共演NG キャスト

共演NGキャスト

中井貴一
鈴木京香
山口紗弥加
猫背椿
斎藤工
リリー・フランキー
里見浩太朗
若月佑美
小野花梨
堀部圭亮
細田善彦
小澤廉
小野塚勇人(劇団EXILE)

秋元康企画・原作のドラマ「共演NG」今秋放送 中井貴一×鈴木京香のラブコメディー

(左から)秋元康さん、中井貴一さん、鈴木京香さん、大根仁監督=テレビ東京提供
(左から)秋元康さん、中井貴一さん、鈴木京香さん、大根仁監督=テレビ東京提供

 俳優の中井貴一さんが、今秋放送の連続ドラマ「共演NG」(テレビ東京系、月曜午後10時)に主演することが9月1日、分かった。中井さんが民放の連続ドラマに出演するのは、2014年に放送された「続・最後から二番目の恋」(フジテレビ系)以来、約6年ぶり。女優の鈴木京香さんが出演することも発表された。

 ドラマの企画・原作は、昨年放送された連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)シリーズなどを手がけた秋元康さん、脚本と監督は「モテキ」シリーズなどの大根仁さんが担当。25年前に破局した“共演NG”の大物俳優2人が共演することになり……というラブコメディーだ。

 中井さんが演じる遠山英二は、20代半ばでスターダムにのし上がり人気を集めた。主演を務めたヒットドラマ「愛より深く」で共演した大園瞳との熱愛が話題となったが二股交際が発覚し、瞳と破局。瞳が開いた会見がきっかけで、3年間、業界から干された……。鈴木さん扮(ふん)する瞳は、若くして映画の新人賞を受賞。天真らんまんさと強い女性のイメージで快進撃を続け「愛より深く」でヒロインを務め、人気を不動にした。今もなお「上司にしたい女優ランキング」でトップを維持している……というキャラクター。

 実力派大物俳優・遠山英二と人気女優・大園瞳の“共演NG”は、業界では公然の秘密。かつて2人は付き合っていたが、25年前に恋愛関係のトラブルから破局。それ以来共演していない。ところがそんな2人が、テレビ東洋の社運を懸けた大型連続ドラマ「殺したいほど愛してる」の主演として25年ぶりに共演することに。しかも、他の出演者たちも共演NGばかりだった。クセのあるキャストとスタッフたちのさまざまな思惑の中、長年の恨みを超えて2人は息の合った演技ができるのか……。そして25年の時を経て2人が出す答えとは……というストーリー。地上波放送終了後、BSテレ東での放送、動画配信サービス「Paravi」でも配信される。

 ◇秋元康さんのコメント

 テレビや映画のキャスティングをしていると、スタッフから「○○さんと××さんは共演NGなんで……」と言われることがよくあります。明確な理由を説明されることもありますが、大抵は、芸能プロダクションのマネジャーから、「いろいろありまして……」と言葉を濁されます。共演NGの2人は過去に何があったのでしょうか? そんな興味から、今回のドラマを企画しました。

 皆さんの想像以上に、“共演NG”は多いのです。それは、芸能界に限ったことではなくて、スポーツ界も政界も経済界も、いや、普通の会社だって学校だって、「あいつとは反りが合わない」「あいつだけは許せない」「あいつとは同じ空気を吸いたくない」とかありますよね? 大変なのは、そんな共演NGの2人に、腫れ物に触るかのように接しなければいけない周りの人間なんです。それは、まさに喜劇です。

 ◇中井貴一さんのコメント

 --ドラマのオファーを受けた時の感想、台本を読んだ感想を教えてください。

 面白いところに目をつけたなと思いました。「共演NG」とは、同じ商売をしながらも、実際にはあまり感じたことはなかったのですが、このドラマをやりながら「共演NG」の実態を肌身で感じていきたいと思います(笑い)。

 --撮影現場でのエピソードなどございましたらお聞かせください。

 今回の撮影は私にとってコロナ禍で行われる、初めての撮影となりました。つい4、5カ月前の現場とは180度変化していて、役作りだけでなく、自分たちの撮影環境を作ることに時間をかけなければならないことに戸惑っている毎日です。

