天国と地獄 ~サイコな2人~ ニュース

<SNS反響>高橋一生のシャワーシーンに視聴者「可愛いが止まらない!」「ひたすら乙女」

連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第2話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第2話のワンシーン(C)TBS

 女優の綾瀬はるかさん主演の連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」(TBS系、日曜午後9時)の第2話が1月24日、放送された。同話では、高橋一生さん演じる日高陽斗<魂は彩子>がシャワーを浴びるシーンが描かれ、高橋さんの女性らしい演技に、SNSでは「可愛いが止まらない!」「ひたすら乙女」「めっちゃツボ!」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せた。

 ドラマは、綾瀬さん演じる、努力家で正義感が強いが慌てん坊な35歳の刑事・彩子が、高橋さんが演じるサイコパスな殺人鬼・日高と魂が入れ替わってしまう……というストーリー。「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN‐仁‐」「義母と娘のブルース」(いずれもTBS系)など数々のヒットドラマを手掛けてきた脚本家の森下佳子さんのオリジナル作。

 第2話は15分拡大版で放送。魂が入れ替わってしまった彩子と日高。彩子<魂は日高>は「出頭して一生を塀の中で過ごすか、それとも自分と協力して容疑を晴らすか」と、日高<彩子>に二者択一を迫り、彩子は仕方なく後者を選択する。彩子<日高>の指示に従うことになった日高<彩子>は、家宅捜索が入る前に、日高のマンションから連続殺人の証拠が入った段ボールを持ち出し、家宅捜索を乗り切る。その後、日高<彩子>は河原(北村一輝さん)の事情聴取を受けるも確たる証拠が出ず、釈放される……という展開だった。

 日高<彩子>がシャワーを浴びるシーンでは、彩子が日高の下半身を「絶対に見ない!」と宣言し、下を見ずに入浴。悪戦苦闘した結果、転倒してしまう姿もあり、視聴者からは「こんな面白い入浴シーン初めて!」「動きが愛らしい~」といった声が上がった。高橋さんの引き締まった上半身や脚も映し出され「サービスショット!」「ごちそうさまです」「ありがとうございます!」といった感想も書き込まれた。

<SNS反響>高橋一生の“乙女”演技に視聴者「可愛く見える」 “サイコパス演技”には「ヤバさを感じる」

連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第1話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の綾瀬はるかさん主演の連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」(TBS系、日曜午後9時)の第1話が1月17日、放送された。高橋一生さんが演じるサイコパスな殺人鬼・日高陽斗(ひだか・はると)と、綾瀬さん演じる刑事・望月彩子の魂が入れ替わった後の、女性っぽい言動をする高橋さんの迫真の演技に、「めっちゃ乙女!」「乙女すぎて可愛い!」「可愛く見えるw」「一瞬で女って分かる演技におそれ入りました」といった声がSNSで多数上がり、盛り上がりを見せていた。

 ドラマは、「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN‐仁‐」「義母と娘のブルース」(いずれもTBS系)など数々のヒットドラマを手掛けてきた脚本家の森下佳子さんのオリジナル作。

 第1話は25分拡大版で放送。遺体の口にパチンコ玉が詰められた猟奇的殺人事件を捜査する彩子は、殺害現場で掃除されたばかりのような清潔感があることに違和感を覚える。無臭の業務用特殊洗浄剤があることを知り、製造元の「コ・アース」社の日高社長に会いに行く。

 彩子は、日高が事件について発表していない情報を知っていたことから、犯人とにらみ、数日後、逮捕しに向かうが、歩道橋の上で手錠を掛けようとしたところ、2人はもつれ合い、転落。その後、病院で彩子が目覚めると、体が日高になっていた……という展開だった。

