レッドアイズ 監視捜査班 あらすじ

レッドアイズ 監視捜査班あらすじ

 ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)は、人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが主演を務める連続ドラマ。亀梨さんが同枠のドラマに主演するのは「ボク、運命の人です。」以来、約4年ぶり。「10代の頃からお世話になっている思い入れのある枠でもあるので、心して準備していきたいなと考えています」と意気込みを語っている。

 ドラマは、「ボイス 110緊急指令室」のチームがおくるサイバークライムサスペンス。全国に500万台ある監視カメラの映像など、日本国中から集まるビッグデータを駆使して犯罪捜査にあたる警察組織SSBC(警視庁捜査支援分析センター)をモデルにした作品で、同組織の映像化は今作が初めて。劇中ではSSBCをもとにした架空の組織・KSBC(神奈川県警捜査分析センター)の活躍を描く。

 亀梨さんが演じるのは、恋人の命を奪った連続殺人鬼を追う特別捜査官・伏見響介。普段はクールだが、捜査になると情熱的になる役どころ。天才的な頭脳を持つが、全員元犯罪者というKSBCのメンバーと共に、凶悪犯を追い詰めていく。

ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」のあらすじ

<ドラマ紹介>「レッドアイズ 監視捜査班」 亀梨和也が凶悪犯を追い詰める! 松下奈緒、松村北斗ら出演のサイバークライムサスペンス 第1話あらすじも

連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第1話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第1話の場面写真=日本テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが主演を務める連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)が、1月23日に始まる。「ボイス 110緊急指令室」のチームがおくるサイバークライムサスペンスで、実在の警察組織・SSBC(警視庁捜査支援分析センター)をもとにした架空の組織・KSBCの活躍を描く。主人公の伏見響介(亀梨さん)が、元犯罪者が集まるKSBCの民間捜査員と共に、全国にある約500万台の監視カメラ映像など、日本国中から集まるビッグデータを駆使して凶悪犯を追い詰める。

 伏見は、婚約者の命を奪った連続殺人鬼を追う特別捜査官。並外れた洞察力と行動力の持ち主だが、婚約者の事件のことになると感情のコントロールがきかなくなる。また、事件の捜査中に自身の勘だけで単独行動し、周囲を困惑させることもある……というキャラクターだ。

 KSBCのセンター長で有能なリーダー・島原由梨を松下奈緒さん、データ解析を得意とする情報捜査官の長篠文香を趣里さん、優れた身体能力を持つ元自衛官の湊川由美子をシシド・カフカさん、どんなシステムも自在に使いこなす天才ハッカー・小牧要を「SixTONES」の松村北斗さん、元犯罪心理学者の優秀なプロファイラー・山崎辰二郎を木村祐一さんが演じる。 

 第1話では、伏見はかつて神奈川県警の捜査1課に務める敏腕刑事だったが、婚約者の美保(小野ゆり子さん)が何者かに殺害されたことで警察を辞めてしまう。その後は浮気調査専門の探偵事務所を開業し、暮らしていた。

 伏見が警察を離れてから3年。神奈川県警に、監視カメラや防犯カメラの映像データをリアルタイムで解析し、事件解決に役立てる組織「神奈川県警捜査分析センター=KSBC」が発足。組織の統括責任者に任命された島原は、かつて部下だった伏見に、分析結果を基に捜査にあたる「特別捜査官」としてKSBCに加わってほしいとオファーする。

 伏見は、自身が営む探偵事務所の仲間もKSBCの捜査官として受け入れることを条件として提示。しかし、伏見が連れてきたのは、元自衛官で夫を殺害した湊川、詐欺罪で逮捕された元大学教授の山崎、天才ハッカーの小牧ら“元犯罪者”ばかりだった。伏見たちの参加に長篠らが戸惑う中、公園の駐車場で女性が襲われ、男に連れ去られる事件が発生。鋭い観察眼を持つ伏見と“元犯罪者”の仲間たちは、その能力を駆使して捜査を開始する……。

第2話のあらすじ KSBCに殺人予告 模倣犯の出現を防げ! 凶悪犯役で般若がゲスト出演

連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第2話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第2話の場面写真=日本テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)第2話が1月30日に放送される。人気ラッパーで俳優の般若さんが、警察を挑発する凶悪犯・漆川卓也役でゲスト出演。予告映像には「挑発的な殺人予告」のテロップや、「新たな模倣犯の出現を防ぐべく、犯人確保を急ぐ捜査官たち」というナレーションが収められている。