 --遠山英二を演じるにあたっての思い、意気込みを教えてください。

 役者が役者を演じることほど難しいことはないと思っています。遠山英二の気持ちが分かるだけに、自分と近くなりすぎないよう距離をおいて、役を作り演じていきたいと思っています。

 --視聴者へメッセージをお願いします。

 作り手の環境も大幅に変化をしましたが、見ていただく皆様の環境も変化していると思います。でもどこか普遍性のある男と女のラブコメディー。困難な時を一瞬でも忘れていただけるよう、楽しい作品にしてまいりたいと思います。どうぞお楽しみに!

 ◇鈴木京香さんのコメント

 --ドラマのオファーを受けた時の感想、台本を読んだ感想を教えてください。

 現代のテレビ業界の内幕を面白く切り取り描かれていますが、男女、先輩後輩といった人間同士の関わり方が、回を増すごとに変化して、それがとても温かい関係へと昇華していきます。これは心温まるすてきな人間ドラマになると直感しました。

 --撮影現場でのエピソードなどございましたら教えてください。

 一度ご一緒したいと思っていた大根監督です。的確な演出と現場での楽しい雰囲気作りがとてもうれしく、この作品で初めてご一緒できたことをありがたく感じています。

 --大園瞳を演じるにあたっての思い、意気込みをお聞かせください。

 初めは、大尊敬する中井貴一さんをこんなに罵倒する役なんて!と、尻込みしそうになりましたが、内面は優しい魅力的な女性です。千載一遇の役ですので、大胆に思い切り演じています。

 --視聴者へメッセージをお願いします。

 最高の大人のコメディーにするべく、スタッフ、キャストが一丸となり励んでいます。ぜひ楽しみにしていてください。

 ◇稲田秀樹プロデューサーのコメント

 テレビ東京に「奇跡」が起こりました。企画・原作に秋元康、脚本・監督は大根仁、主演には民放連ドラ6年ぶりとなる中井貴一。そしてヒロインに鈴木京香と……。これ以上望めないほどの希代の「才能」が一堂に会しました。一見、どこか別のテレビ局のよう(笑い)、超豪華な布陣です。この座組みだけでも面白さは保証付きです! 取り上げる題材も普通ではありません。舞台は日本一小さなキー局・テレビ東洋。略してテレ東。現実と虚構が入り乱れながら、ドラマ制作の舞台裏で巻き起こる、悲喜こもごもな「ドラマ」を描いていきます。業界騒然、世間も驚く一大エンターテインメントが始まります。とにかく笑えます! そして胸が熱くなります! ぜひご期待ください!

若月佑美、「親バカ青春白書」“美咲”小野花梨と「共演NG」出演 元アイドルと現役売れっ子アイドルに

今秋放送の連続ドラマ「共演NG」に出演する(上段左から)堀部圭亮さん、細田善彦さん、小澤廉さん、(下段左から)若月佑美さん、小野花梨さん、「劇団EXILE」の小野塚勇人さん
今秋放送の連続ドラマ「共演NG」に出演する(上段左から)堀部圭亮さん、細田善彦さん、小澤廉さん、(下段左から)若月佑美さん、小野花梨さん、「劇団EXILE」の小野塚勇人さん

 アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーで女優の若月佑美さんが、俳優の中井貴一さん主演の連続ドラマ「共演NG」(テレビ東京系、月曜午後10時)に出演することが9月16日、分かった。「親バカ青春白書」(日本テレビ系)で衛藤美咲を演じた女優の小野花梨さんのほか、堀部圭亮さん、細田善彦さん、小澤廉さん、「劇団EXILE」の小野塚勇人さんの出演も発表された。

 若月さんは元アイドルで女優の篠塚美里、小野さんは現役売れっ子アイドルの内田梢を演じる。篠塚と内田は、同じアイドルグループに所属していた先輩後輩だが、先輩の篠塚がプロ意識の低い内田を叱責したのがきっかけで犬猿の仲になったという設定。