 魂が入れ替わり、ベッドで目覚めた彩子が体を起こそうとするシーンでは、高橋さんが足をそろえながらベッドから出る動作や自分の体を確かめる手の動き、さらに声質にも変化を加えて、女性らしさを表現。視聴者からは「起き上がるときが女性そのもの」「顔つきが全然違うー!」「鳥肌立った…」など絶賛の声が上がった。

 魂が入れ替わる前のサイコパスな殺人鬼・日高を演じる際は、高橋さんが目力や首の動かし方などで不気味さを表現し、「目にヤバさを感じる」「サイコパス感出てる!」「サイコパス一生、最高!」といった感想もSNSに多数書き込まれた。ツイッターでは「#天国と地獄」「高橋一生」「綾瀬はるか」がトレンド入りした。

初回視聴率16.8%で好発進 綾瀬はるか「日曜劇場」初主演作 高橋一生と“入れ替わり”に「神演技!」の声も

連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」に出演している綾瀬はるかさん(左)と高橋一生さん
連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」に出演している綾瀬はるかさん(左)と高橋一生さん

 女優の綾瀬はるかさんがTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で初主演を務める連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」の第1話が1月17日に放送され、平均視聴率(世帯)は16.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。好スタートを切った。

 ドラマは、綾瀬さん演じる、努力家で正義感が強いが慌てん坊な35歳の刑事・望月彩子が、高橋一生さんが演じるサイコパスな殺人鬼・日高陽斗(ひだか・はると)と魂が入れ替わってしまう……というストーリー。「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN‐仁‐」「義母と娘のブルース」(いずれもTBS系)など数々のヒットドラマを手掛けてきた脚本家の森下佳子さんのオリジナル。

 第1話は25分拡大版で放送。彩子が遺体の口にパチンコ玉が詰められた猟奇的殺人事件を捜査する。彩子は、殺害現場で、異様な光景である一方、掃除されたばかりのような清涼感があることに違和感を覚える。そして、匂いのない業務用の特殊洗浄剤があると知り、その洗浄剤の製造元の「コ・アース」社の社長・日高に会いに行く。

 彩子は、その時に、日高が事件について発表していない情報を知っていたことから、犯人とにらむ。数日後、彩子が日高を逮捕しに向かうが、階段で手錠を掛けようとしたところ、もつれ合い、2人で転落。その後、病院で気が付いた彩子だが、体が日高になっていた……という展開だった。

 彩子と日高の魂が入れ替わった後では、高橋さんが声質を変え、女性らしい言動で彩子を表現。一方、綾瀬さんは、不気味な笑顔を見せたり、声を荒らげたりするなどの芝居を見せた。2人の演技にSNSでは「神演技!」「演技エグい!」「2人の演技うますぎて、混乱してる…」「スタンディングオベーションしたい!」といった声が多数上がった。ツイッターでは「#天国と地獄」「綾瀬はるか」「高橋一生」がトレンド入りした。

<SNS反響>魂が入れ替わった綾瀬はるかと高橋一生に視聴者「神演技!」「スタンディングオベーション!」

連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第1話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の綾瀬はるかさん主演の連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」(TBS系、日曜午後9時)の第1話が1月17日、25分拡大版で放送された。同話では、綾瀬さん演じる刑事・望月彩子と、高橋一生さんが演じるサイコパスな殺人鬼・日高陽斗(ひだか・はると)の魂が入れ替わってしまい、殺人鬼となった綾瀬さんと女性っぽい言動をする高橋さんの迫真の演技にSNSでは「神演技!」「演技エグい!」「光る演技力」「二人のサイコーの演技!」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せた。ツイッターでは「#天国と地獄」「綾瀬はるか」「高橋一生」がトレンド入りした。

 ドラマは、「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN‐仁‐」「義母と娘のブルース」(いずれもTBS系)など数々のヒットドラマを手掛けてきた脚本家の森下佳子さんのオリジナル作。

