全部忘れよう、普通のおじさんになろう、ぐらいの感覚で挑めました」と晴れやかに語る。もっともそのぶん、「すごく緊張しましたし、覚えたせりふがまったく出てこなかったらどうしようという不安もありました」と、デビュー作並みの緊張感も味わったと明かす。

 撮影は、7月から8月にかけて行われた。バカリズムさんは、「スタッフさんは相当大変だったと思います。みんなマスクをして、検温や換気といったコロナ対策をしながらだったので、通常の撮影より時間がかかっています」と感謝しつつ、「僕らも緊張感を持っていましたし、精神的な負担を感じながらやっていたのを覚えています」としみじみ語る。

 まさにコロナ禍をくぐり抜けてできた今回のドラマ。「一応、コメディーではあるのですけど、出発地点は父親の死で、2人が向かうところは人殺しなので、それがどういうふうに展開していくのかに注目していただけたら」とバカリズムさんがアピールすれば、演じることで「物語を体感した」井浦さんは、「おじさんたちの青春ドラマでもある」と指摘する。

 「ぱっとしない2人の男が、復讐(ふくしゅう)という殺人に向かっていきながらも再生されていく。今回バカリズムさんは、車中劇をかなり盛り込んでくださっていますけど、それによって男2人のロードムービーみたいにも見えると思います。サスペンスコメディーというくくりで、登場人物も極端に少ないですが、(物語は)ものすごい広がり方をするので楽しんで見ていただきたいです」とメッセージを送った。

 WOWOWオリジナルドラマ「殺意の道程」は、11月9日から毎週月曜深夜0時にWOWOWプライムで放送。全7話で、第1話は無料放送。第1話本編とビジュアルコメンタリーを番組公式サイトおよびWOWOW公式YouTubeで無料配信中。

バカリズム&井浦新 W主演ドラマ「殺意の道程」第1話が先行無料配信決定 ビジュアルコメンタリーも

11月9日スタートの連続ドラマ「殺意の道程」のワンシーン=WOWOW提供
11月9日スタートの連続ドラマ「殺意の道程」のワンシーン=WOWOW提供

 お笑い芸人のバカリズムさんが脚本を手がけ、バカリズムさんと井浦新さんがダブル主演するWOWOWの連続ドラマ「殺意の道程」の第1話が先行無料配信されることが10月25日、分かった。先行無料配信は26日正午から12月25日正午まで。

 バカリズムさんと井浦さんによる第1話ビジュアルコメンタリーの無料配信と、バカリズムさんや井浦さんらキャストや監督、スタッフによる第2話から最終話までのオーディオコメンタリー付きの本編放送と配信も決定した。 第1話ビジュアルコメンタリーの無料配信は、11月2日午後6時から12月25日正午まで。

【動画】バカリズム&井浦新 “初めての殺人”に試行錯誤 「殺意の道程」予告編&ポスタービジュアル解禁

連続ドラマ「殺意の道程」のポスタービジュアル=WOWOW提供
連続ドラマ「殺意の道程」のポスタービジュアル=WOWOW提供

 お笑い芸人のバカリズムさんが脚本を手がけ、バカリズムさんと井浦新さんがダブル主演するWOWOWの連続ドラマ「殺意の道程」の予告編が10月3日、解禁された。吾妻満(バカリズムさん)と窪田一馬(井浦さん)のいとこ2人が共謀し、キャバクラ嬢・このは(堀田真由さん)とゆずき(佐久間由衣さん)の助けも得て、“初めての殺人”を成し遂げようと試行錯誤する姿が描かれている。

 同時に、ポスタービジュアルも解禁された。満がロープ、一馬がバールを持ってたたずんでいるデザインで、「全ては、復讐のために。」 というコピーが書かれている。

出典:YouTube

堀田真由&佐久間由衣、殺人計画に協力するキャバ嬢役 バカリズム脚本&主演「殺意の道程」オールキャスト解禁

WOWOWの連続ドラマ「殺意の道程」に出演する(左から)バカリズムさん、佐久間由衣さん、堀田真由さん、井浦新さん=WOWOW提供
WOWOWの連続ドラマ「殺意の道程」に出演する(左から)バカリズムさん、佐久間由衣さん、堀田真由さん、井浦新さん=WOWOW提供

