天国と地獄 ~サイコな2人~ 視聴率

初回視聴率16.8%で好発進 綾瀬はるか「日曜劇場」初主演作 高橋一生と“入れ替わり”に「神演技!」の声も

連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」に出演している綾瀬はるかさん(左)と高橋一生さん
連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」に出演している綾瀬はるかさん(左)と高橋一生さん

 女優の綾瀬はるかさんがTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で初主演を務める連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」の第1話が1月17日に放送され、平均視聴率(世帯)は16.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。好スタートを切った。

 ドラマは、綾瀬さん演じる、努力家で正義感が強いが慌てん坊な35歳の刑事・望月彩子が、高橋一生さんが演じるサイコパスな殺人鬼・日高陽斗(ひだか・はると)と魂が入れ替わってしまう……というストーリー。「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN‐仁‐」「義母と娘のブルース」(いずれもTBS系)など数々のヒットドラマを手掛けてきた脚本家の森下佳子さんのオリジナル。

 第1話は25分拡大版で放送。彩子が遺体の口にパチンコ玉が詰められた猟奇的殺人事件を捜査する。彩子は、殺害現場で、異様な光景である一方、掃除されたばかりのような清涼感があることに違和感を覚える。そして、匂いのない業務用の特殊洗浄剤があると知り、その洗浄剤の製造元の「コ・アース」社の社長・日高に会いに行く。

 彩子は、その時に、日高が事件について発表していない情報を知っていたことから、犯人とにらむ。数日後、彩子が日高を逮捕しに向かうが、階段で手錠を掛けようとしたところ、もつれ合い、2人で転落。その後、病院で気が付いた彩子だが、体が日高になっていた……という展開だった。

 彩子と日高の魂が入れ替わった後では、高橋さんが声質を変え、女性らしい言動で彩子を表現。一方、綾瀬さんは、不気味な笑顔を見せたり、声を荒らげたりするなどの芝居を見せた。2人の演技にSNSでは「神演技!」「演技エグい!」「2人の演技うますぎて、混乱してる…」「スタンディングオベーションしたい!」といった声が多数上がった。ツイッターでは「#天国と地獄」「綾瀬はるか」「高橋一生」がトレンド入りした。

第2話視聴率14.7%で好調維持 “彩子”高橋一生が“日高”綾瀬はるかに協力

 女優の綾瀬はるかさんがTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で初主演を務める連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」の第2話が1月24日に放送され、平均視聴率(世帯)は14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。好調を維持している。

 第2話は15分拡大版で放送。魂が入れ替わってしまった彩子と日高。彩子<魂は日高>は「出頭して一生を塀の中で過ごすか、それとも自分と協力して容疑を晴らすか」と、日高<魂は彩子>に二者択一を迫り、彩子は仕方なく後者を選択する。彩子<日高>に協力することになってしまった日高<彩子>は、家宅捜索が入る前に、日高のマンションから殺人の証拠が入った段ボールを持ち出し、家宅捜索を乗り切る。その後、日高<彩子>は河原(北村一輝さん)の事情聴取を受けるも確たる証拠が出ず、釈放される……という展開だった。

第3話視聴率14.1%で好調キープ “彩子”高橋一生が奄美大島へ

連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第3話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第3話のワンシーン(C)TBS

 女優の綾瀬はるかさんがTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)で初主演を務める連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」の第3話が1月31日に放送され、平均視聴率(世帯)は14.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。好調をキープした。

 第3話では、日高<魂は彩子>が、魂が入れ替わったことに気付いた捜査1課の刑事・八巻(溝端淳平さん)に、今後について相談。魂が入れ替わる前の日高が捨てたカーキ色の革手袋から、日高の指紋と被害者のDNAが検出されれば、日高<彩子>が逮捕されてしまうため、警察が革手袋を見つけた段階で、八巻がこっそり別の手袋とすり替える作戦を立てる。

 そんな中、日高<彩子>は「太陽と月の入れ替わり伝説」に出てくるシヤカナローという花を見つければ元に戻れるかもしれないと知り、伝説が言い伝わる奄美大島へ向かう……という展開だった。

第4話視聴率13.4%で好調キープ “日高”綾瀬はるか&“彩子”高橋一生が手を組む

連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第4話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第4話のワンシーン(C)TBS

 女優の綾瀬はるかさんがTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)で初主演を務める連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」の第4話が2月7日に放送され、平均視聴率(世帯)は13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。好調をキープした。

 ドラマは、綾瀬さん演じる、努力家で正義感が強いが慌てん坊な35歳の刑事・望月彩子が、高橋一生さんが演じるサイコパスな殺人鬼・日高陽斗(ひだか・はると)と魂が入れ替わってしまう……というストーリー。

 第4話では、捜査1課の刑事・河原(北村一輝さん)が、彩子<日高>と日高<彩子>が口論になっているところを目撃し、2人がつながっていると考える。そんな中、河原は、彩子<日高>が殺害された四方(よも)忠良の自宅に入るところを目撃したというグエン・チ・ミンを見つける。そして、四方殺害の件で、彩子<日高>を重要参考人にするため、グエンを金で協力させ、証言させようと企てる。この河原の思惑に気付いた彩子<日高>は、日高<彩子>と協力し、難を乗り切ろうとする……という展開だった。