 第1話は、彩子が遺体の口にパチンコ玉が詰められた猟奇的殺人事件を捜査する。駆け付けた彩子は、異様な光景である一方、掃除されたばかりのような清涼感がある殺害現場に違和感を覚える。その後、彩子は、匂いのない業務用の特殊洗浄剤があると知り、その洗浄剤の製造元の「コ・アース」社の社長・日高に会いに行くが……という展開。

 数日後、彩子は日高を逮捕しようと向かうが、階段で手錠を掛けようとしたところ、もつれ合い、2人で転落。その後、病院で気が付いた彩子だが、体が日高になっていた。

 彩子と日高の魂が入れ替わった後では、高橋さんが声質と女性らしい仕草で彩子を表現。一方、綾瀬さんは、不気味な笑顔を見せたり、声を荒らげたりするなどの芝居を見せた。視聴者からは「綾瀬はるかが急にサイコパスに見えた」「天使のような悪魔の笑顔がすごい…」「高橋一生が顔つき変わってる」「高橋一生のサイコパス~乙女演技の振り幅のすごさ!」「二人の演技うますぎて、混乱してる…」「スタンディングオベーションしたい!」といった声も上がった。

<ドラマ紹介>「天国と地獄 ~サイコな2人~」綾瀬はるか「日曜劇場」初主演 高橋一生と魂が入れ替わり“殺人鬼”に 柄本佑らも出演 第1話あらすじも

1月17日スタートの連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第1話のワンシーン(C)TBS
1月17日スタートの連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の綾瀬はるかさん主演で、TBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送される連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」(日曜午後9時)が1月17日に始まる。綾瀬さんの同枠初主演作で、刑事役に初挑戦する。

 ドラマは、綾瀬さん演じる、努力家で正義感が強いが慌てん坊な35歳の刑事・望月彩子が、高橋一生さんが演じるサイコパスな殺人鬼・日高陽斗(ひだか・はると)と魂が入れ替わってしまう……というストーリー。「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN‐仁‐」「義母と娘のブルース」(いずれもTBS系)など数々のヒットドラマを手掛けてきた脚本家の森下佳子さんのオリジナル。綾瀬さんと高橋さんが、男女、そして刑事と殺人鬼の“善と悪”が入れ替わった彩子と日高を演じ、綾瀬さんは男性らしく、高橋さんは女性らしい口調や仕草でキャラクターを表現する。

 彩子の家に居候中のフリーター、渡辺陸を柄本佑さん、彩子の先輩刑事の河原三雄は北村一輝さんが演じる。さらに、溝端淳平さん、中村ゆりさん、迫田孝也さん、林泰文さん、野間口徹さん、吉見一豊さん、馬場徹さん、谷恭輔さん、岸井ゆきのさん、木場勝己さんも出演する。

 第1話は25分拡大放送。ある日、遺体の口にパチンコ玉が詰められた猟奇的殺人事件が発生。駆け付けた彩子は、異様な光景である一方、掃除されたばかりのような清涼感がある現場に違和感を覚える。その後、彩子は同居人で清掃現場のアルバイト経験がある陸から、匂いのない業務用の特殊洗浄剤があると知る。彩子は、その洗浄剤の製造元の「コ・アース」社の社長・日高に会いに行く。

 彩子は、ベンチャー企業の敏腕経営者の日高が、裏で類いまれな頭脳と知識を駆使したサイコパスな殺人鬼だと知る由もなく……。

<会見>高橋一生、「天国と地獄 」“女性”役 プライベートで「過剰なくらい内股に」

連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」の会見に登場した高橋一生さん
連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」の会見に登場した高橋一生さん

 俳優の高橋一生さんが1月10日、東京・阿佐ヶ谷神明宮で行われた連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」(TBS系、日曜午後9時)の会見に、主演の綾瀬はるかさんらと登場。ドラマは、高橋さん演じる殺人鬼の日高陽斗(はると)と、綾瀬さん扮(ふん)する主人公で刑事の望月彩子の魂が入れ替わるという内容で、高橋さんは「(女性を演じることに)大分、なじみすぎてきています。プライベートでも過剰なくらい内股になっています(笑い)」と明かした。