 伏見(亀梨さん)たちの勤めるKSBCに「人を殺した」という電話が入る。犯人は遺体を捨てる様子をあえて監視カメラに映し、捜査員を挑発する。現場に向かった伏見と湊川(シシド・カフカさん)は、遺棄された男女のうち、男性の生存を確認。殺された女性の胸ポケットからは、犯人のメッセージが書かれた手帳が見つかる。

 手帳には暗号が記され、小牧(松村北斗さん)が解読。すると犯人は、暗号の内容を新聞社のサイトで午後4時に発表するように指示してくる。山崎(木村祐一さん)は、犯人が“ゾディアック事件”を模倣していると推理。島原(松下奈緒さん)は模倣犯出現を防ぐため、午後4時までに犯人を確保するよう指示する。

 長篠(趣里さん)たちが地道な捜査を続ける中、犯人に刺された男性・蠣崎(忍成修吾さん)が意識を回復。殺された女性と結婚目前だったと聞かされ、伏見は自分の過去を思い出す。一方、KSBCには犯人の漆川から新たに連絡が入り、男が一人監禁されていることが判明して……。 

第3話のあらすじ “湊川”シシド・カフカの誘拐事件発生 犯人からのヒントをもとに救出なるか?

連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第3話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第3話の場面写真=日本テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)第3話が2月6日に放送される。予告映像には「湊川の誘拐事件が発生」のテロップや、「湊川を救出するべく奔走する伏見たち」というナレーションが収められている。

 蠣崎(忍成修吾さん)に拉致された湊川(シシド・カフカさん)は、彼が自分の過去を詳細に知っていることに驚く。一方、女性を殺害し、蠣崎のことも刺したとして逮捕された漆川(般若さん)は犯行を否認。蠣崎が女性を殺し、自分で自らの腹を刺したと証言する。

 早速、伏見(亀梨さん)は蠣崎の追跡を開始。山崎(木村祐一さん)は蠣崎の残した「原点に戻れ」というヒントから湊川の居場所を探り当てる。しかし同じ頃、蠣崎は湊川に爆弾と首つりの二つのわなを仕掛け、次の作戦に着手するためにその場を立ち去っていた。そんな中、湊川の息子にも危機が迫っていることが判明し……。

第4話のあらすじ “青いコートの男”が判明 “山崎”木村祐一の過去も明らかに 物語は第2章へ

連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第4話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第4話の場面写真=日本テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)第4話が2月13日に放送される。俳優の塩野瑛久さん、今井朋彦さん、プロレスラーの真壁刀義選手らがゲスト出演。予告映像は「ついに青いコートの男の正体が明らかに」「第二章開幕」の文字から始まり、「明らかになる山崎(木村祐一さん)の過去」のテロップと共に、山崎と息子の克巳(塩野さん)が言い合う様子などが収められている。

 優希(冨手麻妙さん)という女性が行方不明になり、彼女の部屋から木留という男の遺体が発見される。伏見(亀梨さん)が、現場付近の映像から怪しいと目を付けた男を確保すると、山崎の息子の克巳だった。かつて投資詐欺事件に関与した山崎は、服役中に妻が過労死し、克巳とも絶縁状態になっていた。

 克巳によると、自身は木留から運搬を依頼された覚醒剤を盗み、恋人の優希と海外に逃げようと画策していたが、半グレ集団の元締め・神流川一馬(今井さん)と羊介(真壁選手)の兄弟が木留を殺害し、優希を連れ去ったという。

 かつて神流川兄弟とも関係があった山崎は、兄弟との取り引きの算段を勝手に決めてしまう。島原(松下奈緒さん)は山崎のやり方に反発するが、心労がたたり、貧血で病院へ。島原に代わって現場を指揮することになった長篠(趣里さん)は、山崎の“勝負”に乗ることを決意し……。

第5話のあらすじ 警察に内通者? 新たな爆発事件で“長篠”趣里に怪しげな動きも

連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第5話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第5話の場面写真=日本テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)第5話が2月20日に放送される。予告映像には「KSBCの情報はどこから漏れているのか?」のテロップと共に、伏見(亀梨さん)が「警察内部に情報を漏らしているやつがいる」と口にする場面が収められている。

 連続爆発事件が発生し、捜査一課の刑事2人が犠牲になる。山崎(木村祐一)は標的となった刑事たちへ送られていたメールから、犯人が警察に恨みを持っていると分析する。

 伏見は捜査中の長篠(趣里さん)の様子に違和感を覚え、小牧(松村北斗さん)に長篠の調査を指示。すると、長篠は11年前に起きた拉致監禁事件の被害者で、その事件を担当していたのが、爆発事件の犠牲になった刑事2人だったと判明。果たして長篠と爆発事件との関係とは……。