 堀部さんは、大御所俳優の出島徹太郎(里見浩太朗さん)の元付き人でありながら出島と共演NGになっている個性派俳優の小松慎吾、細田さんは“戦隊モノ“出身のイケメン俳優・佐久間純、小澤さんは、佐久間と共演NGになっている人気絶頂の2.5次元俳優・加地佑介、小野塚さんは主人公で実力派大物俳優の遠山英二(中井さん)の付き人・前島豊を、それぞれ演じる。

 ドラマは、昨年放送された連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)シリーズなどを手がけた秋元康さんが企画・原作。脚本と監督は「モテキ」シリーズなどの大根仁さんが担当。25年前に破局した“共演NG”の英二と人気女優・大園瞳(鈴木京香さん)が再び、共演することになる……というラブコメディー。今秋放送。

 若月さんは、自身が演じる篠塚について「なかなか難しい役です。一番人間らしい役というか、普段周りに強い人間が実は自分のことに対してはすごく弱かったり。今回はドラマ内の役もあるので、心をフル回転させています。篠塚としてちゃんとそこに立てるように必死に食らいついていきたいと身を引き締めて頑張っております」と意気込む。さらに、ドラマについては「タイトルがどストレート!! 内容も新しい、リアルとフィクションの間のような不思議ですごく面白い作品だとわくわくいたしました」と語り、「基本めちゃくちゃ笑えて、でも時に心に突き刺さるせりふがあったり泣けるシーンがあったりと、衝撃的なタイトルですが、中身はそれ以上に魅力あふれる作品になっていると思います。ぜひ、ご覧ください」と語っている。

 小野さんは、自身が演じる梢について「生意気でムカつくけどちょっぴり素直でどこか憎めない、そんな子になればと思っています」と語っている。ドラマについては「実際にこんなことあるの?と怖くなったり、あるある!こういうことよくある!と笑ってしまったり。ドラマの現場のリアルとフィクションが巧妙に織り交ぜられ、台本を読みながらハラハラドキドキクスクスしています。一緒に楽しんでいただけたら幸いです。よろしくお願いいたします」と、コメントを寄せている。

 堀部さんは「『共演NG』と聞いて『まぁそうは言いながら大人なんだし、腹の中は別としても、そこはうまいことやるんでしょ?」と思っていたのですが、実際にえげつない光景を目の当たりにし、人間は自己の私怨・憎悪を、こうも露骨に、衆目も気にせずあらわにするものなのか!?と思い知らされた経験があります」と過去の経験を明かしつつ「その事を役作りのベースに置いても、中井さんに演技論を語り、里見さんに暴言を吐く今回の役は、役とはいえ心底からシビれる部分が多々ありました。画面には映っていない、僕の“脇汗”まで感じていただけたら幸いです」と見どころを語っている。

 佐久間を演じる細田さんは「私が演じさせていただく佐久間という男も『共演NG』の大きな渦に巻き込まれます。大根監督の作りあげる愉快でシビアな世界観の中で、俳優を演じることの難しさをかみ締めながら“真っすぐ”な男を演じられたらと思います」と意気込んでいる。

 小澤さんはドラマの台本について「ふふふ、と声を出して笑っていました! 今思うと台本を読んでいる時、自然と声を出して笑ったのは初めてに近い経験で、台本を読み終えた後、撮影がとにかく楽しみでした!」と振り返り、演じる加藤について「漢字読めなかったり、先輩に強気で絡んでいったり……となかなか破天荒な役なのですが、僕自身2.5次元俳優としての経験も生かしつつ、親しみのある加地佑介になるよう演じたいと思います!」とコメント。

 前島役の小野塚さんは、中井さんとの共演に「すぐそばで中井さんのお芝居をずっと見られる何ともぜいたくな配役だなと、とても撮影が楽しみでした」と振り返り、「付き人の役ですが、どこか抜けていて空気が読めず、でも愛嬌があるようなキャラクターになれるように、自分自身しっかりとこの役に向き合っていきたいなと思っております」と意気込みを語っている。