 高橋さんは「女性を演じさせていただくというのはハードルが高い。特に綾瀬さんのようにキュートな女性は、やりすぎると反感を買いかねない。針の穴に糸を通すように繊細に演じています」と語った。

<会見>綾瀬はるか、高橋一生と魂が入れ替わり 足を開いたり、男性の仕草「楽しめるようになってきた」

連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」の会見に登場した綾瀬はるかさん
連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」の会見に登場した綾瀬はるかさん

 女優の綾瀬はるかさんが1月10日、東京・阿佐ヶ谷神明宮で行われた主演連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」(TBS系、日曜午後9時)の会見に共演者らと登場。ドラマは、綾瀬さん扮(ふん)する主人公で刑事の望月彩子と、高橋一生さん演じる殺人鬼の日高陽斗(はると)の魂が入れ替わるという内容で、綾瀬さんは「座り方も(男性のように)足を開いたり、組んだり。携帯の打ち方、話すテンポ感も日高に近付くべく意識してます」と明かし、男性の仕草が「最初は難しかったんですけど、だんだん楽しめるようになってきました」と語った。

 男性の仕草を演じるために、高橋さんにアドバイスを求めることもあるという綾瀬さんは、「『高橋さんならどうしますか』って演じてもらいながら、教えていただいています」と語った。また、殺人鬼を演じることには「試行錯誤しながらやっていますね」と明かした。

 ドラマは、「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN‐仁‐」「義母と娘のブルース」(いずれもTBS系)など数々のヒットドラマを手掛けてきた脚本家の森下佳子さんのオリジナルストーリー。努力家で正義感が強いが慌てん坊な35歳の刑事・望月が殺人事件の容疑者となる日高を逮捕しようとした矢先に、魂が入れ替わってしまう……というストーリー。

 この日の会見は、ドラマが鹿児島・奄美大島に伝わる「月と太陽の伝説」がモチーフとなっていることから、太陽神の天照大御神をまつる阿佐ヶ谷神明宮で開かれた。高橋さん、柄本佑さん、北村一輝さんも出席し、4人で祈祷も行った。

 17日から毎週日曜午後9時に放送。

<SNS反響>高橋一生 サイコパス殺人鬼役に期待の声続々「最高に楽しみ」「ワクワク」 「天国と地獄」で初の日曜劇場

高橋一生さん
高橋一生さん

 俳優の高橋一生さんが、2021年1月からTBS系の「日曜劇場」枠でスタートする連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」(日曜午後9時)に出演することが11月5日、分かった。高橋さんが日曜劇場に出演するのは初めてで、表向きはやり手の経営者だが、本性は類いまれなる頭脳と知識を駆使するサイコパスな殺人鬼、日高陽斗(はると)を演じる。SNSでは「サイコパスな殺人鬼!? それめっちゃ待ってた!」「高橋一生さんの殺人鬼役ってすごそう」「最高に楽しみ」「ワクワクが止まらない!」「早く見たい」などと反響が上がり、ツイッターでは「高橋一生」がトレンド入りした。

 ドラマは、「世界の中心で、愛をさけぶ」「白夜行」「JIN‐仁‐」「天皇の料理番」「義母と娘のブルース」(いずれもTBS系)など数々のヒットドラマを手掛けてきた脚本家の森下佳子さんのオリジナルストーリー。主演の綾瀬はるかさん演じる努力家で正義感が強く、気も強いが、慌てん坊な35歳の刑事・望月彩子と、日高陽斗の魂が入れ替わってしまう展開となる。