第5話視聴率13.2%で好調キープ “日高”綾瀬はるか&“彩子”高橋一生が再び協力

連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第5話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第5話のワンシーン(C)TBS

 女優の綾瀬はるかさんがTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)で初主演を務める連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」の第5話が2月14日に放送され、平均視聴率(世帯)は13.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。好調をキープした。

 第5話では、魂は彩子の日高は、魂が入れ替わる前の日高の評判を聞く内に、サイコ・キラーとはほど遠い印象に戸惑っていた。そんな中、日高が連続殺人の容疑者であるなど、事件に関する情報がSNS上に拡散され、コ・アース社が大騒ぎになる。やがて、この騒動の犯人が、日高の友人の九十九(中尾明慶さん)だと判明。彩子<魂は日高>と日高<魂は彩子>が九十九を逮捕するため、再び協力する……という展開だった。

視聴率上昇 第6話14.7% “彩子”高橋一生がターゲット殺害を阻止 「クウシュウゴウ」を調べる視聴者も

連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第6話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第6話のワンシーン(C)TBS

 女優の綾瀬はるかさんがTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)で初主演を務める連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」の第6話が2月21日に放送され、平均視聴率(世帯)は14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前週第5話の13.2%(同)から1.5ポイントアップし、好調をキープした。

 第6話では、日高が新月の夜にターゲットを殺害していると判明する。新月を迎える夜の日中、彩子<魂は日高>は次のターゲットの久米正彦の自宅に侵入する準備を整えていた。同じ頃、日高<魂は彩子>は陸(柄本佑さん)に、彩子<日高>が使用しているコインロッカーを探させ、陸がターゲットの名前が書かれたリストを発見する。日高<彩子>は、日高が持っていたラブレターに記されていた歩道橋で赤いスプレーで書かれた「9」をヒントに、リストにあった久米の自宅に向かう。翌朝、張り込みをしていた日高<彩子>は久米が生きているのを確認する……という展開だった。

 また、同話のラストでは、陸が、歩道橋に書かれた落書きの数字を消す依頼が入ったと日高<彩子>に相談。そして、依頼人の名前が「クウシュウゴウ」だと話す。「クウシュウゴウ」を変換したら出てくる記号と、連続殺人の被害者の手に書かれた「Φ(ファイ)」が酷似していると説明するシーンもあり、「クウシュウゴウ」を実際に調べた視聴者がSNSに「すごいトリック!」「ビックリした!」「本当に変換できる!」という感想を書き込んだ。放送後、ツイッターでは「#天国と地獄」「クウシュウゴウ」「くうしゅうごう」がトレンド入りした。

第7話視聴率14.7%で好調維持 「東朔也」の正体が判明 綾瀬はるか&柄本佑のキスシーンも話題

連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第7話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第7話のワンシーン(C)TBS

 女優の綾瀬はるかさん主演で、TBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)の連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第7話が2月28日に放送され、平均視聴率(世帯)は14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録と、好調をキープした。

 ドラマは、綾瀬さん演じる、努力家で正義感が強いが慌てん坊な35歳の刑事・望月彩子が、高橋一生さんが演じるサイコパスな殺人鬼・日高陽斗(ひだか・はると)と魂が入れ替わってしまう……というストーリー。「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN‐仁‐」「義母と娘のブルース」(いずれもTBS系)など数々のヒットドラマを手掛けてきた脚本家の森下佳子さんのオリジナル。

 第7話では、魂は日高(高橋一生さん)の彩子(綾瀬さん)が、身元不明の遺体リストから「東朔也」を捜していた。同じ頃、魂は彩子の日高と捜査1課の刑事、河原(北村一輝さん)も東朔也の名前にたどり着くが、一連の事件とのつながりを発見できなかった。数日後、日高<彩子>の元に、息子が記憶喪失になったと聞いて心配した日高の父・満(木場勝己さん)から電話が入る。そして、日高<魂は彩子>は、満から東朔也が日高の双子の兄だと聞かされる……という展開だった。

 同話では、渡辺陸(柄本佑さん)がロッカーから連続殺人事件の証拠品を持ち出したと気づいた彩子<魂は日高>が、日高<彩子>の自宅の中で陸を待ち伏せする。帰宅した陸が、玄関に日高<彩子>が立っているのに気づき、ドアを閉めようとすると日高<彩子>がドアに足を挟む。陸が優しく声をかけようとしたところ、日高<彩子>が陸の頭を押さえつけて強引にキスし、陸はキスの最中に力が抜け意識を失う……というシーンが描かれた。SNSでは「これこそ悪魔のキス」「陸が骨抜きにされた」「薬を盛られたのかな?」「このキスも何かの伏線…」といった声が多数上がり、盛り上がった。