 お笑い芸人のバカリズムさんが脚本を手がけ、バカリズムさんと井浦新さんがダブル主演するWOWOWの連続ドラマ「殺意の道程」のオールキャストが8月14日に解禁され、女優の堀田真由さんと佐久間由衣さんが出演することが分かった。ドラマは肉親のあだを討つため、完全犯罪を計画する窪田一馬(井浦さん)といとこの吾妻満(バカリズムさん)が主人公で、殺人計画に協力するキャバクラ嬢・このは役を堀田さん、このはと仲のいいキャバクラ嬢・ゆずき役を佐久間さんが演じる。

 また、復讐(ふくしゅう)相手の会社社長・室岡義之役で鶴見辰吾さん、室岡の愛人役で飛鳥凛さん、一馬の父親・窪田貴樹役で日野陽仁さん、このはとゆずきが働くキャバクラの常連客で一馬の親友・重盛隼人役で河相我聞さんも出演する。

 番組の公式サイトとWOWOWの公式YouTubeチャンネルで、ドラマの特報が初公開された。一馬と満の復讐劇の序章や復讐から“脱線”したシーンなどが収められている。

 ドラマは、復讐を目的に“初めての殺人”に挑むいとこ同士が主人公のサスペンスコメディー。ある日、取引先の社長・室岡義之の口車に乗せられ、すべてを失った段ボール加工会社の社長・窪田貴樹が、自ら命を絶った。復讐を誓う貴樹の息子・窪田一馬は、いとこの吾妻満とともに室岡殺害の完全犯罪を企てる。これまで犯罪に手を染めたことのない2人は周囲の協力を得て、「殺害計画の打ち合わせ」「必要な物資の買い出し」「殺害実行のシミュレーション」など、殺害方法を探っていく……という物語。

 「住住(すむすむ)」「架空OL日記」でバカリズムさんとタッグを組んだ住田崇監督が全7話の演出を務める。11月9日から毎週月曜深夜0時にWOWOWプライムで放送。第1話は無料放送。

 堀田さん、佐久間さん、鶴見さんのコメントは以下の通り。

 ◇堀田真由さんのコメント

 このたび、このは役を務めさせていただくことになりました。バカリズムさんならではの脚本の世界観に、息を吹き込まれた空間は今までに感じたことのない身体の感覚と思考になり毎日が刺激的です。

 重々しいタイトルとは裏腹にカットがかかると笑い声が聞こえてくる、とても居心地のいい現場で人懐っこく聡明な彼女を自分なりに解釈し、本作にいい影響を残していけるようしっかりと向き合っていきたいと思います。

 ◇佐久間由衣さんのコメント

 ツッコミがいない漫才コンビのような、バカリズムさんと井浦新さんがとてもいとおしく存在する世界の中、そんな2人に堀田真由ちゃんと一緒に巻き込まれていくゆずき役を務めさせていただくことに、大変喜びを感じています。そして人間くさい大人たちの復讐劇とクスッと笑ってしまうギャップが共存するこの作品がわたし自身もとても楽しみですし、何より役柄と共にとにかく明るいパワーを届けられたらと思っております。

 ◇鶴見辰吾さんのコメント

 念願のバカリズムさんとの初共演。そして前回、映画「こはく」でスリリングな撮影を共にした井浦新さんとの共演に、心躍らせています。すでに現場では、キャストもスタッフも笑いをこらえながら撮影するほどのおもしろさです。

WOWOW提供
WOWOW提供

バカリズム、オリジナル脚本「殺意の道程」をWOWOWで連続ドラマ化 井浦新とダブル主演

WOWOWの連続ドラマ「殺意の道程」主演のバカリズムさん(左)と井浦新さん=WOWOW提供
WOWOWの連続ドラマ「殺意の道程」主演のバカリズムさん(左)と井浦新さん=WOWOW提供

