おじさまと猫 あらすじ

おじさまと猫あらすじ

 ドラマ「おじさまと猫」(テレビ東京系)は、ウェブサービス「ガンガンpixiv」、マンガ誌「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載中の、桜井海さんの同名コミックが原作。俳優の草刈正雄さんが主演を務める。草刈さんは同局のドラマ初主演となる。

 ドラマは、妻に先立たれて以来、ふさぎこんだ日々を送っていた世界的有名ピアニスト・神田冬樹(草刈さん)が、ペットショップで売れ残っていたブサ猫のふくまると出会い、次第に笑顔を取り戻していくハートフルストーリー。

 同作は、ペットの飼い主たちから「共感できる」と話題になっており、自身もペットを飼っている草刈さんは「『可愛いね』とか『いい子だね』というセリフがあるのですが、ペットのチワワに話しかけるときの“僕そのまま”です。あまり無理に演技をしなくていいんじゃないでしょうか」と共感している。

 「おじさまと猫」は、2021年1月6日から毎週水曜深夜0時58分スタート。動画配信サービス「Paravi」では、2021年1月1日午後9時から独占先行配信予定。

ドラマ「おじさまと猫」のあらすじ

<ドラマ紹介>「おじさまと猫」 草刈正雄がテレ東ドラマ初主演 神木隆之介が“ふくまる”の声

俳優の草刈正雄さんの主演ドラマ「おじさまと猫」の第1話のワンシーン(C)「おじさまと猫」製作委員会
俳優の草刈正雄さんの主演ドラマ「おじさまと猫」の第1話のワンシーン(C)「おじさまと猫」製作委員会

 俳優の草刈正雄さん主演のドラマ「おじさまと猫」(テレビ東京系、水曜深夜0時58分)が1月6日に始まる。草刈さん演じる孤独だったおじさま・神田冬樹と、愛されることを諦めていた猫の心温まる日々を紡ぐハートフルストーリー。冬樹の愛猫・ふくまるの声は神木隆之介さんが務める。草刈さんは同局のドラマ初主演。神木さんも同局ドラマレギュラー出演は初めて。

 第1話は、ペットショップで売れ残っていた一匹の成猫。日に日に値段が下げられ、お客さんに見向きもされなかった猫はいつしか、誰かに愛されることを諦めるようになっていた。

 ある日、猫の前に冬樹が現れる。妻に先立たれたショックから立ち直れずにいた冬樹は亡妻との会話を思い出し、たまたま通りがかったペットショップに立ち寄ったのだった。その猫に一目ぼれして……。

 原作は、ウェブサービス「ガンガンpixiv」、マンガ誌「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載中の桜井海さんの同名コミック。妻に先立たれた世界的ピアニスト・神田冬樹(草刈さん)が、ペットショップで売れ残っていたブサ猫のふくまると出会い、次第に笑顔を取り戻していく。

第2話のあらすじ 神木隆之介演じる“ふくまる” “神田”草刈正雄との共同生活スタート

俳優の草刈正雄さんの主演ドラマ「おじさまと猫」の第2話のワンシーン(C)「おじさまと猫」製作委員会
俳優の草刈正雄さんの主演ドラマ「おじさまと猫」の第2話のワンシーン(C)「おじさまと猫」製作委員会

 俳優の草刈正雄さん主演のドラマ「おじさまと猫」(テレビ東京系、水曜深夜0時58分)の第2話が、1月13日深夜に放送される。予告動画では、「初めてだらけで前途多難!?」というテロップとともに、神木隆之介さんが声を担当するふくまるのせりふ「だから無理ニャ~」が公開されているほか、草刈さん演じる神田が「ぱっと浮かんだ名前があるんだ。ふくまる!」と話す場面も公開されている。

 神田(草刈さん)の家に初めてやってきた猫は、慣れない広い部屋への戸惑いと神田の家族に拒まれることを恐れ、キャリーケースから出られずにいた。そんな様子に、神田は自分一人しか住んでいないことを告げる。自分と同様、神田も孤独を感じていると知ったその猫は、寂しげな表情で話す神田にそっと擦り寄る。

 神田は、出会えたことが幸福だという理由から、その猫に“ふくまる”と名付けることにする。こうして、一人と一匹の温かな生活が始まり……。

おじさまと猫テレビ東京系
2021年1月6日スタート 水曜深夜0時58分放送
動画配信サービス「Paravi」2021年1月1日午後9時から独占先行配信予定