ここは今から倫理です。 あらすじ

ここは今から倫理です。あらすじ

 ドラマ「ここは今から倫理です。」は、雨瀬シオリさんの異色の同名マンガが原作。2021年1月16日からNHKの「よるドラ」(総合、土曜午後11時半)枠で放送される連続ドラマ。俳優の山田裕貴さんが主演を務める。山田さん演じるミステリアスでクールな倫理教師・高柳が、悩める高校生の問題に立ち向かう。

 ドラマは、雨瀬シオリさんの異色の同名マンガが原作。アニメ界でも活躍する劇作家・高羽彩さんが脚本を担当する。シリアスな問題を抱えている生徒たちが、山田さん演じる謎の教師、高柳による倫理と哲学の言葉に出合うことで、変化していくというストーリー。

ドラマ「ここは今から倫理です。」のあらすじ

<ドラマ紹介>「ここは今から倫理です。」 雨瀬シオリの異色マンガを実写化 山田裕貴が風変わりな倫理教師に 第1話あらすじ

NHKの連続ドラマ「ここは今から倫理です。」第1回の場面写真 (C)NHK
NHKの連続ドラマ「ここは今から倫理です。」第1回の場面写真 (C)NHK

 雨瀬シオリさんの異色マンガを、俳優の山田裕貴さん主演で実写化するNHKの連続ドラマ「ここは今から倫理です。」(総合、土曜午後11時半)が1月16日にスタートする。同局の「よるドラ」枠での放送で、山田さんがミステリアスで風変わりな倫理教師・高柳を演じる。

 ドラマは、アニメ界でも活躍する劇作家・高羽彩さんが脚本を担当。原作同様にシリアスな問題を抱えている生徒たちが、高柳による倫理と哲学の言葉に出合うことで、変化していく姿が描かれる。

 高柳の授業を受ける生徒として、2019年に大塚製薬「ポカリスエット」CMヒロインに抜てきされ、注目を集めた茅島みずきさん、同局の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」で松平元信(後の徳川家康)を演じた池田優斗さん、特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」のウール役などで知られる板垣李光人さん、新海誠監督の劇場版アニメ「天気の子」でヒロイン陽菜の弟・凪の声を務めた吉柳咲良さんらが出演する。

 第1回は、逢沢いち子(茅島さん)は校内での男友達との情事をとがめられたことをきっかけに高柳に心惹(ひ)かれる。そして男友達との心ない性交を拒絶したいち子に、高柳は愛と教養についてのマックス・シェーラーの言葉を贈る。いち子に真剣に向き合う高柳に感化された谷口恭一(池田さん)は自分のようないじめられっ子を救う“いい先生”になりたいと高柳に告げる。しかし高柳の答えは……というストーリー。

第2回のあらすじ 家にいられない「問題児」に「対話」の授業? “西郷どん”渡邉蒼にスポット

NHK連続ドラマ「ここは今から倫理です。」第2回の一場面 (C)NHK
NHK連続ドラマ「ここは今から倫理です。」第2回の一場面 (C)NHK

 雨瀬シオリさんの異色マンガを、俳優の山田裕貴さん主演で実写化したNHKの連続ドラマ「ここは今から倫理です。」(総合、土曜午後11時半)第2回が1月23日に放送される。同回の予告編には、「家にいられない『問題児』」「高柳は『対話』の授業を仕掛ける」との文字が躍り、2018年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」で、西郷隆盛(鈴木亮平さん)の少年時代を演じた渡邉蒼さん扮(ふん)する生徒・間幸喜にスポットが当たる。

 授業中いつも寝ている間幸喜(渡邉さん)。母親がシングルマザーで仕事から帰ってくるのが遅く、家に帰っても誰もいない自由な時間で、仲間たちと夜中まで遊び歩く日々を送っていた。高柳(山田さん)の授業でも幸喜は寝てしまう。そんな幸喜に、夜に電話をくださいと自分の携帯番号を記したメモを渡す高柳。戸惑いながらも、幸喜は電話をかけてみることに……。高柳は自由な生活がどこか不安なのではと問い、キルケゴールの言葉を説く。

ここは今から倫理です。NHK総合「よるドラ」枠
2021年1月16日スタート 土曜午後11時半放送