エアガール

  • スタッフ:
    脚本:橋本裕志▽演出:藤田明二
  • キャスト:
    広瀬すず
  • 放送日:
    テレビ朝日系
    2021年春放送

エアガールあらすじ

 ドラマ「エアガール」は、女優の広瀬すずさんが主演を務めるスペシャルドラマ。2021年春にテレビ朝日系で放送される。広瀬さんは同局のドラマで初主演。ドラマは、史実をベースとした作品で、広瀬さんは戦後初のCA(キャビンアテンダント)=“エアガール”を演じる。

 ドラマの舞台は昭和。第二次世界大戦で敗戦国となった日本は、GHQに航空関係の活動を一切禁止され、戦後、日本人が日本の空を飛ぶことは許されていなかった。そんな苦難の時代に、日本の空を取り戻すべく奮闘した人々や、空のお仕事=“エアガール”を目指した女性たちを描く。

 脚本は、ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(2018年、同局系)、映画「テルマエ・ロマエII」(2014年)、「映画ビリギャル」(2015年)などの橋本裕志さん、演出は「松本清張ドラマスペシャル・三億円事件」(2014年、同局系・以下同)、「やすらぎの郷」(2017年)、「やすらぎの刻~道」(2019~2020年)などの藤田明二さんが担当する。

 広瀬さん演じるヒロイン・佐野小鞠は、東京で小さな町工場を営む両親のもとに生まれ、幼い頃から飛行機のパイロットを夢見ていた女性。戦争で天涯孤独となり、料亭を営む叔母に引き取られ、朝から晩まで働き詰めの日々を送っていた。そんなある日、エアガールの募集を知り、自分も空を飛びたいと応募。見事合格し、日本民間航空のエアガール1期生となる。

スタッフ

脚本:橋本裕志▽演出:藤田明二

エアガールキャスト

広瀬すず

エアガール放送日

テレビ朝日系
2021年春放送

ニュース

エアガール

広瀬すず、SPドラマで戦後初のキャビンアテンダントに レトロな制服姿も公開

 女優の広瀬すずさんが、2021年春にテレビ朝日系で放送されるスペシャルドラマ「エアガール」で主演を務めることが10月27日、明らかになった。広瀬さんは同局のドラマで初主演。ドラマは、史実をベースとした作品で、広瀬さんは戦後初のCA(キャビンアテンダント)=“エアガール”を演じる。レトロな制服姿に身を包んだビジュアルも公開された。

続きを読む

あらすじ

ドラマ「エアガール」のあらすじ

続きを読む

キャスト

エアガール

広瀬すず、SPドラマで戦後初のキャビンアテンダントに レトロな制服姿も公開

 女優の広瀬すずさんが、2021年春にテレビ朝日系で放送されるスペシャルドラマ「エアガール」で主演を務めることが10月27日、明らかになった。広瀬さんは同局のドラマで初主演。ドラマは、史実をベースとした作品で、広瀬さんは戦後初のCA(キャビンアテンダント)=“エアガール”を演じる。レトロな制服姿に身を包んだビジュアルも公開された。

続きを読む