 魂が入れ替わるというストーリーにSNSからは「入れ替わるからドジっ子高橋一生が見られるってこと?」「魂入れ替わってからは慌てん坊の高橋一生……楽しみすぎる……」「サイコパスだけじゃなくて慌てん坊な高橋一生が見られるの?? 最高!!」といったコメントが上がった。高橋さんは「最高の入れ替わりにするべく、まずはお肌から気をつけていきたいと思います」とコメントを寄せており、「まずはお肌からww」「お肌に気を付けるのわろた」といった声も見られた。

綾瀬はるか、初の刑事役で日曜劇場初主演 “殺人鬼”高橋一生と入れ替わる

「天国と地獄 ~サイコな2人~」に出演する(左から)柄本佑さん、綾瀬はるかさん、高橋一生さん、北村一輝さん
「天国と地獄 ~サイコな2人~」に出演する(左から)柄本佑さん、綾瀬はるかさん、高橋一生さん、北村一輝さん

 女優の綾瀬はるかさんが、2021年1月からTBS系の「日曜劇場」枠でスタートするドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」(日曜午後9時)で主演を務めることが11月5日、分かった。綾瀬さんにとって初の刑事役で、サイコパスな殺人鬼と魂が入れ替わってしまう警視庁捜査1課の刑事・望月彩子(もちづき・あやこ)を演じる。綾瀬さんが「日曜劇場」で主演を務めるのは初めて。

 ドラマは、「世界の中心で、愛をさけぶ」「白夜行」「JIN‐仁‐」「天皇の料理番」「義母と娘のブルース」(いずれもTBS系)など数々のヒットドラマを手掛けてきた脚本家の森下佳子さんのオリジナルストーリー。努力家で正義感が強く、気も強いが、慌てん坊な35歳の刑事・彩子は、自分を馬鹿にする周囲に一矢報いるため「手柄を立ててやる」と意気込んでいた。ところがある日、殺人事件の容疑者となる男を逮捕しようとした矢先に、男と魂が入れ替わってしまう……という展開。彩子と魂が入れ替わる相手で、表向きはやり手の経営者だが、本性は類いまれなる頭脳と知識を駆使するサイコパスな殺人鬼の日高陽斗(ひだか・はると)を、俳優の高橋一生さんが演じる。高橋さんは、今作が日曜劇場初出演。

 また、彩子の家に居候中の男・渡辺陸(わたなべ・りく)を柄本佑さん、彩子の先輩刑事で、陽斗と入れ替わって殺人事件の容疑者となった彩子を追い詰める河原三雄(かわはら・みつお)を、北村一輝さんがそれぞれ演じる。

 綾瀬さんは「初めての刑事役、そして高橋一生さん演じる殺人鬼と魂が入れ替わり、二つの人間を演じることも、とても楽しみにしています。スリリングでコミカルなところもあるエンターテインメント作品です。視聴者の皆さまに毎週放送が待ち遠しくなるような面白いテレビドラマをお届けできるように頑張ります」とコメント。

 高橋さんは「喜劇としての側面も多分にありますが、タイトルにある対比のように、その真逆の悲劇性も内包する作品だと思っています。最高の入れ替わりにするべく、まずはお肌から気をつけていきたいと思います」と語っている。

 編成・プロデュースの渡瀬暁彦さんは「『女刑事と殺人鬼の男が入れ替わったら』一言で言うと、そんなドラマです。女と男、善と悪が入れ替わり、まさに天国と地獄が入れ替わります。もし、鏡に映る姿が自分じゃなかったら? 目の前に、自分の姿をした別人が現れたら? もし、入れ替わったことで相手の気持ちが分かったら? 相手のことを知り過ぎてしまったら? 人の心はどうなるのでしょうか? 心を奪われてしまう可能性もあるのでしょうか? この時代だからこそ、視聴者の皆様にワクワクドキドキするようなドラマを楽しんでいただきたい。そんな思いでキャスト、スタッフ一同、精いっぱい頑張ります」と意気込んでいる。

天国と地獄 ~サイコな2人~TBS系「日曜劇場」
2021年1月スタート 日曜午後9時放送