第6話のあらすじ “小牧”松村北斗がさらわれた! KSBCはジャックの危機に 森田望智がゲスト出演

連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第6話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第6話の場面写真=日本テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)第6話が2月27日に放送される。女優の森田望智さんがゲスト出演。予告映像には「KSBC(神奈川県警捜査支援分析センター)がジャックされています」というセリフや、「小牧(松村北斗さん)の誘拐事件が発生」のテロップが収められている。

 伏見(亀梨さん)は謎の男・真弓(TAK∴さん)に連れ去られ、絶体絶命のピンチに陥る。伏見は彼が“先生”と呼ばれる事件の黒幕ではと疑うが、真弓は否定。何者かの指令を受けた真弓は伏見を解放する。

 一方、大学時代の後輩・悠香(森田さん)に呼び出された小牧は、怪しげな男たちに誘拐される。小牧は悠香の命と引き換えに、日本一厳重な倉庫のセキュリティー解除を命じられる。悠香のために犯罪に手を貸した小牧は、KSBCのシステムをジャックして……。

 ドラマは、実在の警察組織SSBC(警視庁捜査支援分析センター)を基にした架空の組織KSBCの活躍を描くサイバークライムサスペンス。婚約者を殺害された過去を持つ特別捜査官の伏見響介が、元犯罪者の集まるKSBCの民間捜査員と共に、監視カメラ映像などを駆使して凶悪犯を追い詰める。

第7話のあらすじ “伏見”亀梨和也が凍死の危機に! “先生”の魔の手も迫る

連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第7話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第7話の場面写真=日本テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)第7話が3月6日に放送される。予告映像には「伏見(亀梨さん)に絶体絶命の危機が襲いかかる」のナレーションや、「凍死へのタイムリミットは60分」「『先生』の魔の手が迫る」などのテロップが収められている。

 小牧(松村北斗さん)の関わった事件の犯人も、他の事件と同様に“先生”と関係があったことが判明。“先生”をプロファイルした山崎(木村祐一さん)は、彼が伏見に恨みを抱く人物だと指摘する。

 そんな中、亡き美保(小野ゆり子さん)の墓参りに行った伏見の元に、美保の生前の盗撮動画が送られてくる。動画の送り主に呼び出された伏見は、麻酔銃で撃たれて連れ去られ、ある場所に監禁されてしまう。

 伏見を拉致したのは、鴫野耕平(正名僕蔵さん)と妻の潤子(大高洋子さん)だった。夫婦は過去に、病気の娘の治療費のため強盗に入り、伏見に逮捕されていた。その後、娘を亡くしたことから伏見を逆恨みしていた2人は、伏見と心中する覚悟で……。

第8話のあらすじ “蠣崎”忍成修吾がKSBCを占拠! “先生”とつながる内通者は誰? 物語は最終章へ

連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第8話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第8話の場面写真=日本テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)第8話が3月13日に放送される。予告映像は「ついに、最終章へ」の文字から始まり、「『先生』とつながる内通者の正体とは」などのテロップが収められている。

 島原(松下奈緒さん)の夫を殺した蠣崎(忍成修吾さん)が警察病院から逃走。伏見(亀梨さん)や湊川(シシド・カフカさん)は現場に向かうが、その間に蠣崎が仲間と共にKSBCを占拠し、刑事部長の奥州(矢島健一さん)にKSBC内部の映像を送りつける。事態を知った伏見は、奥州にSIT出動を要請。しかし奥州は、秘密裏に事件を解決するよう伏見に指示する。

 KSBCへの立ち入りができなくなり、伏見らはかつての探偵事務所に拠点を移す。早速小牧(松村北斗さん)はKSBCへのハッキングを始め、長篠(趣里さん)の手引きでシステムに入り込むことに成功。蠣崎の目的は警察の保有する機密文書「B2ファイル」。特権階級の人間が起こし、警察の手でもみ消された事件の詳細が記されていた……。

第9話のあらすじ “鳥羽”高嶋政伸がKSBCに現る! 思いがけない人物の指紋検出

連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第9話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第9話の場面写真=日本テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)第9話が3月20日に放送される。予告映像には「裏切り者の正体とは」のテロップが収められている。

 一連の事件の黒幕と疑われる鳥羽(高嶋政伸さん)がKSBC(神奈川県警捜査支援分析センター)に現れた。伏見(亀梨さん)は、婚約者の美保(小野ゆり子さん)を殺害したのが鳥羽だと確信し逆上するが、鳥羽は動じることなく取り調べに協力する。

 鳥羽のクリニックから美保殺害の凶器が発見される。しかし、凶器から検出されたのは、思いがけない人物の指紋だった。そんな中、真弓(坂口拓さん)から大病院のシステムを乗っ取ったとKSBCに連絡が……。