 お笑い芸人のバカリズムさんが脚本を手がけるWOWOWの連続ドラマ「殺意の道程」が放送されることが8月2日、分かった。バカリズムさんと井浦新さんがダブル主演を務めるサスペンスコメディーで、2人はテレビドラマ初共演。

 ドラマは、復讐(ふくしゅう)を目的に“初めての殺人”に挑む従兄弟(いとこ)同士が主人公のサスペンスコメディー。ある日、小さな段ボール加工会社の社長・窪田貴樹が自ら命を絶った。彼を自殺に追い込んだのは貴樹の会社が下請けをしていた取引先の社長・室岡義之。室岡の口車に乗せられた結果、貴樹は多額の負債を抱え、会社は倒産。全てを失い絶望した貴樹はビルの屋上から投身した。貴樹の息子・窪田一馬(井浦さん)は司法では裁かれない室岡への復讐を心に誓う。そして、貴樹が息子のように可愛がっていた一馬の従弟・吾妻満(バカリズムさん)と室岡殺人の完全犯罪を企てる……という物語。

 「住住(すむすむ)」「架空OL日記」でバカリズムさんとタッグを組んだ住田崇監督が全7話の演出を務める。11月9日から毎週月曜深夜0時にWOWOWプライムで放送。第1話は無料放送。

 バカリズムさんと井浦さんのコメントは以下の通り。

 ◇バカリズムさんのコメント

 ーー今回、サスペンスコメディーの脚本を手がけた思いをお聞かせください。

 普通のサスペンスドラマでは省略されるような部分を、細かく描いたら意外と面白いんじゃないかと思って書いてみました。

 ーー井浦新さんとは初共演となりますが、撮影はいかがですか。

 企画書の段階で一馬役は井浦さんにやっていただきたいと思っていて、正式に決定する前から勝手に当て書きで脚本を書いていたので、引き受けていただいてほっとしています。井浦さんとは年齢も近いので、空き時間にマンガやテレビの話をしたり、とても楽しく撮影しています。

 ーー視聴者へのメッセージをお願いします。

 一応、サスペンスコメディーとはいっていますが、多分あまり見たことがないタイプの変なドラマになっていると思います。面白いので、必ず最終話まで見てください。

 ◇井浦新さんのコメント

 ーー最初に脚本を読んだ時の感想をお聞かせください。

 タイトルの「殺意の道程」から重々しい印象を受けて、1ページ1ページ息をのみながら読み進めていくと、次第にこの会話劇はどこに向かっていくのだろうと。最後までひたすら楽しんで読ませていただきました。

 ーーバカリズムさんとは初共演となりますが、撮影はいかがですか

 一馬と満は親戚で仲がいいけれど、ほどよい距離があります。読み合わせでも2人の呼吸やリズムを確かめられましたが、その感覚を今回の芝居場でより感じました。テストで2人の芝居を見た住田監督から「もっとシリアスにやってみましょう」という演出をしていただいて以降、お互いのピースがはまったような気がしています。基本ベースにシリアスさがありながら、2人がどんどんズレていって、どこまでも転がっていきます。満を演じるバカリズムさんのぶれない独特なテンポを一馬として、どう受け止めてキャッチボールしていくかを楽しみながら演じています。

 ーー視聴者へのメッセージをお願いします

 シリアスな復讐劇が根底にあって、そこにあるメッセージ性をバカリズムさんの世界観やユーモアで包み込んでいます。見てくださる方たちには、どこに向かっていくのか分からないバカバカしさが面白さとなって伝わればいいなと思っています。生きる喜びや目的をどこかに置き忘れてしまった男たちが、復讐を通して知らず知らずのうちに少しずつ「人生のきらめき」を取り戻していく物語でもあります。最後まで見終わった後に、登場人物から「小さな喜びや希望」を感じ取っていただける作品になれたならと思います。